livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2009年07月06日

詩人の感性に学ぶ・その11

 いろんな雑誌、本、新聞経由でネットサーフィンしていて出会う、珠玉の言葉と、見知らぬ人物からの感動。

東君平イラスト











蟻が 歩いている
蟻は 思う
ちいさな 自分のことなど
誰も見ては いないだろう
               
蟻は見られている
僕が見ている

蟻に限ったことじゃない。

蟻のイラスト1











◎ にげたインコ 
    みつけてください
        おれいします
               
ぼくのインコも にげました
どこへにげたのかは しりません
なぜ にげたのかは わかります
ぼくのインコは みつけないでください
おれいします。
インコ










たとえアヒルの歩みでも
それが小犬の知恵にしろ
自分で選ぶ道だから
自分の歩く道だから
自分の足のむくままに
自分が生きて行く先は
自分の足の下にある。

みち










              

◎ 紅茶の時間

木陰のテーブル
紅茶に うかんだ
レモンの 薄切り
こんな小島に
ふたりで住みたい。

こうちゃ






               

◎ ないしょ

   よいけしきは
すきなひとに みせたい

   よいしらせは
すきなひとに しらせたい

   よいものは
すきなひとに おくりたい

   よいおんがくは
すきなひとに きかせたい

   よいほんは
すきなひとに よませたい

   よいひとは
 だれにも おしえない。

ないしょ









● またまた ほのぼのとして 元気が出そうなわたし(増澤)。

小淵沢のくんぺい童話館(055−136−4514)に行ってみました。今年が生誕70年ということで、くんぺい童話館展が野辺山高原であります。此処小淵沢では様々な作品を展示していて、奥さんとしばし、身内の話が出来てよかった。


“ 君平さんの描く世界は、どこにでもふつうに見られる世界です。いつもわたしたちが見ているものや感じていることなのに、君平さんの絵やおはなしになると、とてもやさしくて素敵なものに変わってしまいます。
 おかあさんのあたたかさ、おとうさんの強さ、にゃんこちゃんの愛らしさ、りすさんのひょうきんさ・・・・・。みんなみんな私たちがたいせつにしていたり、心のどこかで求めていることなのかもしれません。
 なんでもない世界なのに、なぜか幸せになれるなんてとても素晴らしいことですね ”


会話の中で奥さんが、 「 くんぺいさん 」 「 くんぺいさん 」 と呼びかけているのが印象に残りました。
  

Posted by masuzawa05 at 09:04Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター