livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2017年12月11日

空也上人 立像

田中英道さんの 「 日本の美仏50選 」 から、造形的に素晴らしい空也上人を取り上げてみたい。


1




























 この仏像は鎌倉時代の仏師・康勝の作で、巨匠の仏師・運慶の四男です。
鹿の角の付いた杖と首から鉦(かね)を下げ、鉦をたたくための撞木(しゅもく)を持っています。僧侶は、世の中への執着を捨て壮絶な修行の旅を重ねます。
京都の六波羅蜜寺にある 「 空也上人 」 立像は、仏教に生きた理想の姿とされています。

2

 



























 質素な草鞋を履いた旅姿、目は何も見ていないかのように開け、口から発せられた 
「 南無(なむ)阿弥陀仏(あみだぶつ) 」 の言葉のように、6体の阿弥陀仏の小像が突き出ています。念仏を唱えるさまを、視覚的に表現している着想は素晴らしいものです。


● 造形の妙;
ナ・ム・ア・ミ・ダ・ブツと唱え、6人の阿弥陀仏を熱い息とともに舌の先から送り出す造形手法は秀逸で、念仏を唱えるさまを、視覚的に表現する手法は斬新で素晴らしい。

言葉を形に表す・・・➡ 「 心(思い入れ)を形に表す 」 に通じるも


Posted by masuzawa05 at 05:30│Comments(0)
 
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター