livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2017年10月16日

国家の品格

久しぶりに落合信彦さんの本を読んだ。 題名は 『 そして、アメリカは消える 』 



1
































◎ 「 アメリカがくしゃみすれば日本が風邪をひく 」 と言われることがある。しかし、今は 「 アメリカが崩壊すれば、世界がジャングル化する 」 という状況だ。

 長年、世界の警察官として地域紛争や戦争を止める役割を果たしていたアメリカは経済的、軍事的、外交的にもトップ中のトップだった。だがその 「 大国アメリカ 」 はもはや消えてしまった。経済はガタガタで多額の借金に苦しみ、中国やロシアがアメリカを戦争に引きずり込む訓練をしていても、戦争を嫌うオバマは何の反応も見せない。

 アメリカは引きこもり状態に入ってしまったのだ。こんなことが考えられるだろうか。 「 時代の流れ 」 で済むことではない。
 これは人間の劣化なのだ。レーガンやケネディの頃は、人間味があった。だからアメリカは世界一の大国だったのだ・・・。

 本書では、アイゼンハワー以降11人の大統領を振り返り、アメリカがいかにして劣化してきたかを分析し、アメリカとともに世界をジャングル化させているロシアと中国の暴走についても論じた。われわれが今どんな歴史を経たどんな世界で生きているのか、本書で把握するとともに、それぞれの 「 ジャングル化した世界を生き抜く術 」 を考えて欲しいと思う。 


2


























●落合さんは、こう冒頭で述べている。詳細は本書を読んでいただくとして、ロシアと中国が暴れる世界で日本は生き抜かなければならない。

第七章 低レベルの “ 大国 ” の章で、真の大国と言える条件を述べている。


◎大国の9の条件;

1、 政治家の抜きんでた能力と政治の安定
2、 民主主義と法治国家
3、 汚職や腐敗のない政治
4、 格差が最小の社会
5、 教養、品格文化を大切にする国民性
6、 犯罪の少ない国、すなわち民度が高い国民や政治家
7、 教育に力を入れる政府と国民
8、 他国から刺激されても簡単に武力を使わない国
9、 一般庶民が知るべき情報をオープンにする透明な政府

● 中国やロシア、北朝鮮。確かに共産主義国でそれがひどいと思われる。
又、国内に目を向ければ最大野党の民進党、党首が高慢ちきで薄っぺらでひどすぎる。態が心を表すとはこのことである。先日辞任しましたが。

そして、人間力が大切である。能力のない政治家が多すぎる。
選挙で人を選ぶ前に政治家としての適性試験(検査?)をして、頓珍漢な奴は撥ねるべきであると思うのだがいかがでしょうか。


Posted by masuzawa05 at 05:30│Comments(0)
 
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター