livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2017年08月21日

万平ホテル・軽井沢

 旅館さんの協力業者会恒例の親睦会があった。軽井沢プリンスホテルに泊まり72ゴルフ場で一泊2ゲームのゴルフを楽しむ趣向である。
 一日目は東(入山)コース、二日目は女子プロゴルフ開催の北コースを会場に、親睦を深めた。

それはさて置き、
私は車で行ったので前泊で憧れの万平ホテルに泊まった。施設は古いのでそれなりの風趣、ハードよりもむしろ料理やサービスが気になっていたので、ツインBEDのシングルユースで、7月9日は本格的な夏休み前でしたが、朝・夕食付で4万円台の料金でした。

〇 メインダイニングとメニューです


1

2

3
 












































品揃えは

鮎のフリット アンチョビ入りマヨネーズソース 味噌風味
豆苗と野菜と鶏のブイヨンスープ
イサキのポワレ トマトソース
国産牛フィレ肉のグリル シャンピニオンソース
本日のデザート
コーヒー


4

5

6

7

8

9

10









































































































































































●当初中華を頼んであったのだが、急遽変更して、万平なら洋食かな!? と期待して臨んだ。確か鱒のムニエルが有名らしいと聞いていたのだが、・・・。

鮎は香魚であるから香り豊かに食べたかったし、マヨネーズソースの味噌味ではソースの方が勝ってしまい、その辺の食堂ではあるまいし・・・?

ブイヨンスープはただの缶詰風の味わい。

イサキはタンパクな身を厚めにゆるく揚げた方が旨いのに!

フィレ肉は肉さえ良ければ旨いのは当たり前で、ひと工夫がない。

抹茶ロールケーキは目新しさもない。

● 私の味覚が正しいとすれば、和食の方がもっと気が利いている。

軽井沢で鮎、イサキ、ビーフ・・・とは。キノコや鱒、お肉もいろいろ、有機野菜など沢山有ろうに! それとも、街中にいろいろのお店があるので、そちらをご利用下さいということなのか。

残念顔の私です


11










  しかしながら、さすが万平ホテル。サーブする従業員が多勢で機敏な動きは美しく、窓から見える山野草の中庭は素晴らしい。


12
   

Posted by masuzawa05 at 05:30│Comments(0)
 
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター