livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2010年01月25日

下田大和館 炭火ダイニング “ 海 ” オープン

123





 伊豆下田・白砂の多多戸浜を見下ろす高台、段丘状の客室が連なる浜辺の宿、下田大和館に “ 海 ” を食べる和風パオの個室炭火焼ダイニングが誕生!

456








● 既存大広間をリニューアル。

全席目線を隠し、ゆったりとしたブース、高い天井の空間をよぎる四角垂のパオ・フレームの個室空間です。

入り口引き戸に穿たれた開口にアイアンワークの魚や海の幸のレリーフが嵌め込まれ、ここに名札をしのばせます。
7-17-27-3





89








◎ 時代と共に 『 宿 』 のハードは変わります。

たとえば、旅館に於ける食事提供の仕方は様々ですが、 “ 楽しさ ” をキーワードに、ここではお客様自身が季節の食材を、炭火で煮たり焼いたりの参加型のお食事処です。 

平成22年 睦月、舞磯の膳のいろいろをご覧頂きたい。


○ 頬紅: ざくろ酒としつらえ

1011





○ 年初の宴: 旬の彩り前菜五種
12





 ● 私(増澤)、先ず八海山を冷で飲る


○ 海鮮: 伊勢海老、季節の地魚盛り合わせ、妻いろいろ
1314






 ● イサキ、シマ鯵、サザエ etc  盛り沢山な地の食材を調理人が出向いての説明。


 
○ 焙り素材: 鮑、帆立貝、目ギス、椎茸、厚揚げ、茄子、甘長唐辛子、
1516






 ● ここで 下田白ワイン(オーストラリア産)をグラスで飲る。
欲を言えば炙り野菜がもう少し多い方がいい。


○ 摘み旬菜: 採れたて野菜のサラダ、明日葉ディップをつけて
17






○ 箸休め: 季節のシャーベット
18






○ あったか鍋: 金目鯛の塩炊き、薬味いろいろ
1920







 ● 締めとして、芋焼酎をロックで飲る。
偶然であろうか、隠し味としての鍋の焼酎と塩味の塩梅が抜群である。金目なれどギラギラしていないあっさり味が旨い。


○ 本日の〆: 雑炊(おじや)、香の物
21






 ● アオサを入れると色彩鮮やかに 伊豆の海が薫る。


○ デザートビュッフェ
2223








● 水仙と南の桜に誘われて、春はそこまで来ています。

海が見たくなったら 

“ もう一つの我が家 ” に ‘ 潮風の馳走 ’ を食べにいらっしゃい。
24









Posted by masuzawa05 at 09:57│Comments(0)
 
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: