livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2017年12月20日

永い間 ブログを愛読いただきましてありがとうございました

今回をもちまして、2005年5月より始めましたブログ ( 増澤信一郎の心模様 )を終了いたします。
1





























週1回の更新をライフワークの一環として、心に移りゆくよしなしごとを、つれづれなるままに書き連ねて参りました。永い間お付き合いいただき誠にありがとうございました。
 
私 ( 増澤信一郎 ) 70歳を機に、本年12月20日をもちまして石井建築事務所を退社いたしました。今後は以前にも増して私らしく生きたいと思っています。 

 書類の整理をしていると、何やら気に入ってコピー、ファイルしたであろう一文が出てきました。 

「 庭づくりをする人たち 」 とあります。


2






























人間の行動のなかで、子どもを産むことは別として、庭づくりがいちばん楽天的で、希望にあふれたものです。庭づくりをする人は計画的で、少し先のことでもずっと先のことでも、将来を信じ確信している人なのです。インゲン、エンドウマメ、ミカン、プラム、バラ、ボタン ― いろいろな植物の種を蒔いたり、植えつけたり、接ぎ木をしたり、ふやしたりするのは、将来に対して積極的な賭けをするということです。これからまだ何週間も、何か月も、何年もあるのだと宣言するようなものです。50年や100年以上もかかる苗木を植える人にいたっては、楽天的なばかりか、次の世代にとっての恩人でもあります。
いつも戦争のことを考え、それを予想してこわがっている人、人類と地球の終末を思う人、魂がしぼみ、時代の困難や脅威に打ちひしがれている人、希望も慰めもないと思い、新しい夜明けのかすかな光も見ようとしない人。そんな人には、庭づくりをおすすめします。庭づくりをすると、勇敢で大胆に、やさしくて冷酷に、きちょうめんででたらめに、おだやかで忍耐強くなることを、順ぐりに覚えていきます。何よりも今日という日を満喫し、明日に希望を持つことを覚えるのです。

・・・それでは私、これから菜園に 「 キャベツを植えに行く 」

(フランス語の慣用では 「 隠退して自由になる 」 という意味になるらしい―玉村豊男編訳、ブリア=サヴァラン著・美味礼讃より。)


3
   






メリークリスマス & ハッピーニューイヤー・・・・・また逢う日まで、さらば!  

Posted by masuzawa05 at 05:30Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター