livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2017年06月27日

石井建築事務所創立60周年 パーティー


 横浜のクルーズ船上にて、身内(近しい関係者のみ)にてパーティーを行いました。30周年の時はお施主様中心に開きましたが、今回は時節柄質素なものといたしました。
 これからも旅館設計のプロとして、次の100年を目ざします。宜しくお引き立てをお願いいたします。


以下、集合写真と、鏡開きです。


2

1


















● 冒頭、会長 ( 増澤 ) としての挨拶の中で、聖心女子大学の卒業生でノートルダム清心学園理事長の シスター渡辺和子さん の著作 「 目に見えないけれど大切なもの 」の一節をお話いたしました。海上でもあり、ざわついていましたので再度述べさせていただきます。( ちなみに、渡辺さんは石井建築事務所創業者 石井信吉と同時代昭和2年生まれでしたが、2016年12月30日89歳にて逝去 )

「 修道者であっても、この世に生きている限り、
  煩わしいことに無縁であろうはずはなく、
  生身の人間である限り、傷つかないで生きていられるものではない。
  言うも恥ずかしいような些細なことで心が波立つことがある。

  ・・・傷つきたいなどと夢にも思わない。でも私は、
  傷つきやすい自分を大切にして生きている 」

私(増澤)は、創造性の発露は繊細にかつ大胆に!生き方は謙虚でありたい・・・そんなことを申し上げたかったのです。
会社も還暦を迎えました。全て順風満帆とはいきませんでしたが、ここまで恙なくやってこられたことに感謝です。
 
歴代・会社役員履歴

◎ 創業者 石井(いしい)信(のぶ)吉(よし)(2007年・平成19年80歳にて逝去)
3

















      
略歴  1927年(昭和2年)12月8日 熱海市上多賀に生まれる。
    旧制韮山中学から早稲田大学専門部工科建築科卒業(昭和23年)
    久米設計入社。病(結核)にて退社帰郷、手術にて快癒。
1957年(昭和32年)熱海にて建築設計事務所を開設。
一級建築士第25070号(昭和32年2月28日登録)
    
モットー;我々は他人(ひと)様(さま)の財産を創っているのだから、心して仕事にあたること。
     構造に偽りのない、機能的で美しい空間を目指してほしい。
空間のプロポーションを大切にする。

私事(増澤)ですが、仙台秋保温泉の茶寮宗園を手懸けた時のこと、竣工検査に来られ、障子の組子が 「 “ 美しくない ” 」 と言われたことが深く印象に残っています。 
やる気さえあれば経験・年齢を問わず、どんどん仕事をやらせるタイプで、 いわば 「 語って説かず 」 の人であった。

生き方; 飄々としていて、ケセラセラ・・・だけど意外と神経質な人でした。

好きな女性のタイプ; 藤色の香りのする女性。

嫌いなもの; 漬物、特に沢庵の臭いが大嫌い。

〇 第二代社長 増澤(ますざわ)信一郎(しんいちろう)

4























略歴  1947年(昭和22年)10月11日 伊東市宇佐美に生まれる。
    県立韮山高校から芝浦工業大学建築工学科卒業 1970年(昭和45年)
    1970年(昭和45年)、卒業してすぐ熱海の石井建築事務所に勤務
    一級建築士第80723号(昭和48年2月20日登録)
    代表取締役就任(平成8年、1996年・49歳)、退任(平成26年、2014年・67歳)、現在(当年70歳)に至る。

モットー; 思い入れ深く、心を形に表す。
      気配をデザインする。
      旅館の設計手法は、その宿に滞在するオリジナルなストーリーを描き、空間をデザインする。 
好きなこと; 抜けるような青空の下、光る海を眺めながら畑仕事にいそしむ。
             
嫌いなこと; 品位の無いことや、物、人。
現在の役員。

〇 第三代社長 鈴木(すずき)俊之(としゆき) 平成26年代表取締役就任
 昭和36年8月6日生まれ。日大理工学部建築学科
        一級建築士第208837号 三島市在住
6
  
















                                    
          
  専務取締役 大川(おおかわ)孝(たか)信(のぶ) 昭和30年6月25日生まれ。武蔵工大工学部建築学科
        一級建築士第179795号 熱海市在住
                              
7





















  常務取締役 佐藤(さとう)隆(たかし) 昭和36年7月28日生まれ。武蔵工大工学部建築学科
        一級建築士第225177号 三島市在住
8
                              
















● 以下は30周年の時の写真です。

高輪のプリンスホテル・プリンスホールにて、バイオリニストの佐藤陽子さんの演奏で極上のカクテルに酔い、村野藤吾設計お茶室(恵(え)庵(あん))にて社員による点茶で茶懐石をいただきました。
接待は社員とその奥さんでいたしました。

 

ホテル
9












                       
会場
10










当時の熱海・東京の役員      
11












         
佐藤さんの演奏
12

 












野立て   
13

    












      
会食
14










 
呈茶   
15


     








               


慰労スナップ
16












集合写真
17













( 以上、2017年5月、文責・増澤信一郎。 )  

Posted by masuzawa05 at 05:00Comments(0)

2017年06月19日

銀座・シックス

あえて、 「 百貨店 」 の看板を使わない 「 お店 」 として銀座松屋が建替えをした。6丁目にちなんで “ GINZA・6 ” と名前を変えてお披露目です。

広いフラットな空間の陳列に慣れている者にとっては、これってデパート? と思ってしまう。しかしながら、建築デザイナーにとっては、商業施設のデザインとしての販路が広がる可能性がある。

銀座地域は高さ制限を自らに課しているので、街並みと道路がビル群の高さに埋没されずに、道と建物のファサード一体となった灯りのページェントが見られます。だから、人と車、道と建物が一体となったスケール感が素敵です。

◎ 採算面から考えると以下のようになります
「脱百貨店」の脱出先は賃貸オフィス

1

2


































     

 4月20日にオープンした「GINZA SIX」が大変なにぎわいを見せている。来館者はオープンから18日目の5月7日に150万人を突破し、目標の年間2,000万人を大きく上回るペースだ。同ビルは「松坂屋銀座店」跡地を中心とする再開発であるが、「脱百貨店」をキーワードとしており、スペシャリティーストア(ショップ)の集合と考えていい。収益部分の半分近くが上層部にある賃貸オフィスとなっている。
● 鳩居堂方向から徐々に見えてくる景観です。


3

4

5























































































 エントランス見上げです。


6
































 二階から上が吹き抜けていて、そこに草間さんの照明が賑やかです。


7

8















































● 1階のエントランスは吹き抜けに面しておらず、低い天井で圧迫感があり、鬱陶しいです。エントランスには吹き抜け開放空間が必要です。

もう少し吹き抜け空間を2〜3層ずつ、ずらして天に上るような空間構成が欲しかった。そこが残念です。ここでも草間さんのシャンデリアが賑やかです。

 プラザスタイルの ‘ 大人プラザ ’ の店舗と、吹き抜け周りに回廊が巡っていますので、お年寄りが腰かけたりしています。今までの百貨店の大空間の中、衆人環視のようなお休み処では落ち着かない。どこか病院の待合廊下の様でもありますが、こういうスペースは気楽でいいですね!


10

11







































 特記すべきは屋上が庭園として開放されていて、銀座に在って四周をグルッと眺めながら巡ることができます。
繁華街の緑化は屋上しかなくなりましたが、ソニービルの跡地の暫定的ですが緑化が楽しみです。


12

13-(2)

14

15

16











































































 裏通り側には、バスの寄り付きの為の専用通路が設けてあり、インバウンドのバス客には親切で交通渋滞には有効です。時代の変遷を感じます。

17
































● 谷口さんの設計にしては、ニューヨークのMOMAほどのデザインの冴えは見られませんでした。多分、メインは大手ゼネコン( 鹿島 でした )の実施設計であろう。
商業施設としても、新しいデザインの切れを見せて欲しかったのに残念ですが、銀座にあるオフィスとして採算は取れているようなのです。

銀座はこれからも目が離せません。  
Posted by masuzawa05 at 09:40Comments(0)

2017年06月12日

草間彌生展

国立新美術館にて開催。

1

2























 1929年生まれの88歳。幼いころから悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、それ等の幻覚・幻聴を絵にし始めたという。松本駅の近くの裕福な種苗屋の娘に生まれ、幼いころから草花やスケッチに親しむ。

3

4

     







































〇 会場風景

5

6

7

































































● 原色を使ったドット柄の絵が多いのだが、結構渋い作品もある。近年文化勲章も授与されている。


〇 21世紀の草間彌生
作品; 生命は限りなく、宇宙に燃え上がっていく時

8














作品; オブリタレーションルーム

9


















20世紀の草間彌生 

10































● 今はかつらをかぶったちょっとクルクルな感じの、変なオバアサンだが、昔は普通のお嬢さん。ともかく賑やか華やかなのだ。

〇 玉ねぎ、魚、地球の創世記

11

12

13













































ニューヨークでの草間彌生

14




























〇 The Man、マカロニ・コート、自己消滅

15

16

17





























































〇 わが巣立ち

18
































◎ パフォーマンス性において、ボクシングペインティングのギューチャンこと 篠原有司男は四つ年下なのだが彼女のことをこう語っている;

19

20




















 悪魔に引きずられて:

 結局いろんな大家でも、画商のプレッシャーや勲章をもらえるかどうかというプレッシャーによってがんばっている部分があるんだけど、草間さんはそういうことを一切抜きにして作っている。文化勲章もすでにもらっているけど、そんなものはいらないっていう感じですよね。自分のミュージアムもつくっているらしいし、大したものです。
 あと、草間さんは自分の貯金通帳を見るのが一番楽しみだって言っていて、それもいいなと思う(笑い)。画商とも喧嘩になって取っ組み合ったとか、なかなかそういうアーティストというのはいませんよ(笑い)。


● 私(増澤)思いますに、映画化するなら役者は 樹木希林 だろう。  
Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)

2017年06月05日

上高地 ホテル白樺荘

清流梓川、河童橋のたもとにあります、吊り橋がゲートです。


1

2

3

4
     

































第一期工事、客室を「 natural  和 modern 」に改装しました。真冬の閉館中に改装しました。
奥穂高に正対する位置にこの宿は有ります。

ハンモックに揺られながら、絶景を独り占めです。


5


6


7
    


























〇 客室 色々です

7

8

9

10





































〇 試食会を兼ねてお食事をいただきました、フレンチです。


 アミューズ; ポークリエット、ホタルイカ、ケークサレ

 オードブル; モッツァレラ、野菜サラダ、イタリア産プロシュート添え

 スープ; 蜆のポタージュ、スカンピ海老、生青海苔の香り

 魚料理; 真鯛の薄切、酒盗と山芋のソース

 肉料理; 信州黒毛和牛サーロインと湯葉、茸とお餅スプラウト

 デザート; 赤ピーマンのプリン、ヴァニラアイス


12

13

14

15

16

17

 












































































































































● 特に、デザートはシャガールの 「 空飛ぶ夢の絵 」 のような浮遊感たっぷりな素敵な味でした。


〇 朝食です 和の朝食としては私(増澤)にとっては完璧な品揃えです。

18



















 シラス、大根おろし、エリンギの玉ねぎドレッシング、スクランブルエッグ、おから、ヒジキ、鮭、鯖、タクアン、山ゴボウ (● 欲を言えばオシタシが欲しかった)

 味噌汁、ワカメ・なめこ・ネギ

 リンゴジュース、野菜ジュース

 野菜サラダ、水菜、リーフレタス、キュウリ、トマト、青じそドレッシング

 お粥、納豆、海苔 (● 欲を言えば半熟温泉卵が欲しかった)


● 上高地の旅は、白樺荘に泊まるのが目的になればしめたもの。次回以降はメインダイニング、大風呂、ロビーと改装が続きます。  
Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター