livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2017年01月30日

 2016年中部建築賞住宅部門入選作品・ヒカリノコヤ

去年12月で中部建築賞の審査員としての4年の任期満了です。私が担当し、現地調査した三つの物件を三週にわたり順次ご紹介いたします。

no title

     








● その1 ヒカリノコヤ

 母屋 ( 主屋(おもや) )の在る同一敷地内の一段低くなった庭の一画に、別棟あずまや風佇まいのこの建物は有る。

1

2

     





































 母屋の南に位置している為、軒高を低く押さえ採光通風上の問題を処理しつつ、庭の点景として違和感のないレイアウトとしている。南西の角に向け屋根勾配を立ち上げ、象徴的な採光のためのトップライトと、脇に換気の為のガラスの電動ハイサイドガラリを設け、ワンルーム空間の通風と、中二階風オープンな寝室スペースへの採光とし、内部機能空間が外観を決定しているシンボリックで構造に素直な建物である。
プラン的には、普段の生活ができる諸室が母屋の方にあるので、敷地内別荘と言うような仲間内でワイワイガヤガヤ“ お晴れの場 ” 的な位置付けとなっている。家族三世代、時には友人・隣人を招いての交流空間としての居間と、コンクリート製大テーブルをドンとメインに据えた全面床暖房されたダイニング・キッチンが主役である。

3

4

     


































隣地側は閉じ、残り二面は全開放出来る木製引き込みガラス戸で庭や母屋に開放され、内外部一体となる仕組みは伸びやかでいい。
寝室は斜め天井の頂部 「 光の小屋 」 の真下にあり、居間の床からスキップ・アップして入る。水回りはその床下にコンクリートBOXで造り、居間からはステップ・ダウンして使用する。洗面はコンクリート製の大テーブルの一画にあり、流しと同仕様のステンレスの大きなシンクで、これなども使い勝手上はなるほどと理解できる。 

5

6

     
















これからの時代、住まいは新築か増築か改装か!? 三世代の住まい方が問われていると設計者はとらえ、そのための解決策として彼は 「 ‘ 脇屋 ’ という概念でデザイナーとしての創作欲を喚起している 」 と言う。 母屋( 主屋(おもや) )⇔ 脇屋(わきや) こんな風に私は理解したのだが、如何なものでしょうか。・・・・・小さな一点(家)が扇(家族)の要を演出する
みんなの敷地に、最小限の予算で “ なごやかなにぎわい ” を演出する建物を点描する楽しさは、古くて新しいデザインの提示であろう。

● 敷地形状や高低差、方位やロケーション、家族構成や生き方、いろいろな要素が混じり合い空間が生まれる。建築家は機能、空間美、心意気を自在に操るマジシャンのようなもの。
そう思って建物を俯瞰・透視するとあかりのなかになにやら楽しげな空気が流れているのが見える。そこに建築設計を天職とする醍醐味がある。           

  

Posted by masuzawa05 at 07:32Comments(0)

2017年01月23日

椎茸(シイタケ)

 ヒラタケ科の食用きのこ。シイ、クリ、クヌギなどの広葉樹の枯木中に生じ、傘の外面は紫褐色または黒褐色で、裏面と柄は白い。生のものは淡味、干したものは香りが高い。各地の林下に菌糸を植えた榾(ほだ)木(ぎ)を並べて栽培する。

1

    

























 もう、20年も前になろうか、我が家の菩提寺(浄信寺)の周囲に生えていた椎の木を、何本か切り倒し捨ててあった。その中から直径・高さ4〜50センチの切り株を何本か勝手に貰ってきて、ミカン畑の一画に切り開いた駐車場の畑用の流しの脇に、腰かけ台として長らく使用していた。

ある日よく見ると、切株の日蔭側に直径15センチほどの立派な厚みの大きなきのこが自生していた。茸好きの私としては咄嗟にいい椎茸だと思い採って帰り、鉄器で焼いて醤油をかけて食べた。 

椎の木から自生していて、すなわち椎茸だし、見た目も香りもそのものだと確信して持ち帰ったものを、女房は最初疑ってかかっていたが、 「 食べるの・・・ 」 と言いながら鉄器で焼いて呉れたので、醤油をかけてむしゃむしゃと食べた。

“ なんともうまかった! ” 

後で農業を営んでいる叔父にその件を話したところ、 
「 オエー、よく食ったなあ〜 そんなものを 」 と言って、驚きあきれ顔で笑った。


2

 






























 先日、グルメであり、自ら料理をする作家の故・檀一雄さんの 『 わが百味真髄 』 を読んでいて、その時の椎茸のことを思い出した。


◎ 檀一雄さん曰く、新しい茸は命懸けで喰うべし;

そろそろ梅雨明けの頃になってくると、きまって、私の書斎の西側のま下あたりに、一むれの茸の類が発生する。
私は、それがキノコだとなると、どうも、黙って見過ごしにはできにくい性分なのである。キノコとなったら、まったく目がない。
そこで、その一本を、こっそり折り取って、その匂いに嗅ぎ入ってみたところ、甘い、乳っくさい、よい匂いなのである。
すると、これは「竹孫(ツースン)」ではないか、咄嗟に、胸がおどる感じであった。もし「竹孫」なら貴重で高級な食品だ。それを乾かしたものは、中国料理材料店だって、話にならないほどの高値である。
「竹孫」をスープに入れると、格別にうまいダシが出て、鳩や鶉(うずら)の卵ととてもよく調和する。
「竹孫」であるか、「竹孫」でないか、私は千千に心を砕きながら、家の中にかけ込んだ。女房を大声で呼んで、
「 おい、竹孫だよ、竹孫。もし、竹孫なら、とてもうまい中国料理のスープの実だ。とにかく喰おう 」

女房は、おっかなびっくり、私の手中のキノコを眺めまわしていたが、
「 よしましょうよ。こないだの山ゴボウみたいなことがあるでしょう・・・ 」

( *以前自生の山ゴボウで家中、嘔吐と下痢を繰り返したことがあるみたい )

さて、私の掌の上の、匂いかぐわしいキノコの話にもどるのだが、

「 山ゴボウのこともあるでしょう。もうそんなキノコ、棄てておしまいになったら 」と細君は重ねて言った。
「 いや、これは喰える 」
私は手中の「キノコ」を捨てきれずに、炉端に置き、酒を飲み始めながら、もう一度植物図鑑をていねいにひろげ直しては読んでいった。
あった!
「キヌガサダケ(竹孫)ではないけれども、「 あみがさだけ」というのが、私の手の中のキノコの特徴をことごとくかね備えている 」

その牧野植物図鑑の「 あみがさだけ 」の項は、「 欧米諸国ニテハ、一般ニ食用トセルモ、我邦ニテハ本菌ガ美味ナルコトヲ知ラザルモノ多シ 」 と結んでいるではないか。
私は大あわてに笊(ざる)を取り、わが家に自生した 「 アミガサダケ 」 をひとつひとつ、まるで宝物のように摘み取って、持って帰り、そろそろ集まってきた酒友達を相手に、ジュンジュンと語り聞かせるのである。

さて、料理は欧米調でなくてはならないからというのでベーコンを湯通しし、玉ねぎとニンニクをていねいにいためたあげく、「 アミガサダケ 」 のザク切と一緒にいため合わせ、ホワイトソースと極上の葡萄酒で和えてみた。さて一口、
「 うまい! 」
こうなったら、とっておきのボルドーを一本、自祝自宴の形になり、
「 うまい! 」
しばらく見守っていた友人たちも、おいおいとスプーンですくい取って、
「 こりゃ、うまい! 」
たちまちのうちにわが 「 アミガサダケ 」 の皿は底をついた。ただ、私の一部始終を見守っていた細君の姿が、いつのまにか、見えなくなっただけである。


● ことほどさようにこの作家、ゲテモノ食いの悪食なのか、グルメなのかはよくわからない。

私(増澤)なんぞは可愛いものだ。・・・でも危なかったかも知れない。
  
Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)

2017年01月16日

黒田清輝展・生誕150年  

上野の森に黒田清輝を見に行った。



1
2
    







































 写生する彼の姿をスケッチしてみました。


3

   


























 パリに渡った目的はフランス語と法律の勉強の為であった。やがて、パリで知り合った日本人と交流するうちに、画家になるきっかけが芽生える。
 彼の師である画家ラファエル・コランの美しい裸体画に強く惹かれるようになる。

4


     












◎ 黒田はこう述べています; 私は当年とって五十歳になるが芸術にかけては一個の学生に過ぎぬ。年の割には画がうまくない。勉強する時間もいろいろのものに割かれて比較的少なかった。これからまあ大いに勉強する所存である。仮に八十歳位になったら自分は斯(こ)う云(い)う思想を持って居ますと人に示すような事が出来ようかと思っている。



○ 代表作 読書、湖畔
5
6

    






























○ 智、感、情

右の絵から智慧、感情、情緒となる。


7

    












● 日本人を土台に、西洋人のプロポーションで女性美の極致を描いたと思われるが、外国人の色白の豊満さに、日本人のゴツゴツとした骨太・スレンダーな知性が表れている。

見方を変えれば、阿修羅像を思わせる気高い品位が漂って、ひたすら美しいと思う。


○ 鉄砲百合
8

    
















○ 花野
9
     













○ 自画像
10

  





















○ 梅林
11

    

















● 数点の代表作は知ってはいたが、実物を見るのは初めてであり、謙虚な人柄とともに美しい想いで満たされたひと時であった。
  
Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)

2017年01月09日

春一番・2017年(平成29年)


1

   






 新春の慶びを申し上げます。

当社は今年3月に創業60周年を迎えます。これもひとえに、多くの皆様のご支援あればこそと、感謝の気持ちでいっぱいです。さらなるお施主様の発展・繁盛に貢献できる御用達のデザイン事務所として、切磋琢磨してまいります。よろしくお願いいたします。

 色々な職業があるようで、その人たちの仕事を生かすべく、去年からメインのおせち料理を宅配便で取り寄せることにしました。華やぎの二の重です。

2
   










 宅配便でおせちが届く・・・時代の変遷を感じます。 今年は日本料理です。
美しいパッケージングもさることながら、伝統的な味付けで美味しゅうございました。

 毎年正月には今は亡き父がオリジナルな 「 松前漬け 」 を年末大きな梅酒瓶に大量に作り、一族郎党でいただくのが我が家の正月の景色でした。
その味を偲ぶべくその味にチャレンジいたしました。

 スルメイカ
 昆布
 ニンジン
 ミリンと酒と醤油
 むき身のニンニクの粒数個

 今年は手始めに、加島屋の松前漬けの素を買い入れて我が家の父の味に仕立てました。
なかなかの味に仕上がりました。そして、奇麗なお重を眺めながら、 「 父にもこんなお重を食べさせたかった 」 と思ったりもした。

私も今年古稀を迎えます。 和食がユネスコの文化遺産に登録されましたが、日本建築と庭園も一体として文化遺産に申請の動きがあるようです。庭屋一如の空間で和食をいただくことの幸せ、当然と言えば当然ですが、登録されるでしょう。我々にとっては追い風です。


3
    










 伊東市宇佐美の初日の出です。 自撮りして背後に初日を演出しました、私はあくまでも黒子です。
平和な良い一年でありますようにとご来光に手を合わせました。
  
Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)

2017年01月02日

 英語の歌を日本語で聞くと・・・



 おなじみ、ボブ・ディランの曲を久しぶりに聞く。 「 風に吹かれて 」
2016年ノーベル文学賞を受けた。 

私にとっては そういう選択もあるな!と、思った。
そしてこの歌が一番流れた。


1
    































◎ 『 BLOWIN ‘ IN THE WIND 』   風に吹かれて 

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?
Yes, ‘n’ how many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?
Yes, ‘n’ how many times must the cannon balls fly
Before they’re forever banned?
The answer, my friend, is blowin’ in the wind,
The answer is blowin’ in the wind

どれだけたくさんの道を歩き回れば
人は一人前だと呼ばれるようになるのだろう?
どれだけ多くの海を越えていけば
白い鳩は砂浜で羽根を休めることができるのだろう?
どれだけ大砲の弾が撃たれれば
もう二度と撃たれないよう禁止されることになるのだろう?
その答えは、友よ、風に吹かれている
その答えは風の中に舞っている

How many years can a mountain exist
Before it’s washed to the sea
Yes, ‘n’ how many years can some people exist
Before they’re allowed to be free?
Yes, ‘n’ how many times can a man turn his head,
Pretending he just doesn’t see?
The answer is blowin’ in the wind,
The answer is blowin’ in the wind

どれだけ長い歳月が経てば
山は海に削り取られてしまうのだろう?
どれだけ長く生き続ければ
虐げられた人たちは晴れて自由の身になれるのだろう?
どれだけ人は顔をそむけ続けられるのだろう?
何も見なかったふりをして
その答えは、友よ、風に吹かれている
その答えは風の中に舞っている

How many times must a man look up
Before he can see the sky?
Yes, ‘n’ how many ears must one man have
Before he can hear people cry?
Yes, ‘n’ how many deaths will it take till he knows
That too many people have died?
The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind

何度見上げたら
人はほんとうの空を見られるようになるのだろう?
人々が泣き叫ぶ声を聞くには
二つの耳だけでは足りないのだろうか?
どれだけ人が死んだら
あまりにも多くの人たちが死んでしまっていることに気づくのだろう?
その答えは、友よ、風に吹かれている
その答えは風の中に舞っている


● どれだけ、どれだけ、・・・・・どれだけ

どれだけ恥をかき
どれだけ人を傷つけ

どれだけ破壊し
どれだけ自然を傷つけ 

人は、どれだけ 厚顔無恥でいられるのだろうか?

・・・・・私(増澤)、そう思います。
  
Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)

2017年01月01日

日本の歌を英語で歌うと・・・。

童謡や唱歌を英語で歌うCDが発売されています。

坂本龍一監修で、別冊に村上龍が日本の伝統行事について日本語で解説し、ラルフ・マッカーシーさんの英文訳と、はまのゆかさんの挿絵が付いています。 
そして恥ずかしながら、私(増澤)のスケッチを載せました。

1




























◎ 雪

雪やこんこ 霰(あられ)やこんこ
降っては降っては ずんずん積もる
山も野原も 綿帽子かぶり
枯木残らず 花が咲く

雪やこんこ 霰やこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭駆けまわり
猫は火燵(こたつ)で 丸くなる


2































Snow _ go on dropping Hail _ go on plopping
Falling, keep falling, and cover everything
Crown the mountains and the woods with fluffy cotton bridal hoods
Deck all the dead old trees with blossoms made of snow

Snow _ go on dropping Hail _ go on plopping
Falling, still falling and drifting ever higher
See the doggies romp and run, they’re in the garden, having fun
Meanwhile the kitty-cat curls up beside the fire


◎ 春が来た

春が来た 春が来た どこに来た
山に来た 里に来た 野にも来た

花が咲く 花が咲く どこに咲く
山に咲く 里に咲く 野にも咲く

鳥が鳴く 鳥が鳴く どこで鳴く
山で鳴く 里で鳴く 野でも鳴く


3














Spring is arriving Spring is arriving Where will it arrive?
Up on the mountain Down in our hometown All across the plain

Flowers are blooming Flowers are blooming Where do flowers bloom?
Up on the mountain Down in our hometown All across the plain

Birdies are singing Birdies are singing Where do birdies sing
Up on the mountain Down in our hometown All across the plain


◎ さくら さくら

さくら さくら
野山も里も 見渡すかぎり
かすみか雲か 朝日に匂う
さくら さくら 花ざかり

さくら さくら
弥生の空は 見渡すかぎり
かすみか雲か 匂いぞいずる
いざや いざや 見にゆかん

4

     


























Sakura Sakura
In the mountains, fields and towns As far as the eye can see
Like a mist, a sea of clouds Fragrant in the morning light
Sakura sakura Bloom with all your might

Sakura, Sakura
Underneath a springtime sky As far as the eye can see
Like a mist, a sea of clouds Hint of fragrance calls to me
Now’s the time Now’s the time Let us go and see


◎ こいのぼり

屋根よりたかい こいのぼり
おおきいまごいは おとうさん
ちいさいひごいは 子どもたち
おもしろそうに およいでる

5



























Flying high above rooftops: Koi _ nobori
The big one is our Papa
We’re the other three Red and gold for the young ones,my brothers and me
We’re all having so much fun Swimming in the breeze


◎ うさぎ

うさぎ うさぎ
なに見てはねる
十五夜お月さま
見てはねる 


6
   






























Rabit,
what did you see? Why’d you hop up to the moon?
Moonlight on the night of the fifteenth
made me burn for the moon


◎ 故郷

うさぎ追いしかの山
小鮒つりしかの川
夢はいまも めぐりて
忘れがたき故郷

いかにいます父母
恙(つつが)なしや友がき
雨に風につけても
思いいずる故郷

こころざしを果たして
いつの日にか帰らん
山はあおき故郷
水はきよき故郷


7































Some days we’d chase rabbits up in those hills
Sometimes we’d catch minnows down at the stream
I’m back there even now In all my better dreams
You’re always part of me, my old hometown

How are they getting on, Mother and Dad?
Are all my childhood friends healthy and glad?
Wind may be blowing, and rain may come pouring down
Flooding my mem’ry with my old hometown

One day when I’ve done what I came to do
I don’t know when, but I’ll get back to you
Back where the hills are green, back on my old home town
Back where the water’s clean, my old hometown


◎ ふじの山

あたまを雲の上に出し
四方の山を見下ろして
かみなりさまを下にきく
ふじは日本一の山

青ぞら高くそびえたち
からだに雪のきものきて
かすみのすそをとおくひく
ふじは日本一の山


8

































Lift your head up out of the clouds, see what you can see
Smaller mountains all around you, looking up to thee
Do you hear the thunder roar somewhere down below
Fuji’s the mightiest mountain in Nippon

Soaring up into the blue, high as you can be
White kimono made of snow, it fits you perfectly
Trailing train of morning mist You stand alone
Fuji’s the mightiest mountain in Nippon


● いろんな挿絵を描いてきましたが、心と体に馴染んだ歌と景色の世界はしっくりとくる。しみじみと日本人であることを感じます。  
Posted by masuzawa05 at 00:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター