livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2016年11月28日

 究極のランチ・その2

静岡 府中庵 待月楼の 「 丸子(まりこ)(鞠子)のとろろ 」

1

2

3





























































● 自然薯、山の芋、長芋と呼ばれ、長い撞(つ)き鍬(ぐわ)で掘り出される天然ものが極上とされる。
子供の頃、叔父と山の中深く分け入り、長芋堀に行った思い出があります。

この店は今から30年程前に事務所の先代の石井に連れて行ってもらった静岡駅構内にある懐かしい店である。
これは ‘ まりこ宿 ’ という一番シンプルに “ とろろ ” を味わえるセットで ¥1,390 である。

4

5

6























 とろろ汁、麦飯、たっぷりの刻み葱、赤だし味噌汁(何故か赤だしが合う)、香の物(タクアン、白菜、キュウリ)からなり、デザートに山芋のアイスクリームが付く。添え物いろいろの賑やかな膳もあるが、シンプルにとろろ汁を味わうのならこれがベストである。
 ここで、脇役の漬物であるが、ちょっと深漬けの白菜とタクアン、キュウリであることが大切で、少し醤油を垂らすのがいい塩梅。
だし汁のみのシンプルなとろろにはヒネ・タクアンが一番合う。できれば熱海の七尾のタクアンを持ってくればパーフェクト。
 体調の良いときはやたら食べられて、いわば健康のバロメーターでもある。


● 以下は歌川広重描くところの ‘ 東海道五拾参三次之内 ’ 鞠子(丸子、まりこ)名物茶店の絵である。

7

8
   






























● 芥川龍之介の短編小説「 芋粥 」に出てくる。平安時代、ある男が芋粥を腹一杯食べてみたいという物語。そのころからつとに有名。

● そして、私にとっては子供の頃の懐かしい母の手料理;

オロシ金で擂った山芋をすり鉢に入れ、鰹節で摂った醤油味の汁を、すりこ木で回し込みながらとろろ汁に仕上げる。もちろん、一生懸命すり鉢を小さな手で必死に押さえておくのは私の役目であった。

 醤油味の汁は熱過ぎると芋が煮えてしまうし、冷たくてはうまく混ざらず、出来上がりが‘ ぬくとい’ ぐらいが丁度よく、その辺のところのあんばいが難しいのだが、それはそれ、母の器量で絶品に仕上げる。 子供の頃はその ‘ ぬくとさ ’ ゆえにとろろ汁でご飯を何杯もお代わりしたものである。
 素朴な味の割には、なにか食欲をそそるぶっかけご飯で、味噌汁かけご飯、卵かけご飯の延長線上にある少しオシャレな究極の汁かけご飯である。
 沢山の麦飯を腹に入れる割には軽いタッチで、自然食品を存分に味わえる究極の安心食材である。

 伊豆スカイライン、亀石峠と冷川峠の中間に茅葺屋根の 「 峠の茶屋 」 という店があって、そこのとろろ汁も旨い。娘が高校生か大学生だったころ連れて行ったところ、その旨さに爆(ばく)食(ぐ)いしたのを懐かしく覚えている。

 最近は静岡駅の待月楼の出店でお昼に食べているが、子供の頃は、時たま母が作る家庭の大(おお)ご馳走な夕食であった。
  

Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)

2016年11月21日

 モーロクのすすめ

◎ モーロクという言葉は辞書にはない。辞書にあるのは耄碌(もうろく)である。

「 広辞苑 」 によると耄碌は 「 おいぼれること 」。 では、おいぼれるとはどういうことか。やはりこの辞書によると、 「 年老いて頭やからだのはたらきが鈍くなる 」 ことだという。加齢によって頭や体の働きが鈍くなる。これはおそらく誰もが体験する自然現象だろう。だが、それを耄碌したというとき、その自然現象をやや否定的に見ている。あるいは、悪い現象、忌むべき現象としてみている。

 耄碌という言葉には以上示したような否定的意味があるが、モーロクには否定的な意味がない。耄碌を自然な現象として受け止め、鈍くなった頭や体の働きをそれとして楽しもう、というのがカタカナの新語、モーロクである。 ( 坪内稔(ねん)典(てん)さんの同名の本より )

1































◎ 坪内さんは天野忠さんの詩を引用してこう嘯(うそぶ)いている。

「 ねながら、人生について考えていたら
額に、蠅がとまった
長いこと休んで、それから、パッと、元気よく飛び立った
どうやら考えがまとまったらしい
俺はまだだ。 」 ・・・天野忠。

老いは成熟した青春である、と利巧な若い作家が語った。というのは 「 老い 」 という詩の始まりで、
この詩の終わりは、
老いは、死の方に色目を使いながら、宙ぶらりんになっている。

そして、坪内さんは; 「 俺はまだまだ 」 と呟いて生き続ける。そんな老人に私もなりかかっている・・・と。

○ くどくなる
気短くなる
愚痴になる
出しゃばりたがる
世話焼きたがる・・・仙僂痢嶇型溶参寮隋廖,茲蝓

○ 少し食べ
少し動いて
少し寝て
頬杖ついて
雲を眺める・・・坪内稔典。


● 私(増澤)、以前、このブログで内館牧子さんの 「 終わった人 」 で定年を主題にした、夫婦の生活模様を描いた本を取り上げたが、坪内さんの男目線との違いが浮き彫りになった。

女目線で描いた 「 老い 」 と
男目線で描いた 「 老い 」 の違いが
みえてきた
内館さんの女目線はなぜか 「 辛辣で 」 なぜか、終わった人だが
坪内さんの男目線はなぜか 「 やさしくて 」 なにか、面白いことを始めよう的でわくわくそわそわする。

● 歳を取って思うこと;

先日、大学の空手道部の70周年記念のパーティーが東京の豊洲校舎であり出掛けてきた。50年前の大学の空手道部は練習も上下関係も厳しく、1年生の時の4年生は見た目も待遇にも雲泥の差があり、最上級生は天皇のようで、1年生は奴隷のようだった。

 あの先輩には絶対会いたくないと思っていた先輩が来ていて、無視するわけにもいかず、思い切って挨拶に伺った。熊本市の職員を皮切りに、県会議員を経て最近リタイアしたそうで、見た目も心も丸くなっていて、邂逅を楽しむことができた。
その後の熊本地震で、震源地・益城町の自宅が被災し、一階がつぶれその上の二階が一階になった空間に生活していると聞いた。義援金を送ったが、生活の難渋さを思うと心が痛む。

 ちなみに一年生の島根県松江での18歳の夏合宿、我々一年生全員が夜中に脱出しタクシーで中国山脈を越え ( その時のタクシー運転手との値段交渉を、私が仕切ったことを友達から後で聞き知ったのだが・・・私の記憶にはない ) 岡山に出て、それぞれの実家に帰り、大騒ぎになり、空手道部の存続問題まで発展したのだが、四年生時には九段下の日本武道館で開かれた全日本大学空手道選手権大会団体戦でベスト4に入り、私は最優秀選手賞を貰った。70年に及ぶ部史で歴代ベストの成績を残せた。
後年、先輩たちに会うたびに 「 お前らは色んなことをやったなあ! 」 と言われ続けている。
 鬼籍に入った先輩、同輩、後輩の冥福を祈りながらも、モーロクしないで元気でいられることを喜びたい。


● エドワード・グレイの ‘ 幸福であるための四条件 ’ を胸に、これらをバックグランドミュージックとして聞きつつ、すこしずつ崩しながら、薄めながら、モーロク生活に埋もれていきたい。

一、 自分の生活の基準となる思想
一、 良い家族と友達
一、 意義のある仕事
一、 閑を持つこと
  
Posted by masuzawa05 at 04:30Comments(0)

2016年11月14日

レストラン色々


洋風居酒屋風レストランが増えている。

無国籍で、アラカルト、コース料理でない点がいい。食べたいものをピンポイントでオーダー出来る点もいい。

◎ 「 ル バーラ ヴァン サンカン ドウ アザブトウキョウ 」 恵比寿に成城石井が開いたワインバーです。

1

2

































〇 前菜 タコのカルパッチョ

3











〇 牡蠣の香草入りオリーブ炒め

4






























● 鉄なべの牡蠣にはオリーブオイルがよく合う。そしてたっぷりの香草入りの汁をパンにつけるとこれまた旨い。

〇 ビールで乾杯し、メインディッシュに移る前に、スパークリング赤ワインをボトルで頼む。スパークリング赤ワイン私は初めて、ちょっと優しい味になるので、女性には受けるだろう。但し男の私には少し物足りない。

5

  
































〇 温野菜と赤身肉のステーキ
6

7


 






















































● 温野菜と肉を交互に食べるとなかなかいい。但し同時に出してほしかったがそう言い添えなかったので、時間差があったのが残念だった。温野菜と熟成された赤身肉はよくマッチして素晴らしい。

● こんな食事の組み合わせが出来るのが嬉しい。二人で〆て ¥13,000也。
やはり都会はレストランの選択肢がいっぱいあって楽しい。


◎帰り際通り沿いに新しくできた ‘ 野菜BAR ’ 覗いてみた。

8

910

11


     

























































































● 健康志向でメインをサラダで済ますのがお洒落しのようだ。 私は翌日の朝食のサラダをgetした。三人分ぐらい有って¥1,000程度でした。サラダの内容を自分でチョイス出来るのがいいし、美味しかった。


◎翌日、新宿伊勢丹 地下食品街で ‘ ライブ・キッチン ’ にてビールと鮭のパスタを食べる。

12

13








































● デパ地下の素敵な EAT・ INで一度食べてみたかったのだ。

伊勢丹・キッチンステージ(笹島ワールド)のメニューです。あくまでも、日本にしかないイタリアンとの触れ込み。

14

     



























衆人環視の中、お昼は女性客で席待ちするにぎわいで、待つのが嫌いな私は、時間をずらして2時ごろ入ったのだが、その時間帯はコース料理が終わりで、単品しかオーダー出来ず残念だったが、調理場の目の前のカウンター席でライブ感たっぷり、美味しかった。

今後デパ地下のライブキッチンを攻めてみたい。  
Posted by masuzawa05 at 08:14Comments(0)

2016年11月07日

月(つく)映(はえ) ( TSUKUHAE )

●私(増澤)にとっては初めて知る画家達だった。東京駅ビルのギャラリーに早速出かけた。
木版画による表現は、シンプルな色遣いと刻描ゆえの図案化された素朴なタッチが、とても新鮮だった。なによりも少量の禁欲的な色が効いている。


1
     





























◎大正初期、文芸誌 『 白樺 』 などさまざまな西洋美術が紹介されました。田中恭吉、 藤森静雄、 恩地孝四郎 三人の学生たちはムンクやカンディンスキーらに刺激を受けつつ、独自の画境を切り開いた竹久夢二や周辺の人々からも影響を受け、自らの表現を模索します。そんな中、自分たちの雑誌が、出版社から発刊されることが決まりました。
 当時の画家たちにとって、木版画による表現手段は主流ではありませんでしたが、三人はそれを跳ね返すように、自画・自刻・機械刷りによる木版詩画集づくりに熱中しました。


◎田中(たなか)恭(きょう)吉(きち) 1892年和歌山県生まれ。東京美術学校予備科日本画科。

○曇り日の負傷
2















 











○飛び去るまえ、 白昼のなまけもの
3
     


















○冬虫夏草
4
     






















◎藤森(ふじもり)静(しず)雄(お) 1891年福岡県生まれ。東京美術学校予備科洋画科。

○密室: LA CHAMBRE SECRETE、 マントの男
5
     
























○二の心、 夜のみち
6
     

















○心のながれ、 太陽の病める日
7
     













◎恩知孝四郎(おんちこうしろう) 1891年東京生まれ。東京美術学校予備科彫刻科塑像部。

○キリストとマリア、 赤き実を持てる少女、 うかむ種子
8
     














○望むと怖・1、 2
9
     

















○のこるこころ
10

     












●まるでポエムのような 絵 だ。  
Posted by masuzawa05 at 09:01Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター