livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2016年10月31日

 ベトナム研修旅行・その3 インターコンチネンタルダナン

ダナンのサンペニンシェラ半島の海を臨む景勝地、急峻な傾斜地に立つ高級リゾートホテルである。




1

2





































●端的に言うと、こんなブロンズの像に象徴される、 ‘ ゆったり過ごしましょう ’ 的なホテルです。こんな時間があっていい。

サイトマップにあるように、傾斜地順に Sea Level, Earth Level, Sky Level, Heaven Level と繋がる。一番右側にマップには出ていませんがビラ棟があります。

余談ですが、空手道の型に “ 天・地・人 ” というのがありますが、地と天の間に人がいて世の中に行き渡り、廻っているのです。

これは地球という惑星に暮らす人間という動物の宇宙観と言える。じっくりと大自然の中のリゾートに身を浸し、来し方行く末を思う時間が大切です。


〇 全体の景観です

3

4

5

6

7













































































〇 SEA Level: プール、スパ、バー等が砂浜に点在しています。

8

9

10

11

12

13

14




























































































〇 Earth Level客室: レベルに応じタイプが変わります。
15

16

17
























●海に向かってセットされた大理石の楕円テーブルの先に、小鳥をとまらせたデザインが秀逸でした。こういう遊び心がいい!


〇 Heaven LeveL 客室 ( ペントハウス ): 私が泊まりました。


18

19

20

21

22

23

24

25

26

27
























































































































































〇 ビラ棟 客室:

28

29

30

31

32

33

 


























































●この棟には居間(パブリック)用のプールと客室(プライベート)用のプールが2つ附属しています。


〇 レストラン ラ・メゾン1888: 斜行エレベーターでHeavenからSeaレベルまで繋がり、レストランはEarth Levelで降ります。


34

35






































●ベトナムで唯一の3つ星のフレンチ・レストランです。日本料理のような品揃えでした。食前酒をBARでいただきましたが、料金は料理に含まれているものと思われます。ちなみに、ドライマティーニが¥1,200でした。(英・仏文のメニューから簡約しました)

〇 前菜

36

37



   

































































〇 カニのムース包み
38















































〇 ハタの切り身のソテー

39

















































〇 赤ピーマンのスープ

40












































〇 ロブスターのカレー風味

41





























































〇 子豚のロースト

42











































〇 酢漬けキャベツとポテトピューレ、エリンゲソース

43


























〇グランドデザート沢山、とコーヒー

44

45













































● 美味しかった。但しデザートは沢山すぎて食べきれない。日本人には多すぎる。


● 一泊ではもったいないホテルでした! 平常でも800人の従業員、トップシーズンでは1100人とのこと。 

● レセプション付近での集合写真です。研修ゆえに一泊でしたが、一週間ぐらい滞在したい感じでした。


46
  

Posted by masuzawa05 at 10:07Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター