livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2016年09月26日

 武器をアートに

東京芸大の美術館でモザンビークの 「 銃を鍬(くわ)に 」 プロジェクトが開催された。


1





























◎ 『 彼らは剣を打ち直して鋤(すき)とし、槍を打ち直して鎌とする
国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない』

旧約聖書の言葉にヒントを得て始まったプロジェクトである。

モザンビーク共和国は、南部アフリカに位置する、インド洋に面した人口2500万人ほどの国です。日本の約2倍の国土を有しています。そして今この国は内戦終結から20年以上が経ち、 「 モザンビークの奇跡 」 と呼ばれるほどの経済成長を遂げました。豊富な資源(天然ガス、石炭)を背景に、今後10年間、世界で最も高い成長が期待される国の一つです。

2
  






























○ 武器を芸術作品へ、モザンビークにおける平和構築。


● 肘掛け椅子
3

  





























● トカゲ
4
   












● パンを焼く人
5
    































● いのちの輪だち
6
    





























● ギターを弾く男
7
    





























● 首長鳥
8
     





























● 楽器演奏
9
     










● 飛ぶ鳥
10
     
































● ティンピラ奏者
11

 












    













● これら総てが解体した銃である。内戦で出回った大量の自動小銃などを、平和な日常を象徴する像に生まれ変わらせる試みだ。素材で多いのはカラシニコフ銃(旧ソビエト、今のロシア)だという。
模造品も含めて全世界に1億丁が氾濫し、人類史上、最も多くの命を奪った武器である。パリ同時多発テロのまがまがしい主役もまた、この銃が担った。

この芸術作品を前に、作品そのものよりも血なまぐさい過去がよみがえるようで、胸が痛む。
あまりにもわかり易いコンセプトで、普段はあまり気にしないのだが、アフリカというところが気になった。・・・なにをか言わんやである!  

Posted by masuzawa05 at 08:14Comments(0)

2016年09月20日

堂宮大工の知恵と技


 公益社団法人 日本建築士会連合会の月刊誌 「 建築士 」 の中に継続職能研修の一貫としてCPD認定制度がある。その中の研修項目にこんなものがあった。
 ( CPDとはContinuing Professional Development の略、プロはプロとして生きていくために自己研修をしなさいということです )

◎ 堂宮大工の知恵と技

一、 堂塔の建立の用材は木を買わず山を買え。

一、 木は生育の方位のままに使え。

一、 峠および中腹の木は構造材、谷の木は造作材に。

一、 堂塔の木組みは寸法で組まず木の癖で組め。

一、 木の癖組は工人の心組み。

一、 百人には百念あり。一つに統(す)ぶるのが棟梁の器量だ。


○ 大工棟梁はこのような口伝(くでん)にある知恵と、次のような技術が備わっていなければならない。



1






















○ 上記具体的な意味合いは

一、 建築の設計と墨付け

一、 積算

一、 道具を用いて加工手作業をする

一、 装飾用の下絵を描き

一、 建築彫刻を彫る


● 木造建築をつくりあげる工匠には、高度で多面的な能力が求められ、それゆえの棟梁だった。

だから、工匠を動かす現代の設計士には、より多面的な技術力と芸術的センスが求められると共に、自らの資質を研き、総合力を培う心構えが大切である。

やれば出来る、そう信じて仕事をしなければつまらないではないか! 今日から実践あるのみ。

建築は総合芸術である。我々は細心にして大胆に仕事に臨まなければならない。と思った次第です。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年09月05日

仏像展

 穏やかな表情に心が癒される。

東京国立博物館にインドの仏とみちのくの仏像展を見に出かけた。同時に開催されていて、その違いを知りたかったからだ。

1

2

    


































◎ インドの仏;

入滅はるか後に仏像誕生。豊かな肉体表現に心託す。

○ 仏頂尊勝坐像

3
     




















 「 古代インドの一番の美意識は 『 生命感 』 」 です。仏像は単なる偶像ではなく崇拝の対象ですが、豊かな肉体表現がなされたことで、人々は心を託しやすくなった。

○ 仏坐像(ガンダーラ)、仏坐像(マトゥラー)

4


5
   








































 「 人生は苦 」 と喝破したブッダは一方で、 「 この世界は美しく、人間の命は甘美なものだ 」 とも語った。温雅なほほえみを浮かべるインドの仏たちは、苦界にあっても生を肯定し続けた人間ブッダの心を今に伝えている。

● 私(増澤)インドの仏からは肉感的で官能的。
現世、人間の延長上にあり、今を生きる姿勢、 ‘ 生 ’ を感じる。






◎ みちのくの仏たち:

6

7


   




































 みちのくの仏像と言えば、木造・素地(きじ)仕上げ力強い表現などが思い浮かびます。その顔は悟りを開いた超越者ではなく、人間味があります。厳しい自然に生きた人々の強さと優しさが表れている。

○ 聖観音菩薩立像

8

    














○ 薬師如来坐像および両脇侍立像、女神坐像

9

10

   





















●この女神坐像なのだが、お福さんそのものだ。福顔なのがいい。こんなところに原型があったとはたまげた(魂消た)!

○ 円空作 十一面観音菩薩立像

11
   





















● 円空の仏にはそこここに暮らす人々の表情が投影され 草の根の ‘ ほとけ ’ となる。

● 仏像はふくよかで、思わず手を合わせたくなる慈しみの表情がいい。みちのくの仏たちからは人間くささの中に、 ‘ 生 ’ を超え昇華された、安らぎの世界を感じる。そして、心が癒される。


先日も福島・華の湯の副社長とその点で珍しく意見が合った。お互いそんな齢になったということだろうか。


思わず見上げる樹の生命力。

12  
Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター