livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2016年08月29日

パレスホテルの和食 「 和田倉 」


 恒例の熱海と東京事務所の合同役員会(H28)を、皇居を臨むパレスホテルにて食事会を兼ねて行った。


1

2
     















 石井建築事務所は創業者 石井信吉 が熱海に事務所を構えてから来年で60周年になります。多くのお客様から愛され、指名されて現在があります。

 東京事務所OBの増子専務が、かつてこんなことを言っていました。
「 わが軍は不滅です 」と、
懐かしく思い出しながら、感謝の気持ちを仕事に託して益々良い仕事に取り組む覚悟です。つきましてはより一層のご愛顧をお願いする次第です。

物づくりの現場を通して、研鑽努力を怠らない前向きな反省とリカバリーの為のトップ同士の話し合いは必須です。東京事務所は池田社長、板倉常務、橋本常務。 熱海事務所は鈴木社長、大川専務、佐藤常務、そして私(増澤)都合7人による会食です。

私(増澤)思いますに、いい宿作りとはビリビリと心にしびれる様な空間デザインをすることであり、そして思い入れゆえに、出来上がりに+αの素晴らしいサプライズ (情念の花 ) がいつも用意されていなければならない。
オリジナルな空間に、人とサービスの揺蕩(たゆた)う思いを漲(みなぎ)らせること、その宿特有な間を演出することであろう。

それは 「 心を形に表す 」 そのことに他ならない。

3


     







 早めに着いたのでラウンジにて食前酒をいただく。 いつもは、ドライマティーニをロックでいただくのだが、今日は磨き込まれたカクテルグラスに、ゴードンジン・ベース ( ジンは何になさいますかの問いかけがあったので ) のギンギンに冷えた 「 ドライマティーニ 」 にて夕食に備える。渇いた夏の体と心にガツンと浸みわたる旨さ、この透明なひと時がいい。


◎ アプローチ回りと和田倉を見下ろす掘りごたつの個室です

4

5-1

5-2

    













































◎ 和田倉 お品書きと食前酒 ( 八海山冷酒 )

6

7

     




































○ 先附け: 翡翠玉、才巻き海老、枝豆、ズッキーニ、アメーラ、長芋、オクラ、雲丹、振り柚子 ( ●食の宝石を散りばめたように美しく、冷たく、美味 )

8


     



























○ 八寸: 京都北山の青大豆豆乳寄せ、蓴菜、山葵、帆立貝辛子黄味酢掛け、白芋茎酒盗和え、太刀魚小袖寿司、松葉生姜、サーモン昆布〆、厚焼き玉子、新丸十、蓬麩田楽、花丸胡瓜、鬼灯入り百合根もろこし揚げ、 ( ●玉手箱のように楽しく旨い )

9
 















○ 椀: もずく真丈、鱧、煮梅、白瓜、輪柚子 (●ともかく塩梅は最高です)

10
 





























○ 向附: 本日の割鮮、あしらい

11
   



























○ 焼物: 鮎の塩焼き、はじかみ、蓼酢 ( ●産地を聞き忘れたが香り高く柔らかで旨い )

12
    













○ 進肴: 氷見うどん、オクラとろろ、亀甲玉子、生姜

13

 


























○ 焚き合: 加茂茄子田楽( 百合根、アスパラガス、針牛蒡 )(●定番とはいえ加茂茄子と味噌はふくよかでよく合う)

14

     



























○ 御飯(鱸ごはん)、止椀(赤味噌仕立て)、香の物( 盛り合わせ)
(●ジャコのせた炊き込みご飯が旨い)


15
    




























○ 水菓子(季節のデザート)

16














● 最初お品書きを見たとき、量が少ないと思ったし、なんだ肉がないじゃないかと思ったが、 さにあらん、
和の素材で十二分に堪能できた。味もさることながら、品揃え量ともに申し分なく、又食べたいと思い出す品々、流石である。 素晴らしい!

● 以上、¥17,000のコース+室料¥2,500、 飲物色々で≒¥25,000 / 一人。  

Posted by masuzawa05 at 06:30Comments(0)

2016年08月22日

近ごろ思うこと

先日のテレビ番組で、夜のウォーキングと朝で、どちらがエネルギーを使いダイエットに効果的かとの番組があった。以前の私の知識では、夜のウォーキングの方が、寝入る前にその日のエネルギーを使い切るので効果的との認識であったが、過ちであった。

朝の方が効果的とのデータが出ていた。早速、朝に切り替えた。


1











● 早朝のウォーキングの道すがら垣間見える、伊東湾。小さく見える手石島の向こうに東京都の伊豆大島が薄くかすんで見える。


2












この先丁度道がなくなり、大きな白い岩だらけの 「 御(お)石(いせ)が沢 」 の磯に入る手前に漁師の網干場があり、その脇に漁の安全を願う小さな祠・魚津見神社がある。私、数え年で古希に近づくにつれ、病気や亡くなる友が増え寂しい限りである。ここまで歩いた時には必ず、友の死を悼み、又友の病の快復と自身の長命を祈願して、出雲大社風に 「 ニ礼四拍一礼 」 の御参りを必ずするようにしている。
そのお陰かどうかわからないが、半年前に脳梗塞で倒れ集中治療室にいて半身麻痺で復帰し、今リハビリ施設でトレーニングしている親友(私がそう思っているだけかもしれないが)は車椅子生活ながら顔色も良く、言葉も日常会話できるようになってきた。良かった。


3









ところで、伊豆大島を見ていて、東京都知事選挙の候補者でジャーナリストの鳥越さんが、都知事になったら 「 島の消費税を5%にする 」 と言ったとかのネット記事を見て私(増澤)、この人にして、選挙目当てのつまらない、なんと見当外れなくだらないことを口走るのだ! 都知事にそんなことを望んではいない。それなら国政に出ればいい・・・・・なんて思ったりもしていた。・・・・・結果として落選。



 本題に戻って話をすると、

● 事務所の現役の設計士であるみんなは今、建築を知りたがり、建築に入ろうとしている。良く見聞きし、勉強し、それが何なのか判りたいと思っているだろう。

私は今、建築から離れようとしている。忘れたいとさえ思っている。
役職を辞して違う世界を自由な心で見たい、感じたい。そしてそのような旅をしたいと思い始めている。

離れること、忘れることは 反面 「 より深く知ること 」 にもなる。

文学・絵画・音楽・写真・映画鑑賞、そして料理 (しつらえを含めて食べること )。 新たな刺激を求め歩み始めている私にはすべてが新鮮で輝いて見える。

現役時代の状態で自分の仕事を見つめなおし、それを実践しようと思っても、生活を伴う日常では、疑似的な体験をするだけで、力が弱い。それ故に、日々の仕事を客観視することはなかなか厄介なものだとわかっているのだが・・・。

「 創造性 」 という言葉も厄介なものだが、日常の仕事にあっては 「 工夫をこらす 」 そのことでかなりのものがカバーできるような気がする。


○ 横尾忠則さんの本 “ 千夜一夜日記 ” にこんなことが書いてあった:

「 絵は考え過ぎても駄目、考えなさ過ぎるのも駄目、黙して語らず、無心に描くのみ。だけど描く勇気、描かない勇気を見定める観念と観性の両義性が必要 」

   観念=あきらめること。 覚悟。
  観性=心理を観察する心。細かな分別心。
  両義性=一つの言葉あるいは概念が二重の意味を持つという性質。


● 私(増澤)思いますに、その道の経験者にとっては 「 知らない 」 「 わからない 」 と言う事はできない。
日々研鑽、頭の中をアイディアで埋め尽くす。

仕事から離れた今だからこそ仕事の質について拘らなければならない。

世間一般のことや、建築のあらゆる分野に亘って、わからなければ本を読み、良く見聞きし判り経験し、決して忘れず、勉強して理論構築しておくこと。

私自身所員の質問に対して、具体的に図面は描かなくとも、ものの考え方、方向性を具体的に話して聞かせ、納得させられなければならない。・・・と思っている。
  
Posted by masuzawa05 at 08:50Comments(0)

2016年08月15日

 世界一のお肉屋さん



「 HUGO(ユーゴ) DESNOYER(デノワイエ) 」 恵比寿、TEL03−6303−0429
NYタイムスから 「 世界一のお肉屋さん 」 という称号を与えられているお肉屋さんです。

1

  





























パリで人気を博している 『 ユーゴ・デノワイエ 』 の日本進出、1号店に行ってきました。


2
  













 ともかく人気のお店で、私共の7時の予約時にはもはや満席で、このような写真しか取れませんでした。(人は写さないという観点から)


3

4
   




































● 肉を食べに来たので、フルコ−スではなく、アラカルトで頼んでみました。

というのは、私(増澤)近頃肉屋さんで買う和牛のサシ入りのステーキ肉が、柔らかさ味わい共にいいのだが、何故か水っぽく頼りないものに思えていて、赤身でも歯ごたえがあり、旨みのある肉をガツンと食べたい。そんな思いがつながった。

   熟成肉とはどんなものなのか、餌や搬送にまでこだわる肉とはどんなものなのか、ユーゴ・デノワイエという男とは、じっくり味わいたいと思った。


○ 前菜; シャルキュトリー盛り合わせ、トマトとプラータ。

先ずはのど湿しとして、KAGUA・赤とTOKYO・白のビールをいただき乍ら、サラミ・パテ・チーズ・野菜の酢漬けと甘いトマトとプラータ、 をつまむ。

5

6


    
























































○ 付け合わせ; 人参のグリエと白アスパラ・カリフラワー・ブロッコリー

7

8

   
























































● 焼いた人参がコリコリして香り高く、白アスパラはジューシーで野菜が旨い。


◎ ワインリストの中からお任せでグラスワインを二人で7杯

9

   






























● ちなみにワインの明細には、ミューレ、リショースペシャル、カラボット モン・ボー
ル・ジョン フリュイとありました。グラスワインで一杯¥1,000位ですからフルボトルで¥6,000〜¥7,000位でしょうか。

これだけの量を飲むのであれば、お気に入りをフルボトルで頼んでおいて、メインのところで、大吟醸を冷やして一杯というのも良かったかもしれない ( ただし日本酒があるかどうか? )

○ 仔牛のノア・ド・ヴォ−;


10
   






























● まるで色け、食感共に脂身の無いポークのように、もっこりとして付け合わせともよく合う。


○ 牛 サーロイン; 山葵と岩塩が効いています

11



























● 見るからに旨そう!

私(増澤)の場合、ステーキは山葵と醤油、そして日本酒の冷を生成りで飲(や)るのが定番ですが、岩塩もおいしいですね。

熟成肉は柔らか目かと思っていたのですが、歯ごたえがあるのにはびっくりでした。
肉はやっぱり “ 焼くもの ” だと思いました。

外カリカリで、中ジューシー。旨味たっぷり・柔らか・噛み応えありで完全にユーゴ・デノワイエさんの一本勝ち、ひれ伏してしまいました。
又行きたい、脱帽です。 飲み物込みで 二人で¥28,000でした。


◎ そして最後に彼はこう述べています;

12












「 肉職人の仕事は、牧場から料理まで 」 をコンセプトの氏が、最も大切に考えているのは牛達の飼育環境。 彼自身がまめに生産者達を尋ね歩き、牛にストレスを与えることなく、安全かつ健康に、まるで自分の家族の如く大切に育てている生産者とのみ付き合いを深めています。

この店の牛肉は、一頭あたり少なくとも1ヘクタールはある広いスペースで放牧していることを始め、化学肥料を使わずに栽培された天然の牧草地の草を食み、遺伝子組換え食品や薬品は一切禁止。他に餌として与えるのは生産者が自分達で栽培した穀類であることなど飼育に関する細かな規定をクリアした牛だけが“自然な肉”としてユーゴ氏の店に並ぶわけです。しかも、いかにストレスなく屠殺し、熟成させるかも美味しさの秘訣です。


● 責任を持った仕事とは、生業に真摯に向き合い、諦めず工夫を重ね、設定した主要な目的に達すること。 私(増澤)そう思います。
  
Posted by masuzawa05 at 08:43Comments(0)

2016年08月08日

セトレ マリーナ琵琶湖

中部建築賞の審査員をしていて、珍しくホテルが入賞しました。

no title

1-1

1-2















































商品建築としてのホテル・旅館は、商品であるがゆえに儲かるかどうかが先に立ち、
イズム(個性的な先進宿泊空間としての)が後追いするきらいがあります。
この作品はイズムが先行して出来たホテル建築であろう。イヤミがなく自然体で心地良い。

但し採算が合っているかは・・・? である。


◎ ようこそ 『 セトレ マリーナびわ湖 』  案内書にはこうありました。

風のゆらぎを感じる STAY
「 地域 」 とともに
風景と人の環(わ)をはぐくむ

Welcome Back ‘ おかえりなさい ’

3












○ 外観、屋上からの眺め

4

5-1

5-2

6


7

8


    































































○ ELVホール、廊下 ( ● 廊下小窓の突き出しが自然通風になる。客室のダブルドアーの片方のドアーをルーバ−にしておくと、廊下〜入口〜部屋の突き出し窓を通し、琵琶湖から・陸地から風が吹き抜けるようになっている。冷房の嫌いな人には嬉しい仕組みである )

9-1

9-2

10

11


     





































































○ 客室

12-1

12-2

13

14

15

16

17




     























































































○ ハンモックに憩う私 ( ● ハンモック付きの部屋は一人当たり¥1,000アップとなる )

18

     








● ゆっくりとハンモックで憩うのは初めてで、バルコニーが広くないとできない。本格的に憩ったのは初めてで、体の重みの反力を感じない浮遊感がたまらなくいい。

○ バーラウンジ、ライブラリー ( ● ソフトドリンク、ワイン、ビール、おつまみも無料、但しセルフ )


19

20-1

20-2

21

22

    










































○ 風のチャペル

24

25

26

27
28

29

     














































































































● お金はあまりかけていませんが、デザインには手間をかけていて、空間構成が巧みで良かった。


○ コンベンション施設とピクト表示のいくつか


30

31

32


     


























○ メインダイニング

33

34


    



















○ ディナー

テーブル・セットアップ

イタリア パルマ産24ヶ月熟成の生ハム
赤海老のカルパッチョ(● エビの頭の唐揚げは美味)
野菜を使ったペペロンチーノのレモン風味(● 赤水菜のシャキシャキ感がいい)
鰆のオーブン焼き白ワイン風味のバターソース
近江牛のロースト、季節の野菜を添えて(● 小松菜のチンゲン菜風のあしらい、焼玉ねぎ、インゲン、スナップエンドウ)
滋賀県産のイチゴのフレジェ、とエスプレッソ

35

36

37

38

39

40

41


    


















































































































































● 琵琶湖の夕日と、例によってお気に入りのY’s(ヨウジ・ヤマモト)のTシャツと、トカゲの黒のシャツブラウスを着た私です。
● 追加料金を出した割に、近江牛は今一の味でした。ローストではなく少量でいいから熱々のステーキでいただきたかった。それが残念。


42

43

     





















































● ワインは料理に合わせて、グラスワインでセレクトしてくれました ( なんと、ここでも飲み物代は無料でした )

○ 朝食は部屋出しもしてくれます。ディナーがレストランでしたので、サービスの程度をみるために頼んでみました

ニンジンのスープ
クロワッサン、コーヒー、牛乳
ソーセージと温野菜
野菜サラダとポテト、ハム
淡水魚と玉ねぎのマリネ
煮豆入りポーチドエッグ(落しタマゴ)
デザート

44


    
















● 自然素材を使った、風通しのいい、プランが検討されつくされたスタイリッシュな素敵なホテルでした。

● 一人旅用のプランを選びましたが〆て¥26,000(一泊二食、飲み物込み)で、格安感がある、気さくなホテルでしたが、ここでも14室でやってゆけるのかなと余計な心配をしてしまいました。

● 事務所の営業用パンフレットをフロントマンに差し上げて、ROOFに大風呂が有ればいいねと言ったところ、頷いておられました。 
今日見学予定の 「 ラ コリーナ近江八幡 」 の件を聞いたところ、オーナーが何度も泊りに来ていたとのことでした。



◎ 帰りがけ藤森照信さんの新作、屋根が芝で覆われた 「 ラ コリーナ近江八幡 」 を見学しました。 地元の 『 たねや 』 さんというお菓子屋さんの施設です。


45

46

47

48

49

50

51

52

53

54




























































































○ 藤森さん曰く: 僕は基本的に建築と緑は一体化不能だと思っています。でもそう思っていながら、だからこそ一体化させてやろうと思う・・・。
芝生は放っておけば混ざります。僕は、建築に取りつく自然は、本当の自然ではなく中間的なものなので、そこの見極めが大切だと思います。だから、本当の野生の自然を建築とくっつけようとは思っていません。と述べています。


● 私(増澤)思いますに、とても解るような気がします。建築に取り付きいつの間にか棲みついた植物が、自由に繁茂し生きながらえるそんなイメージでしょうか。
建物を雨から守るための屋根に芝を取り付かせ、定期的に灌水し、晴天に軒先から水滴が滴る景観は如何なものかと思われます。 
でも初めて実地見聞してみて、面白かった。

以上、研修・見学の為の ロングドライブな旅でした。  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年08月01日

 気楽なフレンチ

 恵比寿の 「 しっかり野菜、ちゃんとフレンチ “ ビストロ・アム ” 」 というお店でディナーをしました。全てが一幅の名画を見るようにカラフルで美しい料理の数々でした。

1

2

     

































 リーズナブルなお値段 ( ¥4,500 税別、サービス料別  ) なのにたっぷりなボリュームで健康的に美味しい。そのため圧倒的に女性の誕生会、グループ会食で人気、当日も満席でした。

○アミューズ:ミニチュアフォアグラフォンデュとスパークリングワイン


3

  








●フォアグラのムースにスティックのクロワッサン風パンがよく合う

○野菜のパフェ:トマトのアイスクリーム、白ワイン、パン

4

5

6

     



























































●トマトのアイスクリームをかき混ぜて、中に仕込まれた20種類の野菜と食べる。プチパンはレモンバターでいただく。冷たく柔らかいトマトペーストと野菜のマッチングが絶妙。

○水蛸 茄子のマリネ:二色のパプリカと茄子のソースとブリヲッシュパン


7

8

     



































●パレットに絵具を溶いたように美しい。

○メインディッシュ:ロース肉のグリエ、スペアリブのコンフィマスタードソースと
○40℃で低温調理した富士トラウト:海苔と蕎麦粉のクレープ、アンチョビバターソース ・・・相方とシェアーして2種類を食べてみました。


9

10


































 
●鮭ステーキの生でもなく、焼いたのでもない微妙なレアー感がたまらない。

○崩し(お米の料理):蓮根と新生姜のご飯、有田鶏のロティ

11


     







●ディッシュにご飯を取り分けて、その上に鶏肉と新玉ねぎをのせて食べる。まるで和食の様。

○デザート、コーヒー:ゴマのブランマンジェ、黄金梅のアイスクリームとほうじ茶のジュレ・・・和のテイスト

12

13



   



















































●ふわふわ感がたまらない。

●飲み物はそれぞれスパークリングワインから始まり、白ワイン2杯、赤ワイン1杯。料理を含め、〆て二人で¥18,000、お腹はマンプクリンでした。


翌朝の朝食はお持ち帰りさせていただいたご飯とパン、お土産のパンケーキと野菜ジュースで朝食としました。


14

  








こんな気さくさも、うけている理由でしょう。 旅館のもてなしなども含めてこういうちょっとしたサービス精神、気づかいが大切なのですね!

味も良かったが、料理の色彩感覚も抜群で満足でした。失望の多い有名料理店が多い中では秀逸でしょう。

セット料金をお安くして、ボリュームもたっぷり、稼働率良く女性の心をつかむ営業戦略には敬服です  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター