livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2016年06月27日

 オリジナリティーについて

 「 次の一手 」 という石井建築事務所内啓発トークについてですが、

先日、作家・村上春樹さんの自伝的エッセイ 「 職業としての小説家 」 を読んでいて、 「オリジナリティー」という一章に感じ入った。これは我々設計士における 「 建築作品の創造性 」 にも関わる事だと思えた。

1
























以下はその抜粋である(脳神経外科医のオリヴァー・サックスは、「火星の人類学者」という著書の中で以下のように定義している)。

 オリヴァー・サックス;

◎創造性にはきわめて個人的なものという特徴があり、強固なアイデンティティ、個人的スタイルがあって、それが才能に反映され、融けあって、個人的な身体とかたちになる。
この意味で、創造性とは創りだすこと、既存のものの見方を打ち破り、想像の領域で自由に羽ばたき、心のなかで完全な世界を何度も創りかえ、しかもそれをつねに批判的な内なる目で監視することをさす。

○それを受けて、村上氏は特定の表現者を「 オリジナルである 」と呼ぶためには、基本的に次のような条件が満たされていなくてはならないと解説している。

一、他の表現者とは明らかに異なる、独自のスタイル(サウンドなり文体なりフォルムなり色彩なり)を有している。ちょっと見れば(聴けば)その人の表現だと(おおむね)瞬時に理解できなくてはならない。

一、そのスタイルを自らの力でヴァージョン・アップできなくてはならない。時間の経過とともにそのスタイルは成長していく。いつまでも同じ場所に留まっていることはできない。そういう自発的・内在的な自己革新力を有している。

一、その独自のスタイルは時間の経過とともにスタンダード化し、人々のサイキに吸収され、価値判断基準の一部として取り込まれていかなくてはならない。あるいは後世の表現者の豊かな引用源とならなくてはならない。

 もちろんすべての項目をしっかり満たされなくてはならない、ということではありませんが、「多かれ少なかれ」という範囲でこの三項目を満たすことが、「オリジナルである」ことの基本的な条件になるかもしれません。


○つづいてこう言っています:

あるとき独自のスタイルを持った表現者がぽっと出てきて、世間の耳目を強く引いたとしても、もし彼なり彼女なりがあっという間にどこかに消えてしまったとしたら、あるいは飽きられてしまったとしたら、彼なり彼女なりが 「 オリジナルであった 」 と断定することはかなりむずかしくなります。多くの場合ただの 「 一発屋 」 で終わってしまいます。・・・・・

 このあいだ「ニューヨーク・タイムズ」を読んでいたら、デビュー当時のビートルズについてこのように書いてありました。

They produced a sound that was fresh, energetic and unmistakably their own.

( 彼らの創り出すサウンドは新鮮で、エネルギーに満ちて、そして間違いなく彼ら自身のものだった )

 とてもシンプルな表現だけど、これがオリジナリティーの定義としていちばんわかりやすいかもしれませんね。 「 新鮮で、エネルギーに満ちて、そして間違いなくその人自身のものであること 」

 複雑な大きな経験でなくともいい、どんな小さな経験からだって人は、やりようによってはびっくりするほどの力を引き出すことができます。


○時間は、作品を作り出していく上で非常に大切な要素です。とくに長編小説においては、 「 仕込み 」 が何よりも大事になります。自分の中で来るべき小説の芽を育て、膨らませていく 「 沈黙の期間 」 です。 「 小説を書きたい 」という気持ちを自分の中に作り上げていきます。
そのような仕込みにかける時間、それを具体的なかたちに立ち上げていく期間、立ち上がったものを冷暗所でじっくり 「 養生する 」 期間、それを外に出して自然の光に晒し、固まってきたものを細かく検証し、とん(・・)かち(・・)していく時間・・・・・  そのようなプロセスのひとつひとつに十分な時間をかけることができたかどうか、それは作家だけが実感できるものごとです。そしてそのような作業ひとつひとつにかけられた時間のクォリティーは必ず作品の「 納得性 」となって現れてきます。目には見えないないかもしれないけれど、そこには歴然とした違いが生まれます。


●私(増澤)、思いますに、建築のデザインはかなりもう出尽くされていると思いますが、建築以外のモノや、伊東豊雄さんのようにフワッとしたたとえば ‘ 雲 ’ のイメージから発想の種を摘みとる事なども必要かもしれませんね。

しかしながら手近かなところでは、
その道の先人や、このような異分野の人からの啓示に耳を傾け、脳をフットワーク良く働かせること。 『 小さな工夫を重ね続けること、そして、真似てもいいから、真似た元の作品を超えていくこと 』。 具体的なステップとしては、そのことが大切だと思っています。

●今こだわっている低層木造個性派旅館として;

外気に触れられる、オリジナルなスペースの創造。
内と外(環境・景観)のつながり。
地に足をつけない浮いた場所、自然との関わり・・・空を取り込む屋上家、独り占めできる物見台風の場所。

●ヒントはいたるところに有る。気付いて、オーナーをいかに説得し続けるかだ!

そしてこの言葉で言い尽くせる。

「 もの言わぬ
ものがもの言う
ものづくり。 」 ・・・・・ものに人格を見出します。

するとそこに品格が生まれます、 そう思いませんか。
  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年06月20日

 ロバート・ハインデル展

日付を間違えて、唯一行きそびれてしまった展覧会である。
急いで画集を買い、ページを括っている。 「 光と闇の中の踊り子たち 」 とある。

欧米のバレエ団から本番前のリハーサルに招かれ、人間の感情と躍動する肉体を描き続けた画家、没後10年。
no title
























 ◎「 あなたにとっての傑作は、どの作品ですか? 」 との問いに
ハインデルは常に 「 次回作です 」 と答えていたと言う。


○スワン レイク
1






















○天に飛翔するダンサー(故高円宮殿下の追悼の為に描かれた)
2






















○ダンサーイン ブラックオンブラック、ドーン。
3













○ミラーイメージ、リーチング
4













○レッドサッシュ、ホワイトスカート
5














○フロムクレオパトラ、アーサーAR40
6














○ホワイトオンホワイト オンブラック、レッドヘディッドダンサー
7














○パドドゥウイズ フロアーマークス
8























○ダンスオブパッション
9
























○リハーサル アット コベントガーデン
10     




























○アーサーリハーサル供↓
11

   











○ザ ホワイトキャット
12





















   




○能 NO12,NO10
13














○ダンサーインリポーズ、ムービング S1
14
    














○ワンバランス、トータルトラスト
15    














●私(増澤)、画集ではあるが香(かぐわ)しきバレエ( 舞 ) の渦に翻弄され、恍惚のひと時を過ごすことが出来た・・・ひたむきな踊り子はセクシーでお洒落で美しい。  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年06月13日

日経・私の履歴書、倉本聰



 職業柄、いろんな役者さんとの邂逅にまつわるエピソードが多いだろうと、私(増澤)想像していたのだが、面白い話がいくつかあった。そのうちの一つ。 高倉健。


1
    























○高倉健の場合;

健さんは会話のさなかの沈黙を気にしない。僕は途切れると不安でつい余計なことを話す。
よく一緒に行った青山の喫茶店「ウエスト」の帰り道、飯倉の事務所に戻る健さんの車の助手席で沈黙が気詰まりになって 「 女に興味はないんですか  」と愚問を発した。

 健さんがいきなりブレーキをかけてあわてて 「 ありますよ 」 と答えた。僕は 「 女のどういうところがいいんですか 」 と愚問を重ねると、また黙った。待つこと15分、 「 しなやかさじゃないですか 」 と健さんが言った。ほっとした。 「 そうかぁ! しなやかさかぁ! 」。そんな風に変に媚びてしまった自分に今度は自己嫌悪が襲いかかった。

 健さんは誠実だから思いを正確に表現する言葉を時間をかけて探しているのだろう。ユーモリストでもある。

 「 どういう死に方をしたいですか 」 と聞いてしまったことがある。長い沈黙の後、
「 アカプルコの高級リゾートホテルの沖合いにヨットがたくさん停泊していて、抜きんでてでっかいクルーザーがある。僕のなんです 」 と話し始めた。
「 毎朝ホテルのウエーターがお盆にチーズケーキを載せてクルーザーに運んできます。東京のウエストから空輸してくるんです。ある朝、チーズケーキをのどに詰まらせて死んじゃうんです 」

逝ってしまった今となっては無礼な話だけれど、思わず噴き出した。健さん、もっと一緒に仕事したかったです。



●私 (増澤信一郎)の場合;


「 女に興味はないんですか 」 と、問われれば、
「 いいえ、大ありです!!! 」

「 女のどういうところがいいんですか 」 と、続けたら、
「 やわらかいところかなぁ! 」


「 どういう死に方をしたいですか 」 と、問われれば、
「 まだそんな先のことは考えたこともない! 」 と、にべもなく。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年06月06日

ISSEY・MIYAKE展

● ともかくすごい! すばらしい!

  むせ返すような色彩とデザインの渦に翻弄される。ISSEYの作品が国立新美術館という広い空間を得て輝き躍動していた。


1
     





























◎ 三宅一生の仕事展;

 「 一枚の布 」 とは、デザイナーの三宅一生がよく口にするフレーズである。布を巻いたり、まとったりする衣服の文化は世界の各地にあるが、そんな風に一人ひとりが自分の身体に合わせて着こなせる服を理想とする。



2
3
4
5
6
7
8
9
 




































































































































































































































基礎となる問いがある ― 三次元である身体を二次元の布でいかにして包むか。
ここには身体の 「 動き 」 が変数として含まれる。身体を布で包む ― という問いに対して、進化する有機的で明快な答えを際限なく出していく。
 果てしない好奇心と実験、それが三宅一生の仕事を推進させる原動力だ。
革新的な解決策に向かって驚くべき一貫性と熱意を貫いている。

10
11
12
13
14
15
16
17
18















































































































































































































●前述の文章を、私(増澤)流に建築に置き換えると;

 基礎となる問いがある ― 三次元である空間を二次元の紙面でいかにして表現するか。
ここには空間の 「 機能 」 が変数として含まれる。空間を建築で包むというか、建材(素材)で包みこむ空間と言おうか ― そういう問いに対して、進化する有機的で明快な答えを際限なく出していく必要がある。
しかしながら、建築空間は多くの人が使用するため、最大公約数的な解が求められるという点では違いがあろうが、しいて言えば個人の為の “ 小屋 ” という住まいに極限な解があろう。


19
20
21
22
23
24
25
26
27























































































































































●私(増澤)思いますに、イッセイの服には 「 人の身体(からだ)とはどうしてこうも美しいのか 」 と思わせる何かがある。
纏(まと)うときの布と身体とのすき間に生じる空間が生み出す余韻がいい。

身体( 心 )を包み込む布; 
人の身体の美しさは、プロポーションの美しさではなく、動物としての究極の機能美に発し、感情・喜怒哀楽による、身のこなし・心意気・思い入れが醸し出すところが大であろう。

作品展見学 是非ともお薦めです!  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター