livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2016年03月28日

最近の読書から

『 八紘一宇 』 この言葉再認識した。いい言葉だ!
1


























◎ハーバードでいちばん人気の国・日本より。

○ 応募者が殺到したハーバードでの安部首相の講演会:

アメリカ連邦議会上下両院合同会議での演説の前哨戦ということで、講演そのものは九分と短く、英語ではなく日本語で行われた。ハーバード大学や縁のある人たちに言及しながら、経済政策、女性活用、イノベーションなど、安部政権の取り組みを簡潔に説明し、最後は、次の言葉で締めくくった。

「 リーダーシップとは何か。若きジョン・F・ケネディーは、それを grace under pressure ( 窮地に陥ったときにみせる気品 ) だと表現しています。私もそうありたい。そう思っています 」 ( ハーバード大学ケネディ・スクールにおける安部内閣総理大臣スピーチより )

● 「 名こそ惜しけれ 」 名に恥じないような行いをする。武士の心意気に通じるものがあると私(増澤)、感じています。
● キーワードは 『 品格 』 である。
石井建築事務所の仕事内容も、多種・多様に渡ってきています。オーナーの個性的な要望をよく咀嚼し、要望の質と品性を選り分け整理し、宿 づくりのプロとして、ソフトで品格ある作品(商品)に仕上げなければならないと思っている。


◎ 2020年 世界はこうなる。・・・長谷川慶太郎と田原総一郎の対談より。

○ 2020年に世界の勢力地図は変わる:

田原: 2020年に東京オリンピックが開催されます。この時点で世界の状況は大きく変わっているのでしょうか。

長谷川: 変わっています。中華人民共和国は国として東京オリンピックに参加できるかどうか危ないと思っています。参加できる可能性は少ないでしょう。2020年の時に中国がなくなったらどうするのか。共産国はなくなって、分裂したままになります。後継国家の参加はあるかもしれません。その時は北朝鮮もつぶれています。世界の勢力地図は大きく変わります。そうすると日本が優位になります。アジアは日本が取り仕切ることになります。

田原: そうですかな。その可能性はありますか?だって日本は少子化ですよ。人口が減るのですよ。

長谷川: いくらかわね。2020までにどれぐらい減ると思いますか。

田原: 2020年までの減り方はたいした事はないけど、その後、どんどん減ります。

長谷川: だから1.8人に早く回復させないといけないと思います。そして、アジアの覇権国家は中国ではなくて、日本になります。

田原: 私は日本がアジアの覇権国家にならないほうがいいと思っています。それをやったから、第二次世界大戦のようなつまらない戦争を日本はしたのだと思う。

長谷川: だからそんなつまらない戦争は、やめればいいのです。中国の内戦に日本は一切、関与してはいけないと強く思います。

● 私(増澤)、人がよく「 そんなに長生きしてなんになるんだ 」 と言いますが、長生きの楽しみは、いろいろの時代を見て、かつ体感できる楽しみだと思っています。だから、2020年までは健康で働いて、 ‘ よく見聞きし解(わ)かり、体感し、そして忘れず ’ を実践したいと思っている。


○ 戦争はしない方がいい:

田原: 長谷川先生と私が一番違うのは、私は日本はもう戦争をしない方がいいと思う点です。日本の自衛隊はアメリカと共同作戦はやらないほうがいいと思う。

長谷川: そうはいかない。国際社会に貢献するため、日本という国を守るためには、日米安保は必要不可欠です。

田原: 後方支援はいいと思う。しかし、共同作戦はやらない方がいいでしょう。

長谷川: 共同作戦はアメリカ軍がお断りですから大丈夫です。後方支援はやらないといけないでしょう。

田原: ところで私は、世界で共産党政権として残っているのは、北朝鮮だけだと思っています。中国は実質的に共産党国家ではなく、独裁国家という認識です。独裁国家は将来なくなることは間違いないでしょう。大変な事態が起こるでしょうが、長谷川先生が指摘したような崩壊は起こらないと思います。中国には13億人の国民がいるからです。

長谷川: 13億人の巨大市場というのは幻想に過ぎません。それに日本企業は惑わされてはいけません。


● 私(増澤)、何故、共産主義がダメなのか? と、ずっと思っていて、長谷川さんの以下に記す、この言葉で得心がいった。

◎ 共産主義がダメな理由。

○ 「 自由競争 」 がない国家は発展しない:

競争があったとしても、自由でないとダメです。自由な競争があるから国家は発展するのです。 「 自由な競争なしでは情報化社会に参加できない 」 からです。
計画経済で廻っている限りは破綻しませんが、発展はしません。

○ 「 人のために 」 という発想が人類発展のキーワードになる。

共産主義国家では人間を大切にしません。相手の事などまったく考えないのです。個人でも国家でも同じです。つまり自分さえよければいいという極端な考え方をして、無責任な体制となってしまいます。こうした国家が繁栄するはずがないのです。
企業の生産活動でも、製品や商品を購入する人の側に立って、いかに使いやすく価格の安いものを開発して提供していくかという発想が共産主義国にはありません。ノルマだけを達成すればいいのです。



● こう読んでくると、他人(ひと)のことを慮(おもんぱか)りながら切磋琢磨する日本人って、とても素晴らしい民族だと思う。

● 謙虚であることは大切なことなのだが、過度に自虐的になる必要はない。適度に明るく前向きでありたい。

● ケント・ギルバートさんが言っているように 「 自虐史観 」 のアホらしさから気づいて、その後、誇りを持って生きてほしい。 

続いて彼の 「 危険な沖縄 」 を読み始めている。
  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年03月21日

ホテルキーフォレスト 北杜(ほくと)

 建築家 北川原温さんの最新作に泊まってきました。山梨県小淵沢のキースヘリング美術館の近くにできた同系列のホテルです。
 変形な窓と斜壁を多用したデザインで、建物の形態自体が彫刻のような建物でした( 全・6室 )。 内部空間はどうなんだろう!?

最初は商売柄いろいろとチェックを入れてみましたが、変形によるデザイン上の破綻は感じられず、帰り際には違和感はなくなり、また訪れてみたいと思う、スタイリッシュで居心地のいい ‘ 美しいホテル ’ となりました。


○外観
1-1

1-2


















○バー周り
2-1

2-2


















○屋上
3










○ウエルカムドリンクの白州のウイスキー ( 飲めない人にはほかにソフトドリンクもあります ) と、この時季夕暮れ時屋上にてホットワインのサービスがあります。
4

5

6









































○客室は床と壁が天然木で、温もりのある素材がリラックスできる。
そしてゆるやかな床暖房が快適です。

7

8

9

10

11

12

13

14












































































○客室には支配人からの毛筆による直筆のウエルカム・メッセージカードが置かれ、トイレに入ると何時(いつ)とは無しにクラシック音楽が流れてきます。

営業ツールとして、持ち回っている当社のパンフレットを差し上げたところ、仙台の「 茶寮・宗園 」 の沼田支配人の知り合いで、またびっくり。

15



























○美術館の敷地内にある温泉野天風呂です。約一時間半、無料で貸切できます。
16

17

18

19





























○夕食は近くの系列のゴルフ場のレストランで取りました ( ホテル隣接のステーキハウスは改装中で今回は使用できませんでした )

アペリチェフ: 鶏肉、バルサミコ酢かけ
スープ   : ポテトスープ
メイン   : 甲州ワインビーフと野菜サラダ
デザート  : レアチーズケーキとバニラアイス、紅茶
20

21

22

23

24
















































































































○朝食はウエルカムドリンクを頂いたBARラウンジでいただきました。

フレッシュジュース、プレーンヨーグルト、紅茶
パン
メイン: プレーンオムレツ、特製ソーセージ、芽キャベツ・菜の花・ブロッコリーの 焼いたもの、サラダはチコリとリーフもの・サラダほうれん草・ミニトマト
フルーツいろいろ

●焼いた三種の野菜 ( 芽キャベツ、菜の花、ブロッコリー ) が味わい深く、特製ソーセージとあいまって特に旨かった。
25-1

25-2-(2)

26

27

28










































































●落ち着いた雰囲気で、丁寧・親切、大人の宿でした。久方ぶりにまた訪れたい宿が出現です。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年03月14日

自由律俳句

字余りのような、リズム感の無い俳句はあまり好きではなかったが、心のおもむくままの定型にこだわらない奔放な句に魅かれ、 「 死を生きる 」 という副題の付いた慶応大學出の経済学者・渡辺利夫さんの本を読んでみたところ、三人の句はなかなかいい。
1

















◎ いくつかを紹介する。なかなか伸びやかでいい。先ずは方(ほう)哉(さい)。


○ 自らを ののしり尽きず あふむけに寝る・・・方哉


○ うつろの心に 眼が二つ あいている・・・・・方哉


○ あけがた とろりとした時の 夢であつたよ・・方哉


○ 肉がやせてくる 太い骨である・・・・・・・方哉


○ 咳をしても一人・・・・・・・・・・・・・方哉



次は 山頭(さんとう)火(か)。

○ 捨てきれない 荷物のおもさ まへうしろ・・・山頭火


○ 分け入っても 分け入っても 青い山・・・・・山頭火


○ この旅、果てもない旅の つくつくぼうし・・山頭火


○ 焼き捨てて 日記の灰の これだけか・・・・・山頭火


○ もりもり もりあがる雲へ 歩む・・・・・・・山頭火


○ 鉄鉢の中へも 霰(あられ)・・・・・・・・・・・・山頭火


◎ そして師匠格である井泉水の一句

○ わらやふる ゆきつもる・・・・・・・・・・井泉水(せいせんすい)



● 山頭火の次に揚げる言葉、俳句ではないが私(増澤)にはいたく心に響いた。


「 苦痛は戦うて勝てるものではない。打つたからとて砕けるものではない。苦痛は抱きしめて初めて融けるものである 」

すごいですね! まいった。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2016年03月07日

終わった人

1

























内館牧子さんの同名の小説より。

◎定年って生前葬だな。

 俺は専務取締役室で、机の置時計を見ながらそう思った。あと二十分で終業のチャイムが鳴る。それと同時に、おれの四十年にわたるサラリーマン生活が終わる。六十三歳、定年だ。
 明日からどうするのだろう。何をして一日をつぶす、いや、過ごすのだろう。

 「 定年後は思いきり好きなことができる 」だの、「 定年が楽しみ。第二のスタート 」だのと、きいた風な口を叩(たた)く輩(やから)は少なくない。だが、負け惜しみとしか思えない。それが自分を鼓舞する痛い言葉にしか聞こえないことに、ヤツらは気づきもしないのだ。

 六十三歳、まだ頭も体も元気だ。幾らでも使えるし、このまま専務として残っても、他のヤツらよりずっと働ける。

会社の外には、すでにハイヤーが俺を待っているだろう。定年の最後の日だけ、地位に関係なく男子社員も女子社員も、黒塗りのハイヤーで自宅に送ってもらえる。
 そしてそろそろ、花束やテープ、クラッカーを手にした社員たちが、玄関ロビーに並び始めているかもしれない。

 元気でしっかりしているうちに、人生が終わった人間として華やかに送られ、別れを告げる。 生前葬だ。

 これからどうする? 「 まだ俺は成仏していない。どんな仕事でもいいから働きたい 」 と職探しをするが、取り立てて特技もない定年後の男に職などそうない。

 生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?



◎卒婚。

 「 私、離婚しないわよ 」 「 え? 」
「 離婚のプラス面を数えあげても、どうしても踏ん切りがつかない 」
「 九千万で苦しめられてもか? 」
「 許してはいない 」
「 離婚しないで故郷(ふるさと)に帰れってことは、別居か 」
「 卒婚(そつこん) 」
「 卒婚?何だ、それ 」
「 店のお客さんに聞いたの。最近、すごく多いって。そのお客さんも卒婚したんだけど、結婚を卒業すること 」
「 離婚と同じだろう 」
「 じゃないの。離婚は不仲の夫婦が籍を抜く方法よ。でも、卒婚は籍を抜かずに、お互いに自分の人生を生きるために、同居の形を解消するの 」
「 ・・・俺たちは不仲じゃないとおもっていいのか 」

妻は表情を変えず言い切った。

「 不仲よ。私も許していないし、あなたも私にうんざりしてる。でも、お互い、離婚には行きつけないでいる 」

その通りだが、ずいぶんと都合のいい形態だ。 「 卒婚 」 などという女性受けしそうな造語も不快だ・・・・・・・。
 
●『 生前葬 』、 『 卒婚 』 この本なかなか面白かった!


●私(増澤)当年とって69歳。思いますに、吾がこととして思えば “ 終わってはいない ” が、 “ 終わったような人 ” でもある。身につまされる言葉でもある。定年、余生・・・・何か始めなければと思いつつ、先ずは健康。

先日大手の会社社長を正式に引退した海外勤務の多かった友達Mの話。Mの友人(私の友人でもある)のI、大学卒業後A航空会社に勤めて、フランス人の奥さんがいるが、彼もまた先日リタイアした。その時奥さんに 「 貴方、毎日テレビの前で坐っているような生活はしないでね! 」 と言われたという。

Mもまた同じような思いだろう。 そしてM、「 俺は東海道を全行程歩いてみたい。・・・ある地点まで歩いたら、電車で自宅まで帰り、次の日またその地点まで電車で行き、そこから次の地点まで又歩く。それを繰り返す。 」 というのだ。それもいいだろう。

私はというと、年に二回の海外旅行と、ハワイへの二ヶ月ほどのロングステイ。日本にいる間は毎日のウォーキングと畑仕事とゴルフ、読書、をしたいと思っている。

●内館さんも我々と同じ団塊の世代である。私(増澤)、終わった人ではなく、始める人でありたい。

●仲の良い二人の友達がいる。二人とも老人病(一般的には高血圧、癌、脳梗塞、脳溢血、関節痛、記憶障害、等を言うらしい)で苦しんでいる。

そして、かく言う私高血圧の治療を7〜8年前から受けているのだが、近頃ひざが痛み始めて気になっている。今まで一度たりともそんなことはなかったのに。 モヤモヤした頭で先日、信号待ちの車に軽く追突し前の車の運転手を軽いむち打ち症にしてしまった。 いかんいかん! 感覚も鈍ってきているらしい。

家族にあっては、寝たきりの母の介護を家内に任せきりにしているので、当分は遠出もできないが、これから続くであろう老後に向けて老人病対策もしながら身を律する必要があると思う今日この頃である。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター