livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2015年12月28日

建築賞・その5

2015年 中部建築賞ノミネート作品の住宅部門の現地調査をした。

◎Arakabe(あらかべ)
1

2















 杉の素地板とガルバリウム鋼板で包まれた外観はシックである。 (杉材はメンテナンスを考慮して一階のみに使用している)
 上部二層にわたるキューブ状のガルバリウムの外壁が聳える佇まいのもと、一階に下屋庇が水平に仕切り、全開放できる木製大型サッシュを介して、ウッドデッキとその先に緑の芝庭が拡がる。伸びやかで内と外のつながりが豊かである。
4

4















 内部は版築(はんちく)と竹小舞の土かべを背負った、暖炉のある吹き抜けの居間とダイニングを核として部屋がつながり、台所を中心にしてバックヤードやパントリーのサービス動線が縦横に走り、なおかつカウンター越しに部屋のつながりが一望でき、空間の人の動きや気配をつかめる空間配置は巧みである。
 冬場、居間の土かべは真南の日射を受け蓄熱し、暖炉の熱とともに快適な暖かさを生み、反面、夏場は吹き抜け上部のシーリング・ファンの上昇と下降気流の制御、排気ファンの助けを借りて省エネに貢献している。インテリアの雰囲気としては伝統的な素材を使い、奇を衒わない落ち着いた感じがいい。オーソドックスで使い易い住まいである。
5

6


















































     


 土と人の “ ぬくもり ” が吹き抜けを介して縦横に ‘ たゆたう ’ 住まいである。


●居間のレイアウトがこなれていないとの意見があり、入賞までは行きませんでしたがめでたく 入選です。
  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター