livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2015年11月30日

上原近代美術館

 伊豆下田にある私の好きな美術館。開館15周年記念、上原コレクション名品選
「 名画に秘められたエピソード 」展 を訪れた。

下田の町はずれの山間部にある、大仰でない爽やかな地方美術館である。


◎エントランス周りのあしらい
1








○ルノアール アルジャントゥイユの橋: 印象派の誕生前夜にモネと同じモチィーフを描いた作品。
2











●スケッチ風で爽やかである。


○カミーユ・ピサロ 菜を摘む女
3












○安井曽太郎 桃
4













○ポール・シニャック アニエール、洗濯船
5









○梅原龍三郎 薔薇図
6





























○ピエール・ボナール 雨降りのル・カネ風景
7












●ウエットで温かな色合いが好きだ。


○アンドレ・ドラン 裸婦: 上原コレクションの油彩画、第1号。「足長お嬢さん」の愛称で親しまれている美しい小品。
8


























○作家は誰だか忘れてしまったが、柿の朱色がいい。
9



























●日本の秋の田舎風景、古びた茅葺屋根に柿の古木と葉が落ちて残った赤い実はよく合う。

柿の木が好きで、秋保温泉「 宗園 」の特室の滝の背景や 伊豆湯ヶ島「 あせび野 」 の玄関脇に意識的に柿の古木を残置したりもした。


●美術館ティーラウンジから眺める小庭、いつ見ても一幅の名画を見るように美しく手入れされていて気持ちがいい。
10








○花の植え込みと少女の像。
11

12


































●ラウンジの片隅に有るフリードリンクコーナー。こんなところも私が好きなところです。
13








●下田に出かけたら是非寄ってみてください。ヘンリー・ムーアのブロンズ像もありますよ。  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター