livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2015年09月28日

欧州文化首都と造形作家・新宮晋(すすむ)

私、前から自然エネルギーで動く造形物を作る、この男のことが気になっていて、そんな折たまたま日経の 文化 欄に彼の記事が出ていた。
「 未来を開く 」 と題して掲載されていたコラムだが、すぐさま本を買って作品にふれ、感動を新たにした。
1










◎2019年の欧州文化首都の一つにイタリアのマテーラという町が選ばれた。
欧州文化首都とは日本ではあまり知られていないが、1985年に始まった制度で、現在では毎年ヨーロッパの国々の中から2カ国のそれぞれ1都市が選ばれ、巨額の資金が投入される。その資金を町の文化の発展に生かして、5年後に成果を発表するという仕組みだ。

 南イタリアの小さな町マテーラは、新石器時代から岩山の洞窟で暮らす人たちがいたこと、貧しく不衛生な生活をイタリアの恥として、第二次世界大戦後に政府が洞窟から住民を移住させたことだった。この封鎖によって手つかずに保存された洞窟住居群は、1993年にユネスコの世界文化遺産に指定されている。
 私がマテーラの知ったのは、7年前ミラノで旧友アルベルトに再会したときからだ。そのころ私は、自然エネルギーで自立する村 「 ブリージング・アース ( 呼吸する大地 ) 」 という風車の多い村づくりの構想を持ち始めていて、たまたま持っていたスケッチやイメージ図を彼に見せると、「 なるほど。これを実現するのにピッタリの町を知っているよ。マテーラだ 」 熱心に見入っていた彼はそう言った。・・・・
 何層にも重なった歴史と共に、人々は生きているのだ。初めて訪れたときから、すっかりこの町に見せられてしまった。 「 ブリージング・アース 」 の村づくりを実現させるため私のマテーラ通いが始まった。

 私はこれまで半世紀近く、風や水、引力といった自然エネルギーだけで動く彫刻ばかり作り続けてきた。その多くは、公共の広場や公園に恒久的に設置されている。これらの彫刻たちは、微風から強風までの幅広い風に反応して動いたり、水の重量バランスを回転運動に変えたりする。私たちが日常気づかない、この地球特有の、豊かで変化に富んだ自然のリズムを、動きに翻訳して見せるアートワークだ。
 長年自然と付き合っているうちに、このエネルギーを実用にも使えないかと考えるようになった。現在一般化されている巨大なプロペラ風車とは違う、騒音の少ない、親しみやすい風車はできないものか。発電できて、しかも一緒に暮らすことのできる独自の風車。その研究を私は始めた。この風車は、未来の村 「 ブリージング・アース 」 のシンボルとなるものだ・・・・・・・。
 旧友アルベルトは今ではマテーラ市の文化顧問になっていて、彼が 「 ブリージング・アース 」 を提案に取り入れ、 「 未来を開く 」 というテーマを掲げたことが、欧州文化首都に選ばれた理由のひとつになったと聞いた。2019年まであと4年私のマテーラ通いは続く。


●素晴らしい!
 私(増澤)思いますに、地域起こしのために日本の温泉地なんかでは、芸者大学だの、やれ芸者の手踊り云々などは “ 粋 ” の勘違いで、そんなくだらんこと(そういうものは副次的なもので、本道では無い)を考えるのではなく、こういう本当の意味での、世界に発信できる格調高い粋な取り組みが出来ないものだろうかと思った。

例えば
福島県の双葉町辺りに除染を完璧にしたうえで、 「 ブリージング・アース 」 を企画したい。そんな想いがしてきた。
又、津波により被災した原発を撤去したうえで、再度安全で完璧な原発を同じ場所に美しく設置し、内部も見学できるようにする。こそこそと隠蔽する必要はない。二つの違うタイプの未来を開く為のステージを呈示するような挑戦が必要ではないかと思っている。

原子力は人類が発明、発見した財産である
自然エネルギーは地球に与えられ備わった財産である
自然と人工、その二つを生かし、調和させる工夫が求められる
そこに “ 和 ” の本道が有る。今の日本でしかできない。

完璧なものなど元々人間社会では有り得ないのだから、完璧を期しつつも次善の策で対処すべきでしょう。

 二つが同じ地域でそれも日本で体験できるとすれば、人類の知恵による未来が開け、福島が世界に発信できるのではないでしょうか。


◎美術評論家の中原さんは新宮晋さんの仕事をこう評している:

自然と人工の融合する場の創出というのが新宮のコンセプトであろう。風、水、光といった自然の力を環境のなかでより敏感に感じるように増幅する。それは動きをたのしみ、動きをよろこぶという全身的な反応を呼び起こす。それは 「 動く芸術 」 以上のなにものか、なのである。



○雑創の森
2










○波の翼
3










○風のフーガ
4











○雲の牧場
5










◎芸術心理学のルドルフ・アルンハイム(ハーバード大学名誉教授)さんは新宮晋の動く芸術としてこう評している:

動くことと動かされることの間にある、この視覚的な曖昧さの中にこそ、彼の芸術観は如実に現れているように思える。
このような生命を生み出す自然の力に対して、ほとんど宗教的な感謝の念を表していて、人間の活動を、強引な身勝手なものと決め付けたりしていない。創造的で美しくあるためには、人間は自然の支配的な力と適合し、調和を達成すべきだと、彼の作品は主張している。


●輝かしい未来に向けて;

美しい日本は、恵まれた自然環境があり、かつ技術立国である。技術と自然との融合を実践できるのは世界広しといえどもわが国しかないと思える。
  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年09月21日

お彼岸(ひがん)

 我が家ではお彼岸には必ず墓参りをし、その間は贅沢を慎み、買い物・旅等は憚(はばか)ります。
この点、うちの女房は頑なで、破りそうになるといつも私は叱られます。
1



























 「 春分の日 」 は 太陽が真東から昇り真西に沈んで、昼と夜が同じ長さになる日で、この日の前後3日間を含む1週間を 「 彼岸(ひがん) 」 と呼びます。

 「 彼岸(川の向こう岸) 」 とは、仏教の言葉で仏様や亡くなった人が住む世界という意味です。

 1000年くらい前から日本人は、春と秋の彼岸に川の向こう岸にいる亡くなった人々を敬(うやま)うことを大事にしてきました。


 彼岸に先祖へお供えする食べ物といえば、 「 ぼたもち 」 「 おはぎ 」 です。
古くからお祝いとごちそうの意味があるとされた小豆(あずき)が使われ、春に咲く 「 ぼたん 」
からボタモチ、 秋に咲く 「 萩(はぎ) 」 からオハギと名前がついたという説があります。
 彼岸にはお墓や仏壇に手を合わせて先祖のことを家族で敬(うやま)いましょう。


春分
夏至 ( 昼が一番長い )
秋分
冬至 ( 昼が一番短い )



●家庭菜園を始めて20年になりますが、農作業には日照時間が大切なのか、気温が大切なのか、もちろんその両方が絡んでいるのでしょうが、時々そんなことをおぼろに考えながら、土を耕しています。
文化 ( culture ) の語源は cultivate ( 耕す )と言われていますが、畑を耕しながら、晴耕雨読の生活が出来れば、まさしく文化的な生活なのかもしれませんね。


●いずれにしてもこの地球、少しの地軸の傾きが季節を生み、人間を含む動植物の日常に変化といろどりを与えたのは確かなことで、不思議なことです。

●それから、新しく物をおろすときはなるべく大安にします。( 新しい命を敬い、感謝する心 )そんな意味があるので、念のため・・・・・。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年09月14日

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

アメリカ合衆国が誇る印象派のコレクションが日本(三菱一号館美術館)で開かれた。
no title



























It had never occurred to me to be thanked for anything
Concerning the National Gallery.
It has always been my chief interest and pleasure
To do for it what I could do.

「 ナショナル・ギャラリーに関することで、何か感謝されることがあるとは思ってもみませんでした。ギャラリーのために私ができる限りのことをするのが、
常に私の最大の関心事であり、喜びでもあっただけなのです 」


●多種多様な色と構図のマジックに翻弄され、戸惑い、感動したひと時でした。さり気ない日常の景色や人が輝いていた。近くに有って度々見られたらすてきだろう。

なんと言っても印象派は印象的である!・・・?


◎戸外での制作:

○モネ(アルジャントゥイュ)
1












○ピサロ(花咲く果樹園)
2













○シスレー(エロイーズ大通り、牧草地)
3









4












○ブーダン(オンフルール港の祭り、トゥルーヴィルの浜辺、近郊の洗濯女、ヨットハーバー)
5






6









7








8























○ルノワール(花摘み、ブドウの収穫)
9












10













○ドガ(牧場の馬、競馬)
11











12












○マネ(競馬のレース)
13









○ルドン(海沿いの村)
14












◎友人とモデル

○モリゾ(窓辺にいる画家の妹)
15



















○ルノワール(アンリオ夫人、髪を編む若い女性、猫を抱く女性)
16









17










18






































◎芸術家の肖像

○ルノアール(モネ)
19




















○マネ(庭にいるジョージ・ムーア)
20



















○ゴーギャン(自画像)
21



















◎静物画

○ボナール(さびれた街の2匹の犬、革命記念日のパリ)
22















23




































●タッチがまったくもって安野光雅さんの世界だ! こういう絵を描きたいと思う。


○ヴュイヤール(フランスの風景、黒い服の女性、コーヒーを飲む二人の女性、黄色いカーテン)
24











25
















26













27














○ボナール(緑色のテーブル、画家の庭の階段)
28











29














●最後の絵、日本の菜の花畑のような色使いだが、まぎれもない西洋の景色。私好みな黄色があふれている。好きな絵だ。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年09月07日

学ぶよろこび

1























 副題として― 創造と発見 ―とある、哲学者・梅原(うめはら) 猛(たけし) さんのエッセイを読んだ。
前掲の塩野さんの 「 哲学 」 というキーワードに魅かれたからだが、結果、哲学なるものの片鱗に触れられたような気がする。

 我々には他人(ひと)には言えない欠点や心のキズがあるものだが、それをバネに偉業を成し遂げた人がいる。

○大きな仕事は心の傷を埋める(ノーベル賞学者・湯川秀樹先生のコンプレックス)。

先生は京都大学に入学して、卒業した時の成績は三番だったそうです。こういうと 「 なるほど 」 と思うかもしれませんが、じつは、三人中で三番だったというんですよ。ノーベル賞をとったくらいだから一番だったのだろうと思いたいけど、そうではなくて、ビリだったんです。意外でしょう。
ところが、これがまた面白いんですよ。湯川先生が三番で、二番は誰だったかと言うと、やはりノーベル賞を受賞なさった朝永振一郎先生なんです。三人いて、そのうちのトップを除いた下の二人がノーベル賞をとっているわけです。
 秀才、学校の成績がいい人は、だいたい人気のある分野に進みますよね。
ところが湯川先生はそうじゃない。当時、量子力学なんてやる人がいなかった。日本の大学の物理学教室では、古典力学が中心だったんです。そういうなかで、一人、湯川先生は、新しい量子力学の研究を始めたんですね。そこが先生のすごいところです。
 そして、論文を書いた。湯川先生が中間子理論の論文を書いたのは、大学を卒業して間もなくのことなんです。それで、湯川先生は、その論文を先生の所に持って行って見てもらおうとしたけれど、先生にはまったくわからないんですよ。読んでももらえなかった。
 それではというのでアメリカの雑誌に送ったら、掲載してもらえた。それが、後年のノーベル賞につながるわけです。
 そのことを、私、湯川先生に尋ねたことがあるんです。 「 恩師も理解できないような、誰でもやっていない量子力学の研究を、どうして先生は始められたのですか 」 と。すると先生は、こうおっしゃったんです。
 「 私の心には、どういうわけか、子供のときから深い憂鬱があった。心の中にポッカリ穴があいていた。その大きな空白は、大きな仕事をしないと埋まらない。そういう思いがあった。だから、最初から私は小さな成功なんて望んではいなかった。そういう大きな、とてつもない大きなことを考えて、中間子という理論に取り組んだのです 」 と・・・。
 毎日毎日考えていたのだが、行きづまっていた。ところが、そこに室戸台風が来て、街中の樹木が倒れてしまった。その光景を見て、ふっとひらめいたという。余計な想念は吹っ飛んでしまい、非常にクリアーな数式で表現できる中間子の理論が思い浮かんだのです。

○学問と仮説:
いったい学問のお面白さとは何か。こう聞けばものを知ることだと言う人もいるでしょう。しかし、私はそういう風に考えないんです。学問というのは何か。それは発見なんです。じゃあ、発見とは何か。新しい仮説の提供なんです。仮説をつくることですよ、学問というのは。仮説なんだけど、それにもとづいて現象を説明すると、見事に説明できる。そういう仮説は真理性が高いと言わねばならないけれど、だが、それは真理であるとは言えないのです。
 まだこれからも、それ以上に単純で、現象をより明晰に説明する理論が生まれるかもしれない。そういう可能性が、いつも秘められているわけです。
 あるいは、その仮説で説明出来ない現象がいつ発見されるか知れないですよね。
 結局、学問というのは、自然科学でも、人文科学でも、すべて仮説なんです。その 「 仮説をつくり出すこと 」 が学問なんです。


ひらめく人 ( 無心な心を持つ )

孤立する勇気 ( 勇気がなければいけません )

傑作は未来にしかない ( 黒澤明監督曰く:芸術家にとって、傑作というものはありません。あるとすれば、それは未来の作品です。 )


◎二十一世紀の哲学

私は、学問に生きるという夢の人生を送ってきた。哲学という学問をすることが、私の夢なんです。
 哲学というのは、人間はどう生きるべきかということを考える学問です。これは、実証できないわけです。人類はどう生きるべきか、人類はどういままで生きてきたか、そして今後は、どう生きるべきか・・・と、いうのは巨大な仮説です。その仮説を提供するのが哲学です。

『 梅原日本学 』 発見あるいは創造について私が経験的に考えた幾つかのことを書き留める:

一、人間は知らないうちに、一つの色眼鏡を通してものを見ていること、そして発見とはその色眼鏡から自由になることである。
二、発見の前提は疑いである。
三、疑いには、裸の心と勇気が必要である。
四、発見には創造力が必要である。
五、生産的想像力を持つためには自由な心とともに、広い 「 知識 」 が必要である。想像力を養成するには一つの訓練が必要である。
六、発見はある日突然起こる。それは、向こうからやって来るもの。我々は一種の直感で、それを受け止めるだけである。
七、インスピレーションは疑いによって “ 冷却する ” ことにより、一層間違いのないものになること。
八、発見はいったんなされれば、すべてコロンブスの卵である。
九、認識は自ら体系を成してそこに世界を形成している ( 認識というものはすべて仮説に過ぎないと思われるが、その仮説でもって、多くの事実が説明される仮説は、少しの事実しか説明出来ない仮説よりも遥かに真理性が高いとしなくてはならない )
十、発見や創造を可能にするのは絶えざる認識の努力であり、それを可能にするのは、やはり、真理あるいは美に対する強い愛である。

◎私は五十年間の研究によって、日本の中心思想は 『 草木(そうもく)国土(こくど)悉皆(しっかい)成仏(じょうぶつ) 』 という言葉で表現される、浄土・禅・法華(ほっけ)の鎌倉仏教の共通の思想的前提である 『 天台本(てんだいほん)覚(がく)思想(しそう) 』 にあるのではないかと思うようになった。
『 天台本覚思想 』 とは、人間や動物はもちろん、草木即ち植物、及び国土即ち鉱物や自然現象まで、総てに仏性(ぶっしょう)があって成仏するという思想である。

縄文時代及び弥生時代の最高の宝器は翡翠(ひすい)で出来た勾玉(まがたま)であるが、翡翠の色は雪の中から現れた “ 緑 ” を表し、勾玉の形は獣や鳥の “ 姿 ” をを表す。即ち翡翠は植物の霊、勾玉の形は動物の霊を表したものであると言える。それ故、翡翠の勾玉は植物・動物の霊の崇拝を示すものであり、このような伝統が仏教を日本化し、 『 草木国土悉皆成仏 』いう思想を生み出したと考えてよかろう。



●私(増澤)思いますに、日本人の森羅万象に神や仏が宿るという自然崇拝の感性は、それ自体が日本人のしなやかで強靭な哲学であり、生きるための指針であると思っている。

人間という愛すべき生きものをもっと広く豊かな心で慈しみたい。

私が設計に於いて、いつも標榜している “ 心を形に表す ” という言葉から派生し、 “ 和とは 天地自然と一体になること ” と解している設計哲学、キャッチフレーズは、梅原哲学からみても、当たらずとも遠からずと言えるのではないでしょうか。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター