livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2015年08月31日

生き方の演習(−若者たちへ−)

1




















●私(増澤)思いますに、塩野さんの歴史にまつわる文章がなぜ分かりやすく、楽しいのかと疑問に思っていのだが、この本に出会って、はたと気づいて、納得した。


 ローマ史家の塩野七生さん曰く、

私は私独自の世界観や歴史観を示したくて書いているわけではありません。わかりたいことを素人に徹して書いているだけですが、ただ、私は大学で哲学を学びました。哲学が求める重要なことは二つだと言っていいでしょう。

ひとつは曇らない目で観察する
二つ目は考える。
そのために私は勉強する。・・・・・(中略)

 ある時、書きはじめてまもない頃でしたが、評論家に「 君の書くものは従来の概念の中に入らないから賞に入りにくい 」 と言われたことがあります。その時、私は生意気にも、心の中でですよ(笑い)、 「 多くの賞の圏内に入らないのなら、それらの賞が少しばかり範囲を広げれば、多くの賞だってもらえちゃうんだ 」、 そう考えたんですね。
 同じ頃、司馬遼太郎さんは、 「 日本には歴史研究か歴史小説しかない。君はその中間を行こうとしている、だからたいへんなんだ 」 と、おっしゃいました。ヨーロッパには歴史エッセイと言われる分野があります。日本ではエッセイというと身辺雑記のように思われていますが、ほんとうはそうじゃないんです。勉強した結果を小説ではなく、学術論文でもないものに書く。それが歴史エッセイです。賞の選考で悩まれ、本屋さんも並べる棚に悩んだという私の本ですが、読者と私はそんなことに関心などなかったと思います。

 思うに、読書というものは習慣だと思います。どこに行くのでも、文庫本を一冊もっていることが私の習慣です。不可思議なことに、どこに出かけても、時々妙な時間の空白があるんですね。そのときに読むために常にもっているんです。これが、まずひとつ、それから、夜眠る前に三十分とか一時間、たいていそれ以上にはなりませんが、必ず雑誌か何かを読みます。
 本というのは、大きくもない媒体なのに、お金もたいしたことないものなのに、すさまじい量の情報が入っています。それに比べて、映画 ( テレビやマンガも ) は、活字ほどの情報を入れられないから、いわば単純化、簡略化せざるを得ないのです。加えて、本は自分次第、つまり主導権をもって使えるという利点もある。
 とはいえ、本には本のよさが、映画には映画のよさがあります。私は両親から、書物と映画は同格、という感じで育てられました。息子にも同じ教育を与えましたから、彼も映画に親しんで育ちました。・・・・・(中略)

 年齢を重ねれば体力が衰えるのは当たり前です。しかし、この自分の頭の中で、アンテナ ( 好奇心 ) は決して錆びさせない。筋肉や頭脳と同じで好奇心も訓練しなければ衰えます。それは、まずもって、あら面白いわねって思うだけでいいんです。決して、ためになるとか何とかそんなことはいらなくて、ほんとうに面白いと思って、まだ知らなかったわって気分がよくなれば人生は素敵。



●私(増澤)思いますに、ことばを建築という形に表す作業は、簡略化せざるを得ない。だからものの本質を見きわめたことばが大切である。

身近なことでいえば、当事務所のプレゼンテーション能力が問われているという現実があるとしよう。
私(増澤)の経験からいうと、発想と知恵と饒舌さが大切だと思われがちだが、実のところは、知恵や喋り方の技術よりも “ 知識 ” であると思っている。知識が豊富であれば自信を持って喋ることができるからである。そして素直な心である。

「 普通のことを普通にする、生活能力に裏打ちされた知識・習慣が問われている 」 

そのためにはどうしたらいいか・・・たかがプレゼンテーションされどプレゼンテーション能力。 その能力の底に潜むものは好奇心と健全な知識の収集能力であろう。

●ブログを書きながら、旅館建築のエッセイを書きたいといつも思っている。そのうちに、 自由な立場で、いつもやさしく、時にきびしく、流麗な文体で心を綴る。
  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年08月24日

つれづれなるままに・その3

フランスもの(・・)の(・)本を二冊

○「 フランス人は年をとるほど美しい 」 ドラ・トーザン
 サブタイトル;もっとわがままに生きていい
○「 フランス人は10着しか服を持たない 」 ジェニファー・L・スコット
 サブタイトル;心からの満足を感じられないあなたへ
4
























◎年をとると「いいこと」しか起こらない!:
自由になれる
自分がわかる
知恵がつく
経験が増える
自身がつく
強くなる
距離感が保てる
美しくなる
スタイルがつくれる・・・・・ドラ。

◎シックに暮らす:

いちばん良い持ち物をふだん使いにする

「幸せとは欲しい物を手に入れることではなく、持っているもので満足すること」・・・・・・ジェニファー。

◎ホームパーティーといっても、ごくシンプル。フランスではお金をかけないというのもポイント。オリーブやナッツ、フロマージュ、バゲットがあれば、それで幸せ。あと、サラミやパテ、ピクルスかしら。まだ食べられるようならさっとパスタを湯がけばいい。なりゆきで楽しむ、しなやかさも必要。
そして、赤ワインのポリフェノールが健康のためのとっておきの秘薬なのです。・・・・・ドラ。

◎10着のワードローブ、1ヶ月実験。
 
  朝、クローゼットの扉を開けるたびにうれしくなる
  買い物欲がおさまってきた
  落ち着いた気分でショッピングが楽しめるようになった
  服がくたびれてきたタイミングをみきわめられるようになる
  手持ちの服を組み合わせ、何通りもの着こなしを考えるのが重要
  「10着のワードローブ」を念入りに選べば、結果的にいつもいい服ばかり着ることになる
  家でいい服を着たまま家事をする時には、エプロンを着ける
  洗濯物やクリーニングをため込むのは許されない
  ファッションにあまりお金を使えない場合は、10着のワードローブ(コアアイテム)にはお金をかけすぎないこと・・・・・ジェニファー。

◎食事とエクササイズ:

そのホテルでは、毎朝、豪華なビュッフェスタイルの朝食が無料で用意されていた。朝食に欲しいものは何でも取り揃えられていた。
ところが、そのフランス人女性が毎朝食べていたのは、大きなボウル一杯のフルーツとプレーンヨーグルトとコーヒーだけ。ビュッフェにあれだけごちそうが並んでいても、平気で知らん顔ができるのは、日頃からよほど健康的な食生活を心がけているからにちがいない。・・・・・ジェニファー。


●内容もそうであるが、本のタイトルとサブタイトルが素晴らしい。私のような色メガネのオッチャンはこ(・)の(・)て(・)の本につい手が出てしまう。そしてその通りだと思えるから不思議だ。  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年08月17日

つれづれなるままに・その2

盛夏の八月、母校韮高の空手道部合宿に、自宅から道衣に着替えて車で駆けつけてきた。卒業してからもう50年経つ。OBは私の他にもう一人、初めて会う48歳の後輩が指導に来てくれていた。彼は高校大学と空手道部に所属し、社会人になって暫く空手はしていなかったが、子供が道場に通うようになったので又、わが子と一緒に始めていると自己紹介があった。50年前の同好会としての発足当初のメンバーとしての私にとって嬉しい話である。

二十歳も年下の後輩といっても、もう48歳にもなるおじさんとおじいさんが、流した汗の薫りに引きずられ川を遡上しめぐり合う炎暑の昼下がり、多くを語らずとも空手を通じてのつながりの輪が生まれ、青春への邂逅がセピア色に輝く。
そして今日又、新たに自分史の一ページが加わる。
( 写真は彼が正面に立って指導しているスナップです )
1








 夏合宿は3年生がリタイアし受験勉強に突入するので、1〜2年生が主体で行われていた。部員は26人、そのうち半数が女の子でキビキビと溌剌としていて、男子学生よりも動きが機敏で逞しく道着を纏った若鹿の装いで、ぴょんぴょん飛び跳ねていました。( 私たちは跳ねるような運捉(うんそく)はきつく戒められましたが、今はリズミカルな動き、フットワークも指導しているとのことです、念のため )
部員は年齢的には16,7歳だから私にとっては孫みたいなもので、汗にまみれて輝く瞳にお祖父(じい)さんとしては微笑まざるを得ない。
2








 部長先生にお会いして話を伺ったところ、空手道部は人気があって毎年入部者が多いとのこと、喜ばしい限りである。柔道・剣道部では男女合わせて、総勢十人未満のようで、ましてや女の子は今年柔道部にやっと一人入りましたとの先生の言。昔はそれこそ名門柔剣道部はむさくるしい男たちで、溢れんばかりの人数だったのが嘘のような様変わりの昨今であり、それに空手道部が取って代わった感がある。

女の子は美容と健康、護身術も兼ねスマートな体つきを維持でき、尚且つ武道精神、長幼の序、挨拶、思いやり、礼儀作法を学べるので人気なのだろうと、先生にそのことを質すと 「 それも有りますが、OBのネットワークとサポート、和気藹々さがいいからです 」 との返事、嬉しく傾聴したからには、しばらくは通わざるを得ない。

私(増澤)、大学も空手道部で過ごしましたが、OBになってしようと思ったことが一つあります。それは、 「 口は出さずに、金は出す 」 そうして、無関心ではなく無言で温かく見守るようにしようということでした。逆のOBが結構いますから。
合宿時にはOB年会費¥5,000と飲み物代として¥10,000を毎年届けています。思い入れと具体的な援助が大切です。


 小さな実がなった。
3



























7,8年前に面白半分に、伊豆でリンゴをと二本植えてみた。たしか違う種類のものだが、果樹は受粉しやすく、お連れがいないと駄目だから二本とした。
一種類は富士で後は青森なんとかである。寒冷化ならまだしも温暖化だからあまり期待しなかったのだが、春先めずらしく可憐な花が咲いたので期待していたら、低く垣根状に仕立てた方の木が3つ程実をつけ、二つ程生き残っている。なんとか一丁前に育てたいと、目を掛けているのだが如何なものか。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年08月10日

つれづれなるままに・その1

赤坂にあったローストビーフの店、ロウリーズプライムリブ東京が恵比寿ガーデンプレースに移転した。一度行きたいと思っていたのだがなかなか予約が取れず、やっと土曜日の21:00から取れたので肉好きの娘と二人で出かけた。

○エントランス周り
1



















2






















3








































○テーブル周りの雰囲気とビール、赤ワイン。
4







5

















6

















7



















8
























































○サラダを混ぜるウエイトレスとサラダとパン
9













10














11






















































○巨大なステンレスのワゴンで運ばれてくるローストビーフ
12
















13






































●肉はジューシーでたっぷりのグリ−ンピースとマシュポテトでいただいた。旨い!
なぜかシェフはインディア系が占めていた。

普通のステーキハウスのビーフステーキに比べて安いのは何故かと思った。和牛のどこそこ肉でなくてもいいからだろうか? 多分そう!
 と思って個人的に納得。本当のところはどうなんだろうか。
飲んで食って一人当たり一万円以下でおさまり、リーズナブルである。


 翌朝はスッキリ目覚めて、午前9時頃に代官山へ出かけツタヤで過ごす。私定番の場所と椅子が在って、今日は深蒸し茶をすすりながら本を読む。この椅子なかなかの人気者なのです。椅子とりゲームの様相を呈していて、朝早く来ないと坐られてしまう。
14















15







































●この椅子、なかなか坐り心地がいい。

山藤章二の 「 老いては自分に従え 」 を読了。
そのなかの一節 “ 会話というのはセンスの格闘技である ” にいたく納得。なかなかのものだと思いながら、余計なことを考えた。

つづきに

●服装は!? センスのサンドイッチマン・・・、チンドン屋?!

●行動は!? センス(感性)の開き直り?!

当たらずとも遠からず・・・かな。

 帰りがけ普段使いの革のバッグ用のレインコートを買った。犬の散歩用のコートのバッグ版の様なものだとお思いください。ちょっと気になる小物が有るのです。

 本当はPUFFYのCD 「 アジアの純真 」 を買いたかったのですが有りませんでした。
古いねと身内に言われましたが、歌詞と曲のテンポが今頃また急に気に入ってしまいました。
イメージから言うと、こんな感じの和でも洋でも亜細亜でもないような ‘ 日本の宿の客室 ’ が出来ないものかと思いを巡らせているところです。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年08月03日

雨に歩けば

子供の頃、座敷の肘掛窓にもたれながら軒先を通して雨の庭を眺めるのが好きだった。

 そんな訳で、雨の季節には濡れることを気にせず、鼻歌まじりに颯爽と歩きたいと思っている。傘、レインコート、レインハット、長靴・・・etc.

以前雑誌で知った店だが、霧のロンドンでは雨具は必需品であろうとの思いから、青山のイングランドショップ、「 ヴァルカナイズ・ロンドン 」 に通った。そしてこれからも雨具に凝ろうと思っている。
1



























 これはイギリスのFOX・アンブレラのレインコートで、ずばりアンブレラ・コートと言う。発想とネーミングがいかにもイギリスらしくおもしろく、興味津々ついでに買い求めてしまった。
裾周りと袖口の黒とグレーのツートンが粋で、なおかつ雨傘と同じ素材でできているので、薄いわりには防水性能が大丈夫であろうとの思いから愛用している。少し細身の仕立てで、コートに身体を合わせて着ているが、袖口をまくれば女房も着れそうなので、そのうちもっとゆったりとした物も欲しいと思っている。
2
















3-1






































 同じメーカーの傘、超細巻きのところが気に入っているのだが、巻きを留めるグリーンのゴムはここだけがいい加減のようだ。このゴムが劣化する頃には他の布に張り替えてください、こちらで修繕いたしますとの事だった。言い訳もなかなか堂に入っていて、元は高くても、布さえ張り替えればずっと使えるという所も気に入って愛用している。
 専用のごわっとした紙袋に赤いリボンで結わえて渡してくれた。こんな感じでした。
女房はいたく気に入って、しばらくはそのまま自宅に飾っていました。
3-2























最近巻きを止めるゴムが劣化してきて、持ち込むのが億劫だからゴムのパーツだけ送ってくれないかと頼んだが、多分、勝手にされるのはメーカーとして困るとのことでしょうか、やんわりと断られた。よく見ると布本体もくたびれてきている。そのうち持ち込んで、違う色にしたいと思っている。今度は紺かな!
 ヒッコリーの傘の取手には大理石が象嵌されている。こんな些細なところにもONLY・ONEのデザインが施され、そこも私のお気に入りなのだ。
4



























ニューヨークのMoMAで見つけ、スーツケースに入らないので、断念したのだが、日本の恵比寿、東京都写真美術館の売店に置いてあり購入した。
黒い傘の布の内側には青空がプリントされていて、雨と晴天が表裏一体な遊び心がいい。
5



























 東京の丸善で買った大振りの自動開きの傘。安いけれど、丸善ということで安心して買ったのだが、すぐ、傘の骨の布を止める先端の金具が外れ確実に止まらない。本当にイライラしてしまい、よく見たらMADE IN CHINAでした。
中国製か!仕方がないと思いつつも丸善のチェック漏れを憾(うら)んだ。売り場に行って返品し替えてもらおうかと思ったが、わざわざ雨のものを天気の日に持ち込むのも億劫だからそのままにして、悔しいので止め部分を紐で縛って雑に使っている。押しなべて中国製はそういうところがある・・・何をか言わんや である。
6-1-1



















6-1-2



















6-2



















6-3































     



















○折りたたみ傘:

 最初のもの二つ(同じもの内観と外観)は娘からのプレゼントで、雨風に強い傘のランキング入りしているもので、日傘にも使え重宝している。この傘、普通体の前で持つので前面側のハネ出しが小さく、同心円状ではなく後ろ側が長いのだ。体の後ろ側がいつも雨に濡れていることを思い出して欲しい。

三番目はあのボルサリーノのワンタッチ開のもので、雨傘もあるんだと知った。姪っこからのプレゼント。

四番目は国産。握り手の部分のデザインが日本的。 昔、今は亡き芸人・植木等がコマーシャルしていた 「 何である? アイデアル! 」 で有名なアイデアルの傘 ( 分かるかな? わからねえだろうな! ) と、こんなところ。
7



























ゴルフ用に新宿伊勢丹で買った、キャロウェイの帽子。アクリル繊維であろうか、デザインもカジュアルで、雨に強そうなので被ることにしている。


 新しく購入したアニマルヘッドの傘。兎と犬が有ってこれは犬の方です(色だけシルバーです、本物のシルバーはとてもお高いです)。
8



























●私、パソコンに “ 一生もん ” というコーナーを作って、一生涯使えるであろう名品( ? ) をリストアップしている。

雨にまつわるもので未購入な物は 「 雨の日用の帽子 」、 「 雨の日に履く革靴 」 はラギットシューズと言って丸善に有るらしい、履きたくなる様ないいデザインのゴム長靴。

未だ引き続きさりげなく探しているのだが、いいものがなかなか見つからない。  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター