livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2015年07月27日

Aman resort in Tokyo

先週からの続きになりますが、私が通っているシェーン・イングリシュスクールのクリストファーに、アマンホテル・東京の見学感想文を出すことになっていたので、先週書いたブログの一部を英語にして提出したところ、以下の様に添削してくれた。

 日本語のデリケートな表現が難しく、私の拙い英語力では本意にズレルかも知れないが、それは日本語のブログを読んでいただいてご勘弁を願いたい。

●このような内容です。

Aman Tokyo did not have an innovative design like some other city hotels in Tokyo.

アマン・東京のホテルはいくつかの東京のシティーホテルと同様に斬新なデザインではなかった。

The facade of many office buildings in Tokyo are the same design,and all of the interior designs are similar,too.

多くのオフィースビルディングの外観は皆同じで、インテリアデザインも押して知るべしである。

If you are concerned with Japanese style,you must be thoughtfull of how outside transition to inside.

 もし和風にこだわるのなら、いかに外部が内部に変化していくかを考えなければならない。

This is because contact with fresh air in transition is very important.

内と外の変化の境目における外気の役割が大切である。

There were not include. I design in this Aman Hotel. I thought deeply about this and it concerned me.

 そういうものを内包していない。私がこのアマンのホテルをデザインするならば、もっと深くあれこれ気を遣うであろう。


●生意気なことを言うようですが、本音です。

ぺニンシェラやマンダリン、パレスホテルやシャングリラ、etc。 皆一緒でつまらないと言うと、クリストファーもそうだねと言っていました。
但しコンラッドと新宿のパークハイアットは好きなようです。

なによりもオークラは素晴らしいという評価でした。オークラのように日本には日本のシティーホテル ( あくまでもインテリア中心ですが ) が必要です。

建て替えのオークラが外観をも含めてどんなデザインになるかが楽しみです。


●内と外の概念は壁で仕切る外国の建物と、建具で仕切る日本の木造との違いが明らかに有ると思いますが、現代の都会のビルでそこをどう処理するかが問われる。

1  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年07月20日

人間の尊厳さ

1



























●過激派組織・ISIL(アイシル?)の人質処刑や、少年のいじめ・殺人。人間の優しさや、尊厳はどこに行ってしまったのだろう!
そんな折、手にした司馬遼太郎さんの子供向けの本 「 21世紀に生きる君たちへ 」から幾つかを紹介したい。(ドナルド・キーン監訳、ロバート・ミンツァー訳より)

◎人間の尊厳さ:The Magnificence of Humanity

人間は、鎖の一環ですね。はるかな過去から未来にのびてゆく鎖の。・・・・・
人間の素晴らしさは、自分のことを、たかが一環かとは悲観的におもわないことです。
Each human being is a link in a chain ― a chain that extends from the distant past into the future. Human greatness lies in not regarding one’s existence pessimistically as merely a link in the chain.

ふしぎなものですね。
It’s really strange.

たとえば、小さい人たちは、いきいきと伸びてゆこうとしています。
Consider, for example, how young people strive so vigorously to grow up.

少年少女が、いまの一瞬を経験する時、過去や現在のたれとも無関係な、真(まっ)新(さら)の、自分だけの心の充実だとおもっているのです。荘厳なものですね。
Each instant that boys and girls experience, they feel an inner fulfillment that is their alone, brand new and unconnected to anyone else either past or present. This is magnificent indeed.

「 21世紀に生きる君たちへ 」 は、そういう荘厳さを感じつつ、書いたのです。つぎの鎖へ、ひとりずつへの手紙として。
It was in awe of that magnificent that I wrote “ To you Who Will Live in the 21
st Century .” I wrote it as a letter to each person who will form a next link in the chain

こればかりは時世(ときよ)時節(じせつ)を超越して不変のものだということを書きました。
I wrote that this alone is unchangeable, transcending time and season.

日本だけでなく、アフリカの村や、ニューヨークの街にいるこどもにも通じるか、おそらく、通じる、と何度も自分に念を押しつつ書きました。
As I wrote it, I told myself time and again that its message would−or probably would−apply not only to Japan but to children in Africa villages or the streets of New York.



●まったくもって 「 偉大な大人の心意気 」 を感じます。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年07月13日

アマン・東京

アマンとしては初の都市型ホテルが東京大手町にできた。
no title










2015年度の石井建築事務所の熱海・東京の合同役員会兼情報交換会を
早速、ホテルのレストラン・アマンで開いた。


○ロビー・ラウンジ
1















2




















○レストラン
3


















4



















5

























○シガーバーラウンジ
6



















7
















●白木と黒を基調にシックにまとまっている。

ロビーは中央吹き抜けの障子風光壁のラウンジを外部空間としてイメージし、一段下げ縁側風通路に面して部屋を配するというコンセプトのようだが・・・、ロビーとラウンジを分ける縁側風 ( 彼らはそう呼んでいるそうだが ) 通路の段差は危険であり、スロープははるか彼方にある。

高層オフィースビルの最上階を使ったホテルのインテリアは、使う素材・意匠の多少の違いはあるものの、どこも内装テクニックは一緒で面白みに欠ける。

和の基本は自然 ( 外気:風のそよぎと木漏れ日、季節のうつろいと一日の変化 ) との触れ合い、取り合いにある。高層ビルのエレヴェーションと断面のエスキースが足らず、そこのところの工夫に欠けるのが気に入らない。日本の心を形に表すような挑戦の姿勢が欲しい。

平面的に外部濡れ縁や、坪庭、水盤、緑を配し、尚且つ三次元の縦の外部空間を四角いBOXの中にL字型に食い込ませ、花の咲く蔦などを下げたらいいのにと思う。そんな浮き、透き、抱きのある数奇なあしらいが欲しかった。

そして、客棟のエレベーターホール、廊下に外部を組み込んだ東京の眺望 ( 皇居の森、富士山、東京タワー、スカイツリー、レインボーブリッジ ) がある緑化通風空間が欲しい。


○客棟廊下とスイートルーム
8








9








10








11








12








13








14








●アマン創始者ゼッカーはアマンのホテルは個性的な個人別荘であり、ホスピタリー産業ではなく、ホテルシステムや施設自体が “ ライフスタイル・ビジネス ” であると言ったのではなかったのか!?ここではどんなライフスタイルを提案したいのか、そこのところが見えてこない。

江戸―東京と続く歴史の流れの中枢、大手町で何ができるかをよく考えて欲しかった。


客室は部屋の中央にデンとBEDを置くのではなく、和の空間に憩うためのオリジナルな室(しつ)礼(らえ)を中央に配し、脇に違和感の無い形でBEDを配するようなデザインが必要である。

なぜなら日本間はノンファニチャーの世界であり、その有り様(よう)をホテルの機能にいかに馴染ませることができるかが問われるからである。

70室程度の客室なら東西南北、日当たりや景色が違うのだから、全室違う意匠にしたほうがアマンの生きかたに合う。

平均的な客室も71嵳るという。見ていないので何とも言えないが、広めの空間に大きめの家具が入り膨らんでいるだけだろう。

他よりも2〜3割広めならゆとりを利用して、そこにオリジナルな数奇な空間を挟み込みたい。

私、アマンが好きなんです。だから、私 ( 増澤 ) に相談して欲しかった。
アマンらしさが出ていない、他の高級シティーホテルと並んだだけで、特にアマンにいく必要もない。


○レストランの ¥18,000のフルコース。
15







16










17













18













19













20












21











22












23































































































○セット
本日のアミューズ(コーンスープ)
枝豆のブラマンジェ、ズワイ蟹と炙り雲丹
和歌山産鮎、筍と沖縄島ラッキョウの天ぷら風
ラビオリをタルトゥファータアクセントで
(ホロホロ鳥とチーズ、万願寺唐辛子とボルチーニ茸)
石鯛のポワレ
鹿児島県産の黒毛和牛フィレ肉のロースト
(ミディアムとミディアムレアーの中間を頼んだ奴がいた・・・)
宮崎マンゴーのエクレール
プティフール


●美味しかったが特別な感動はなし。素材としては沖縄の島らっきょ、和歌山産の鮎はらっきょの癖あり味と、鮎の苦味が日本を感じさせてくれた。


●無国籍料理だが、癖あり味で言うと、山菜等がいいと思うので洋食にも活用して新しい味を演出して欲しい。
それからここは日本だから、 “ 旨い出汁をとった朱漆塗りの椀汁 ” を一品コースのどこかに出すといいと思う。

●レストランのウエイトレスの接遇がいまいちしっくりこないのは、馴(なれ)のせいなのか。



●かくなるうえは 「 星野や東京 」 の空間に期待したいのだが・・・!?いかがなものか。

  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年07月06日

ボストン美術館蔵・ミレー展

1






















◎三菱一号館美術館にミレー展を見に行った。

●私(増澤)、思いますに

農作業は祈りである。
雨・風・日の光・温度・土の渇き・・・種を蒔き、育て、祈る。
そして豊かな実りに感謝し、
生きる為にそれらを食す。

自然は神である。
生きていく為には実りがなければならない、
人の営みの中で根本的なところに、
神がいる。   そう思うミレーの世界でした。


○自画像
2





















○ソバの収穫・夏
3












○木陰に座る羊飼いの娘
4


















○ブドウ畑にて
5



















○鋤(す)く人
6












○馬鈴薯植え
7












○種をまく人
8



















○刈り入れ人たちの休息
9









○牛に水を飲ませる農婦
10















●一日の農作業の仕舞いに祈る人々、 「 入相(いりあい)の鐘(かね) (晩鐘) 」 が聞こえてくるようです。何度見ても素晴らしく、敬虔な気持ちになるひと時でした。
  
Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター