livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2015年06月29日

カエルの話

日経の春秋にカエルの話が出ていた。
1















インドネシアの熱帯雨林で、卵ではなくオタマジャクシを産むカエルが見つかった。と言う話。科学者が撮った写真を見ると、たしかにヌルリと産み落としている。世にも不思議な珍種と思いきや、カエルの世界には、オタマジャクシどころか子ガエルを産む種類までいるそうだ。
 環境に適応する苦肉の策か。新たに現れた外敵から子を守る企てなのか。生き残りをかけ、自らの身体まで改造するカエルたち。その進化への執念は半端ではない。一匹の生涯だけを見ても、卵から幼生へ。やがて手足が生え生体へと刻々と姿を変える。生命とはこれほど自由であってよいのかと、空恐ろしい気すらする。

 社長室でカエルを飼っている経営者がいるという。大手企業の社長なのだが、面白い趣味だと思い聞いてみると、 「 組織が変わらないということは、死を意味しますから 」 と真顔になった。変化に富む精神を忘れず、大胆にリストラを続けるために机の上にカエルの飼育槽をデンと置いてある。


●私(増澤)、変わらなければとの思いから最近こんな本を買って読んでみた。

「 世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれた、3週間で人生を変える法 」

その中の5つ!

 「君の夢は、いったい何だい?お金だけで人は幸せにはなれないよ」
 「自分が本当に望むものを見分けるんだ」
 「嫌いなことなんてやっていて、成功できるわけがないない」
 「成功者のアドバイスを、素直に聞き入れなさい」
 「昨日と同じことをやり続けても、明日は何もかわらないよ」etc.

 ・・・・・That’s right!    その通り! 「 不易流行と言う言葉もある 」。


●表題のイラストにまつわる話だが、今から50年も前の高校時代、学校帰りに学ランの襟を内側に折り込んで、背広風に装い、パチプロのように稼ぐ面白い友達がいた。店の方も学生服には見えない努力をさせて入店を許していたのだろう!?。不良仲間だが、未だ全自動のマシンが無かった頃、球を指送りする機械の頃だ。あまりの素晴らしい指さばきに私(増澤)指南を乞うたこともあった。
彼が社会人になってからのことだが、真夜中に飲酒運転で川に車ごと突っ込み、車が来たので土手に這い上がり、たのむからおまわりには言わないでくれ、と喋った相手がおまわりさんだったという笑い話のような本当の話。

私の結婚披露宴に出席し、祝辞で当時流行っていた漫画から、私のことを 「 増澤はカエルはカエルでも、ど根性ガエル 」 と言い、その場が爆笑の渦となった。

「 カエルの話 」 のついでに50歳ぐらいで早世した友を懐かしく思い出す。
  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター