livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2015年04月27日

‘ 春 ’ 爛漫

 春と秋、どちらが好きかという議論があります。

熱狂がさめ清明な風を感じる、休息の冬に向かう秋
息を凝らした籠もりを経て、狂おしい灼熱の夏に向かう春
春と秋。
冬から夏へ、夏から冬へ。主張の強いそれぞれの季節の狭間にあって、引きずりつつ、繋ぎ止め、解き放つ中庸の季(とき)。・・・・・各々の心にお気に入りの季節がある。

春、ねっとりとした空気をまとい芽吹く草花たち。躍動感のあるこの季節、曖昧模糊としたかすかな熱と薫りを帯びたそよ風が私は好きだ。

1















○20年前に植えた枝垂桜です。樹径10センチ、高さ3M程の物を植えたのですが、今、樹径50センチ程に成長しました。30年物、父のメモリアルです。

2










     
○白木蓮です

3 













    

○花桃のピンク。中国原産で、 桃は 「 成功 」 と言う意味があるそうです、縁起のいい花です。

4















○白の花桃です

5














○山吹です。狩の途中雨宿りした大田道灌に、農家の娘が詠んだ歌が有名です。

「 七重八重 花は咲けども山吹の みの(実)一つだに 無きぞ哀しき 」 蓑を貸してほしいという道灌に一輪の小枝を渡し、蓑一つない貧しさを気高く謳った娘の心情や如何に。

意味もわからず帰城した道灌、後日家来からその意味を聞き深く反省し、その後歌詠みの道に励んだとか。

6   










  

○絹さやエンドウの花です。今年は他にも、グリーンピース、スナックエンドウも花開いています。そろそろ夏野菜の本番です。

7









○聖護院カブの董立ちした花で、菜の花状です。

8















○大根の花です

9















○京水菜の花です。水菜はハリハリ鍋やサラダに使います。

10















○董立ちしてしまったチンゲン菜の花です。このあたりは皆、菜の花状です。

11















○遅咲きの水仙、十数年前に伊豆半島の先端・弓ヶ浜から移植しました。半島の先端は伊東辺りより少し寒いのでしょう、体内時計は正直です。
彼岸花の一種だそうで、言われてみれば、共通点がありますね。

12










  

○花(はな)韮(にら)です。地生えのもので、そちこちに。

13















○セイジ(サルビア)。道端の苔むした石積みに枝垂れ寄り添い、赤い唇のような花弁で川面を渡る風に囁くように香ります。

14
     














○名も無き雑草で金平糖のような緑の実があります。烏川沿いの散策路、石積み下の沢蟹の住む水路脇にクレソンと共に地生えのもので、気楽な春の添景です。

15















○お馴染みチューリップ一輪。 あれっ!? 誰が植えたか、球根が残っていたのでしょう。

16















○野生のクレソンの花。石垣下の水際に自生しています、ステーキの付け合せに使いますが、我が家では春先、天ぷらにします。

17















○マメ科の雑草(カラスノエンドウ)で、実は中のマメを指先で開いて削り落として、草笛のようにして鳴らします。子供の頃からその音に因んで “ シビビービー ” と呼んでいます。

18-1















18-2















○モッコウバラの咲き始めの一輪〜二輪。

19















○外来種の野生のポピー。ものすごい勢いで繁殖します。

20















○今年植えた辛夷(こぶし)です

●春、凛として媚びず 「 古・武士・・・直衛 」 と命名しました!


○バラの木にバラの花咲く何ごとの不思議なけれど。

●春の花々は時季が来ると地面や枝先からふつふつと湧き出てきます。薫りと共に小さき命の躍動に思わずにんまり としてしまいます。


○春、秋どちらが好きか論争、について。ここに至っては圧倒的に 「 はる 」 に軍配を上げざるを得ない。

伊東静雄の詩にこんなものがある: 「 寛恕(かんじょ)の季節 」 より
 ( *寛恕: 思いやりの広い心でゆるすこと )

まず病者と貧者のために春をよろこぶ
下着のぼろの一枚をぬぐよろこびは
貧しい者のこころにしみ
もっとものぞみのない病人も
再び窓の光に坐る望みに、はげまされる。  

Posted by masuzawa05 at 06:00Comments(0)

2015年04月20日

女から見たいい男の条件

1















◎たとえば、食事を一緒にするとして・・・

スーツの着こなし方の自然さからくる、品位とおだやかな魅力。
絶対に下品ではない。
絶対にみじめ(ミゼラブル)でない。
これは女たちにとって、安心できる男の条件である。
そのうえ彼は、機知に富んでいてユーモアもある。

ましてやそれらは、常におだやかな微笑で味付けされている。


●これ、実は上記 「 ローマで語る 」 という本の中に出てくる、作家の塩野七生さんとご子息で映画関係の仕事をしている、アントニオ・シモーネさんの映画についての対話集の中に出てくるいい男の条件の一節である。


◎モテる男には二つのタイプがある:

○塩野: 俗語(スラング)を知らなければほんとうの文化はわからない。辞書に出ているような言葉を通しているかぎりは文化文明をほんとうに理解したことにはならない。スラングを知ったほうが、そのためにはかえって役に立つと、私は確信している。

 イタリア語で代表的な二つの言葉が有る。

 一つは 「 ストロンツォ 」 伊日辞典では 「 ちきしょう 」 と訳しています。

 もう一つは 「 フィーリオ・ディ・プッターナ 」 は直訳ならば 「 娼婦の息子 」
となるけれども、辞書の説明ではこちらのほうも、ただ単に 「 ちきしょう 」 とだけ。

○アントニオ: それでは不十分ですね。この二つのスラングは意味するところが違う。

 まず、あいつはストロンツォだ、と言う場合、そう言った人の眼は笑っていない。
 ところが、あいつはフィーリオ・ディ・プッターナだ、と言う場合は、ほとんどの人は笑いながら言う。
 このちがいは、目的とするところならば、例えば女をモノにするとかでも二つとも同じなんだけど、それを実現するうえでの手段がちがうからですよ。

○塩野: ならば、マルチェロ・マストロヤンニはどっちなんですか。

○アントニオ: フィーリオ・ディ・プッターナの典型ですね。どうやら彼は、女たちのもつ母性本能を刺激することで成功したようだから。例えば、カトリーヌ・ドヌーヴとの間も、こんなふうに進んだのではないかと思う。

○塩野: 男優に例をとると、ストロンツォの典型は誰でしょう。

○アントニオ: ショーン・コネリー。とくに007の彼。ストロンツォとは目的のためには手段を選ばずだから、女への対応も冷酷になりうるし、ワルにもなりうる。自分の魅力には女という女は抗しがたいと確信しているので、モノにするにも手間も時間もかけないんだ。つまり、フィーリオ・ディ・プッターナ型には 「 芸 」 があるけれど、ストロンツォ型は 「 芸 」 なんて不必要だと思っているし、 「 芸 」 を楽しむ気持ちさえもないんですね。

○塩野: となると、ストロンツォはアングロ・サクソンの男に多く、フィーリオ・ディ・プッターナはラテン系に多いということになりますか?

○アントニオ: とはかぎりませんね。なぜなら、ストロンツォ型はいずれも似ているけど、フィーリオ・ディ・プッターナは多種多彩だからですよ。
 ジョージ・クルーニーはアングロ・サクソンでいながら・・・又、ブラッド・ピットのように、ギリシャ彫刻のような絶対的な美男子でもないのにフィーリオ・ディ・プッターナです

○塩野: 近くに住んでいたりして、しばしば会う仲としては、ダニー・デ・ビートのほうがいいですね。ジョージ・クルーニーだと、外観的にも精神的にも良い状態で会わなくては、と思うけれど、ダニー・デ・ビートならばそんなことに気をつかわなくてもいい感じがするからですが。


2















○アントニオ: ダニー・デ・ビートになると究極のフィーリオ・ディ・プッターナですよ。なにしろ、肉体上の美点はまったくない。小男と言ってもよいくらい背が低い。禿げている。醜男。口を開けば、機関銃のようにまくしたててうるさい。それでいて彼は、いつも女たちに不自由しないし、女たちの好むスターの上位でありつづける。なぜ?
 まず、頭がいい。それも、学校で成績のよいタイプの頭の良さではなく、インテリジェンス豊かな頭の良さ。これに加えて、常に陽気で上機嫌。

○塩野: となると、肉体上の魅力は決定打ではないというわけですか。

○アントニオ: ストロンツォならば、魅力的な肉体は必要条件かもしれない。しかし、男であることの 「 芸 」 を駆使しないとなれないフィーリオ・ディ・プッターナにとっては、絶対的な条件にはならないと思う。

○塩野: でも、あなたの話を聞いていると、どちらにも若いうちはなれないように思いますが。

○アントニオ: そうですね。男の 「 芸 」 とはもしかしたら、若さも美も衰え始めた時から姿を現してくるものかも。女にとっても同じようなものでしょう。
 いずれにしても、日本の辞書のように、 「 ちきしょう 」 の一言で片付けるわけにはいかないってことですね。


●私(増澤)思いますに:

わかるかなあ!? わからねえだろうな!?・・・・・でも、解かったような気がする。

しかしながら、話の中に日本の男優が出てこないのが気にいらねー!

男から見たいい男。 今、一般的にはこの男でしょう!
塩野さん知ってるかなぁ・・・知らないだろうな―。
とぼけた風な、いい男。


3












4







6








5







小林薫
(こばやしかおる)
俳優、芸能人、役者、声優、吹き替え、ナレーター
小林 薫(こばやし かおる、本名:同じ、1951年9月4日 - )は日本の俳優、声優。京都府生まれ。  
Posted by masuzawa05 at 09:11Comments(0)

2015年04月13日

ばさら邸料理

● 調理長が代わり、フランス料理のシェフが和食に挑戦です。
我々関係者の会食であり、和食への挑戦の為の特別な料理が挟み込んであり、その為一般の献立とは多少の違いがあります。

私、個人的には ‘ ばさら ’ の料理は好きです。今回は量と質のバランスがすこし 「 ? 」 でしたが、全体的にはOKです。

“ 和 ” の素材の色気、器と料理のマッチングに配慮し、創作を重ね、味と見た目にこだわり続ければ、これからに期待が持てます。

そして、旅人をして ばさらの料理は「 味わい深い 」 と言わしめてほしい!


◎ 2015年・如月 ばさら創作膳:

○ 発泡日本酒の食前酒、先付(カマンベールの燻製)、前菜
1




2











○ 吸い物(ふぐの葛仕立て)
3











○ 海幸(イワシ、ホーボー、カワハギの肝挟み)
4












○ ふぐの唐揚、温物(アワビと伊勢芋のグラタン)
5











6












○ 焼物(伊勢海老・伊勢ねぎ香味焼き)
7












○ 揚げ物(春キャベツくるみ揚げ、金時にんじん)、カキのしぐれ煮
8












9












○ 清酒 満寿泉
10











11











○ 松阪牛
12











○ 香のもの、赤なまこ・めかぶの茶漬け
13




○ 黒豆のアイスクリーム
14












● 旅館のレストランはどうも個室が好まれるようですが、私はオープンなダイニングテーブル方式がいいと思っています。

ダイニングは食を介した人間ドラマの演出空間です。部屋全体の雰囲気の中で、お客とサーブする側との阿吽の呼吸が大切で、それさえ出来るのであれば、空間デザイン・照明・景色・音・匂い、食事を楽しむ賑やかなざわめきを伴なった総合芸術が生まれる可能性が高いからです。・・・オープンな空間で演出する。

それこそがONLY・ONE!うちだけのダイニングであり、それに賭けたいからです。

◎ 朝食です
15




16




17




18












●私(増澤)思いますに、出身が和食・洋食・中華を問わず、料理人は有り余る技と個性を抑え気味に、顧客の要望に応えるフレキシビリティーが求められる。そして最後に舌に残る貴方の一魂の味。

●最後に料理の要諦についての至言:

 料理の要諦


 越前永平寺を創建した日本曹洞宗の開祖・道元禅師曰く

「 六味(ろくみ)精(くわ)しからず、三(さん)徳(とく)給(そなわ)らざるは、典座(てんざ)の衆に奉(ぶ)する所以(ゆえん)に非ず 」

六味: 苦(く)・酸(さん)・甘(かん)・辛(しん)・鹹(かん)・淡(たん)
三徳: 軽(けい)軟(なん)・淨(じょう)潔(けつ)・如法(にょほう)

物の持ち味を生かし、煮炊きは物の性質をよく考えてせよ、万事清潔であれ。



  
Posted by masuzawa05 at 17:53Comments(0)

2015年04月06日

海の見える景色(研修旅行・1)ばさら邸

1



2



3



4



 詩人のポール・ヴァレリーは 「 湖に浮かべたボートをこぐように、人は過去を向いた姿勢で未来へ入っていく 」と言ったという。

我々の設計の旅も、そのようなもの。 過去を見つめそれを凌駕していく。

● 新規物件は捉えどころの無い中からの発想が勝敗を決する。

かつて、ばさら武士という集団がいたと聞く。思いのままに勝手気ままな行動をとる彼らと、着物姿に革靴、懐にピストルをしのばせる髷を結った坂本竜馬、ロートレックのポスターの黒マントと黒帽子の騎士で赤いマフラーをたなびかせる男のイメージが私の心の中で錯綜していた。

海は近いのだが、雑木林越しのやさしい内海の景観ゆえに、とびっきりインパクトの強い命名となった。ここでは勝手気ままに憩うバサラな滞在を約束したい・・・そんな思いにつながった。

○ フロント回りと玄関棟客室と景色
5












6



7



8



○ 中庭回り
9



10



11



○ 平屋棟客室
12



13



14



15



16











17




○ 中庭のあしらい
18



19












○ 海を臨む貸切風呂
20



21



○ ダイニング
22



23



24











○ 貸切風呂
25











○ 里の離れ
26



27











○ 貸切風呂
28



29












30











31



○ 客室
32



33











34











35



36












37



38



○ 瞑想ラウンジ
39



40



41



42











● 営業は順調に推移し、ばさらな旅は続きます、そろそろ次の計画です。


  
Posted by masuzawa05 at 12:17Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター