livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2015年02月23日

建築賞・その3 コヤノスミカ

私(増澤)、2014年から中部建築賞の審査員をしている。

意図的に、普段あまり手がけていない住宅を中心に現地調査し、推薦した建物が今回入賞した。たまたま今年も去年と同じ設計者であることが、現地にて分かりビックリしたのだが、その力量もさることながら、オリジナリティーを追求する姿勢には敬服している。

 既存瓦葺の母屋と渡り廊下で繋がった三角屋根の外観の対比が気になっていた。
1








内部に入ると、外観が内観に表れ、構造が明確である。

平面的なコの字形の白く塗られた耐力壁の上に、ベニヤ素地の工場生産のパネルで出来た合掌梁がリズミカルに1,800ピッチで乗っている。桁方向は棟木も通さず覆われた細い垂木のみで合掌梁を繋ぐという単純明快なシステムである。

 インテリアは2,000以下の白い壁に、規則的に穿たれた一本引きのガラス窓と上部は木肌色のベニヤ天井と梁パネルの連続する三角空間で構成された、シンプルな造りである。

内と外をつなぐ、大きなガラスの一本引き戸部分のコンクリート土間は、日本的あしらいが見られる。外を内に引き入れ、内を外に解き放つデザインとして秀逸である。

 平面的な通風は充分であるが、縦方向、平面的長辺方向に抜ける、上部三角空間の通風をもう少し考えれば、ACも不要であったろうと思われる。

 当初気になっていた外観上の問題も、若夫婦の人寄せの離れとして、家庭内別荘と思えば気にならなくなっていた。安価で丁寧なつくりは機能要求に媚びず凛とし素晴らしい。
2



3



4



5



最後に表彰式の会場の写真をアップしました。

  

Posted by masuzawa05 at 11:03Comments(0)

2015年02月16日

“ 宿り ” について

自分に素直になれるときを求めて。

一デザイナーとして生涯現役でいたいと思っている。そして、自由な立場でとびっきりの宿作りを考えている。 空間の在り様ではなく、ソフトゆえの宿づくりがあるような気がする。

 もてなしのこころと数奇屋のこころ、自然と一体になるこころ。
自然に溶け込むもてなしの空間!
日本の宿は世界に誇れる文化遺産であると思っている。
20141007101134







 人や自然、そして空間。 偶然な出会いの中に、
居心地の良さや、歓びをともなった宿りを演出する。

 オリジナルな想い。
すべてが美しいと思える、その必然性のあるドラマを描くために
私は旅をする。
そして、そんな思いを宿に投影する

宿のデザインは、ささいなヒントから生まれ、
くるおしい情熱をへて・・・おぼろ。

 ときに、
旅人のおもいがおぼろに融けあって
確信にかわる。そして日本の宿が生まれる。


 宿のご主人からの 「 良い宿とは? 」 との問いかけには:

こう答えることにしている=「 極上の宿はあなたの心の中にある 」・・・と。
  
Posted by masuzawa05 at 19:51Comments(0)

2015年02月09日

虎ノ門ヒルズに行ってきました

1











2




3











4




● 地下の道路の上に跨る様に高層ビルが聳えるSF的景観が、現実の虎ノ門ヒルズの現況である。
 もちろん、BOX・カルバート状のトンネル道路と、建物とは重なりながらも縁は切れているのだが・・・。こういうことができる様になったのが、現代の都市計画の新しい形であろう。
5











6












7











8




9











10




11











● 最近の高層オフィースビルの上層部に作られるホテル(採算上、賃貸オフィースや共同住宅に頼る為)はホテルのデザインコンセプトよりも、別途インテリアデザイナーが、それぞれの意匠を競うような表装のいじくりのみが目立ち、建物とインテリアとの齟齬を感じる。


○ 客室(200孱隠娃伊円の部屋がある)
12











13











14











15





16











17











18




○ BAR
19











20












21











22





23











○ チャペル
24












25











26











27











28











◎ 会食・・・会食に臨む私(こうやって見ると私も老けた)とテーブルセッティング
29











30





31











○ 蟹サラダ
32











○ ホタテのウニクリーム
33












○ 虹鱒のソテーとステーキ
34








 


○ 梅酒漬けのタピオカとコーヒー
35











36











● 食事へのこだわりは、作り手以外にもサーブする人たちの意気込みと躾け、こだわりが感じられなければならない。

アンダースのレストランでも“おまかせカウンター寿司”のように、メニューが無いのが最近の流行のようで(たまたまだったのか)、メニューを見て何を食べるかの楽しみが無いのが、つまらないし、ある意味失礼だ。おまけに、出された料理の内容を聞いても、日本語がわからないウエイトレスでは興ざめである。
どこの国の料理であってもいいから、料理人の選定のみに意趣を注ぐのではなく、サーブする側のもてなしのありようを良く教育して欲しい。

又、ここのオープンキッチンは奥まっていてわかりづらく、テーブルから夜景とオープンキッチン両方が見えなければ意味がない。
37













又・又、食事を運ぶ動線が、エレベーターホールと繋がるエントランスらしきホール空間を平気で横切っているのが駄目だ!お客と入場者がここでバッティングする。何とかならなかったのだろうか?

先日も訪れたカウンター寿司屋のことだが、二度ともおまかせ寿司で、お品書きがなく何を食べさせられるかがわからない。それでも恵比寿の一軒は楽しみに応えてくれる品揃えであったので納得させられたが、その後行った丸の内のもう一軒は、修行も積んでないような不愉快極まりない若いしの握りで、味も形も美しくない。それでいて、店構えはそこそこなのである。唯一許されるのは、皆坊主頭で清潔感だけは良かった。

これからはそういう寿司屋であったら、座ってしまった後でも、何を食べさせられるかわからないのであれば、そのことを告げて、毅然として席を立とうと思っている。何を食べるかは私の勝手で、お金を使うのは私自身なのだから。

 以上、歳をとったせいで、世の中がよく見えてきたせいか、怒りっぽくなって、 いけねえ・・・いけねえ!?


  
Posted by masuzawa05 at 09:00Comments(0)

2015年02月02日

人類はすでに宇宙人である

 今世界で宇宙の見方が激変している。ひとつは、我々が目で見ることができる宇宙はわずか4パーセントにすぎないことがわかったことだ。
 宇宙の大半は目で見えない。22パーセントが見えない物質(ダークマター)。74パーセントがダークエネルギー。どちらもどのような存在形態をしているのか、ということすらわかっていない。
1







 我々は、宇宙をひとつの生活の場として利用活用していく時代にすでに入っているわけで、これからの未来を長い長い時間尺で考えた場合、この方向にしか可能性は無い。無為無策でいれば人類全体の確実な死。助かろうと思ったらいまのうちからいろいろな努力を積み重ねていかねばならない。今人類が置かれている基本的な状況はそういうところにある。

「宇宙人になれ」とは、そういう方向で未来を考える人間の一人になれということだ。

いきなり宇宙に行って宇宙で生活しろと言っているわけではない。いわゆる宇宙人はSFの中にしかいない。しかし、よくよく考えれば、我々はずっと昔から宇宙人だったのだ。

 この広大な宇宙の中にポッカリ浮かんだひとつの島のような、地球という惑星の上に我々人類は数百万年前に生まれ、この地球という星をずっと生活の場としてきた。これからも人類はこの地球という星の住人であるという宿命から逃れることはできない。そういう意味で、それを意識していたかどうかは別として、ずっと昔から人類は宇宙人だったのだ。「宇宙人になれ」とは、そういう宿命を意識した人間になれということだったのだ。

● 宇宙の中の地球、地球の中の我々・・・。東北の小学校で行った意欲的な「宇宙授業」の記録。子供たちが宇宙授業を通して、どのように「思考する技術」を身につけたのか。

今の子供たちはパソコン、インターネットを通じ、検索し、調べ上げることにより広範に知識を吸収できる。その知識から知恵を得るのには柔軟な思考力が求められる。

2








◎正しく思考する4つの技術:


○ 自分を疑う・・・『無知の知』 『脱・盲信』

常識を疑うことの重要性。「徹底的に自分を疑う必要がある」自分がいかに「無知」であるかを知り、自分が信じている常識や思い込みから脱しなければ、新しい事実を見つけることができない。


○ あれもこれも・・・『並行思考』

「人間が陥りやすい最大の欠陥は、『あれかこれか』が不可欠の選択肢として迫られていない状況であるにもかかわらず、『あれかこれか』のどちらしかない(両方は望めない)と思い込んでしまうことです。正しい思考をするのに不可欠なことは、いかなる場合も二者択一に追い込まれることをできる限り避け、常に第三の道を考えることです。


○ 長期的展望・・・『宇宙的スケール』

最近は数年先も予測がつかない状況が続いているが、だからといって目先のことばかり見ていては発展がない。宇宙のような何千年、何万年といったスケールで考えると、違うものも見えてくる。


○ 科学+社会・・・『科学を見る目』

 これほどまでに科学技術が発展した世の中ではあるが、科学技術を盲信するのではなく、これまでの社会で培ってきたチエをあわせ持つことの重要性。今の時代、科学技術を基盤とした生活があまりにも当たり前になりすぎて、チエもなければ、科学技術を検証する目も失ってしまっている。

● 他にも地球のような惑星があるかもしれないし、もっと豊かでより高度な文明・文化を築いている可能性は大である。おもしろいじゃないか!
● 人間の饒舌と宇宙の沈黙のはざまで、しばし自分を ‘ 無 ’ にしてみるとスッキリとして安らかになる。
  
Posted by masuzawa05 at 09:23Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター