livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2014年12月22日

菅原文太

菅原文太も逝った。
1-1








 高倉健亡き後、気にはしていたのだが・・・日経の春秋の追悼文には、こう出ていた。

「 仁義なき戦い 」 の広島やくざに、満艦飾の大型トラックを操るひょうきんな 「 一番星 」 に、不良はあふれていた。

 寅さんとは違うタイプの不良だ。その姿に生き返る気がした人は多かろう。晩年は映画を離れ、農業や平和運動に力を注いだ。妻の文子さんが、小さな種を二つまいて去った、とコメントを出している。無農薬有機農法を広めることと、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れてしまわないようにすることだという。


● 先日も追悼番組ではなく、関口宏さんのTV番組で久し振りにお見かけしたばかりだったのに。番組の最後に、味のある筆さばきで 「 仁義 」 と書いたのが最期になろうとは・・・。以下は私の拙い筆さばきです。
2










● 俺(増澤)たち大学時代の運動部(空手道部)のなかには、自称 “ 健さん ” 派と “ 文太 ” 派があり、渋いところでは勝新太郎の兄、若山富三郎さんなんかもいた。

時に私は 「 文太! 」 と呼ばれたりもした。そんな時代の兄貴たちに ほのかな哀愁をおぼえていた、そして惜別に心涙す。
  

Posted by masuzawa05 at 09:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター