livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2014年08月25日

ふるさと・東京 ( その2 )

引き続き池田弥三郎さんの第二弾です。

1




○ 東京人と東京ッ子:

東京生れのわたしは大学生になった時、学校の学生用の掲示板に、県人会主催の、その県の出身学生歓迎会のビラを見て、東京生れの東京育ちを、あらためて自覚したものだったが、つまりは東京に、いかに他国の人々がいるかということの、認識の始まりだった。

わたしは、人が不用意に使う 「 東京人 」 ということばを、少し厳密に使いたいと思って、上のようなことばを述べて来た。それは、 「 東京人 」 と 「 東京ッ子 」 とは違うということだ。 「 東京人は・・・・ 」 と、批判されるときには、往々にして、上に述べてきたような、全く単に東京にいるだけという人々までも、一網打尽に含まれていて、本来、東京生れの人が負うべき責任でないことまで、負わされている傾向がある。
東京生れの東京育ちで、よきにつけあしきにつけ、そのすべてを責任として負わねばならぬ東京者は、 「 東京ッ子 」 であって、単なる東京在住者たる 「 東京人 」 とは違う。 「 阪僑 」 の面々も東京人であり、何々県人会のメンバーも、東京人であるが、東京ッ子ではない。東京人の負うべき責任まで、東京ッ子に負わされてはたまらない。

さりとて、東京ッ子は江戸ッ子とも違う。実は、江戸ッ子と言う人種は、さすがにもう絶えた。わたしは、自分で江戸ッ子だと自覚したこともなく、そう人に言われることが嫌いであり、江戸ッ子だと自負しているものが今でももしいるとしたら、さぞかしキザな奴だと思う。わたしの考えている江戸ッ子とは、元来、職人階級に属した人々である。人生字を知る有患の初めで、大学教育などを受けてしまったから、とても江戸ッ子などにはなれない。江戸ッ子には、インテリジェンスの要素はない。

それでは 「 東京ッ子 」 とは、ということになるが、おそらく江戸ッ子の中にははいらなかった、東京山の手の住人の生活気分が、多分に加わって来ているのだろう。そして、江戸ッ子にあった、上方文化に対する劣等感というものは、もはやない。江戸は、文化的には日本のローカルであったが、東京はもはや日本のローカルではない。
東京ッ子は、東京の自慢など、ことさららしくしない。他と比べて優勢を誇る必要がないからだ。それが大阪へゆくと、タクシーの運転手までが、地下鉄は東京より大阪の方がいいと自慢する。おくに自慢は東京に対する劣等感の裏返しである。東京ッ子は、お上りさんに向かって、東京の悪口は言うが、あまり賞めたり自慢したりはしないようだ。
東京ッ子は、郷土としての東京を持っている東京在住者であり、東京人とは、植民地としての東京に住んでいる人々である。

東京の行政は、というほどひらき直ることはないが、本来、 「 東京ッ子 」 の手によって行われるべきはずである。そして 「 東京人 」 は、だまって、都民税を多額に納めていればいい。納めた税に対する権利は認める。しかしそれ以上のことは、東京ッ子に席をゆずるべきだろう。

● 東京ッ子は自慢しないのが粋だ。
● 最後の所、行政の一節、私(増澤)、新しく誕生した舛添・東京都知事に聞かせたい言葉である。東京ッ子ならずとも、是が非でも日本橋上の高架橋を撤去してもらいたい。


○ バーばやり:

わたしのような若ものでも、ややきざっぽく、昔を語らしてもらうなら、バーを名のる店では、銀座あたりだと、ビールはおいてなかったものだ。銀座の裏の、ある老マスター一人でひらいていたバーで、中年の紳士がビールを注文して、こっぴどくマスターにやられているのに居合わせたことがあった。バーでの飲み物に、ビールはいらなかったものらしい。もっとも、今ほどビールが、酒界に君臨していなかった時代でもあったが、一本いくらとお値段がおしきせのビールは、飲み物としても、ただせんをぬくだけのもので、腕自慢のマスターとしては、うでのふるいようがないというのが、ビール拒否の理由だった。たしかにビールでは、マスターでもバーテンでも、うでのふるいようがない。せいぜい乱暴に威勢よく、せんをポンとぬいてみせるぐらいのことが、腕のみせどころにすぎない。― ビールが飲みたけりゃ、表通りのカフェーへ行ってくださいよ。
と言っていたマスターのことばを、今に記憶している。
酒と、酒の飲み方とを修行していたその時分のわたしは、なるほどそういうものかと、心に銘記したのだった。

● 私(増澤)、先日も原宿在住の東京ッ子の友人と銀座のバーに行った。松坂屋の建て替えで他の場所に仮設で営業していて昔の風情がない。ゆったりした幅広のロングカウンターで、一部フロアーには、一席だけゆったりしたテーブル席もあり、面と向かって、グラス片手にわけありの話をするのには良かったのだが・・・、一部そのカウンターを再利用していると言うのだがぜんぜんイメージが違う。老いて、気のきいたママさんももういない。

今度恵比寿あたりでいいバーを探そう。


○ おの字の使い方:

女の人が女らしさを言葉の上で示そうとして、なんにでも 「 お 」 をつけたがる。なんでも行きすぎは不愉快だが、とくに女の人の神経衰弱的な 「 お 」 の乱用にはおそれいらざるをえない。
なかでもカタカナで表記するのが普通のことばにまでつけて、おビール、おコーヒー、おジュースという。さすがにおココア、おチョコレートとはいわないようだが、おトイレは、ついに男までが使う。あれは音がはいるから 「 音入れ 」 というのだろうと、にくまれ口をたたいていたら、うちの中学生が 「 録音 」 といっているのを聞いた。 「 ちょっと録音に行ってくる 」 という。これはなかなかいい。
もっとも手洗いとお手あらいとでは、使い方が違うらしい。手洗いといえば正真正銘の手を洗うところで、おをつけてはじめて一方の用がたせる。あしという語におをつける場合、足のほうはおみあしといい、おあしといえば、お金のことになるのと似ていて、微妙な使いわけをしているわけだ。しかし自分の手を洗うのにおをつけるのはおかしい、といえばおかしいが、おそらくこれは 「 お手 」 洗いではなく、お 「 手洗い 」 という成り立ちであろう。

● 私(増澤)の近辺にも約一名 「 お別荘 」 と言う人がいるが、これなどはいい方だろう。言葉遣いにはその人の生き方が反映されるので、いろいろむずかしい。
  

Posted by masuzawa05 at 09:14Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター