livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2014年07月28日

EUとASIA

 EUは、もう二度とヨーロッパの国々の間では戦争をしないという高邁な理想のもとに設立されたヨーロッパ連合だが、その道筋ともなると簡単にはいかないのがますますあきらかになっている。
より多くの人の知恵が集まればより正しい政策が立てられる、と我々は信じて長い。足し算だとそうなるから、単純に考えれば当を得ている。だがこれだと、リードする人の存在理由が失われ、その結果として、責任の所在が不明確になってしまう。不満があれば、昔は皇帝や王のせいだと悪口を言っていればよかったのが、今では不満は、誰に対してぶつけるか。ことほど左様にむずかしい。  ( 塩野七生、日本人へより )

1








「 パーフェクト・ヨーロピアン 」 と題されたイギリス人作者の皮肉を込めた各国評を披瀝する。

イギリス人のように、料理をする人
ドイツ人のような、機知に富んでいる人
フランス人のように、車の運転する人
イタリア人のように、自制力がある人
ベルギー人のように、進取の気性に富む人
フィンランド人のように、おしゃべりな人
オランダ人のように、カネ離れがよい人
スウェーデン人のように、柔軟性に富む人
ルクセンブルグ人のように、注目を浴びる人
スペイン人のように、控え目な人
ポルトガル人のように、技術大好きな人
ギリシャ人のように、組織力のある人
オーストリア人のように、忍耐力に富む人
アイルランド人のような、酔っ払わない人

とまあこんな具合です。


 ヨーロッパ人は少なくとも、過去の戦争は自分たちに責任があった、とは思っている。
だがアジア人は戦争を、旧帝国主義国のせいだと信じて疑わない。自分の過去に対して疑いを持たない人間は、不都合なことがあると、それを他人のせいにする。他者に責任を転嫁する生き方しか知らないできた人に、新しい一歩は絶対に踏み出せない。アジア連合が出来たとしてもその目的は、二度とアジアでは戦争を起こさない、ということにはならないだろう。アジアでの連帯は、経済上のことに留めておいたほうが無難だと思っている。


● さり気なく言われたが、ふと我に返ると言い得て妙で、なにをかいわんやである。現況をみるに、ヨーロッパとアジア大きな違いを感じる。さてどうしたものか。
[ ASIA ( エイジャ ) : 原義は太陽の昇る東の地域 ]
  

Posted by masuzawa05 at 08:37Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター