livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2014年05月26日

仏像の種類

◎ 大きく分けて4種類

1





○ 如来;

仏教の世界の最高位は、悟りを開いたもの=如来 です。仏教の創始者である釈迦が最初の如来なのですが、仏教が広まるにつれて阿弥陀如来、薬師如来など釈迦以外の如来が登場してきます。例外はありますが如来の特徴は、パンチパーマのような螺髪(らほつ)と、装身具を付けない衣一枚の姿です。

2







○ 菩薩;

悟りを開いて如来になるための修行をしているのが菩薩です。悟りを開く前の釈迦がモデルなので、古代インドの貴族の格好をしており、菩薩の中でも人気の高い観音(観世音菩薩)は、人々を救うため、千手観音や十一面観音などさまざまな姿に変化します。

3









○ 明王;

   明王は、仏教の流れの一つである密教特有の仏像です。仏教の教えに従わない者を諭すため憤怒の表情を浮かべています。不動明王や愛染明王が代表的な存在です。

4








○ 天; 

 インドに古くから伝わっていたヒンズー教やバラモン教などの神様が、仏教に取り入れられたものです。姿形はさまざまで、四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)など ○○天という名前で呼ばれるものの他、薬師如来を守る十二神将や金剛力士(仁王)なども天に属します。

5









◎ 仏像のポーズには意味がある。

6








● 手の表情が美しい。フラダンスにも似て心の流れがある。

ところで、南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)の浄土宗では手を合わせる(合掌)とはどういうことか、先日祖母の25回忌(宇佐美では23とか27とかではなく、お金がかかるのでその中間にした)での和尚の言;


手を合わせる: 「 左手は過去(先祖)、右手は未来(子孫)。合わせた真ん中は現在で、過去と未来の接合点である “ 今 ” そこに温もりがこもる 」

そんな気持ちで手を合わせるとご利益があるかもしれませんとのことです。
みなさん知っていましたか !?
  

Posted by masuzawa05 at 19:07Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: