livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2014年04月28日

地球外生命体は存在するか!?

 圧倒的な知の世界を展開する 「 立花隆の書棚 」 より

GAIA = GAEA( ギア ); (有機生命体としてみた) 地球。

1





◎ 生命が存在するためには、まず水が必要であることは間違いない。水が無いところには、基本的に生命は存在しえないのだから、水が液体として存在している必要がある。水はうんと冷たければ固体に、うんと熱ければ気体になってしまいます。そうなると太陽系の場合は、太陽からの距離で、液体水の有無が自ずと決まると同時に、生命の有無も決まってきます。

 太陽系の惑星のうち、水星と金星は太陽に近く熱過ぎて生命は存在できない。一方、地球,火星よりさらに遠い木星、土星以降の惑星になると、今度は、水は凍ってしまう。ですから、水が液体の状態で存在し生命が存在しうるのは、地球と火星だけだと一般的には考えられています。それはほとんど正しい。
 けれども、必ずしもそれだけだと言い切れないのは、実は木星や土星のようにサイズが大きい惑星の場合には、その内部構造を考えなくてはいけないからです。つまり、表面は凍っていても、中は液体という状態もありうるわけです。おまけに木星と土星にはそれぞれ、地球で言えば月にあたる、その周りを回っている衛星があります。そのいくつかの地中には、水が液体で存在しているものがあるのです。
 その一つが木星の衛星エウロパであり、もう一つが土星の衛星エンケラドスです。その二つの衛星についてもう少し精密な調査を行えたなら、宇宙で地球以外に生命が存在しているという証拠が見つかる可能性がある。


◎ もう一つの可能性としては、太陽系の外に生命がいるというものです。この宇宙に太陽系の太陽に相当する恒星は、それこそ無数に存在しています。夜空を見上げたときに星として見えるものは、あれは全部恒星、すなわち太陽と同じです。だとしたら、夜空の星の周りには太陽系と同じように、それぞれ惑星がいくつか広がっているということになります。
 その無数の惑星の中には、ハビタブルゾーンと呼ばれる、要するに生命が生命として存在可能なゾーン、言い換えれば、水が液体で存在できるゾーンに入っているものがあることが予想できます。
実際に、そのハピタブルゾーン内に入っている惑星がいくつあるかについて、かつては単にコンセプトとして検討することしかできませんでしたが、最近では観測することが可能となりつつあります。具体的に言うと、数年前からケプラーという人工衛星が上がっています。ケプラーは、太陽系の外にある恒星の惑星系の中に、ハピタブルゾーンがどれだけ存在するのかを調べるために作られたアメリカの人工衛星です。

 ケプラーは、しばらく前から飛んでいて、データを蓄積していますが、その結果がはじめて2010年に発表されました。解釈によって見解の相違はあるにしても、ハピタブルゾーンにある惑星はほとんど無数に近いことがわかりました。とにかくとんでもないポテンシャル ( potential: 潜在能力、粒子が力の場の中に在るとき、その位置エネルギーを位置の関数として表したスカラー量 ) があることがわかった。だから今は、 「 宇宙は生命に満ちあふれている 」 「 今までは生命は地球にだけに存在するものだと考えられていたが、実は地球こそが生命の辺境だ 」 と極端なことを言う人もいます。


● てなわけで、立花さんは数年以内に、本当に生命がある系外惑星が見つかるのではないかと思っています。と、述べています。


● 私(増澤)思いますに、
生命が存在するための絶対に必要な条件が 「 水 」 とはあまりにも普通で、恐れ入りました。

母なる海、生なる水

水が不必要な生命体って有り得ないのだろうか?
  

Posted by masuzawa05 at 11:54Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター