livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2014年03月31日

動物行動学・その2 「 昆虫の羽ばたき 」

 昆虫がどうやって飛んでいるかという、一見他愛もないことについての話である。誰もが見るともなく見ているとおり、昆虫たちははねを羽ばたいて飛んでいる、鳥も翼を羽ばたいて飛んでいる。
 だから鳥も昆虫も同じなんだ、とだれもが思っている。
 昔の偉人レオナルド・ダ・ヴィンチもそう思っていた。そこで彼は、人間の腕に翼をとりつけ、腕でそれを羽ばたけば、人間も鳥のように空を飛べるだろうと考えた。
 この羽ばたき飛行機は失敗した。失敗の理由はいろいろあったが、いちばん大きなのは人間の腕で出せるぐらいの力では、風に乗って滑空するならともかく、とても地上から飛び上がることなどできないからであった。

1








 その後人間は、羽ばたきとはまったくちがう原理で飛べることを発見し、飛行機を作ったのである。
 けれど現在なお、鳥も昆虫もはね(翼)を羽ばたいて空中を飛んでいる。彼らの飛行の力学を理解するにはむずかしい数学が必要なので、僕にも依然としてよくわからない。

 だれでも知っているとおり、鳥の翼はもともとは人間の腕と同じものである。だから鳥たちは、基本的にはわれわれ人間が水中で泳ぐとき腕で水をかくのと同じようにして翼を動かし、空中を飛んでいる。鳥の翼の根もとには、人間の腕の根もとにあるのと同じ筋肉がついており、その筋肉の力で翼が羽ばたくのだ。
 自分の体を空中に浮かべて空を飛ぶ鳥たちの場合はもっと大変だ。鳥の翼の根もとから胸にかけては、人間の腕のとは比べものにならぬ大きな筋肉がついている。肉屋で 「 ササミ 」 と呼ばれる筋肉だ。

 ところが昆虫ではまったくちがうのである。

昆虫たちもはねを羽ばたいてとんでいる。けれど彼らのはねのねもとには、はねを動かす筋肉などはまったくついていない。
では、はねはどうして羽ばたくのか?そこがじつに不可思議なところなのである。昆虫の体はきわめて大ざっぱにいうと、ボール紙でできた菓子箱のようになっている。
そしてその内部に腸や筋肉や脂肪体や卵巣などが収められている

2






 腹板と背板は菓子箱でいえば内箱(身)と外箱(ふた)にあたるから、外箱を手に持って軽く上下すれば、箱は開きかけたり閉まりかけたりする。
 昆虫の羽ばたきの原動力は、背板と腹板のこのような動きにある。けれど単なる菓子箱ではない昆虫の体は、もっと複雑にできている。

 この背板と腹板は、じつは側板と呼ばれるもう一枚のうすい皮でつながっているのだ。だから昆虫の体の背板を持ち上げて箱を開けたりすることはできない。
 ところで、昆虫のはねというのはこの側板の胸にある部分が、側方へ平たく張り出したものである。この張り出しはうすい膜ながらも翅脈という支柱なども入っていて丈夫なので、背板の下端と腹板の上端を支点として、背板の上がり下がりにしたがって、上下に動くこととなる。

 問題は背板をどのようにして上げ下げするかである。筋肉はここで働くのだ。昆虫の背板と腹板の間には、太い筋肉が張っている。筋肉のてっぺんは背板内側の天井に、そして筋肉の下場は腹板の内側の底に、それぞれしっかりくっついている。この筋肉が神経の指令で収縮すると、背板はぐっと下に引き下げられる。すると体の上箱のふちが下がるので、はねは下に向かって打ち下ろされてしまう。
 次に筋肉が伸びると、上箱つまり背板はもち上げられ、それによってはねは上向きに打ち上げられる。こうして筋肉の伸縮に伴って、はねはゆっくりと、あるいはものすごい頻度で羽ばたくことになるのである。

 昆虫はこのようにして、はねの筋肉ではなく、胸の箱をぺこぺこ動かす筋肉によって見事にはねを羽ばたかせているのだ。

 じつは昆虫のはねにも小さな筋肉がついている。けれどもそれははねを羽ばたくためのものではなく、はねの角度を変えるためのものである。この筋肉のおかげで昆虫は羽ばたきの角度を変え、ヘリコプターと同じ原理で飛ぶことができるようになった。
 鳥とはちがう原理ではねを羽ばたかせ、空中に飛び出した昆虫たちは、人間よりはるか昔、おそらくは何億年も前に、空中に停止して飛ぶことのできるヘリコプターを発明していたのである。 ( 日高さんの本 人間はどこまで動物か より )


● 子供の頃蝉を捕まえて、無造作に殺したりしていたが、この本を読んでその仕組みにたまげた。自然界はワクワクする謎に満ちている、凄いものだ!
私(増澤)思いますに、ガウディーが自然界の植物からサクラダ・ファミリアの構造体を学んだように、虫達からももっと合理的・経済的な運搬力学を学べるような気がする。

● 話し変わるが、沖縄に配備されたオスプレイス、プロペラを水平にも垂直にも可動させ、ヘリコプターにも普通の翼機ともなる優れものだが、何度か墜落しているという(墜落頻度は他の飛行機に比べても低いと言うが)。
プロペラを縦と横(あるいはその逆)に可変させるときに問題が有るのだろうか?一瞬には切り替えが出来ないだろうから、・・・一度見たいものだ! 
正論を言うならば、こういうずば抜けた技術力を持ったものを国境の前線に置くことは防衛の為の抑止力になると思うのだがいかがでしょうか。日本の技術力を持ってあらゆる抑止力になるものを開発すべきと思う・・・・・核兵器ではなく “ あれが在る日本 ” とは戦えないと他国が思うようなもの。

● 沖縄の基地の在りようは、もっとちがう角度から論ずるべきと思っている。沖縄の島内
ではなく、東シナ海の領海内に不沈大型空母として、中国・朝鮮(韓国を含む)を睨んだ配置で双頭の龍の形をした基地船を作ったらどうだろう。世界の軍事バランスに応じ洋上を移動できる。そして兵舎の窓から魚が釣れたりして、・・・市街地に基地は要らない。
  

Posted by masuzawa05 at 09:23Comments(0)

2014年03月24日

下町伝統 見学会

 私が所属する国際観光施設協会・インテリア部会による、表題の企業見学会が下町墨田区の町工場であった。機械に頼らずこつこつ働く人々の姿があった。

 人の手が 「 モノを作っている 」 まさにそこには手づくりの安らぎがあった。


◎ 二葉桐工業;

  「 桐箪笥 」 母親から受け継いだ古い桐箪笥を、修理改造して現代に合った仕様で再生・使用したい、そんな持込物件が多いと聞いた。物を介して想い出を伝承する技術を見た。素敵なリ・ユース、リ・サイクルだ
娘が生れたら桐を植える、20年程で成木となり、その木で嫁入り道具の箪笥を作り持たせる。ゆるやかな親の愛に見る、つつましやかな日本人の暮らしがそこには有った。

1




2





● 桐の板をバーナーで焼いて木目出しの実演



◎ ばねの楓岡工業;

3





● ある日突然、ニューヨークのMOMA(近代美術館)から、バネを扇状に加工し名詞ホルダーにしたものを、みやげ物として置きたいという申し出があり、製品化されているという嬉しい話を聞いた。

 ばねを作るのに機械に任せきりではなく、左手に持ったモンキースパナを微妙に調整することにより歪みがなくなるという。( 機械+勘+手仕事=作品 )

4




5





ステンレスを使った一輪差し

6





◎ 鋳物の東日本金属;

 真鍮の鋳物の数々

7




8





● 鋳物の箸置きなんぞは素敵です。


 工場の作業風景

9




10








11




12




13





● 少量でも注文に応じるという、職人気質・心意気、 あっぱれうれしや!
  
Posted by masuzawa05 at 09:45Comments(0)

2014年03月17日

映画 「 小さいおうち 」

 戦争の足音が聞こえてはくるのだが、いまいち、切実感がないのが気になったが、庶民の生活としたらそんなものなのか。古きよき日本の家庭の様子が表れた、なつかしい画像に引き込まれるのだが、監督の山田洋次さんが描きたかった、小さいけれど豊かなおうちと、いうには淡々としすぎていて、力量不足のように思えるの。

 若奥さんと亭主の会社の若い社員との恋、それを知っていながら寡黙に知らぬふりの女中・タキ。男と女の物語を伏線に、昭和の初期から戦後、平成の三世代にわたる、平均的な日本の風俗・人情をベースに描いた、中島京子さんの直木賞作品の映画化である。

よくある話で気乗りしないまま観たのだが、松たか子の凛とした溌剌な演技の甲斐あって、後味は悪くはなかった。特に若い男との不倫に向かう着付けシーン、姿見に向かって後ろ向きに帯締めを噛む、キリッとした表情が色っぽかった。

1








 たまたま映画を見た直後のことだが、タキと言う名の女中を演じた黒木華がベルリン映画祭で、最優秀女優賞 ( 金熊賞 ) を受賞したとの報に、なるほどと思った。

作品としてのドラマチック性はいまいちだと思っていて、それゆえに、日本の家庭の女中奉公のありようが海外でどう理解されるかが “ ? ” ではあったが、多分、理知的で寡黙な演技が、日本の女中奉公のグレードの高さと、民意の豊かさを表していて、言葉を介さない感性を映像で分かり合えたのであろうか。 
( ちなみに大正9年生れの私(増澤)の母93歳なども、女学校を出てから老舗旅館に行儀見習いとして女中奉公に行ったそうで、そういう処で見初められ、そこの息子と結婚する娘もあり、母にも他所の旅館からの話があったという。そうであれば今の私とは違う私が居るであろう。・・・そういう社会で人を育てると言うような美風が昔の日本にはあり、謙虚につつましく己を磨き暮らしていた。)

2








 
 それにしても全篇にわたるキャストの豊かなこと、それら多くの役者が、いい味を出して監督を支え、かつ、黒木華の寡黙な演技に華を添えていた。あれだけのスターのギャラを考えたら、さも無い場面では、もっと駆け出しの俳優を使ってデビューの機会を与えてやってもいいのにと思ってしまったが、だから新人の黒木華が際立って見えたと言えなくもない。

3




4




◎ 松たか子(平井時子) 若奥さん

5









◎ 黒木華(布宮タキ) 主人公女中

6









◎ 片岡孝太郎(平井雅樹)小さいおうちの主、玩具会社を経営。


7








◎ 吉岡秀隆(板倉正治): 若奥さんが好きになった人。男らしさと逞しさが求められる時代に、女々しいぐらいに優しい感性をもちあわせた芸術青年。
デビューの頃からいつまで経ってもウジウジした感じだったが、この映画を見て少し認識が変わった。続ければそれなりの個性が生れる。


8









◎ 妻夫木聡(荒井健史): 今どきの青年を好演。老後のタキは大伯母。

9








◎ 倍賞千恵子(老後の布宮タキ): 独身を貫いたタキの手記から全てが始まるのだが、タキはなぜ独身を貫いたのか・・・!? 映画では明かされない・・・板倉を憎からず想っていたのであろう・・・。

10








◎ 若奥さんとタキ

11





◎ 山田監督はこう語っている:

本作には ‘ 本当の昭和 ’ の風景が描かれている。 「 戦時下でもこんな幸せな暮らしがあったのだと、そんな幸せを戦争という大きな時代がのみこんでしまったのだということを知ってほしい 」
ふたりの女性とひとりの男性の、ささやかな恋愛事件の “ 秘密 ” が紐解かれる時、今の私たちに見えてくるのは、昭和から現代に至るまでの日本の大きな動きと、激動の時代を生き抜く無数の人々の姿なのである。

 「 今、この国はどこを向いているのか。幸せな方向へと向かっているのだろうか 」


● 私(増澤)思いますのに、この国の知識人の語りは、常にこのような問い掛けで終わる。 もっと 「 どこを向いて歩を進めたい 」 と言わないのだろうか。

たとえばA新聞のように、皮肉交じりの自虐思想では明るい未来は開けない。


◎ キャスト一覧

12




● 私(増澤)映画鑑賞についてのブログは疲れる、特に日本映画のナイーブな感性の表現は、以心伝心なんて言葉があるように、むずかしい。その点洋画の方がはっきりしていていい。
今回の作品は、いろいろなものを盛り込みすぎて味が薄くなったようで、作品賞は取れなかったが、主演女優賞は取れた。その辺はよく理解できる。

あえてストーリーは述べないが、写真等から想像していただき、様々な生き方を心に描いて欲しい。モヤモヤするようでしたら、是非、映画を観てください。

  
Posted by masuzawa05 at 09:36Comments(0)

2014年03月10日

 「 O JUN  描(かく)く児(こ) 」 展

 初めての府中市美術館に O JUN の30年に亘る作品展を見に出かけた。

1





 なにかを切り開こうと思っているのか、丈夫な顔つきをして、画家らしくないのがなかなかいい。

2








◎ 作品 「 ハネルコ 」 

O JUN、新聞の文化欄で知った。名前も作品も初めてである。

● 「 余白から浮かび出る物語 」 と解説にあるように、余白が多いほうが鮮烈であり、ハネルコは衝撃的であった。

この作品、東北大震災の現地視察後の作品と聞いてなるほどと思った。震災の凄さに驚く女の子と解説すればそれまでだが、凛とした白い空気が漂い、神をも畏れぬ人間の業を打ち砕くような鮮烈な “ 透明な力 ” による ‘ 跳ね ’ そして、静に佇む一本松・・・・・。 余白は可能性であり、電光石火の凄まじさを語る。

3









1 花・TV・コップシリーズ:

 ミシマの図、花の図、テレビの図、高天原の図

4




5










6






7








2 君の意匠:

 沿岸図、旗、庇・金星

8





9







10








3 絵の場処―遊園:

 不動の児、曳航・積載、明けの明星よ!あれが私の家なのです、カタルコ、ミルコ

11








12





13









14









15












4 後戻りする風景:

 天神2号水源、湖畔、グロリア

16







17






18











5 山の人生:

 山の人生・第一日

19





6 川に、:

 川ニ入ル、川に入る

20









21






7 描くことのギブス:

22









23








● 私(増澤)思いますに、子供のように絵を描く、歴然としてあるしたたかな感性、画面の余白は可能性。 てらいなき一筆書きのようなイメージの世界、色使いが好きだ。

未完の完の力強さ、おもしろさ。 ・・・いいのかな?・・・いいのだろう!
  
Posted by masuzawa05 at 10:22Comments(0)

2014年03月03日

新老人の思想

「 高齢者層 」 ではない 「 老人階級 」 という新老人の時代が来た。

( 五木寛之さんの著作より・・・・・2014年五木さん81歳、石原慎太郎さんと生年月日が一緒 )

1








◎ 老いた人間の自立とは:

昔の老人というのは、ほとんどがボンヤリして、喜怒哀楽の反応がなかったものだった。

老人が変わった、という私の考えが、ますます実感をともなってつよまってきた。これだけエネルギーのある世代を、わずかな年金をくれてやってほったらかしにしておくだけでいいのか。
さまざまな計画を検討して、やり甲斐のあるおもしろい仕事をあたえるべきだろう。足が不自由でも、座業ならできる。それまでの経験や技能を生かして役立たせる分野を、本気で考える必要がある。

○ 養生訓:

しかし、健康ひとつとって考えてみても、私たちは自分の体のケア、養生にふだんから努めているだろうか。
以前、何度も書いたことだが、ある先輩のジャーナリストに健康の秘訣を質問したことがあった。超高齢にもかかわらず矍鑠(かくしゃく)たるその人に、ふだんどんな養生法をやっているかとたずねたのだ。

べつになにも、とその先輩は答えた。

「 朝、起きたら五分ほど腕を左右にふって、ブラブラ体を動かす体操をしているだけだよ 」 
何年ぐらいその習慣を続けていらっしゃるのですか、と私が重ねてきくと、手をふって笑いながら、こう言われた。 「 いや、敗戦の日からずっとだね 」

○ 何歳からをいうのか:

「 新老人の会 」 というグループがあるそうだ。

百歳をこえてなお現役で活躍されている日野原重明さんが立ち上げられた会だという。二〇〇〇年にスタートして、今では海外にまで支部を持つ大きな組織であるらしい。

この会では、七十五歳からを新老人、それ以下六十歳までをジュニア会員とよぶそうだ。六十歳をこえた歳で 「 ジュニア 」 とよばれるのは、ちょっといい気分だろう。

しかし、いま私が 「 新老人 」 として扱おうとするのは、それとは少しちがう人びとだ。年齢でいうなら六十代から八十歳代まで。
いま世間を騒がせている暴走老人、迷走老人が、ほぼこの範疇にはいるだろう。
九十になればもう超老人である。

この新老人世代が最近おだやかではない。なにかアナーキーな胎動をも感じさせる。しかし、それら新老人の生態は必ずしも一様ではない。一様ではないが、共通したものがある。
一つは、まだエネルギーがあること。定年をまぢかにひかえていようと、退職後であろうと、精神的、肉体的なエネルギーがのこっている。人生においてリタイア感が無い。社会的にも活動意欲をおさえることができない。

○ 身辺の整理:

作家であるから本がかさばるのはしょうがないとして、本についでかさばるのが衣類である。毎年、ジャケットを何着か買うだけなのだが、五十年もたつとおそろしい物量になる。片っぱしから処分するといっても、やはりその時代の匂いのしみついた服は、どこかしら愛着があるものだ。

○ 自分の時代の取捨選択:

ある本を読んでいたら味な言葉が出てきて印象に残った。

[ いまの時代におくれていても、自分の時代に忠実であればいい ]

今の時代に合わせようと、苦心する人もいる。しかし、[ 自分の時代 ] に忠実であることで良しとする生き方も悪くない。


◎ 永く生きて:

いずれにせよ、人は生れて成長し、家庭をもって仕事に追われやがて老いていく。それだけの苦労を重ねて生きたのなら、老いは楽園であって当然ではないか。

しかし人生はその逆だ。心と体をすりへらして生きたあげくが、寝たきり老人というのは、どうも納得がいかない。

キリスト教は青年の宗教だ、と以前、書いたことがあった。イエス・キリストには永遠の青春のような香りが漂う。

それに対して、仏教は老年の宗教ではないかと考えたりする。 「 苦 」 ということが、本当に実感できるのは、人が六十歳を過ぎたころからだからだ。 「 愛 」 から出発する宗教と、 「 苦 」 からはじまる宗教はちがう。イエスが八十歳まで生き、仏陀が三十代で死んでいたら、キリスト教も仏教も、どこかちがう感覚がともなっていたのではないかと、ふと思うときがある。


● 永生きなんかしたくないと言う人がいるが、私(増澤)、なるべく永く生きたいと思う。永く生きれば生きるほど、いろいろな時代を見、体感できるからだ。 その為にも養生して健康でいなければと思う今日この頃です。
  
Posted by masuzawa05 at 08:58Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター