livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2014年01月27日

四足走行

 500万年以上前、人類の祖先は手を自由に使うためにそれまでの四足歩行を捨て、後ろ脚だけで歩くようになった。その結果、様々な道具を考案し、文明を発展させたのだが、引き換えに失ったものがある。早く走ることである。 ( 日経・文化欄より抜粋 )

1






 人間は二足で走るよりも四足、つまり両手両脚を使った方が早く走れると思っている。ニューヨークのブロンクスの動物園に行ったときのことである。パタスモンキーというサルを見つけ、びっくり仰天した。驚異的に走るのが速いのだ。
 セントラルパークでまねをして四足で走ってみた。日本だとみんな逃げていくところだが、米国人は 「 お前何やってるんだ 」 と聞いてくる。 「 サルのまねだ 」 というと大笑いして肩をたたいてくれた。以来四足走行可能性を追求することがライフワークになった。


 『 ギネス世界記録に認定 』

 08年、初めてギネス世界記録に認定され、「 四足走行世界最速男 」 として知られるようになると、競争を挑んでくる人も現れる。短距離走の選手をはじめこれまで50人ほどと対戦したが、100メートルを走って負けたことはない。
 2013年11月14日、16秒87の世界記録を達成した。毎年記録を更新している。

● 産経新聞の日本向け英文記事より:
Kenichi Ito set a world record for the 100-meter race on arms and legs at 16.87 seconds. He watched monkeys and tried to move like them in his everyday life.


 さて2020年に東京オリンピックが開催されることが決まった。短距離走では地面に手をついても公式記録になると言う。ならば最初から最後まで手をついて走ってもいいはずだ。今までの更新記録でいえば、7年後には100メートルを9秒台で走ることも夢ではない。東京オリンピックで金メダルをとるのは僕だと本気で思っている。


● 私(増澤)も鍛え上げれば出来ると思っている。両手を脚に替え四足にすれば、二足のピッチにもう二足のピッチを加味できる。チーター等を見てもバランスさえ考えれば、四足のほうが二足よりどう考えても早いはずだ。

いとう君、野獣のように吠え・舞い上がり、チーターのように疾走せよ!

2020年の東京オリンピック100メートル走はいとうけんいち君に賭けてみたい。
  

Posted by masuzawa05 at 09:24Comments(0)

2014年01月20日

建築賞・その2 緑縁の栖 (りょくえんのす)

 他人の作品をあまり見ない私にとって、作品としての住宅を見学することは新鮮で勉強になる。今回も審査員としての現地視察の後、前回に倣っての感想文です。

講評としては:
 遠景のない敷地、三方に住宅が迫り、前面道路の向かいも外壁のみが見える。小高い丘の分譲地の一角にこの白いボックスの栖がある。

 四角い陸屋根の箱が地面より80センチほど浮いて見える。四周のカベの内側に緑縁を巡らし、緑縁は居室により外部となり又内部の一部として取り込んでいる。設計者が現代の縁側と呼ぶこのスペースは内部空間に対し採光・通風・緑陰の仕掛けを演出している。

1




2





 構造は鉄骨造で外周の内側に主構造を組み、4週は1.2M程キャンチレバーで処理し、ハネ出しの先端に、下部を80センチ程カットした下がりカベが付いているという、単純明快なプラン・セクションである。

 こういう敷地の場合、中庭もつコートハウスか、L字か、前面道路側に庭を作るかして、部分的に許される範囲内で大きな窓をつくるのが一般的であるが、4周を囲いながらも緑縁の屋根なし吹き抜け・外周下地窓・側面から充分な光が溢れ明るい。

外部緑縁を含めると床面積22坪+緑縁8坪=30坪の、広々とした空間に見えるから不思議だ。遠望のない住宅は鬱陶しいのではないかとの、私の心配は杞憂に終わった。

3






 ガラスや、内部化した外部と同仕様のゴロタ石の掃除は大変だがマメに掃除をしているという。設えそれ故に、メンテナンスを怠らないという強い心意気が感じられた。
夏は暑く、冬も寒いが、夏は下地窓の通風やエアコンでしのぎ、冬はストーブを置いて過ごしているという。オーナーもそのことは重々承知をしていて、それにも勝る空間の豊かさを享受しているという。

 外部は閉じて内なるプライバシーを確保しながらも、適度にコントロールされた日の光と、緑陰のゆらぎが内外部一体となった白いカベに映え、さわやかな風が流れる。全体としてはワンボックスな拡がりのある、秀逸でスタイリッシュな空間となっていて素晴らしい。

4




5




○ 居間

6






○ 寝室兼書斎

7




8




9








○ 水廻り

10




11








12








● 近所の子供が下地窓から覗きに来ることがあり、付いてきた母親がダメダメと諭して連れ帰るという、微笑ましい話を奥様から聞きました。

さて、結果ですが、審査員の中に約一名 「 他でも見たことがある 」 という意見が出ましたが、似ていても良ければいいじゃないかというのが私(増澤)のスタンスで、全員で推薦、目出度く入賞です。

  
Posted by masuzawa05 at 10:46Comments(0)

2014年01月14日

建築賞・その1 Repiano ( レピアーノ )

 平成25年度からある建築賞の審査員をしている。その為の現地視察をし、審査結果発表・入賞者表彰後、自分の担当した物件の感想文を述べさせてもらうことにしている。
今回は一般建築の部で外来レストラン付の宿泊施設です。

22坪弱の小宇宙;

1





 気になっていた店名の由来を聞いてみた。
英国式ブラスバンドに使う repiano cornet と言うトランペットのような管楽器名から引用されたとのこと、なかなかむずかしい楽器のようで、その辺にヒントがありそうだ。

2






和フレンチ・レストランと宿泊施設の混成空間。いわゆるオーベルジュである。2棟から成り、レストラン棟は二人用カウンター席×1、四人用テーブル席×2と厨房・洗面・トイレを附帯。宿泊棟は四畳半程度の小部屋が計3室、一階に2室、半地下風空間に1室有る。
竣工時、オーナーシェフの部屋とその母親用、客間としての計3室としていたようであるが、料理の味が客を呼び、そのうち何人かの泊まってみたいとの要望に応え、1フロアー二室を一客一亭の宿泊室にすべく、営業許可を取り現在に至っている。

3






宿泊一組・レストラン二組の小さなオーベルジュとしては、合理的ではない宿泊室のつくりの曖昧さが、家庭的なオリジナルな魅力として受けているようである。
スモールイズビューティフルと言われるように、小さいことは良いことで、全てにわたり丁寧で尽くされたものを感じる。

景色もない道より一段下がったうねった窪地に、二棟を少しずらした形で配置し、地なりにその床レベルを変え、木のデッキ通路と階段でつないでいる。外部中央に大テーブルを配し、内外部一体となった空間のあしらいは、既存の大樹を全て残したやさしさと相まって、建物が昔からそう在ったような安らぎを与えている。

* [ 最終審査に於いて8人の審査員で決選投票が行われ、5:3で過半数に達せず、入賞は逸した。この程度では入選に達しないと言う強い意見があったのが理由である。]


私(増澤)の総論的な評価としては、客室としての主張が希薄であるが、レストラン主体のオーベルジュとして、女性オーナーシェフの人柄が表れた小気味良い空間であったことを記して、オーナー・設計者・施工業者の努力と応募意欲を讃えたい。   
  
Posted by masuzawa05 at 09:45Comments(0)

2014年01月07日

香気(こうき)満ちて 生かされし春

679b1c42.jpg






2014年 ( 午年 )、 新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。
今年もお引き立てのほどよろしくお願いいたします。


人として香り高くあれ! と、そんな声が聞こえてきます。
多くの人に生かされている自分を思う今日この頃です。
  
Posted by masuzawa05 at 09:02Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター