livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2013年08月26日

悪賢(わるがしこ)さのすすめ

● 先日の新聞に新しく生まれた韓国の朴政権が、前政権の汚職の追及を始めたとあった。同じ党派の前政権に対してである。毎回政権交代の度に起こるこの手のスキャンダラスな追及の繰り返し・・・どうなっているんだこの国は!
 
もう少し肩の力を抜いて、気高くゆったり生きたらどうだ!

韓国には一度行った事があるが、ギスギスしていて温もりの無い、二度と行きたくない国である。 隣国とは凡そそんなものであると誰かが言っていたが、私にとってもそうである。

1







そんな中、文藝春秋にイタリー在住の日本人作家・塩野七生さんの一文 ‘ 悪賢さのすすめ ’ が出ていて、わが意を得たりと思ったので紹介する。

2







◎ 韓国では私の作品のほとんどすべてが出版されているので二度行ったのだが、滞在中に受けたインタビユーでこう質問された。日本による三十六年間の植民地時代をどう評価するか、と。 次にあげるのは、そのときの私の答えである。

「 男と別れた後の女には、二つの生き方があるのです。第一は、別れた男を憎悪し、怨念に燃えその男に害あれと願いながら一生を送る生き方。第二は、過去などはきれいさっぱりと忘れて新しい男を見つけ、といって昔の彼とも一緒に仕事をしたりして愉しい第二の人生をおくる生き方。あなた方はどちらを選択なさりたいのですか」

 相手は黙りましたね。しかし、相手を黙らせるばかりでは面白くない。

最初に行った時は朝鮮総督府の建物を破壊していたのだが、あの時代の建物は頑丈に出来ているから壊すのも大変でしょうと言った私に、同行していた「朝鮮日報」の記者は、空から見ると日帝の 「 日 」 になっているから壊す必要がわれわれにはあるのです、と答えた。私は、それには噴き出した。そして笑いながら言った。「あの時代は採光の必要から、日本帝国に関係なくても大きな建物は 『 日 』 にするよりなかったのです。 ローマも空から見れば、 『 日 』 ばかりですよ 」 そうしたら記者は、 「 そんなものですか 」 と言うので、私も、 「 そんなものなんです 」 と答えたのだった。
 言うときはやはり、確実な証拠をつけてはっきりと言わねばならない。そのほうが、こちらのためだけでなく相手のためにもなる。韓国では常に、かわしはしても逃げはしないやり方で通しているが、それで私の著作の不買運動が起こったとは聴いていない。  

それに日本人も、歴史的には朝鮮半島が日本にとって常に、東に向かう中国の防波堤になってきたことを忘れてはならないと思う。日本を中国から守ってきたのは、日本海と、時に吹いてくる神風だけではなかったのだから。


● 日本の政治家に直に塩野さんからレクチャーして欲しい。 「 言うときには、確実な証拠をつけて、はっきりと言わねばならない。かわしはしても、決して逃げてはならないと 」 と。 逃げたら言い続ける国民性なのだから!

ところでこれでは ‘ 悪賢さのすすめ ’ にはならない。
韓国人に対する日本人の本音を塩野さんが述べてくれたので、そっちに目がいき、前後が入れ替わってしまったが、前段で塩野さんはこう述べている。

◎  国際政治学者の永井陽之助が四十年前の昔、こんなことを言った;

アメリカで流行っているジョークなんだが、世界に四つ、絶対にないものがあるという。

アメリカ人の哲学者
イギリス人の作曲家(クラシック)
ドイツ人のコメディアン
日本人のプレイボーイ

日本の外交が巧みになるはずないよね!

 長い間日本の外で暮らしてきた私が永井さんを思い出すのは、平和には必ず代償が付きまとうことと、日本人にはプレイボーイはいないということを思い知らされるときだったのである。
 断るまでもないとは思うがプレイボーイとは、少なく与えて多くを取る能力に長じた人である。多く与えても少なくしか取れない人は、日本では 「 カモ 」 といわれ、イタリアでは 「 ポッロ(にわとり) 」 と言う。比喩的には、馬鹿正直でお人よしで世間知らずの意味になるで、日本語もイタリア語もちがいはない。

 外交面で、日本政府は他国の誤解を解くための有識者委員会を設置したって、問題は解決しない。なぜなら、有識者でひとくくりにされるような人たちは直球一本で充分と思ってきた人たちで、変化球を混ぜてこそ球威になるのだと言う悪知恵には無縁な人たちであるからだ。国益のためには、賢人ばかりではなく、ときには、いやしばしば、悪賢人が必要なのである。
 また、女によってアプローチのやり方を変えるからこそ、プレイボーイの名に恥じないプレイボーイになれるのと同じで、他国の誤解を解くやり方にも国別のちがいがあって当然だ。それで悪知恵の働かせ先も、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、イスラム諸国と、各地域向けの違いぐらいは意識すべきだろう。これらすべてには自信がないが、韓国向けならば少しばかり経験がある・・・。


● と先に述べた文章に繋がるわけだが、・・・。

私(増澤)、思いますに、外交問題はともかくとして、お人好しの日本人大好きです。

「 朝顔に つるべ取られて もらい水 」

だから、70〜80%の人が日本人を嫌う中国、韓国とは胸襟を開かず、どーも〜どーも〜で適当にニコニコ商売をして、かつアジアについては、70〜80%の人びとが日本に好感を抱いている他の国々と付き合えばよろしい。

その他の国々は、日本の優柔不断さを解かりつつ、一目おいてくれているのだから。

● ところで、話し替わって;

日本のTPP参加交渉がマレーシアで始まった。これは経済連携ではなく真の目的ら安全保障連合であることを忘れてはならないという意見があるのだが・・・・・。

TPPに関して、日本プレイボーイとしては、 妖艶でグラマラスなブロンド髪のヤンキー娘を口説き落とさねば! 

身近なアジアから口説くんじゃーしょうがない。
先ずは アメリカから!
  

Posted by masuzawa05 at 09:52Comments(0)

2013年08月19日

一勝九敗

● 相撲にたとえて人生九勝六敗という言葉がある。全勝もしないが負け越しもしない、常に勝ち越して生きる・・・。

 ユニクロの創業者・柳井正さんの文庫本を買った。この手の単行本はあまり買いたくないと思っていたが、文庫本を見つけたからだ。具体的でわかりやすく、それでいて参考になる示唆に富んだ生き方を垣間見た思いがする。
しかしながら、一割の勝率とは! もっとも人生なんてそんなもの、自分に都合の悪いことには目を瞑り、九敗に気づいていないのかもしれない。


 私(増澤)近頃思っていること:

キーワードは英語と世界の中の日本・・・・・大前研一さんから入り→大前さんと柳井さんの対談本→柳井さんの本へと続いた。



◎ 柳井さん曰く、一勝九敗: 自分の姿を見ようとしたら、計画して失敗するのが一番いい。あ、これはこう計画していたんだけれども、ここが違ったな、ということがはっきりわかり、次はこういうふうにしようとトライする。このことが成功につながると思う。十戦十勝ほど怖いものはない。一勝九敗だからこそ、ひとつの成功に深みがあり、次につながる大きなパワーが生れるのだ。

20130201133638_00001









● 好きな男の顔として、憂いがちなシャイな顔がいいと宮沢賢治のことをずっと思っていた。

● イラストを描いていて、明るい屈託のない柳井さんの万年少年のような笑顔はフィギュアになりそうだと思った。当たった現代版成功実業家仕立ての漫画の主人公フィギュア(人形)・・・売れそうだ!

○ そんな折、丁度今読んでいる新聞の文化欄に、作家 辺見庸さんのロシア文学者・詩人 工藤正廣さんの翻訳の 「 漆黒の馬 」 の一節に付箋がしてあったというくだりからの引用;
「 より深い絶望のあり方を知ることは、根拠なき希望の走馬燈を百千ならべるよりも、おそらく有意義であろう・・・・・ 」 絶望・・・希望、成功・・・失敗。底力のある生き方は絶望や失敗からか!?

● ユニクロは海外で生産しデフレ円高の日本で輸入し売る。インフレになり円安になると利幅も下がる。其の時は海外で売りまくればいいのか?・・・・・たかが服、されど服。円高だと輸出国内メーカーは青息吐息。海外に進出を始めたが円高がいつまで続くのか?実際アベノミクス効果で円安に振れてきているが、国内のアパレルメーカーも海外に進出し始めてきた。

輸入差益・輸入差損、輸出差益・輸出差損。 グローバルな商売は難しい。


○ 経営者十戒:

一、 経営者は、何が何でも結果を出せ
二、 経営者は明確な方針を示し、首尾一貫せよ
三、 経営者は高い理想を持ち、現実を直視せよ
四、 経営者は常識に囚われず、柔軟に対処せよ
五、 経営者は誰よりも熱心に、自分の仕事をせよ
六、 経営者は鬼にも仏にもなり、部下を徹底的に鍛え勇気づけよ
七、 経営者はハエタタキにならず、本質的な問題解決をせよ
八、 経営者はリスクを読みきり、果敢に挑戦せよ
九、 経営者はビジョンを示し、将来をつかみ取れ
十、 経営者は素直な気持ちで、即実行せよ


● 勝っているうちは何でも言えるが、その実一勝九敗。しかしながら、九の失敗を繰り返しながら商売としては勝ち続けているから凄い。現状は年商約9000億ぐらいだが、数年先には5兆円を目指すという。日本のスーパーゼネコン3〜4社分だ、さてどうなるか。
  
Posted by masuzawa05 at 09:40Comments(0)

2013年08月12日

リヤカーで世界一周

 リヤカーで世界一周した吉田さんの英文での紹介記事が産経新聞に出ていた。

1







 *リヤカー; 1921年頃、海外からサイドカーが日本に輸入された時にサイドカーとそれまでの荷車の主流だった大八車の利点を融合して、静岡県富士市青島の望月虎一が発明した。

● リヤカーにまつわる思い出;
幼少のころ ( 60数年前 )、伊東市内の産婦人科病院に母が入院していて、伊東道を父の引くリヤカーに私と布団が乗って、宇佐美から伊東まで行ったことがある。
3〜4歳の頃だろうか、映像として鮮明に覚えている。母の不在が淋しかったのだろうか・・・・・。

記事;

Masahito Yoshida finished his walk around the world with a two-wheeled cart on June 9th.
He started his journey four and a half years ago and traveled about 40000 kilometers.

 〔 吉田正仁さんが6月9日、リヤカーを引きながら歩いて世界一周をする旅を終えました。彼は四年半前に旅を開始し、約40,000kmを旅しました 〕

( リヤカーは英語でtwo- wheeled cart. 二輪の荷車と言います。Travelは旅をするという意味ですが、原義は苦労して旅をするということだそうです。Trouble と元は一緒かな!? 誰か詳しい人教えてください )

 

◎ 吉田さんが世界一周を思いついたのは大学時代、バックパッカーとして世界を旅したのがきっかけ。 「 もっとゆっくり歩いて世界を見たい 」 と、生活費を切り詰めて貯めた400万円を持ってスタートした。リヤカーは 「 荷物を積めるから。 」 安宿を探し、時にはテントで野宿しながら一人で歩き続けた。

33カ国を踏破。カザフスタンでは、40度以上の暑さやでこぼこ道に苦しんだ。一転して、ブルガリアでは氷点下20度の山中を歩き、右手の指が凍傷に。カナダでは熊にテントを押し潰され、外にソーセージを放り投げて気をそらし、九死に一生を得た。苦難の一方で、家に招き入れ、食事や寝床を提供してくれる優しさにも触れ、人間愛を感じました。

ゴール目前の吉田さんは 「 僕は特別な人間ではないけど地球一週ができた。一歩ずつだけど確実に前進していくやり方もあることを日本の子供たちに伝えていきたい 」 と話しています。


● 若ければ私(増澤)も出来たかもしれない。・・・ 近くで 「 無理、無理! 」 と言う声が聞こえるが・・・無視!
  
Posted by masuzawa05 at 09:25Comments(0)

2013年08月05日

 発見

◎ 発見のための10項目と題して、ノーベル化学賞を受賞した有機化学者の根岸英一さんはこう述べています:

1







○ 願望やニーズを基に作戦を立てる。

作戦は以下のことを駆使した、系統立った探索から始まる。

知識
アイディア
判断
意志力
不屈の行動力
幸運な発見

その先に成功が待っている。

2







◎ ノーベル生理学医学賞を受賞した医学者の山中伸弥さんは

3







失敗も成功 ( 発見 ) の為の一材料だ、と述べている。
スウェーデンでの授賞式ではこれからの心意気を “ 初心 ” と語った。



● 私(増澤)思いますに、われわれ凡人にはなかなか出来ないが、凡人を究めれば才人位にはなれるかも。

言葉で捉えると読んで字の如しなのだが、漠とした事象等の中から整理系統立て、熟慮考察し、思いがけない幸運な発見がほほえみ、花を咲かせる! そういうことなのだろう。
  
Posted by masuzawa05 at 18:50Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター