livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2013年02月21日

勝ちさび


 新聞紙上で 「 勝ちさび 」 の戒めという記事を読んだ。勝ったものらしくふるまうことと辞書にある。  

20130129141143_00001









◎ 自民党が3年数ヶ月ぶりに政権復帰を果たした。300議席以上を得た民主党がなぜ劇的な敗北を喫したのか・・・・・・・「 勝ち誇った行為は結局はわが身を滅ぼす 」 と、これを戒める日本人独特の歴史観が横たわっている気がしてならない。平安末期に権力を掌握した平清盛ら平家は、勝ちさびにライバルの源氏を追い詰め、その源氏によって滅ぼされた。 『 平家物語 』 は冒頭 「 盛者必衰のことわり 」 と書く。

 関が原に勝った徳川家康は反対勢力の大名をつぶし、豊臣家を滅亡させた。安定政権へのためだったが、長く恨みを買った。後世、家康の人気は豊臣秀吉に遠く及ばない。

逆に日露戦争で旅順を陥落させた乃木希典将軍は、降伏した敵将ステッセルに帯剣を許すなど、尊厳を保たせたことが賞賛された。

単なる 「 判官びいき 」 ではない。 「 正義は勝った者につく 」 と考える欧州や中国とは異なる歴史観といえる。革命思想が日本に受け入れられない理由かもしれない。そんな歴史に比べればスケールは小さいが、民主党も 「 勝ちさび 」 ゆえに敗北したといえる。あの勝利のあと、閣僚や議員たちのおごったような言動はまだ許された。

鳩山由起夫政権は戦後何十年もかけて培ってきた米国との同盟による安全保障体制を、政権交代したというだけでぶちこわそうとした。

それまでのルールを無視して、天皇陛下と中国の習近平副主席との会見を強引に実現させ、皇室の権威までも傷つけようとする。いずれも勝ちさびによる 「 乱暴狼藉 」 と言っていいやり口だった。国民の多くがこれを嫌い、民主党離れを招いたことは先ず間違いない。

発足したばかりの安倍晋三政権はその点、きわめて慎重な船出だ。民主党の失敗を教訓としていることは明らかである。
とはいえすべて安全運転でいいわけはない。勝ちさびではなく国家百年のためであれば、多少のリスクいとわず進めるべきだ。



● 私(増澤)、民主党政権を坊ちゃんだらけの素人集団と決めつけていて、発足当時、これで数年間は世界から水をあけられると思った。案の定そうなってしまった。

今からでも遅くはない。かくなる上は腹をくくり、大胆な戦略をもって “ 元気な日本 ” の生き方を世界に示し、選良なる大和民族の謙虚な 「 勝ちさび 」 のありようをお見せすべき時となった。
  

Posted by masuzawa05 at 12:17Comments(0)

2013年02月12日

ちょっといい話・その12


● 上っすべりすることの多い政府間援助や、お金だけの途上国援助を思うと彼女の行動は新鮮だった。

1








◎ 『 Not charity
Just work  』 と彼女は言う。


● 慈善より当座の仕事! →  自立 、そのことが大切なのだと思った。
私(増澤)、フェンディーは買ったことはないが、一流ブランドとして知っていた。


◎ デザイナーのフェンディーさんは、外国資本による買収を機に家業の高級ブランド 「 フェンディー 」 から退いた。

農場経営の傍ら、5年前にバッグの新ブランドを立ち上げる。掲げたのは環境と人権の保護だ。
 アフリカの民族衣装を転用したり、現地の女性たちの手による刺しゅうをあしらったり。消費者に支持され日本の百貨店でも取り扱いが広がる。イタリアの職人の手を借りず、最終工程までアフリカで仕上げた商品も登場した。女性が自らの生活費を稼げれば、不当な差別も受けにくくなる。そんな願いがこもる。

 貧困から脱出する。安心できる日々を過ごす。そのためには働く場こそ必要だ。フェンディーさんは 「 ノット・チャリティー、ジャスト・ワーク 」 をうたう。
 一時の施しよりも手に職を、という意味だ。生活や地域社会を最終的に支え、人々に未来と安心を運ぶのは、不確かな援助より、確かな仕事。改めてそう思う。
 ( 日経・春秋より抜粋 )



● 私(増澤)思いますに、フェンディーさん農場経営をしながら考えたのだろう。稼ぎのトップランナーは疲れる、売らんかなのチャラチャラした業界(せかい)に別れを告げ、正解である。

現地の人と一緒に働く、現地の人が作る、それが家計を支え、多くの貧しい人たちの自立を助ける、そしてデザインもいい。・・・・・かつて経営・所属していた有名ブランドほど、華やかではないがこちらの方がより輝いている。
  
Posted by masuzawa05 at 08:40Comments(0)

2013年02月04日

 ベニシアさんの京都・里山日記より・その1

1









● ジューンブライト。 私、日本では6月の花嫁として、暑くもなく寒くもない丁度いい季節の結婚式と認識していたのだが・・・。


 ベニシアさんの生まれたイギリスでは: 

◎ 空気が乾燥しているので、イギリスでは日本のように頻繁に風呂に入る習慣がありません。風呂に入りすぎると体表を被う脂が取れて、風邪をひきやすくなるとイギリス人は考えているようです。イギリス人の一般庶民が温かい風呂に入る習慣を持つようになったのは、十八世紀末以降のこと。それまでは年一回だけでした。大きな木製の桶を屋外に置き、それにお湯を張り、下着を着けたままで入ったとのことです。まず主人と奥さんが一緒に。次に子供、そして、最後に下男下女が入りました。五月か六月の暖かい日に風呂に入って体をきれいにして結婚式にのぞんだので、ジューンブライトという言葉が生まれたそうです。


● 気になるベニシアン風・格言英語のいくつかを拾ってみました:

○ Live the life you love
Old things can be given a new life.

自分が心から好きになれる生き方を選んで、
  それを実行して。
  私は、古いものに新しい命を吹き込みたい。

○ Nobility is not a birthright, but is defined by one’s actions.
( nobility: 高貴な生まれ、birthright:生得権、define:本質を明らかにする )

高貴な人間であること―。
それは生まれついた身分ではなく、
その人の行動によって決まるのである。

○ When repairing an old house, we can learn many things.

古民家を修理する過程で、
私たちはたくさんのことを学ぶ。

○ Waste not, want not. A stitch in time saves nine. ( waste:消耗する、stitch: 縫い目 )

  無駄にしなければ、不足もない。
  今日の一針は、ほころびてから縫う九針分の手間を省いてくれる。

○ Dyeing is like magic. Each plant is given a special gift. ( dyeing: 染色 )

染色のマジック。
どの草花も、それぞれ特別な力を与えられている。

○ If we are going to do something, it is worth doing well. ( worth: 価値がある )

  せっかく何かするなら、丁寧にしたい。

○ Instead of seeking new landscape, develop new eyes.
( instead: 〜よりも、seek: 捜し求める、develop: 包みをとく )

新しい土地を求めるのではなく、新しい見方を発見する。

○ The one who teaches is the giver of eyes.

  人に教えることは、新しい目を与えること。


● 私(増澤)思いますに、日本の格言に通じる、微妙な英語の言い回し。
但し、国境を越えて真理は一つ。
  
Posted by masuzawa05 at 08:56Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター