livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2013年01月28日

パウル・クレー展 


終わらないアトリエ:

画面にあふれる物語性や詩情で多くの愛好者を持つスイス生まれの画家。多様な作風の根幹を流れるのが 「 音楽 」 だ。自身プロオーケストラに入るほど腕達者なバイオリニストだったが、ある日、絵の道に転向を図る。

1









● 確か以前、野見山暁冶さんの絵が書評で音楽のような絵と呼ばれ、私も納得したのだが、他に音楽のような絵が有りうるのか!? この言葉に引かれて足を運んだのだが、正直私(増澤)、そんな風には感じられなかった。 絵は絵だ。 

音の感性を絵に託す・・・、私の感性が鈍いのか・・・ただし多様なテクニックを駆使しての、バラエティー豊かな世界に翻弄されてしまった。絵の渦に巻き込まれるように。この人の絵の本質とはなんなのか!?・・・・・。


○ 花ひらいて

2








○ 山への衝動

3









○ バルトロ 復讐だ、おお!復讐だ!

4









◎ 「 音楽家ではなく画家の道を選んだのは、音楽ではやるべきことをやり尽していたのに対し、絵にはやるべきことが残っていたからだ 」・・・と。
 この絵はモーツァルトのオペラ 「 フィガロの結婚 」 の一場面に想を得た作品だ。主人公のフィガロに女性を巡る恨みを持つ医師のバルトロが、復讐を決意した歌を歌う。画面の中央の抽象化された人物の描写を、舞台上の歌手が両手を広げて歌っている様子だと認識した瞬間に、頭の中では堂々としたバスの歌声が響き始める。


○ 蛾の踊り

5









○ 191545の両翼部

6









○ 南アルプスの村落・A

7









○ 無題 ( 座っている少女 正面から見た )

8









◎ クレーの隣人がある日、足をどんどん踏み鳴らすリズミカルな物音を聞いた。廊下であったクレーに聞くと、 「 絵を夢中になって描いていたら、突然、 − なんだかわからないけど − 踊らずにはいられなかった 」 という答えが返ってきた。出来上がった作品や行動を見れば、クレーは音楽をやめたのではなく、音楽を表現する舞台を演奏会場から絵画に移し変えたと考えるべきだろう。

 ● それじゃー、自分のもとを去っていった、いや、去らざるを得なかった恋人を未練がましく思い出す、因業オヤジの余生みたいなもんだ。 と、私(増澤)は思った。それって絵に失礼だろう!


○ 都市的構造

9









○ 考え込んで

10









○ アトリエにて本人

11










◎ 「 約1世紀前、ここスイス・ベルンで物理学者のアインシュタインは 時間の揺らぎを、 画家のクレーは ここで空間の揺らぎを発見した 」と、展覧会評者の言。


○ 老人

12









○ 襲われた場所

13









○ 腰掛ける子供

14









○ ぼろきれお化け

15









 ● 私(増澤)思いますに、クレーは 心の趣くまま音楽の調べにのせて、絵を描き、時に転調を繰り返しつつ、思いのまま、イメージの世界に遊行する絵のコンダクター。

敢えて欲目に言えば、せめてそんな風に思えなくもない。
  

Posted by masuzawa05 at 09:31Comments(0)

2013年01月23日

植物の私生活・その2 ( 旅をする植物たち )

◎ 植物は動けない生物で、大地に根を下ろし、同じところにじっととどまって生きていくものだと思い込みがちです。植物も私たち人間や他のすべての動物と同じように、活力旺盛な時期に繁殖し、子どもを残します。


○ 植物の領土拡大戦術:

1









 ブラックベリーはいったん大地に根付くと、真ん中にある根から探査用の茎を出してすぐに新しい領土を求めて活動を開始します。そして、一日に5センチものびます。
 茎は逆向きの鋭いトゲで武装し、このトゲを地面や他の植物に引っかけて、岩や塀などにもはい登ります。


○ 身軽な種子は旅の達人:

2









 アメリカの西部にはさらに長い旅をする植物がいます。バードケージプラントです。籠のようになって転がります。本体は死んでしまっていますが、サヤの中にある種子は生きていて、サヤが太陽に温められるとはじけて種子が転がり落ちます。
 ほとんどの植物は生長の初期の段階に必要な養分を種子に蓄えてあります。


○ 自力で種子を散布する植物たち:

3









 ご存知タンポポ、綿毛が飛行を開始します。


○ 風に乗って旅をする種子の飛行装置:

4









 グライダーのように飛ぶハネフクベの種子、ヘリコプターのように降下するアニソプテラの種子。


○ 羅針盤はないけれど、はるばると海を渡る種子:

5









 海流に運ばれ、ようやくたどり着いた海岸で発芽したココヤシ。殻の中には栄養たっぷりのココナッツと、水が4分の1リットルほど入っています。その外側には浮きの役目をする繊維がつまっていて、水面に浮くことができます。優れたサバイバル装置のおかげでいたるところに分布します。


○ 鉤爪(かぎずめ)やトゲを駆使して、動物に便乗する種子:

6









 鋭いトゲで武装した種子がアフリカではゾウやサイの足の裏に食い込み、別の場所まで運ばれていく。


○ 種子の運び屋に美味しいご馳走を提供する植物:

7









 種子の皮膜を食べるために、地中の巣に運び込もうとする南アフリカのアリ。アリのおかげで、動物たちの目に付かない地中にかくまわれて、無事に芽を出すことができる。


○ 動物のにおいは効果的な広告テクニック:

8









 ドリアンにかぶりつくボルネオのオランウータン。硬い外皮と黒い種だけが残ります。


○ 飲み込まれ運ばれる種子:

9









 南米コスタリカのケツァールの雄、野生のアボガドの実を飲み込んでいる。お腹に収まって遠くまで運ばれ、しかも、糞と一緒に地面に落ちた種子は、肥料まで手に入れてしまうのです。


 ● したたかな植物たち、その生き抜くための知恵に舌を巻く私(増澤)です。
  
Posted by masuzawa05 at 21:05Comments(0)

2013年01月08日

 映画 「 人生の特等席 」

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお付き合いください。


先年、高倉健(81歳)主演の 「 あなたへ 」 を観て、つづいてクリント・イーストウッド(82歳)の映画 「 人生の特等席 」 を暮れに観て、矍鑠たる日米老優の生き方を垣間見た思いがした。

1









 原題は

TROUBLE WITH THE CURVE。 下降を描く人生の厄介者!?・・・ 原題はよく解からないのだが・・・。ゆるやかに曲がりながら落ちる野球のカーブボールになぞらえた事だけは解かる。

 一人娘を男手一つで育てた、野球の 老プロ・スカウトマンが最後のロードワークに出る。それを気遣う弁護士として働く娘との愛情物語なのだ。

2









 6歳の娘を親戚の家に預け、成長してからは寄宿舎に入れ、スカウトのために全国を歩き回る父親を、自分には愛情が無いのかと恨んでいた娘だが、最後にその訳を知ることとなる・・・。それは映画を観てのお楽しみ!

 早く亡くなった妻の墓前で、彼がしわがれ声で唄う 「 ユー アー マイ サンシャイン 」 が亡き妻と娘への愛情の深さを物語ると共に彼の朴訥さを感じさせる。この歌こんな挿入の仕方もあったのかと、先ずは小さな感動。

3









 野球というアメリカンな題材の中に、人生模様を織り込んでしまう脚本の上手さに舌を巻くと共に、彼らしさが滲み出ていた。そして娘役のこの女優がいい、特別美人と言う訳ではないのだが、愛くるしく・理知的で・気が強い。・・・まさに世の男にとって娘は宝物。

帰り際カタログを買っていると、店員に 「 この女優なんという名前だっけ 」 と聞いている生意気そうな出で立ちのオジサンがいて、微笑ましかった。

4









● 寡黙に過去を語らず生きる男の人生は渋くていい。
フィナーレにハラハラと涙が頬を伝った。

高倉健の黒い瞳の哀愁とは違う、ブルーな眸の寂寥を見た。
二人とも背筋がピンシャンとして姿勢がいい。



この人生スタンドの特等席はまさしく彼のためにある。
  
Posted by masuzawa05 at 14:36Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター