livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2012年11月27日

上村松園 IN 国立近代美術館

1









◎ 私は 
「 一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵 」 
「 真・善・美 の極致に達した本格的な美人画 」 を描きたい。
            
*清澄(せいちょう):清くすんでいること 


○ 母への追憶:

 「 私は母のおかげで、生活の苦労を感じずに絵を生命とも杖ともして、それと闘えたのであった。私を生んだ母は、私の芸術までも生んでくれたのである 」



● 私(増澤)結婚したての頃、家内が分厚い美人画の本を買い求め 「 私、この人
の絵が好きなの 」 と言ったのを覚えていて、当時ざっと目を通したのだが、おどろおどろしい絵も有って、その良さが判らなかった。
美術展に行くことを告げると、この画集を見て勉強してから行ったらと、差し出されたのだが、本物を見てみて、齢を重ねた自分の美意識を直接感じたいと思い、見ずに出掛けた。



○ 焔( 生霊を描く )

2














 *注: 松園によると 「 〈 焔 〉 は私の数多くある絵のうちの、たった一枚の凄艶な絵であります。 中年女の嫉妬の炎・・・一念がもえ上がって炎のようにやけつく形相を描いたものであります(中略) どうして、このような凄艶な絵を描いたか私自身でもあとから不思議に思ったくらいですが、あの頃は私の芸術の上にもスランプが来て、どうにも切り抜けられない苦しみをああいう題材にもとめて、それに一念をぶち込んだのでありましょう 」
        *凄艶(せいえん): ぞっとするほどあでやかなさま。



○ 母子

3









○ 草子洗小町

4












 * 謡曲の 「 草紙洗小町 」 が題材: 歌合せの席、小野小町が、古歌が書かれたという草紙を洗うと墨が流れて、相手の大友黒主が、小町を陥れようと仕掛けた計略が白日のもとにさらされる。金剛巌の舞台姿から着想した本作には、松園が能楽に感じる 「 緩やかなうちにキッとした緊張がある 」 簡潔の美が、無駄のない線と彩色の高い技術によって表現される。能の本質に迫って一糸乱れぬ大画面の緊張感は、比類がない。


 
○ 新蛍

5






 
● 口紅の赤がなんとも艶かしい。



○ 牡丹雪

6







○ 若葉

7







○ 夕暮

8














○ 晩秋

9














● 清楚な美しさに圧倒され、そして思った。生活の苦労(?!)もなくひたすら画業に打ち込むと、こんなにも透明な美しい色彩の絵が描けるのか。これは神の業だ。

巨匠の作品にいつも見られるデッサンの素晴しさ。我々も建築プランの際にいろいろ描きこむのだが、当然のことながら明らかに負けているし、習作の数と密度が違う。デッサンに秘めた力強さが作品を決定付ける。 建築も『 発想+デッサン 』 そこが肝心なのだ。

10







 ● 会場を巡りイヤホーンで解説を聞きながら腑に落ちたことが一つあった。昔の女性は眉を剃り、剃り跡が青く残る。絵におけるその色が松園独特の青だという。又、二三の女性に見られる狂女の姿態や絵心に秘める嫉妬心を学ぶため、精神病院の女性を観察しに出掛けたとありました・・・・・ 凄まじき 絵執念。

かつて私が感じた “ おどろおどろしい感じ ” は剃り跡の眉の青と、狂おしい怨念の表情が、幽霊っぽい気味悪さにつながったのでしょうか。 

作品 「 花がたみ 」 は思い人を慕って錯乱状態となり舞い狂う姿を取り上げている。
私も二十台の頃でしたから、画集から散見される気味悪さだけで判断していたのかもしれない・・・・・。

ただ、今は表情にみる心のありようがかすかに読み取れるようになった。



私(増澤)思いますに、しなやかな表情に表れる 『 険(けん) 』。 まこと、怨念というか、執念は女性に宿る。 それが松園の真骨頂か。
  

Posted by masuzawa05 at 21:05Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター