livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2012年10月29日

愛野めぐみ教会 見学会


 二年ほど前に、JIA東海支部・静岡会で初めての教会コンペを実施し、その完成見学会に行ってきました。当事務所も参加したが落選した物件である。
当初の8千万の予算が、コンペ以降変更になり工事費が5千万にダウンした。当選以降、ゼロからプランを考え直したという作品に興味があったからです。

0-1









 見学に先立ち設計者の趣旨説明があった:

「 当初からのコンペの条件が変わったので、本来ならば一から出直す筈であるが、JIA側から人(設計者)を選んだのだから、そのまま続けていいと言われたので続けた 」との弁。多少の心苦しさがあったのだろうと理解できる、正直でいい。

( 本来コンペは作品を選ぶものではないのか? もちろん作品は人なりであるから一体のものであるのは分かるのだが・・・それならばプロポという手もある。 )  
0-2









◎ 上の図はプランです。 単純なプランであるが、軒の出の小さい5つの高さの違う切り妻屋根が陸屋根の通路で中庭を介して結ばれて、離れ家の様で立体的に変化に富んでいる。少ない予算の中であれやこれやとやりくりしたであろう、うまくできている。


● 私(増澤)思いますに、

駅に近い線路際の立地で隠すべきは隠し、遮音に配慮し、見せるべきは見せていやらしさが無い。白を基調とし、光にあふれ、爽やかな風が吹き抜ける、設計者の愛に満ちた教会が出来た。

VAN・アーキメディアの小塩康史さんに賞賛の拍手を送りたい。
 
多分少ない予算の中で、手と気を抜かず、親切丁寧に作る姿勢には頭が下がる。こういう建築家が居て、建築の質が保たれるのであろう。建築は人柄である。

 当初の当選案を知っている私としては、そのことをここでは云々せず、これはこれでアットホームな親しみやすい教会が出来て良かったと思っている。

 ただし建物内部、収納が少ないせいか私物や雑物が散逸しているのが気になった。使う人たちの収納センスも同時に問われるし、合わせて地域に開かれた教会になるためには、信者のエゴを捨てた公共性の空間が先行し、併せて、祈りの場があるという形になれば素晴らしいと思っているのだが・・・認識違いであろうか。


○ 外観写真

12





34





○ 礼拝堂

6









○ 会議室

7





○ 牧師室

8





○ 事務室

9





○ 読書スペース

10





○ 母子室から望む礼拝堂

11









● この教会コンペの後、JIA主催で二回目のコンペ(掛川協会)が行われ、当社も最終選考まで残ったのだが惜しくも落選した。

 JIA本会の選考委員長は二次審査の前にこのコンペは人(設計者)を選ぶためのコンペであると言ったという。コンペは図面等を通しての作品を選ぶのではなかったのか? という当然の疑問が私の中で湧きつつある、JIA側の公式見解を聞きたいものだと思っている。

 このコンペで石井建築事務所は教会が教会である前に、地域に対していかに開かれた共用空間であるべきかを問うたつもりであったが、そのことよりも祈りの空間である礼拝堂の精神性や、仲間うちの使い勝手への意向、パーキングスペースへの面積の確保等々が強く流れているように思えてならなかった。
 それはそれで致し方ないことなのか・・・!? 開いているようで保守的で、自分たちの世界に入り込んでしまうと、教会は信者という仲間・家族のホームでしか成りえず、それ故に高齢化と信者の減少に歯止めがかからなくなる・・・のでは! と勝手に危惧する私です。

 掛川教会での私どもの案は、道路に近い敷地の一階に開かれたパブリックスペース(集会場)を設け、自由に使っていただく様にし、その二階に牧師の家族の居室を、そして吹き抜けのホールを介し奥まったところに礼拝堂を配した一体の建物とした。
それぞれの機能に配慮しながらも、静謐な礼拝堂の精神性をゆるぎない形として表現した。個別でも全体でも使えるように工夫・提案したが結果は不採用であった。

 建物がそこに在ることの必然性(この表現が適切であるかは・・・?)をデザインすることが大切であり、それゆえのコンペでなければならない。掛川で考えたレイアウトを他でも採用するとは限らないが、掛川らしさが大切であろう。場所が変われば風も変わるが如く。

然しながら、あくまでもコンペはデザイン(作品)で選ぶべきであると思っている。



 今回の「愛野めぐみ教会」見学会は設計者の人柄と作品が合致したある意味 “ 良い偶然 ” の産物であったことが判って良かった。願わくはこれから着工、竣工する掛川教会もそうあってほしい。

 作品は人柄であるが、人柄が良い作品を作るとは限らない。
そう肝に銘じ、しばらくはコンペのありようと、それへの参加を様子見したいと思っている。
  

Posted by masuzawa05 at 09:30Comments(0)

2012年10月22日

数奇屋考・その6

『 数奇屋造り 』


● 健康に良いとされる日本人の食事 “ 一汁三菜 ”

1








 一言で言い当てる、こんな言い回しが日本的建築 ( 数奇屋造り ) についても無いものだろうか・・・・・。


◎ 数奇屋造りとは: 

日本の建築様式の一つである。数奇屋(茶室)風を取り入れた住宅の様式とされる。語源の数奇とは和歌や茶の湯、生け花など風流を好むことであり、「数奇屋」は 『 好みに任せて作った家 』 といった意味で茶室を意味する。数奇屋大工が造る木造軸組み工法の家屋。

○ 歴史:
 数奇屋と呼ばれる茶室が出現したのは安土桃山時代である。もとは庭園に面した別棟として造られた小規模(多くは四畳半以下)な茶室を「数奇屋」と呼んだ。当時は床の間、棚、付け書院を備え、座敷を荘厳する書院造が確立され、身分の序列や格式を維持する役割も持つような時代であったが、茶人たちは格式ばった意匠や豪華な装飾をきらった。そこで好まれたのが軽妙な数奇屋だった。

江戸時代以降は茶室から住宅などへとその幅を広げていった。現代では、料亭や住宅
も数奇屋建築にならったものが造られる。

○ 数奇屋独特の意匠:
 長押の省略
 小規模で簡素な床の間
 深い庇 (庇を長めに造ることで、内部空間に深い陰翳と静謐をもたらす)

○ 代表的な遺構:
 桂離宮新書院
 修学院離宮
 伏見稲荷大社御茶屋(重要文化財)
 曼珠院書院
 臨春閣(旧紀州徳川家藩別邸、三渓園へ移築)
 角屋

○ その他:
 俗に、和風の邸宅で費用を惜しまずに建てた立派な建物のことを「数奇屋造り」「数奇屋普請」とも言う。
 谷崎潤一郎は数奇屋を好んだ。彼の自邸にも数奇屋風が採り入れられ、陰翳礼賛では数奇屋の美学が語られている;
陰翳礼賛について;
まだ電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたもの。 こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、 日本ではむしろ陰翳を認め、それを利用する事で陰翳の中でこそ生える芸術を作り上げたのであり、それこそが日本古来の芸術の特徴だと主張する。 こうした主張のもと、建築、照明、紙、食器、食べ物、化粧、能や歌舞伎の衣装など、多岐にわたって陰翳の考察がなされている。


 中村昌生先生は 「 京都数奇屋名邸十撰 」で以下の邸宅をあげている。
 野村碧雲荘
 霞中庵
 清流亭
 對龍山荘
 四君子苑
 旧広瀬家別邸
 虎山荘
 山科山荘
 嵯峨有心堂
 土橋邸

 角川源義の元邸宅(国指定の登録有形文化財)杉並区立角川庭園。

● 恥ずかしながらほとんど実物を見ていない。



◎ 建築家の隈研吾さんは「 自然な建築 」について著作でこう述べています:

 自然な建築とは、自然素材で作られた建築のことではない。当然のこと、コンクリートの上に、自然素材を貼り付けただけの建築のことではない。

 あるものが、それが存在する場所と幸福な関係を結んでいる時に、われわれは、そのものを自然であると感じる。自然とは関係性である。自然な建築とは、場所と幸福な関係を結んだ建築のことである。場所と建築との幸福な結婚が、自然な建築を生む。

 幸福な関係とは場所の景観となじむことのように安易に捉えてはいけない。

 場所に根を生やし、場所と接続されるためには、建築を表象としてではなく、存在として、捉え直さなければならない。
 存在とは、生産という行為の結果であり、存在と生産とは不可分一体である。どう見えるかではなく、どう作るかを考えたとき、はじめて幸福とは何かがわかってくる。

幸福な夫婦とは、見かけ(表象)がお似合いな夫婦ではなく、何かを共に作りだせる(生産)夫婦のことである。


● 私(増澤)こう思っています。 そこでしかあり得ない、そこにいちばん相応しい自然な建築は正しく “ 数奇な ” 建築であり、 数奇は 「 好き 」 と読み下している。・・・安易にものはつくれない。

以心伝心で幸福な夫婦の有りようもまた “ 数奇な ” な ‘ 気 ’ が流れる “ 粋で ” たまらなく “ 好き ” な関係なのだろう。



数奇屋建築を人で譬えるなら:
 
モダーンでスマートな渋好みの紳士、建築家で言えば 槇文彦 か、
そのものズバリ、素朴で謙虚な人柄に惹かれる 中村昌生 かな。
  
Posted by masuzawa05 at 17:21Comments(0)

2012年10月11日

数奇屋考・その5


『 日本庭園 』

20120904103356_00001









 「 もし、日本という国がなかったら 」 という、ロジャー・パルバースさんの著作の中に見つけた日本人の多様性についての一文。


◎ 日本庭園とは、基本的には限られた空間の中に風景を再デザインしたものです。不要なものが一切ないシンプルさが重要です。

 日本では、贅沢は 「 渋い 」 形で示されます。欧米人はこの一見矛盾したところに、困惑させられ、圧倒させられてきたのです。

 日本の美学は空間の縮尺も再デザインする。それについてぼくがまず思い浮かべるのは、一茶の俳句です


 うつくしや 障子の穴の 天の川
 夕不二に 尻を並べて なく蛙


 どちらの句も、物と物との空間的な関係を再デザインする、驚くべきイメージを提示しています。何が 「 大きい 」 ものなのか? 何が 「 小さい 」 ものなのか?それはすべて、見る者の視野と視点によって決まるのです。


 ● この本の中で彼は隈研吾さんの 『 自然な建築 』 という著書を取り上げ、日本の美学について書かれた最高の論文と賞賛しています。

◎ 隈さん曰く:
 日本庭園は新しい造形を提出することによって進化したわけではない。人工と自然との境界線を絶えず引き直すことで、進化を続けた。人工とは何か、自然とは何かを問い続けることによって、進化し続けたのである。自然と人工に対する哲学的思考の産物が日本庭園であったといってもいい。言葉による哲学を信用せず、庭園を通じて自然を哲学し続けてきたともいえる。


● 私(増澤)思いますに、庭園は元々そこにあったように、その庭の隙間に建物を挟み込むように・・・と考えていて、その地の歴史、地なり、気候風土に対する考察と敬意が大切です。
 造園は建物の内と外を繋ぐ仲人役でもある。


◎ 少し話題がずれますが、ロジャー・パルバースさんはこんな事も言っています:

真に非宗教的な先進国、日本。
世界を対立から救うのは、日本以外にない。
あらゆる宗教に敬意を払えるのは日本だけだ。



● 自然との共生を謳う数奇屋建築がより人間的な空間として、世界の建築を席捲すると思うのだが、言い過ぎであろうか! 学ぶには奥の深いこれからである。
  
Posted by masuzawa05 at 21:19Comments(0)

2012年10月01日

数奇屋考・その4

 一般社団法人 「 伝統を未来へつなげる会 」 主催の数奇屋建築見学会が軽井沢の中央工学校南ヶ丘倶楽部 茶室を会場に、京数奇屋大工と語り合う会と題して開かれました。 私は初めての参加でした。
大工さんの伝統技術としての数奇屋普請を実体験しながら中村先生のお話をうかがうことが出来ました。

no title









 お茶室には疎い私ですが、永いあいだ旅館建築を通じて、和風とか数奇屋風とか言いながら “ なんちゃって数奇屋建築 ” を作り続けてきた後ろめたさと反省から、齢六十五歳にしてもう一度勉強しなおそうと思ったからです。

 本音は伝統数奇屋大工技術の勉強というよりも、木造に限らず広く建築工法全般にわたる数奇屋の概念 ( 木造茶室以外にも応用してもいいと思っているのだが ) を検証したいと思ったのでした。

発祥・行き着く先が木造茶室に至るのは明らかなのですが、限りなく時間が掛かりそうで、せっかちの私としては的外れかもしれませんが、設計者としての立場から自然と建物と庭の 「 内と外をつなぐ 」 関係に勝手に的を絞って考えようかと思っています。


○ 門、アプローチ、腰掛待合

12





3





○ 小間の茶室

45









67







○ 中庭と渡り廊下の小屋組み

89





○ 立礼席の光天井

10





○ 季節の移ろいを見せる庭、軽快な透かし、浮き、抱き。照明、縁側から続く軒先、天井、欄間、手摺、脇棚、手水鉢。木漏れ日の在り処。


1112









1314





1516





1718









1920





2122





2324





2526





* 写真19,20,21,22,23,24,25,26


○ 配置平面です

27





◎ 中村先生曰く: 伝統的木造建築における日本の建築を高めた工匠の技は、世界に誇りうる日本の文化遺産です。
 それが日本人の自然との共生をささえ、ゆたかな文化の創造の母体となりました。日本文化は 「 木の文化 」 でもあります。
 そのような技術を、私たちの時代に枯渇させないまでも、衰弱させることは絶対に許されないことです。
現代の大学での建築教育は、 「 西洋的な建築術を教え、伝統木造の講義が皆無で、教えることの出来る人も少ない」 と仰っていましたが、まったくその通りだと思います。

● 私、削った木の香りのする仕事が大好きで、硬い木をやわらかく使ってきれいな仕事をする大工さんに憧れていました。曲がった松梁を使った小屋組みに見る熟練の技には、人の手を離れた神業を感じます。世界で一番美しい職業はと聞かれたら、迷わず日本の大工さんと答えるでしょう。


● 見学会の最後、若い大工さんがこの普請をした棟梁への 「 どんなところを一番苦労しましたか 」 との質問に、 『 普通に見える納まりに隠れた諸々の苦労・仕掛けを思ってください 』 と返事をされたのが印象に残っています。

奥ゆかしく堅牢に美しく木造建物を100年単位で支え続ける大工技術に賞賛を!



● 中村先生の言葉にあるように、“ 数奇屋建築は自然との共生 ” にすべてを蔵している。 この言葉に尽きると私(増澤)、思っていて、それゆえに世界の建築が数奇屋に収斂すると思っている。
 と言うのは、風や光や季節の移ろいを内外部一体となって演出する数奇屋の数奇な思想は人類の求める理想である。

 そして生業に返って考えると、旅館は世界に誇りうる日本文化としての宿泊産業であり、数奇屋という伝統技術を得て、環境との取り合い・室礼・もてなしが加わり総合芸術として花開き、世界に羽ばたく。

 早速、中村先生の薫陶を受けるべく 「 財団法人 京都伝統建築技術協会 」の法人会員になりました。



◎ 普通にさりげない素晴らしさ。

座敷は
異風になく
結構になく
さすが手ぎわよく
目にたたぬ様よし (・・・古典より・中村昌生)
  
Posted by masuzawa05 at 09:31Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター