livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2012年09月24日

MY辞書より・その6 ( リベンジ )


 大リーガーの松坂選手や、若い女の子が 「 今度は復讐してやる 」 というような意味合いで使っているのを聴いていて、違和感を覚えていた。 


“ リベンジ ( REVENGE ) ” 

20110510150534_00001








原義は再び ( re ) 正当性を主張する ( venge ) という意味らしい。


◎ 辞書を引いてみると

○ 人への / 事に対する復讐、仕返し、遺恨、恨みをはらす。
○ ( スポーツ ) などの雪辱戦 ( 機会 )
雪辱戦: 試合・競技などで、前に負けた相手に勝つことをいう

雪辱: 恥をすすぐこと ( 雪はすすぐの意 )
雪怨: 怨み ( うらみ ) をはらすこと


● ここ数年、設計コンペに果敢に挑戦している。ずっと負け続きだった頃、なぜ私どものアイディアを解ってくれないのかと、怨んではみたものの、あるときはたと気が付いた。いろいろ立場の違いを踏まえて考えなければ・・・と、前向きに考えることにしたら、
徐々に勝率も上がってきたようで、近頃は連戦少勝である。

 『 雪辱 ( せつじょく ) を期する 』 いい日本語が有るじゃないか!


 心に秘めた、次には勝ちたいとの思いと、恨みをはらしたいとの怨念 ( おんねん )を持つこととは似て非なるものを感じるのだが・・・・・外来日本語はむずかしい。
封建社会で認められていた子が親のあだ討ちをする、形を変えた決闘は許されるのか。

赤穂浪士のような主君のあだ討ちは、最終的な善・悪の判断では全員打ち首になった。フェアーな判断のもと、安易にリベンジという言葉は使わないほうがいいのでは? と、思ったりもする ・・・如何でしょうか。
  

Posted by masuzawa05 at 09:56Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: