livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2012年06月25日

英語になった日本語

◎ MOTTAINAI ( 勿体無い )

1









○ この言葉、日本人なら誰しも馴染みがある言葉だが、驚くべきことにこの言葉は英語、フランス語、中国語、ロシア語など世界の主要言語には存在しない概念なのだ。だが、今世紀の人類の主題は 「 環境との共生 」 であり、日本が育んできた和の心はその主題に合致する。その和の心が日本語の 「 もったいない 」 という言葉を媒介して世界に伝えられたことは、日本語の底力からではなかったか。
 日本人の伝統的価値観は日本語を通じて有史以前から継承されてきた。原始民族が現代に至っても、言語だけではなく国土と国家を持っているのは、世界でも日本だけであり、日本人は責任を持って自然と調和する心を世界に伝えていかなくてはいけない。

◎ だが今、日本語は粗末に扱われ、失われようとしている。大切なのは日本人自身が日本語の価値を知ることではないか。
 日本語は日本人の個性の根幹を担保するものである。近年、蔑(ないがし)ろにされつつある日本語の価値を再発見することは、現代日本人にとって非常に重要なことである。
( *今正に、日本書紀にみられる皇紀 2671年。初代神武天皇から始まり、連綿として続く我が日本)
  「 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか 」 ― 竹田恒泰著 より抜粋。


○ ケニア人が世界に伝えた 「 もったいない 」:

2









 平成十七年(2005)三月、「 もったいない 」 という日本語が環境保全の合言葉として世界的に知られることになった。これは国連の 「 女性の地位委員会 」 閣僚級会合で、ノーベル平和賞受賞者でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイ女史が演説し、日本語の 「 もったいない 」 を環境保全の合言葉として紹介し、会議の参加者と共に唱和したことによる。 ( 大変残念ですが、2011年9月に亡くなられました )

 追悼の思いを込めた産経新聞の記事が、彼女の活動の一端を伝えるべく英文記事として出ていました
 
植林活動でノーベル賞:

Wangari Maathai died on September 25th.
Maahtai started activities to plant trees in Kenya in 1977.
More than 40 million trees were planted in Africa countries.
She won the Nobel Peace Prize in 2004.


○ もったいない ( MOTTAINAI ): 
以下の四つの 「 R 」 を表している。

一、 消費削減 ( re・duce; リデュース )

一、 再使用 ( re・use; リユース )

一、 資源再利用 ( re・cyle; リサイクル )

一、 修理 (re・pair; リペアー )


● “ もったいない ” だから “ 工夫 ” して使う。 ・・・ 知恵。
私(増澤)、そのことはとても大切なことだと思います。



○ 尊いものや価値あるものが、穢(けが)され、粗末に扱われ、能力が発揮されず、本来あるべき状態から離れているさまなどを惜しみ嘆く気持ちを表す言葉であるといえよう。

 日本人は日常生活の多くの場面で 「 もったいない 」 といいながら、物のありがたさに感謝して大切に使い、資源の消費を抑え、不要なものも使い回し、資源を再利用し、そして壊れても直して使ってきた。それが美徳であると称えてきたのだ。自然の節理に適うものは美しいものである。この感覚は、大自然を正しく畏(おそ)れ、利用し、そして調和を図ってきた日本人の伝統的価値観から派生した、日本人の心の在り方である。


● もったいないに通じるもの: 道元禅師の主著 『 正法眼蔵 ( しょうほうげんぞう ) 』 最後の巻にある八大人覚 ( はちだいにんがく: 偉大な人が覚知する八つの真理 ) 、釈迦の最後の説法の一つ 「 少欲 」・「 知足 」 に発する、足るを知る心ではないでしょうか。


石井建築事務所はものを大事にする心を育み 「 心を形に表す 」 を標榜して設計しています。 ものを大事にする心は、当然なことながら人を大事にする心につながります。
  

Posted by masuzawa05 at 16:17Comments(0)

2012年06月18日

S亭 試泊から


 M不動産リゾート事業部の既存旅館改修物件。

コンペでいただいた仕事が完成し、試泊してきました。採用された基本設計を元に大手ゼネコンの設計・施工という段取りで進められ、我々は基本設計者としての立場からオーナー側の監修者の一員として竣工引渡しまで参加しました。

 いつもはオーソドックスな設計監理の形をとるのですが、基本設計のみのコンペで、実施設計はゼネコンというやり方が良いのか、悩みながらのケース・スタディーでした。

 見積もりを取るための基本設計業務はほとんど実施設計に近く、基本設計フィーの割には過大な仕事量でした。然しながら初めてのお付き合いであり、我々旅館設計のプロに期待していただいた恩義に報いる為の、全力投球の一年でした。


◎ 今回の改装は以下の項目です 
外装吹き替え
ロビー・ラウンジ周りの改装
畳の10畳単部屋の水周りを除いた、一室当り500万程の中改装。
露付き客室の改装新設(一階に有ったダイニングを改装)
和のダイニング(厨房のある2階に大広間を改装して設けた)
大風呂のリニューアルと露天の増設
建物附帯・外構の手入れ
設備の更新

● ( 平たく言えば、今風な旅館施設へのシェイプ・アップとサービス動線の効率化です )


○ エントランス、フロント、ロビー・ラウンジ

1









23







● 海側に向けて一対で配された、デイベッド風ソファー家具におばあさんのグループが、二人ずつ寝そべって海を見ながらおしゃべりをしていた。初めての体験であろうか、微笑ましい光景であった。


○ いちばん数の多い十畳単部屋の和ベッド化。(2+1=3対応)

4







● このようなタイプが日本の観光旅館には多く、一室あたりの収容人数が限りなく2に近づく昨今、BED化された和室のありようがいろいろと模索される。二人で泊まるのには10坪ぐらいのスペースは丁度いい広さと思っている。


○ 露付客室と廊下のイメージ

56







78







910







11







○ 和のダイニング(予算的に全面改修が出来ず、既存の大広間の格縁天井を残しながらの改装にとどめました)。 

12







○ 夕食いろいろ


1314







1516







1718







1920







2122







● 冷酒がこんな形で出てきたりして、洋の器に入った地元食材のお吸い物は絶妙の味付けで旨く、なかなか気が利いている。

23







○ 朝食いろいろ

2425







2627







28







○ 外構(海側の松の木を伐採してしまい、ホテル棟と同じコンセプトでデッキを設けていました)

29







● デッキそのものには異論が無いのですが、大きな松の伐採と、手前に見える芝生だけのものに変えられていた。
松の大木も生かしようがあるのに、そして広場としての芝庭には素敵なランドスケープデザインがされてあったのに・・・そこの辺が残念だ。

 幸いなことには、コンペ時に追加自主提案してあった、ホテルからも旅館からも使える庭園大露天風呂を設置する可能性も出てきた( 改装大浴室の評判が良く混み合うらしい )。
 風呂好きな日本人には、内外部一体となった大風呂のONLY・1な感性が必要で、その宿を表現するオリジナリティーが求められる。

 突然ですが、旅館の経営者の皆さんから 「 儲かるセンスのいい宿の設計って、どうなの? 」 とよく訊かれます。

こう答えることにしています; 「 リピーターを増やすことに尽きる 」 と。
メリハリを付けた経済的な投資金額で、あくまでもお客様の意向に沿った滞在ストーリーを描き、それゆえにサービスがし易く、効率的でオリジナルな空間に遊び心を隠し味としてセンスフルに配すこと・・・。
非の打ちどころの無い完璧な美人より、愛嬌美人! 完璧を崩し、一見ぬけたようでいて愛くるしい様、完璧はお金もかかるし、とても疲れるし、フレキシビリティーに欠けるから。


○ 我々メンバーのアドック・篠原さんによるデザイン壁の装飾です(いつも全力でデザイン、製作をされ、出来映えにはいつも満足しています。

3031







● 総論:以前ある大手不動産会社の、会員制リゾートマンションの総合企画を旅館設計のプロの立場から参加して欲しいと依頼されたことがある。工事が始まりモデルルームが出来てから、役員という肩書きのお偉いさんが突然出てきてデザインを変えられてしまった。・・・残念。

どうも、その方々は日本人でありながら海外のホテルのほうが素晴らしく、日本旅館的設えは好きではないらしい。海外のホテルにコンプレックスがあるゆえの言動であろうか。もちろん一流ホテルのサービスソフトは大いに学ぶところがあるが・・・。

今回も同じようなことがあった。基本設計を担当した我々や、担当者を頭越しに通り過ぎ、一方的に結論を下すやり方はいかがなものか。


例えば
● 大改装時でなければ出来ない、ラウンジ外部のウッドデッキや
● 大浴室の露天風呂周囲には下草ではなく植栽と石組みをあしらうとか
● プールを壊してまで造る庭を素敵なランドスケープデザインで飾るとか etc。


 これらはそれなりに大切なことなんです・・・。

この三点については、改装に伴う施設の付加価値を高めるツールであり、言い方を変えれば、ONLY・ 1 の 「 うちらしさ 」 を演出する手段であり、それが千客万来という “ 目的 ” につながるのだが・・・。

 施工したT・工務店は流石スーパーゼネコン。キチッと仕上がってはいるが、我々が基本設計の時に温めて、仕込んでおいたものが花開いて、思わぬ効果が出ていたとはいいがたく、我々の仕事・基本設計のみの限界を感じる。しっかりと造りつつも、そこはかとなく滲み出る空間の遊び心は監理をしなければ出にくい。
設計施工というよりも、施工優先・オーナーの意思優先の企業論理が双方に働いているのは否めない。施工者に後々の全面的な瑕疵を求める姿勢は設計施工という形態に現れているのだが・・・・・。 

 我々は “ たかが改装、されど改装、この道一筋 ” でやっています。 


 日本の宿がそれぞれの地域で明確なコンセプトをもとに改装され “ シェイプ・アップ ” することは大切な事で、RYOKANが世界のリゾート・ホテルの 『 GLOBAL STANDARD 』 になることを目指す我々には、やり甲斐が有る ‘ お晴れ ’ な仕事なのです。

シェイプ・アップ効果か、宿泊単価も5~6000円/1名と上がってきているようで、合わせて稼働率も計画を維持出来ればまずまずでしょう。


 帰りがけにフロントマンと話をしたら、予約も順調に伸びているとのこと、大風呂共々改装の効果が出ているようでなによりです。
  
Posted by masuzawa05 at 21:31Comments(0)

2012年06月12日

くじけないで


 以前、百歳になった おじいさん詩人・まどみちおさん をご紹介しましたが、今回もまたまた百歳のおばあさん詩人です。

20101122144018_00001








● お年寄りが好きな私ですが、特にいくつになっても自分の足でしっかり歩いている、おじいさん・おばあさんが大好きです。産経新聞の 「 朝の詩 」 に載った詩が本になった。その中の私の好きなもの数点。


○ 忘れる

歳をとるたびに
いろいろなものを
わすれてゆくような
気がする

人の名前
幾つもの文字
思い出の数々

それを 寂しいと
思わなくなったのは
どうしてだろう

わすれてゆくことの幸福
忘れてゆくことへの
あきらめ

ひぐらしの声が
聞こえる


○ 神様


お国のために と
死にいそいだ
若者たちがいた


いじめを苦にして
自殺していく
子供たちがいる

神様
生きる勇気を
どうして
与えてあげなかったの

戦争の仕掛人
いじめる人たちを
貴方の力で
跪かせて


○ 風と陽射しと私

風が
硝子戸を叩くので
中に入れてあげた
そしたら
陽射しまで入ってきて
三人で おしゃべり
おばあちゃん
独りで寂しくないかい?
風と陽射しが聞くから
人間 所詮は独りよ
私は答えた

がんばらずに
気楽にいくのがいいね

みんなで笑いあった
昼下がり


○ 貯金

私ね 人から
やさしさを貰ったら
心に貯金をしておくの

さびしくなった時は
それを引き出して
元気になる

あなたも 今から
積んでおきなさい
年金より
いいわよ


○ 化粧

倅が小学生の時
お前の母ちゃん
きれいだなって
友達に言われたと
うれしそうに
言ったことがあった
それから丹念に
九十七の今も
おつくりをしている

誰かに
ほめられたくて



● どんなときも朝は必ずやって来ると言う トヨ さん。

私(増澤)も、いつも謙虚に明るく元気に過ごしていたい。


そしてあのイキな “ シンチロー爺さん ” 
いいじゃないか・・・、

なかなかおもしろい。
と歳を降るごとに言われつづけたい。
  
Posted by masuzawa05 at 09:01Comments(0)

2012年06月04日

ココ・シャネル

1








 ● 高野てるみさんの 「 女を磨くココ・シャネルの言葉 」 を読んで私の仕事に通底するものを感じ、美しい一人の女性の生き方に心を奪われた。

 本名ガブリエル・シャネルは、父が彼女を呼ぶ 「 ココ 」 というニックネームによって、後に自らをココ・シャネルと名乗るようになっていきます。

◎ 「 エレガントに、強く、賢く、美しく、凛として 」 生きる。


○ ― なぜまた始めたの?
― だって、退屈で死にそうだったのよ。

大女優マレーネ・デートリッヒの問いに対して答えたシャネルです。すかさずデートリッヒも、 「 あら私と同じだわ 」 と答えたそうです。71歳の再デビューの。時の話です

○ 賢さ: シャネルが作り上げたものは、単なるモードではなくスタイルだった。

○ りこうな女は100万人に5人よ: 彼女は、頭の良し悪しだけではなく、礼儀や品位などに欠けていることも愚かだと感じていたようです。しかし、 「 りこうな女はわたしとは縁がないわね。そんな人たちが、男たちに気に入られようと美しく装ってみせたりしないでしょうから 」 とも言い、皮肉たっぷり。


● 利口な女は嫌いだと公言する男が世の中に大勢居ますが、なぜでしょうか?
 
私(増澤)思いますに、それはきっと自分の思い通りにならないからではないでしょうか。はたまた男の側からのひとりよがりな独善・・・・・。本当のところは、利口な素晴らしい女性にめぐり合っていないからでしょう。

素晴らしい女性と認識する感性が貴方に乏しいからかもしれませんね! 貴方の側に大いに原因があります。


○ ジャージーなんて、当時は下着にしか使われなかったのよ。わたしがジャージーに、上着になる栄誉を与えたってわけ。

○ 香水をつけない女に未来はない: 美しさの基本はまずは清潔なこと、清潔な体には、質のよい香水が似合う。

○ 美の武装: どこへ出かけるときでも、おしゃれをしたり、化粧をしたりするのを忘れないようにね。最良の人に、いつどこで逢うかわからないから。


● 亭主も清潔で小奇麗な身なり。美しい食事作法・立ち居振る舞いと爽やかな笑顔を心がけ、センスフルな会話と・お洒落であることが必要。と、私(増澤)思っています。

夫婦であれば、それが奥方に対しての最低限のエチケットだと思われませんか!  もちろん逆もまた真なりですが。


○ エレガントな美しさ: 天分は持って生まれるもの。才能は引き出すもの。

〔 彼女の持っている独創性を、彼女はそれを決して表に出さず、といって隠すのでもなく、ただ着るもので表して見せるんだ。― サルバドール・ダリ 〕

○ 装いは知恵であり
美は武器
そして謙虚さはエレガンス。

シャネルは “ エレガンス ” を、どうとらえていたのか。彼女は 「 出かける前に、何か一つ外したら、あなたの美しさは完璧になる 」 という名言を残している。


● 私(増澤)シック( chic )という言葉が好きだ。 粋で上品であかぬけした人生を送りたいからだ。


○ 香水: ファッションデザイナーとして初の香水づくりに取り組んで大成功をおさめます。 「 鼻で引っぱる 」 と表現したシャネルの嗅覚は人並み外れていたそうで、鈴蘭を摘んできた少年の手から漂う花の香りを感じることが出来たそうです。

○ ベージュ色: 自然の色ではない色を悪趣味だと考え、相手にしなかった。彼女は大地の色としてのベージュを愛した。

○ 生き生きとしていれば、醜いということはない: 「 きれいさというものは損なわれやすく、うしなわれていくが、美しさというものは持続する 」 がシャネルの美の基準でした。 「 20歳の顔は天からの授かりものだが、50歳の顔は自分でつくり上げたもの。生き方そのものが顔に出ますよ 」 とも。


● 男の顔は履歴書、女の顔は請求書とか言われますが、本当のところが分からない。そのものズバリでいいんでしょうか?! 誰か教えてください。


○ 凛として: 装うことは素敵
        けれど装わされることは哀しい。

○ 沈黙: 自分のことを語ってはだめよ
      黙って人にわからせなくては。

○ 精算: 結局は、あなたに借りはないわ。
      あなたのほうだって、何も借りてないわよ。


● 貸し借りのない人生なんて私(増澤)、素敵だと思います。そのほうがお互いに幸せになれる。 たとえそれが夫婦であっても。


○ 戦利品: スコットランドのツイード織りを、女性のためのスーツの素材として用いることにチャレンジし、大成功したそんなきっかけも、ウエストミンスターとの恋から学び取ったことだったのです。同じ英国人のカペルとの恋で知ったジャージーに次ぐ、シャネルの “ 恋の戦利品 ” でしょうか。


● ツイード( tweed ): スコッチツイードの略、スコットランド南部で産する手織りの毛織物。
● ジャージー( jersey ): 軽くて伸縮性のある厚地のメリヤス生地。
〔 メリヤス; 綿糸、毛糸などをループ状の編み目の集合により、伸縮するように編んだもの 〕


○ 色気: コケティッシュとか、コケットリーという表現は、男性が感じる女性の性的な魅力、男を惑わす、ちょっと粋でおしゃれな色っぽさを言うのです。シャネルの服には 「 イットがある 」 と、よく言われるそうですが、言われたほうもまんざらではない、ニュアンスのある言葉です。
シャネルの5番の香水をまとって寝ると言い、シャネルの知名度を絶対的に上げた女優のマリリン・モンロー。彼女はコケティッシュというより、セクシーといわれるべき女性。イットは、往年のクララ・ボウという女優さんから生まれた表現。ならば、コケティッシュな女性の代表といえば、やはりココ・シャネルの右に出る女性はいないでしょう。 
( 以上、続・女を磨くココ・シャネルの言葉 高野てるみ著より抜粋。)


● coquettish: なまめかしいさま、男の気を引くさま
coquettrie(仏): 媚態、あだっぽさ
it: 性的魅力、色気 ( アメリカ映画、イットから )
sexy: 性的魅力のある、はなやかで人目をひく



● 彼女の映画を最近TVで見たせいか、ココは知的で可愛い女性とお見受けした。読み終わってみれば、珠玉のことばの洪水に、本は dog ear だらけ、  激しく・やさしく・美しい、彼女の美意識に基づく挑戦の日々にひたすら乾杯。


  これは銀座のシャネルのお店で開かれていた写真展のパンフレットです。

2






 ● 私、最近いらいらして、気が短く、年に一度は泥酔する。良くない、改めねば!
  
Posted by masuzawa05 at 09:38Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター