livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2012年04月23日

カンディンスキーと青騎士展

1911年ミュンヘン、 「 青騎士 」 の登場は事件だった。

1








● 個人的なことですが私(増澤)、どうも明るい派手な色が好きなようだ。一番好きな色
は黄色。中国では黄色は日本で言うピンクのイメージで、色のピンクと共に言葉のピンクも表し、少しいやらしげな色らしい。何かの本で読んだことがある。
以下赤、青、橙色。服も、橙色・青・黄色・黒・白etc、チェック柄。赤いズボンも持っている。明るい色の絵を見ていると心が浮き浮きしてくるのが楽しい。

2









◎ レンバッハハウス美術館所蔵、カンディンスキーと青騎士展 ( Kandinsky and the Blue Rider from the Lenbachhaus、Munich )を三菱一号館美術館に見に行ってきました。
 「 青騎士 」 とは、カンディンスキーとマルクの編集により、1912年に出版された芸術年鑑のタイトル。二人は彼らの芸術理念に共鳴した芸術家と共に 「 青騎士 」 を冠した展覧会を組織しました。目に見える形にとらわれず精神的なものを重視し、自由な色彩とフォルムにより描かれた作品はドイツ表現主義の中核となりました。青騎士の活動は第一次世界大戦の影響により短命に終わりましたが、その名は抽象絵画の先駆者カンディンスキーの偉業とともに、20世紀美術の歴史に刻まれています。

3










 画家フランツ・フォン・レンバッハ(1836〜1904)の邸宅であったこの美術館は、芸術運動 「 青騎士 」 のコレクションによって国際的に知られています。

● 抽象画の先駆者というイメージが強かった割には、今回見てみて意外とおとなしいのにびっくりした。それは何故だろうか・・・。


○ 花嫁 ( 彩色ドローイングの典型的な作品 )

4









○ ガブリエーレ・ミュンターの肖像

5









● 唯一の肖像画である。写実的であることに心苦しさを感じたのであろうか、彼女に宛てた手紙では、最悪の出来であると告白している。その後暴力的なまでに抽象化された彼女の絵を描いている。

     
○ ムルナウ近郊の鉄道

6








○ オリエント風

7









● 前作の鉄道あたりから、ゆるやかに抽象へと傾斜しているのが判る。
彼は40代前半アルプスのふもとにある自然の美しい街・ムルナウの風景や町なみを描くうちに、鮮やかな色彩や線の勢いだけで絵画が成り立つことに気付いていった。だから良く見れば具象が顔をのぞかせる。その辺がおとなしい抽象画の所以かもしれない。


○ < 秋・機 筺,里燭瓩僚作

8








○ < 印象・掘 福.灰鵐機璽函 法 

9









● ここらあたりからかなりの大胆さが見える。中央の黒いピアノと聴衆の山状の黒。白い縦の線は空間を構成する柱だという。


○ コンポジション・擦里燭瓩僚作・2

10










● またまた、この辺に来ると彼らしいと思うのだが、研究者たちは 「 最後の審判 」・「 復活 」・「 ノアの洪水 」・「 愛の園 」 とか評しているが、
彼はこう述べている: 「 具体的な対象を持たず、心の趣くまま、ごく自然に自ら生じたものである 」 と。


色々な色の渦に飲み込まれながら会場を一泳ぎ、心地よい色酔いにクラクラ。
  

Posted by masuzawa05 at 10:42Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター