livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2012年03月27日

代官山 蔦屋書店へ行ってきました


 自宅の居間が “ café ” 付の本屋になった。


外観:

12






1F,2F プラン:

34






● 二階建ての長方形の三つの建物を、少しずつずらしながら配置し、二階で外廊下にて繋がっている。中央棟の二階の書籍空間の中に、核となるゆったりとしたcafeラウンジが拡がり、全体の構成はイレギュラーにcafeと読書スペースが書棚の中に差し込まれている。自宅の延長上にある本を選べる居間がある本屋とでも言いましょうか。

シンプルで分かりやすく、親切で、デザイン化された空間にありがちな硬さがなく、アットホームだ。


渡り廊下: ここは外廊下なのだが、内廊下だと思っていたので意外だった。東京が大雪の翌日だったので、ビショビショを室内に持ち込むので・・・? だ。 
ここで四季の外気に触れるのもいいような気もするが、なにか法的規制でも有るのだろうか・・・?!

5-1






吹き抜け階段:

5-2






cafeラウンジ: ここでハヤシライスのランチを摂る。ライスがキューブなのだ!    キュービックな建物に合わせ、そこまでやるかと笑ってしまう。

67





8






映画コーナー:

910






音楽:

1112







文具:

13






旅行:

14






メインは本、本、本:

1516






1718






外部既存樹木:

1920









 ● 透けた空間に蔵書の山、手にした本を置いて、椅子に腰掛けコーヒーブレイク、図書館風喫茶店。ちょっと散歩がてら出掛けたくなる雰囲気がいい。
  

Posted by masuzawa05 at 09:15Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター