livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2011年12月26日

ゴッホ展



 ゴーギャンを取り上げたら Vincent Van Gogh を語らないわけにはいかない。

1










 早速、新美術館に出掛けた

2













 私(増澤)、高校時代美術部で油絵を描いていた。友人が描いた向日葵の絵を見てこいつには絶対かなわないと思ったことがある。今思えばあの色遣い、そして絵のタッチはゴッホを引きずっていた。
 個人的には黄色が好きで、特にゴッホのヌクッとしたグリーンを含んだ黄色はたまらなく好きだ。


○ 曇り空の下の積み藁: 

自然は重要な霊感と慰めの源だった。彼は荒れ狂う空の下の広大な小麦畑を3点描いた。そしてその後間もなく、この小麦の積みわらを描いた風景を戸外で製作したに違いない。部分的に曇り空を映している草地の水溜りから判断して雨模様の日であろう。

3









○ ヒバリの飛び立つ麦畑:

 思わず引き込まれてしまうような動きの感覚である。鑑賞者は、まるで刈り取りの終わった畑の前に立っているかのようで、その背後では麦の穂が風に揺れている。

4






○ マルメロ、レモン、梨、葡萄:

 ゴーギャンをして 「 黄色い静物画 」 と呼ばせた。

5





○ アルルの寝室:

 今度もまたごく単純に自分の寝室を描いたものだが、色彩が大きな役割を成し、要するにこの絵を見れば、頭なり、あるいはむしろ、想像力が休まらなければならない。

6






○ ゴーギャンの椅子:

 「 今や僕は想像で描き始めている 」 ゴッホはモデルなしで肖像画を描く妙案を思いついた。空っぽのいすは、普段そこに腰掛けている人物を表現できると考えたのである。

7










○ 種まく人:

 ゴッホの眼には、ミレーの <種まく人> は “ 自然 ” 以上に確固とした存在で、ほかの何とも比較することが出来ない作例であった。
 「 あそこにあるのはただの種まきではなくて、むしろ魂なのだ 」 大胆な構図は日本の版画からヒントを得ている。

8








○ 夕暮れの松ノ木

9










○ アイリス

 背景の黄色と花瓶の置かれた台の黄土色に対して、紫のアイリスがまばゆく際立っている。

10









● 彼の経歴についていろいろ言われている。
 ミレーに心酔していたとか、基本的な絵の勉強をしていないまったくの独学であるとか云々、私(増澤)、そんなことはどうでもいいじゃないかと思っている。テクニックを教わらずとも心で感じて描けばいいと思っているからで、彼の塗り重ねて見せる色の表情がいい。 そして、黄色がなによりも好きだ。
  

Posted by masuzawa05 at 16:57Comments(0)

2011年12月19日

心に残る建築家の言葉・その31



 『 人間は何も創造しない。ただ発見するだけだ 』

1






◎ ガウディは自らのことばそのままに、神が創造した自然から、形や色、光を見出し、建築に引用した。その多彩さは他に類をみない。

 永遠の建築といわれるサグラダ・ファミリア。木漏れ日の差す森 ( 身廊・側廊 )、螺旋状に伸びる巻貝 ( 鐘楼 ) などを連想させる造形は、装飾性を超え、構造や機能の合理的な連鎖でもある。ガウディは自然にひそむ多様な仕組みを読み解き、その神秘性を建築に再構築した。


 ○ スペイン・バルセロナ 正式には “ サクラダ・ファミリア贖罪聖堂 ”
   について 

2






 ● MY・辞書より: 贖罪 ( しょくざい ) とは

 犠牲や代償を捧げることによって罪過をあがなう(つぐなう)こと。特にキリスト教の教義の一つ。自らではあがなうことのできない人間の罪を、神の子であり、人となったキリストが十字架の死によってあがない、神と人との和解を果たしたとする。 和解、赦し (ゆるし )。 ちなみにサクラダ・ファミリアとは聖家族という意。 
さしずめ、 「 聖なる家族・赦し導き(ゆるしみちびき)の教会 」 とでも言おうか。

 贖罪=Make up for atonement ( 罪滅ぼしをする )


◎ ところで、近頃 「 バイオミミクリー 」 という言葉が話題になっている。バイオは生物、ミミクリーは模倣の意であり、技術開発において生物の能力を模倣するという意味である。 ( 詳細については又後日 )
 この建物は植物の構造をミミクリーしている好例であろう。植物的なフレームを現代技術で解析すると、整合するという。

3






  人は野菜のブロッコリー(スティックセニョール)林の中のてんとう虫の様なものだ


 ○ 自然は建築の技師である

   建築の中にひそむ自然や生物
   それを読み解くことは
   知性と感性の冒険だ



 ● 私(増澤)思いますに

自然の中の一生物としての人間の考える諸々も、自然の側から見れば

“ はなから、すべて お見通し ” なのだ。


◎ サグラダファミリア彫刻家 外尾悦郎氏は 「 ガウディ 」 論の中で実体験のエピソードとしてガウディのすごさをこう述べています:

 本当のガウディの才能、天才性というのは、何も勉強しなかった、数学も勉強しなかった、文字も書けない職人たちに、いくらでもできるような方法を考えた。つまり常に職人たちのことを考えていた。100年以上経ったあとに来た外国人の私にも、ちょっと調べれば分かるように造っているのです。これは見事です・・・・・。
 本当のデザインとは新しい、何もないものを造るのではない。そこにあるものを観察して、一つに凝縮すること。それがデザインではないかと私は思います。
 構造について言えば、全て直線なんです。ガウディは直線を使っていないと思われていますが、ほとんど全てが直線でデザインされたすべての曲面なのです。これは素晴らしいことです。人と人が図面の上で話し合う。言葉で話し合う。 「 これをまっすぐ行けば分かるよ 」 と言えば、道は分かります。 「 これをぐるっと回ってね 」 なんて言われると、どうやって曲がっていいか分からない。直線というのは人と人をつなぎます。直線で作られたすべての曲面で造られております。


● 『 優しさは易しさ 』 といつか自分に問いかけたことを思い出しています。
易しいという優しさで建物を作れば、その中の生活を通して心が豊かに羽ばたきます。

文化勲章受章者で服飾デザイナー ISSEY MIYAKE さんも確か同じようなことを仰っていたように思います ・・・ 『 着易さは優しさ 』
  
Posted by masuzawa05 at 10:39Comments(0)

2011年12月12日

貧しい人は素晴らしい人たちです (マザー・テレサ)


 2010年、生誕100年を迎えたマザー・テレサ。

クリスマスを前にして、今そのとき買った本を読み返している。


○ 「 私たちの働きは
大海の一滴にすぎないかもしれません
でも、大きな海も、一滴の水なしには
大海にならないと思うのです 」

20100108163756_00001





◎ マザー・テレサ 永遠の愛


○ 人間にとって最大の不幸は必要とされないこと:

 瀕死の路上生活者が毎日運び込まれ、シスターたちが一人ずつ面倒を見る。ほどなく彼らは亡くなっていく。 「 無駄ではないか 」 との思いがよぎった。
 だがマザーは言う。 「 人間にとって最大の不幸は必要とされないこと。あなたは必要な人であり、生きてきてよかったと思ってほしい。それを伝えたいのだ 」

● 老いて必要とされなくなった人、事あるごとに早く居なくなって欲しいと思われている人、介護や尻の始末をしてもらわなければ生活できない人。

貴方は身内ではなく他人であるその人に、具体的な手を差し伸べることが出来るでしょうか。

意識では出来ても具体的にはなかなか出来ない・・・介護が必要なその人が他人ではなく貴方自身であったらどうだろう、受ける側としてどう思うだろうか。

具体的な日々の生活のサポートが大切である。 他人にそれが出来る人が身内にもいる。いたわりの心を育てられたから出来るのでしょう。

私、自分自身に問いかけるのだが、せめてサポートする人を気持ちで支えることぐらいしか出来ない。


  ○ 家庭の中で育つ愛:

「 愛とは何でしょうか? 」 と生前のマザーに尋ねたことがある。 「 愛とはささげること。愛は家庭の中で育ちます。家庭で愛を実践してください 」 と語ってくれた。
 またマザーはシスターたちをよく笑わせるウイットに富んだ女性だった。

              ( 千葉茂樹さんの撮影取材30年より抜粋 )



● 表題に戻ってマザーの言葉を噛みしめています。私(増澤)思いますに、

 極貧にあえぎ捨てられた人たちに愛情をそそぐことによって、その人たちは 「 生きていてよかった 」 と心から思い、お互いに温かな気持ちが芽生え、そしてやさしさの輪が拡がる世の中。

短絡した独りよがりな考えかもしれないが、そんな人としての思いやりに気づかせてくれたことへの感謝・・・と理解した。

“ 貧しい人は素晴らしい人たちである ” 


差別と偏見に満ちた我が心を糺し、本当になるほどと思える日を信じて。
  
Posted by masuzawa05 at 10:09Comments(0)

2011年12月05日

ゴーギャン展


◎ 我々は何処から来たのか
  我々は何者か
  我々は何処に行くのか

12






◎ 芸術とは一つの抽象なのだ。
自然を前に夢見つつ、自然の中から抽象を取り出すのだ。

3








 ● 私(増澤)今までは南国タヒチのイメージでなんとなく明るいイメージでいたのだが、現実はなんとも暗い色調の絵、絵、絵だ。それ故に象徴的に表れる ‘ 朱色 ’ は心の血の叫び、象徴的な色なのかもしれない。

 そして唯一の白は、彼が死の直前に描いた白馬と白い服の女が居る景色、遠くに墓地の白い十字架。何かを暗示する白・・・・。暗い粘着的な性格が猟奇的でそれゆえに幼子を含めた女性遍歴を繰り返させたのか・・・・ ポール・ゴーギャン。


◎ 私の作りたいのはシンプルな芸術・・・・・
シンプルな自然の中で、多くの人たちと接し、自分を鍛えなおすのだ、その為未開の人たちと接するのだ。と言って南国に旅立つ。


○ 海辺に立つブルターニュの少女たち:後にタヒチの少女達につながる片鱗が見られる。

4








○ パレットをもつ自画像

5








○ かぐわしき大地

6








○ 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこに行くのか

7






◎ 生〜死 のドラマが描かれている

『 我々はどこにいくのか? 』 :一人の老婆の死の際に、一羽の異様な、愚かしい鳥が結論を下す。

『 我々は何者なのか? 』 :日々の生活
               本能的な人間は、これらすべてが一体何を意味するのか
を自問する。

『 我々はどこから来たのか? 』 :泉
                  子供
                  共同生活

○ 女性と白馬:やけに色調が明るい死に際の作品。

8






● 付属している石鍋シェフのレストラン・クイーンアリスにて、タヒチに思いを馳せて作ったというランチセットを食べる。美術館のレストランでよくやる手だが、イベントに応じた料理、それはそれで楽しめる。

9






 イタリア産の水(サンベネデット)

10






 前菜等: パパイヤと小海老のカクテル、ジンジャースープ
   (食い気に走っちゃって、気がついたら海老は食べかけ写真に・・・ごめんなさい)

11






 タヒチ風ローストポーク ( ハム風だが、この豚は旨かった )

12






 デザート:南国フルーツ、ココナッツアイス添え

13






 ランチセット 2,500円+白ワイン350円 締めて2,850円でした。



● 今回は、私(増澤)の美術展に於ける風変わり人間観察などを少々。

いろんな人がいる:

 きちっとしたペンシルストライプのダークスーツに黒のテンガロンハット(?)を被った七十がらみの紳士。

デザインされたずたずたのジーンズに総模様のTシャツを着て、ヘンテコリンな帽子を被った五十台の男。

黒ずくめの上下で長い黒髪、女のような男の奴。

ロングスカートに長い黒髪、背が高い双子のような美人姉妹、一人はお腹が大きく、特筆すべきは化粧の程がタヒチの娘風、目元は隈取ってあきらかな化粧がされているが、それなりにきれい。

ものすごく派手な上半身と化粧、下半身はボンレスハム状態の黒タイツのお婆さん。
旦那がおとなしいのを幸いに、なにやら元気に指図する。旦那は寡黙にハイセンスなお洒落好好爺。二人とも背が高く年齢八十台か海外暮らしが長そうな日本人。

あまりにも目立つ好対象なので、写真に撮ろうとして案内のお姉さんに叱られた。エレヴェーターホールだからいいと思ったのに、ダメのようだ。この欄にイラストを載せたかったのに。


私自身、人ごみに自分を置いて客観視すれば、多分、初老のチョイ悪オヤジ風。
う〜ん 其れなりにいいかんじにちがいない。・・・・・満足できる午後だった。
  
Posted by masuzawa05 at 10:52Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター