livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2011年09月26日

色彩の詩人・マティス展


 青い縞模様のシャツを纏った愛娘の絵を新聞紙上で見て、マティス展を知った。
爽やかさゆえにその絵に会いたくて、はやる心でブリヂストン美術館に出掛けた

1






 1869年、フランス北部の高級織物の産地 ル・カトー=カンブレジにマティスは生まれた。ボアンで穀物商を営む父はマティスにパリで法律の勉強をさせ、故郷からほど近いサン=カンタンの法律事務所職を得るとともにデッサンを習い始める。そして、20歳の時虫垂炎をこじらせ病に伏していた際、グービルの 『 絵画論 』 を読み、母親からおくられた絵の具を使って絵を描き始める。そして、翌年には画家になる決心をし、再びパリに出る。
 20世紀初頭のフォーヴィスム ( 野獣派 ) 中心人物であった彼は、絵画における既成概念に挑戦し続けました。その革新的でありながら情感と知性のバランスがとれた新手法は、フランスのみならず諸外国の画家たちへも広まり、マティスは20世紀前衛芸術の先導者となりました。

◎ 「 私は一枚の絵をみるとき、何が描かれているかは忘れてしまう。大切なのは線と形と色だけである。 」 ― アンリ・マティス 

2









○ 赤い胴着の女

3









○ JAZZ < イカロス >

4









◎ 目指したのはこの絵 縞ジャケット

5









 ● お目当ての絵に会えてよかった。
                      
けだるい夏の一日、都心の高級ホテルにアーリーチェックイン、シャワーを浴びさっぱりとして、こんな青い縞のシャツを纏い、夕暮れの銀座あたりをお洒落に颯爽と歩き、レストランで良く冷えたビールを、磨きこまれた冷たい細身の薄口グラスで先ずは一杯・・・。      ライトディナーの始まりです。 この絵にはそう思わせる清涼さがある。


◎ 色彩とリズムの即興 ― 私は色でデッサンする:

『 南極と北極 』 かつてピカソは、20世紀の絵画史上最も名高く、最も大きな役割を果たした二人の画家をこのように形容したという。実際、マティスとピカソはよきライバルだった。半世紀以上にわたる二人の交わりは、馴れ合いに陥らない分別ある友情のうえに築かれていた。色彩の詩人マティスはフォルムの破壊者ピカソのなかに自分と正反対の資質を見出していた。 「 私は色彩を通して感じる 」 とマティスは言う。 「 だから、私の絵はいつも色彩によって統一が与えられるのだ。だがそのためには、感覚を凝縮し、用いる手段を最大限に表現する必要がある。 」 と述べています。

画家にとって、一本のバラを描くことほど難しいものはない。            
なぜならば、そうするために、
今までにあらゆるバラが描かれていることを、
まず忘れなければならないからである。



◎ 切り絵:
 1943年ごろ、陽光溢れる南フランスのシミエ、そして後にプロヴァンスにあって、
マティスは絵で語るべきものはすべて語ったと感じていた。しかも、病気のために絵の具
を扱うのが難しくなっていた。紙をあらかじめグワッシュで彩色し、好きな形に切るとい
う方法を用い始めたのは、その時である。

 『 色彩とリズムの即興 』
 『 生きた色を切り取る事は、彫刻家の直彫りを思い出させる、私の曲線は狂っていな
  い 』

6







○ 白のトルソと青のトルソ

7






○ 青のヌード

8









○ 切り絵いろいろ

91011









●  私(増澤)思いますに、ペインティングできなければ切り絵で! 芸術家のものすご
い執念を感じます。

今、ニューヨークのMoMA( museum of modern art )の階段室に飾ってあったダンシングサークルを思い出しています。
そう言えば、輪になって色が踊っていました。


 喫茶でティーしました( アールグレイのアイスティー付のショコラミルフィーユ )。
甘いもの好きの私です。 セットで¥900でした

12  

Posted by masuzawa05 at 09:30Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター