livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2011年07月25日

旅の効用

 「 旅暮らし 」 という立松さんの追悼エッセー集、綾なす珠玉の 「 言の葉 」

20110517112027_00001









◎ 旅のよいところの一つは、いつも暮らしている視点、つまり日常生活の側からではなく、自分が本来持っている感性から対象を見ることができる点だ。自分の目の高さは身長の分であり、そこからものを見る感覚が知らず知らずに身についている。だが地面に寝そべれば蟻の視点になり、木に登れば鳥の視点になる。水中を泳げば魚になり、カヌーでいけば水鳥になる。そのように視線の位置をどんどん変えていくことが、旅に出るということだ。

● 彼と私は、同い年。ウチで設計した伊豆のいなとり荘の客室に飾られた色紙に、部屋から眺めた水平線に浮かぶ島々を見晴るかす、流麗な宿泊賛歌が綴られていて、好感をもって読んだ。  
こういう情感を形に表せればいいな、と常々思っていた。

2010年亡くなられましたが、旅先での溢れる出る感性を 「 言の葉 」 に託し、クリクリした眼差しと、訛りのある独特な口調で語る姿が偲ばれます。 


○ 彼の「 知床の春 」 という一文が好きだ。


 知床の春は、流氷が去っていくことからはじまる。流氷を山からの出し風があらかた沖に運び去ってしまうのだが、海面には忘れられたようにまだ少し残っている。そんな時、すぐそばまで流氷の見物に行く。流氷は奥底に深い青い色をたたえている。氷河の透明な青、グレーシャー・ブルーである。
 私はカヌーを漕ぎ出し、流氷を見送りに行ったのである。間もなく流氷は風に吹かれ、海面に一片も残らないであろう。
 こんな時、陸地では水の澄み渡った音がいたるところでする。氷や雪が解け、一滴一滴と地面にしたたり、走り出して川となったのである。知床の春の代表は、この水音であると私は思う。水音が聞こえないという場所というのは、ほとんどない。私自身もこの水に洗われているような気分になるのである。
 森の土は黒く湿り匂いやかな香りに包まれる。春の森では、生きとし生けるものが目覚め、生き急ぐような気配に満ちて、静かなのだがどこかしら騒然とした雰囲気になるのだ。ミズナラやカツラの幹に耳を押し当てると、水を吸い上げる音が聞こえる気がするが、枝が風に揺れる音かもしれない。
 春を迎えて騒然としているのは私の心だ。


 ● 私(増澤)思いますに、 『 気づき 』 は珠玉のことばを紡ぐ感性の初動であり、 気配・気づき を感じさせてくれる日本の四季の営みに感謝したい。
  

Posted by masuzawa05 at 09:01Comments(0)

2011年07月19日

今どきの旅館に必要なもの・その20

20110516112903_00001








● 日本は島国です。

南北に細長く南は台湾近くの沖縄から、北は樺太、カムチャッカにつながる北海道まで、日本海と太平洋の間に割って入った盾のように北はロシア、朝鮮、中国に面し、南は広大な太平洋に抱かれ、様々な気候風土、文化による情感を醸し出しています。 

 変化に富んだ海岸線が長く続き、多くの島々や岬・渚が連なる我が国土は列島中央を山脈が走り、流れ出る豊かな水脈が、河川・湖沼を生み、沃野を潤し、海に注ぎます。

 町や田畑から山裾に拡がる生活のために手を入れた里山には季節の営みが展開され、滋味豊かな野菜に恵まれ、そこでは人と動物、自然との共生による生物多様性が見られ、海岸線に目を転じれば森は豊穣な海を育み、変化のある季節の食材を提供し、そこから我々は様々な滋養に富んだ恵みを得、美しく倹しく暮らしています。

 描きたい絵があるとすれば、日本の風土そのものが豊かな大自然のキャンバスであり、住まう知恵と互いの助け合いと繊細なもてなしが潤いのある生活を育み、我が国土は一幅の名画を成し、感性豊かに人々を旅路に誘います。

                                 
地域・ロケーションに応じ旅の宿も様々ありますが・・・・・島宿、岬の一軒宿、白砂青松の宿、街中の料理宿、商人宿、清流渓谷に面した宿、里山に山並みを背にして埋もれるように佇む隠れ里の宿、湖畔の宿、雲海に遊ぶ山岳宿、そして名所旧跡の宿、湯治宿、温泉宿、様々な宿があります。

然しながら時代の変遷に伴い利用の仕方、目的ごとにもっと色々のタイプの宿があってしかるべきだと、思い始めています。



● 徒然なるままに、南から北へ土地の名称とイメージを書き記して見ました。

  浅瀬を行くのどかな水牛車・竹富島、 きらきら光る沖縄の浜辺、 屋久杉繁る南の島、桜島の噴煙とさつまあげ、 長崎の中華異国の界隈、 椰子の葉揺れるハネムーン宮崎、阿蘇の草千里大自然、 霧の湯布院。
 ふぐの下関、 萩・津和野の歴史町、 厳島の景観、 瀬戸内のきらめき、 潮待ちの港鞆の浦・保命酒・対潮楼、 播州手延べそうめん・白鷺城、 山陰の日本海的刹那、 萩のしっとりとした佇まい、 神の集まる出雲、 四国の明るい素朴さ、 阪神のモダンさ、 大阪の活気。
 古都・奈良京都、 和歌山の山並み、 神がかり熊野の自然、 太地のくじら漁、 朝鮮を臨む輪島(倭島)、 能登棚田の原風景、 近江の底力、 彦根のおしゃれ、 琵琶湖の佇まい、 岸壁の母福井、 富山の立派な家と屋敷林、 高山の町並、 上高地の神々しさ、 伊勢神宮参拝の夢、 名古屋の喧騒。
 アルプスの山並み、 松本の城、 信玄の山梨、 うなぎの浜名湖、 みかんの静岡、 温泉の伊豆、 世界の富士山、 すぐ行ける箱根の気安さ近場の自然。
 江ノ島鎌倉・頼朝、 開国横浜 、新潟の料亭、 流刑地佐渡、 群馬のこんにゃく、 江戸村東京、 東京湾九十九里千葉、 ベッドタウン埼玉、 水戸偕楽園、 霞が関。
 野口英世の猪苗代福島、 さくらんぼ山形、 酒田の大火、 なまはげ秋田・きりたんぽ・しょつる鍋、 東北の雄仙台・伊達正宗、 政治家小沢・リアス式海岸岩手、 林檎の青森。
 少年よ大志を抱けのTHE・北海道・・・・・etc。



● ファースト・フードやコンビニが日本中を覆いつくし、どこへ行っても同じ顔の町並み、個性的な地方の顔が隠れてしまっている。

それぞれの場所がオンリー・ワンである。金太郎飴のような街には離縁状を突きつけ、古い家並みを遺しながら、そこでしかない懐かしく親しみを持てる “ まちづくり ” をすべきだと思っています。

● リッツカールトンがホテル進出のための “ 三つの条件 ” を目にしたことがあります。
  
それは 一、外観を含め素晴らしい施設を
      一、いいロケーションの場所に創り
そして
一、皆と夢をもって運営に当たる

シンプルな条件ですが、旅館繁盛のための正しい三条件と思っています。

地域特性を生かし、個性化を計らない宿は選ばれなくなる。

さもなくば、リーズナブルプライスで丁寧な応対と気安さを心掛け、お馴染み様をつくる宿 ( 我が家のような ) が生き残る。
  
Posted by masuzawa05 at 09:15Comments(0)

2011年07月11日

ばさら邸 近況


 7月4日 ご愛顧をいただいている ばさら邸が “ 海里のはなれ ” を増築オープンいたしました。
 客室3室とスパ、メディテーションラウンジが増設されました。

 アクティブシニアの為のビラとでも言いましょうか、海を見下ろす丘の上にあります。天井高を充分にとり、のびやかな内外部一体の空間には自然通風のさわやかな海風や山風が吹き抜けます。もちろん 『 露天風呂付旅館 』 でもあります。

12





 部屋から見たテラス越しのパワースポットです。



● ‘ 海里のはなれ ’ の入り口です

3








● 客室 月の冠 です

45




67





● 客室 翔の冠 です

89




10





● 客室 花の冠 です

1112




1314




15





● ラウンジとはなれ外観です

1617




1819




20





● ラウンジとスパの イメージイラストです。

21





● 料理いろいろ

2223




2425




2627




2829




3031




3233




3435




36





● 私(増澤)思いますに、日本のリゾート旅館はどこまで進化するのかデザイナーとしては益々楽しみで、泊まってみたらもう2〜3泊したくなりました。
( 毎月二人で二泊、年間240万×20年=4800万円、いろいろなところに泊まれます。別荘を購入し、メンテナンスをするよりはお得で、いつも貴方が大将です。 )

 完璧な客室を目指しつつも、リゾートの客室に完璧はありえないと思っています。

それは予算をも含め、旅の目的による建物の使い勝手があるからです。目的に照らしてどの一点が強調されて出来ているかがポイントで、デザイン密度の抑揚が楽しいのです。

完璧な部屋をいかにくずすか、それが個性化につながります。

住宅・旅館・ホテル・別荘・アジト(秘密の隠れ家)いろいろな要素を綯(な)い交ぜて生まれる新しい宿の形。

ざっくばらんに言わせてもらえれば、完璧を期するよりもちょっと抜けているぐらいが丁度いい。 “ 抜け具合 ” が素敵でチャーミング、気分の高まりに呼応して揺らめきうねる空間マジック・・・・・ たまらなく好きな “ 私時間 ” があればいい。 

完璧な美人よりは愛嬌美人、もちろん水が漏れない程度の抜け具合ですが・・・リゾートに来てまで疲れるのはいやだ。

そのときの気分に応じ様々に個性的な宿をチョイスする楽しみがあり、別荘感覚で使えます。

興味のある方はお伊勢参りの徒然にご宿泊いただきたい。

3738








ちなみに、ご存知アジアのアマングループのホテル、お客様の15%が日本人だそうです。( JTB発表 ) 

手付かずの自然の中にある不自由さ、我にかえるひと時、それもまたいいもんだ。

  
Posted by masuzawa05 at 09:54Comments(0)

2011年07月04日

陶芸家 ルーシー・リィー


● ふくよかな真綿で包んだマシュマロのようなおばあさん( 年寄りになってからの写真でしか知らないから、若いころはさぞかし素敵だったろう )。白い髪に白いセーター薄い桜貝のようなくちびる。老いて輝ける美しさ。どこからあんな凛とした力強さが出てくるのか。

1





 三宅一生さんの解説をTVで見かけて、矢も盾もたまらず、東京ミッドタウン内
21_21 DESIGN SIGHT “ うつわ 展 ” に出掛けた。

2





 安藤さん設計の建物

3





 入り口周りのポスター

4





 建物外部側壁沿いの緑 ( 内部横長窓から見えるこの外の緑が効いている )

5






 棟の間から眺めるミッドタウン

6









◎ 感動のかたち・・・・・三宅一生;

 美しいと感動した経験について話してほしいと言われることがあります。そんな時に先ず思い出されるのは、ルーシー・リィーさんの名前としごとです。
 いまから20数年前に、ロンドンの書店で偶然手にとった陶磁器の本。それを見て心を動かされた私は、さっそくルーシーさんの製作スタジオ兼自宅を訪ねることになりました。彼女の人柄と作品の数々に触れて、そのとき私は 「 つくる、とはこういうものだ 」 と直感して心も身体もリフレッシュし、勇気づけられたことを覚えています。・・・中略

 ルーシーさんの作品の美しいこと、シンプルなこと、気高いこと、自然なこと・・・。
手作業の温かさと懐かしさで私たちハートを包み込んでしまう圧倒的な魅力。口べたな私にはまことに好都合なのですが、ほんものの感動はことばを無力にし、かわりに 「 触れてみたい欲求 」 をよびさまします。とにかく、ものづくりの原点がここにある、と感得させるルーシー・リィーのしごと。東洋でも西洋でもない独自な世界がそこに広がっています。

7





◎ ボタンに寄せて・・・・・三宅一生;

 幾度となく訪れたルーシー・リィーさんの住まい。ロンドンの静かな路地にたたずむ製作スタジオ兼ご自宅には、シンプルで無駄なものを削ぎ落とした彼女の創作の精神が宿っていた。ウィーンから亡命してきてからずっと住み続けた家は、強い意志をもって陶芸と向き合った彼女そのものであり、ルーシーさんの凛として温かな人柄とその作品は、私にデザイナーとしての自分自身を見直す機会をあたえてくれた。
 ルーシーさんの死後、彼女の唯一の弟子であったドクター・マックス・メイヤーとイヴォンヌさん夫婦を介して、たくさんのボタンと型が、遺言として私の手元に届いた。ルーシーさんは生前、戦中戦後の暮らしのための仕事ではあったけれど、誇りにしていると語ってくれたことがある。ボタンは、ルーシーさんの製作の原点、出発点だったのだろう。
 彼女と過ごした豊かな時間の思い出とともに、これらの力強く、大胆で、繊細なボタンは、私にルーシーさんの精神を伝え続けてくれている。

8









 ● 私(増澤) 「 技術とたゆまぬ努力と美意識、作品は人柄である。 」 と思った。
 真剣勝負の作品群・・・・・妥協がない。用の美であるボタンが生活を支えた時期があったのでしょう・・・それこそ美の真剣勝負。

本ものを見、深く感動し、反省し、一時落ち込むのだが、その先湧き上がるやる気が楽しい。落ち込む心があればこそより高いレベルへと這い上がれる。 そう思いたい。
  
Posted by masuzawa05 at 10:02Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター