livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2011年07月25日

旅の効用

 「 旅暮らし 」 という立松さんの追悼エッセー集、綾なす珠玉の 「 言の葉 」

20110517112027_00001









◎ 旅のよいところの一つは、いつも暮らしている視点、つまり日常生活の側からではなく、自分が本来持っている感性から対象を見ることができる点だ。自分の目の高さは身長の分であり、そこからものを見る感覚が知らず知らずに身についている。だが地面に寝そべれば蟻の視点になり、木に登れば鳥の視点になる。水中を泳げば魚になり、カヌーでいけば水鳥になる。そのように視線の位置をどんどん変えていくことが、旅に出るということだ。

● 彼と私は、同い年。ウチで設計した伊豆のいなとり荘の客室に飾られた色紙に、部屋から眺めた水平線に浮かぶ島々を見晴るかす、流麗な宿泊賛歌が綴られていて、好感をもって読んだ。  
こういう情感を形に表せればいいな、と常々思っていた。

2010年亡くなられましたが、旅先での溢れる出る感性を 「 言の葉 」 に託し、クリクリした眼差しと、訛りのある独特な口調で語る姿が偲ばれます。 


○ 彼の「 知床の春 」 という一文が好きだ。


 知床の春は、流氷が去っていくことからはじまる。流氷を山からの出し風があらかた沖に運び去ってしまうのだが、海面には忘れられたようにまだ少し残っている。そんな時、すぐそばまで流氷の見物に行く。流氷は奥底に深い青い色をたたえている。氷河の透明な青、グレーシャー・ブルーである。
 私はカヌーを漕ぎ出し、流氷を見送りに行ったのである。間もなく流氷は風に吹かれ、海面に一片も残らないであろう。
 こんな時、陸地では水の澄み渡った音がいたるところでする。氷や雪が解け、一滴一滴と地面にしたたり、走り出して川となったのである。知床の春の代表は、この水音であると私は思う。水音が聞こえないという場所というのは、ほとんどない。私自身もこの水に洗われているような気分になるのである。
 森の土は黒く湿り匂いやかな香りに包まれる。春の森では、生きとし生けるものが目覚め、生き急ぐような気配に満ちて、静かなのだがどこかしら騒然とした雰囲気になるのだ。ミズナラやカツラの幹に耳を押し当てると、水を吸い上げる音が聞こえる気がするが、枝が風に揺れる音かもしれない。
 春を迎えて騒然としているのは私の心だ。


 ● 私(増澤)思いますに、 『 気づき 』 は珠玉のことばを紡ぐ感性の初動であり、 気配・気づき を感じさせてくれる日本の四季の営みに感謝したい。
  

Posted by masuzawa05 at 09:01Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター