livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2011年06月28日

中山道の丁度中間 木曽町


 木曾は山の中、清流のほとり


○ これは関所跡の景観です

12





3-1





 今年(2011年)の国際観光施設協会、観光交流空間のまちづくり研究会・夏会が木曽福島で開かれました。木曾町長 田中勝巳氏のまちおこしについての考え方を聴くと共に、路地歩きをして、歴史ある日本の田舎を体感するのが目的です。

3-2









◎ 「 未来に輝く、いなか 」 自治の花開くまちへ、新たな挑戦:


「 木曾町まちづくり条例 」 五つの特徴

一、 自治法にも、合併特例法にももとづかないまち独自の地域自治組織であること。

二、 まちづくり条例によって、地域自治組織である地域協議会を、将来にわたる町づくりの骨格の一つに位置づけたこと。

三、 計画段階からの公開を含む、徹底した情報公開をかかげたこと。

四、 政策諮問会議の設置による、地域づくり計画など住民の提案権の強化と、町長権限の抑制です。

五、 徹底した住民参加の町づくり。

● 当然といえば当然、普通といえば普通のことなんですね。主権在民ですから。

住民自ら発想・立案・実行する。トップはコーディネーターに徹し、チェックと軌道微修正のみ。これこそ理想的な自治の形ではないでしょうか!
そして、未来に輝く “ いなか ”  キャッチフレーズがいい。



○ 宇佐美の自宅を出て車で四時間弱、お昼に着いたので名物の くるまや(街道店)の蕎麦を食べた。田舎蕎麦だが・・・。

45









○ 宿泊した駅前の 「 山みずき うらら つたや 」 さんです。
国際観光施設協会のメンバーの倉橋さんの改装設計です。

67





8





○ つたやさんのロビーでボランティアガイドのおばさんから、まち歩き前のレクチャーを受けているところです。

9





○ 通りの景色です

1011









1213









1415









1617









18





○ 朴の葉で包んだお餅です。葉の房をそのまま利用しているところが、柏餅よりは粋で美しい。

19




○ 日本一広い石庭の有る興禅寺、木曽義仲のお墓があります。

20









2122





2324





(* 木曽義仲: 源 義仲(みなもと の よしなか)は、平安時代末期の信濃源氏の武将。木曾義仲の名でも知られる。河内源氏の一族、源義賢の次男。源頼朝・義経とは従兄弟にあたる。『平家物語』において「朝日将軍(旭将軍)」と称される。)


○ 山村代官屋敷

2526





27





○ 町なかの散策です

2829





3031





3233









3435









3637









3839









40









○ 屋根上看板に見る昔の商人宿の風情、昔はこういう宿があった。

41









○ つたやさんの水周り

4243





4445









○ 車で、高山のほうに抜ける開田高原まで足を延ばしてみました。

4647





4849





5051





● ウチの東京事務所で手懸けた旅館 「 季の宿・風里 」 が写っています。今回はじめて訪れましたが、本当にのどかな高原で御嶽山がきれいです。

ここには、西部劇に出てくるような日本的な宿があってもいい。ちょっと無骨な木造で・・・私だったらどうデザインするか? 点在する離れをつなぐ回廊・・・庭を歩きながらイメージトレーニング。5月下旬でしたが菜の花が満開でした。黒い土と菜の花はよく似合う。

○ 奈良井宿の町なみです ( ● 私は軒先越しに抜ける空が美しいので、個人的にはくねった坂道のような妻籠・馬籠より、奈良井宿の方が好きです。 ここは、平らかで細長い、緩やかな曲がりまっつぐな道だからでしょうか )

5253





5455





○ 足を延ばしついでに、諏訪大社・上社にお参りをして、いろいろの祈願をしてまいりました。

5657





● 山また山のその先、新緑にポッカリ開けた青空が、ま〜るく見えるのもいいもんだ。


58  

Posted by masuzawa05 at 22:00Comments(0)

2011年06月20日

人間力


 この十数年、いろいろのことが有った。
バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災・原子力発電所の津波被害による崩壊と放射線漏れ。これからも起きうる自然災害や、自然の一部である人間の為す社会の災厄にどう対処していくのか・・・・・。
心づもりとともに、その都度問われる私自身の人間力を思う昨今である。


○ 「 危機になってリーダーが力を発揮するというのはとんでもない。平常時にどんなリーダーであったかが危機のときにはっきりするということだ。現場の状況が分からなければトップといえども指揮のしようがない。日ごろから現場を鍛え、信頼し、彼らのやることを認める体制ができていれば命令しなくても現場が見事に対処するものだ。
( *トップは有事にリーダーシップをどう発揮すべきですか?との問いかけに答えて )

1








● 普段が大切ということでしょう。


○ 企業の価値は資産、資本金、株価などではない。企業の真の価値は社員である。人間である。誰だって仕事の覚え立ては失敗のくり返しだ。中堅になってもなお失敗はある。苦節、苦悩も日々生じる。しかし失敗、苦節が人間の力をつけていく。ここが経営者の歯がゆいところだが、そうして力をつけた企業は底力を持っている。
 ( 著書: 大人の流儀より )

2








  ● 企業は人也と言うことでしょう。



● さて、わが社における人間力を高める為の手だてとはいかに・・・・・自己に厳しく、他人( ひと )にやさしく、悪口と、言い訳・愚痴を言わない。・・・・・・・・・

おっと・・・これは人としての道徳律か? 
ついでに言わしてもらえれば、実現に向かう熱意とテクニックも必要。


● 時に総理大臣、肝心なときには人任せで、信頼して人に任せなければならないときに、トップダウンで勝手に物事を決める。 言ったことは実行しなければ! 実行不可能なことをペラペラ喋るんでは鳩さんと一緒で、民主党は一体全体何なんだ。 

独断専行、アンバランス・・・政治家に対する信頼、いや人間に対する信頼が地に落ちている。
其のこととは別に、他人の悪口は言いたくないのだが、どう欲目に見ても私(増澤)、感覚的に菅さんは嫌いなタイプだ。軽すぎる。
  
Posted by masuzawa05 at 08:47Comments(0)

2011年06月13日

ちょっといい話・その8

20110124123121_00001













 「 シンプルに生きる 」 ベストセラーを読んでいろいろ考えた。
(ドミニック・ローホー、原秋子訳 シンプルに生きるより抜粋)

● 出だしはこう始まります: 

◎ 不要なものを捨てて、ものから自由になることで、こうなりたいと願う自分に一歩近づくことが出来ます。


○ 住まいの基本は、コンパクト・快適・便利:

 わずかな、自分が選び抜いたもののみに囲まれた生活こそが理想で、
家のなかは、ものではなく、すむひと自身が 主役です。


○ ワードローブの再点検:

 あなたに似合わない服
 着古した服
 なぜか分からないけれど一回も着ていない服
 空しい夢だけに終わった服
 買って失敗したと思っていてもとってある服
 フラストレーションの弾みで衝動買いした服
 
 こういう服は、すべて思い切って処分しましょう。

○ 上手に一休みする:

 怠けることは、一種のぜいたくです。天からの贈り物として受け入れ、味わうべきです。ちょっとしたご褒美という感じで。


○ あなたがあなたらしくいるために:

 美しさを形成するもっとも重要な要素の一つが 「 生きる喜び 」 です。ストレスや不安、怒り、悲しみ、恐れなどはすべて美しさの敵です。


○ 美しさとは:

 姿形はセンスの良さと品格によって磨かれます。美しさとは、知性の表れでもあり、
内側からにじみ出てくるものです。


○ 過剰になりがちな食事をシンプルにリセット:

 食べる量を少なめにすることは、人生をシンプルにするための大切な方法の一つです。そして、からだを解放するためには規律も必要です。


○ ひとを批判しない:

 ひとの悪口は決して言わない、と心に誓いましょう。


○ 拒否することを学ぶ:

 必要なときに 「 ノー 」 と言えるようになる事。


○ 聞く耳を持つこと:

 おしゃべりは愚かな行為です。相手の言うことに静かに耳を傾ける態度は、優雅さと威厳を示し、品格を感じさせ、穏やかなイメージを与えます。

 天は我々に聞くために二つの耳を、話すために一つの口を与えてくれた。したがって我々は話すよりも二倍多く聞くべきである・・・中国のことわざより。


○ 他人にしてあげられること:

 貧しさとはお金の有無ではなく、人道的、精神的、知的な資質が低下することを意味するのです。思いやりが大切です。


○ 心の整理整頓:

 ものの整理も、心の整理も、ちょっとしたことの積み重ねが大切です。整理整頓を続けていくうちに以前よりも心に余裕が生まれてきます。


○ ストレスとつきあう方法:

 心配事の九割は、実際には起こりません。起こりもしないことを思い悩むのに、時間とエネルギーを使うのをやめましょう。


○ 孤独を味わう:

 孤独を味わえるようになることで、むしろ、他人が存在する喜びが二倍に感じられるようにもなるでしょう。


○ つつましさ:

 シンプルな生き方を受け入れ、自ら 「 つつましさ 」 を選択すると、次第に人生が 「 豊か 」 に変わっていきます。逆説的ではありますが、自分を捨てることのできる人が、結局、自分の望むすべてのものを手に入れることができるのです。 「 つつましさ 」 に適応できる人は、裕福であるともいえます。
    
 

● 一度きりの人生、豊かに生きたい。

私(増澤)、いまだに欲張りで、心に余裕がないので捨てられない。
我が家では、これらに一番近づいているのは家内でしょうか、足して二で割れば丁度良いかもしれませんね。
  
Posted by masuzawa05 at 08:40Comments(0)

2011年06月06日

ホテルの現場が教えてくれること


国際観光施設協会 インテリア部会セミナーに行ってきました

講師 日本ホテル協会前会長、前東京ヒルトン・インターナショナル総支配人及びロイヤルパークホテル前会長 中村裕氏。
サブゲスト:伊豆天城湯ヶ島温泉 白壁荘 女将・宇田依玖子さん。

20101111174239_00001









 中村さんの講演のポイントと著作からの引用です。

◎ ホテルも良いところはいち早く取り入れることが必要である。マネは恥ずかしいことではなく、マネしてもそれを超えること。
ホテルは旅館から学ぶことが多い。

◎ 心がけている三つのこと

一、 ゲストコメント(100通/月)に目を通す。
二、 現場主義:お客様と話す、従業員と話す。
三、 お客様からの苦情について: すぐ話す、コミュニケーションをとる。

◎ 三つの ‘ くばり ’ : 目配り、気配り、心配り。 適度な緊張感を持つこと。

◎ Q、P、S、Cに配慮

QUARITY :質
PRICE   :価値
SERVICE :サービス
  COST :原価

◎ 人材不足といわれるが、トップに必要なものとは

  リーダーシップ(決断力)
  権限の委譲(まかせること)
  フレキシビリティー(FREXIBILITY)柔軟性、融通性。

◎ 会社はCS(CUSTOMER SATISFACTION)=顧客満足度・CD(CUSTOMER DELIGHT)=お客様の喜びが →  ES(EMPLOY SATISFACTION)=従業員の満足、に繋がるような関係が必要。

◎ 今までいろいろな部門で産学協同研究が行われてきたが、ホテルもやっとここで早稲田大学商学部とのコラボレーションが始まった。

又こんなことを述べていました。

● ホテルは毎年雰囲気作りのための予算を計上して目先を変えている。旅館も10年に一度の数億円のリノベーションではなく、毎年少しずつでも予算計上をして目先を変えたらどうかとの意見があった。

( 数百万円単位で、目的を絞り、手を入れること。・・・・仰ることは良く分かっているけど、なかなか出来ないのが実情ではないでしょうか・・・では、どうするか! 親切なまちの設計士に相談することです。 )


● 中村さんの温厚でゆったりとしたお人柄が感じられる楽しい講演であった。

● 白壁荘さんは日本の宿の女将として、おもてなしの心で老舗の旅館を守る心意気が感じられ、旅館設計者としての立場から、頼もしい限りであった。
後日、施設見学も兼ねて訪問、お話を伺ってきました。
  日本の宿が世界の旅行客に想い出深く、より楽しく受け入れられる様、旅館設計者の役割も多大なものがあると感じたひと時でした。
  
Posted by masuzawa05 at 09:29Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター