livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2011年06月28日

中山道の丁度中間 木曽町


 木曾は山の中、清流のほとり


○ これは関所跡の景観です

12





3-1





 今年(2011年)の国際観光施設協会、観光交流空間のまちづくり研究会・夏会が木曽福島で開かれました。木曾町長 田中勝巳氏のまちおこしについての考え方を聴くと共に、路地歩きをして、歴史ある日本の田舎を体感するのが目的です。

3-2









◎ 「 未来に輝く、いなか 」 自治の花開くまちへ、新たな挑戦:


「 木曾町まちづくり条例 」 五つの特徴

一、 自治法にも、合併特例法にももとづかないまち独自の地域自治組織であること。

二、 まちづくり条例によって、地域自治組織である地域協議会を、将来にわたる町づくりの骨格の一つに位置づけたこと。

三、 計画段階からの公開を含む、徹底した情報公開をかかげたこと。

四、 政策諮問会議の設置による、地域づくり計画など住民の提案権の強化と、町長権限の抑制です。

五、 徹底した住民参加の町づくり。

● 当然といえば当然、普通といえば普通のことなんですね。主権在民ですから。

住民自ら発想・立案・実行する。トップはコーディネーターに徹し、チェックと軌道微修正のみ。これこそ理想的な自治の形ではないでしょうか!
そして、未来に輝く “ いなか ”  キャッチフレーズがいい。



○ 宇佐美の自宅を出て車で四時間弱、お昼に着いたので名物の くるまや(街道店)の蕎麦を食べた。田舎蕎麦だが・・・。

45









○ 宿泊した駅前の 「 山みずき うらら つたや 」 さんです。
国際観光施設協会のメンバーの倉橋さんの改装設計です。

67





8





○ つたやさんのロビーでボランティアガイドのおばさんから、まち歩き前のレクチャーを受けているところです。

9





○ 通りの景色です

1011









1213









1415









1617









18





○ 朴の葉で包んだお餅です。葉の房をそのまま利用しているところが、柏餅よりは粋で美しい。

19




○ 日本一広い石庭の有る興禅寺、木曽義仲のお墓があります。

20









2122





2324





(* 木曽義仲: 源 義仲(みなもと の よしなか)は、平安時代末期の信濃源氏の武将。木曾義仲の名でも知られる。河内源氏の一族、源義賢の次男。源頼朝・義経とは従兄弟にあたる。『平家物語』において「朝日将軍(旭将軍)」と称される。)


○ 山村代官屋敷

2526





27





○ 町なかの散策です

2829





3031





3233









3435









3637









3839









40









○ 屋根上看板に見る昔の商人宿の風情、昔はこういう宿があった。

41









○ つたやさんの水周り

4243





4445









○ 車で、高山のほうに抜ける開田高原まで足を延ばしてみました。

4647





4849





5051





● ウチの東京事務所で手懸けた旅館 「 季の宿・風里 」 が写っています。今回はじめて訪れましたが、本当にのどかな高原で御嶽山がきれいです。

ここには、西部劇に出てくるような日本的な宿があってもいい。ちょっと無骨な木造で・・・私だったらどうデザインするか? 点在する離れをつなぐ回廊・・・庭を歩きながらイメージトレーニング。5月下旬でしたが菜の花が満開でした。黒い土と菜の花はよく似合う。

○ 奈良井宿の町なみです ( ● 私は軒先越しに抜ける空が美しいので、個人的にはくねった坂道のような妻籠・馬籠より、奈良井宿の方が好きです。 ここは、平らかで細長い、緩やかな曲がりまっつぐな道だからでしょうか )

5253





5455





○ 足を延ばしついでに、諏訪大社・上社にお参りをして、いろいろの祈願をしてまいりました。

5657





● 山また山のその先、新緑にポッカリ開けた青空が、ま〜るく見えるのもいいもんだ。


58  

Posted by masuzawa05 at 22:00Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: