livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2011年02月27日

ちょっといい話・その6

1








就職難の時代、就職先の人気ランキングについて 日経の春秋にこんな記事があった。

◎ 就活中の大学生の皆さんに助言しよう。
ランキングなど気にしなくてよい。調査会社によって結果はかなり異なる。しかも就職前に抱く会社のイメージと実際に企業社会に出てからの体感には、大きな違いがある。就職案内やデータに映る虚像を見破り、社長の言葉や社員の表情から、企業の素顔に迫って欲しい。

 ○ 米グーグルのシュミット会長が示した人材活用 「 10の黄金律 」 に 「 悪魔になるな 」 という1項目がある。人間は自分の見方に溺れがちだが、異なる意見に耳を傾け他者を尊重する環境こそ大事。組織の長は専制的に判断を下す前に、常に様々な視点を集めるべきだ。組織をイエスマンだらけにしてはならない。
 そして
 個性を伸ばし、より大きな力に高めるために必要なのは、経営者の構想力と組織の包容力だろう。人気や知名度ではなく、自分がいきいきと働ける職場を自分の目で見つけられるか。そんな独自の眼力がある人材を、企業側もまた求めている。・・・と述べています。
( 記事より一部抜粋 )


● 私(増澤)思いますに、「 悪魔になるな 」 この言葉、よく判りますが、違う立場の人がチェックを入れないと、陥り易い罠であろうと思います。また、チェックを入れられる組織・体制であるかが大切であり、仮に過ちがあったなら、素直にそれを認めて改める度量が求められる。

また、オーナーの人格・見識以上には企業は伸びないということでもあろう。裸の王様になってはいけない。

たとえ私がダメでも私を超えていく人材が育てばいいのだろうが・・・。ダメな私がいる限り超えて行かれないという場合もある。

 『 会社は預かりもの、役職は授かりもの 』 という言葉を役員・所員全員が肝に銘じ、身内のエゴも無く、全員他人同士の会社を前向きに経営していく楽しさを感じています。

今、私どもの会社に息づいているのは、創業者故石井信吉の 「 企業継続 」 への思いと、 「 ひと様の財産を作っている 」 という、職業的倫理観であろう。



 つづいて、文芸春秋に載った私の大好きな塩野七生さんの文章より。

◎ 内定がもらえないでいるあなたに:

 私が大学を卒業した当時は就職難の時代ではなかった。学習院卒の女子学生は直ちに結婚すると思われたのか、わが大学には女子の求人がまったく来ない。やむをえず、新しきアイデアを求む、なんてあったから、新聞広告を見て試験を受けたのだが、・・・書類選考は通ったらしく、面接には進んだ。小さな会社だったので、面接は社長自らが行う。それで聞いてきた。

英文タイプは出来るか: 私の答えは ノー
速記は出来るか: それへの答えも否

社長は言った。いったい全体、あなたはなにができるのか。若かった私は、ニッコリして答えたのだ。六ヶ月間の間私をお使いになれば、おわかりになります、と。
 これで、落ちたのである。だが落胆もしなかったし、ましてや人格を否定されたなどとは少しも思わなかった。帰宅して報告したら、母が笑いながら言ったのだ。月並みでないあなたを月並みな男が採ったとしたら、そのほうがおかしいわよ。

 その後入社試験は、二度と試みなかった。だが、このときの経験が、少女時代の夢を追い求めるかそれともまっとうな会社勤めを選ぶかで迷っていた、私の背中を押したのだった。
 というわけでヨーロッパへ行くと決心はしたのだが、なにしろ一ドルが三百六十円の時代である。と言って、遊学の財源を保障してくれる 「 職 」 はない。仕方なく、私の方から 「 職 」 を作ることにしたのである。アルバイト先だった会社、絶対に私などは採用しない大会社の会長に直接に談判したのだ。これまでに私がその会社のためにしてきたヨーロッパのモード情報を集めて送る仕事を、イタリアで続けさせてくれと言って。
 その人とは一度だけ会って話したことしかなかったのだが、当時は経営の神様と評判の人であっただけに言うことが鋭い。 

「 日本にいてやれる仕事をわざわざイタリアへ行ってまでやってもらう理由は見出せない 」 と言う。 だが続けてこうも言った。 「 イタリアに行きたいほんとうの理由は何ですか 」 

 このときくらい、イチかバチかと思ったことはなかった。それで私は、相手の目をじっと見つめて答えたのだ。 「 ほんとうは地中海を、自分の目で見たいのです 」 そうしたら、実力会長だったこの人は即断した。 「 あなたへの費用はハンブルグ支店の雑費から出すのです。だから、わが社のことなどは気にしないで、地中海を存分に見ていらっしゃい 」 もちろんのことこの忠告は、存分に活用させていただきましたけどね。

 しかし、と私は考える。内定をもらえないで悩みあせっているあなたは、社会を恨む前に、自分自身の欠陥は考えないのか、と。
 私には、入社試験に限らず、拒絶されると言うことへの反応が過剰すぎると思える。言い換えれば、社会から拒絶されることに慣れていないのではないか、ということだ。だがこの傾向は、今の日本では若者に限らない。
 世論調査の結果にびくびくする政治家たち。悪く評されたことで、まるで人格の否定でもされたように、その評者を恨む作家。この種の大人の多い今の日本で若者にだけ過剰反応をやめよと言うのは酷かもしれない。びくびくせずに、笑い飛ばし、自己防衛を始めてみたらどうだろう。

 反省を求める第二は、これまた今の大人の性向になっている安定志向である。もはやこれからは安定の時代ではない。終身雇用などは、あったとすれば奇跡、と考えたほうがよい。起業といえるほど大げさなことまでやる必要はない。だが、そこそこの才能と、一般的な社会の傾向に捕われない発想力の転換と、若いからこそ持てる、蛮勇と言ってもよい勇気。また、安定などはなくてもいいや、という居直り。
 そして何よりも、
『 一会社が必要としていなくても、それは社会があなたを必要としていないということではないという、現実的で冷徹な信念 』 これらのことさえあれば、どうにかなりますよ。        文芸春秋 「 日本人へ 」 より抜粋。

2








● 私(増澤)ごとで言えば、一ヶ所に四十数年、思えば長居をしたもんだ。ちょっとの腰掛のつもりが長く居座ってしまった。
そして、日常性に埋もれるのは最大の罪だと知った。新しいことにチャレンジすること。この先、知的に恥をかき続けなければ私自身がダメになる。

変化の時代、多くの人に出会って、意気に感じ、繊細に且つ大胆に攻めに転じるつもりです。私自身が変わらなければ会社も変わらない。
  

Posted by masuzawa05 at 20:29Comments(0)

2011年02月21日

宿・字の成り立ち


1











● 宿という字の成り立ちを考えていて、読んで字の如しおぼろげなイメージがあった。

例えば、
屋根の架かった空間に、人が百人入っている ( 人・百 屋根の下 )・・・・・。
当たらずとも遠からず、白川静さんの常用字解にはこう出ていました。

◎ 会意: 宀 ( べん ) と 佰 ( しゅく ) を組み合わせた形。宀は祖先の霊を祭る廟 ( みたまや ) の屋根の形。佰は百席 ( てんせき:*敷物 ) に人が寝ている形。廟などの神聖な建物に宿直 ( とのい ) することを宿と言う。
 それで 「 やどる、やど、とのい、とどまる 」 の意味になる。

 物忌み ( ある期間、食事や外出などを慎んで心身を清めること ) のために一定の場所に宿ることもあり、そのためあらかじめ物忌みすることもあり、前もってすることを宿願・宿志 ( 以前からの願い ) といい、久しい間そのことに従ってきたものを宿学・宿儒 ( 深く学んだ学者・儒者 ) のようにいう。

 そして、後までもその影響が残るような状態のものを宿根 ( 久しい以前から抱いていた恨み )・宿酔 ( 酒の酔いが残ること ) という。

 もとの宿直する ( とのいする )の意味から、多くの意味が展開してきている字である。


● 私(増澤)思いますに、神がお出かけ、お出ましになることを “ 遊 ” といい遊行すると言う。神の遊びと人の遊び、神と共に一つ屋根の下に泊まることを “ 宿る ” と解したい。楽しみの少ない昔、宿ることは神と交わるお晴れな喜びだったのであろう。
そして今どきの 「 旅 」 ・ 「 宿り 」 に続く。

さて、これからの宿の在りようは・・・・どうなりますでしょうか。
  
Posted by masuzawa05 at 09:54Comments(0)

2011年02月14日

かわいい子には旅をさせよ

20110111084824_00001









● 旅という字、 「 三度笠を目深にかぶり、風に向かい道中合羽を翻し足早に行く 」そんな ‘ 股旅者 ’ のイメージが私にはあります。


さて、旅館の設計を生業としていて、以前から旅館さんが大手旅行代理店さんに支払う手数料のパーセンテージの多さにびっくりし、設計料に比べたら随分摂るもんだなーと思い、悪徳代官のように思っていた。
しかしながら、インターネット時代の今日、一休や楽天、じゃらん等も8~10パーセント、やがて10パーセント以上の手数料を摂り始めるのではないかと聞くにつけ、またまたびっくりしている。元は5パーセント位でなかったかと・・・それなら許せるのだが。

 旅館さんが自分自身の努力で誘客をできさえすれば、何の手数料も掛からずいいわけだが、誘客の一部を代行してもらっているわけだから、当然といえば当然であろうと最近思うようになった。
手数料の摂りすぎだというのであれば、何パーセントまでが良くて、それ以上はノーだという基準でもあるのだろうか?
あるとすれば、それは個々の旅館でオリジナルな財務データを作成してチェックすべきで、高くてイヤならば自前の営業で頑張れば良い。

大手旅行代理店系列のコンサルさんからの紹介を請けて設計の仕事をするようになったから言うのではないが、データが豊富で旅館業の将来を憂い、何とかしようとの真剣さが伝わってくるので、一緒に頑張れるような気がしている。



◎ JTB社長の田川博巳さんが月刊誌に 『 若者に伝えたい 「 旅の力 」 』 と題してこう述べています(一部抜粋):

○旅とは 「 日常の生活から離れ、普段は見られない資源、体験、文化、そして生活
に触れることで、感動や感銘、発見、心身の癒し等を得る 」 ことです。いわば時間が価値を持つ無形の消費活動です。そして、旅の喜びは万人一律ではなく、旅行者は一人ひとりがわが身に照らして感じるものであり、「 自己を見直し、発見する活動 」 と言ってもいいでしょう。
さらに、旅を通じた感動や発見は、思い出として次の感動を求める “ 生きがい ”につながり、日常生活や生産活動への活力源となるはずです。
ただし、こうした旅を通じた感動や発見は、ただ漠然と旅の時間を消費しているだけでは見逃すことになりがちです。そのためにも旅先や地域に対する好奇心は重要であり、その好奇心が旺盛なほど得られる感動や発見は大きいはずです。私はこうした好奇心をぜひ若者に持ってもらいたいと思っています。

私たち旅行業界も、これからは企業としての経済価値だけではなく、旅における感動の価値を見直し、国民生活の活力源として旅をプロデュースする役割を担うべきだと考えています。業界ではまだ緒に就いたばかりですが、「 旅育 」 という旅行テーマや商品化に向けた取り組みが進んでいます。

JTBではできるだけ多くの若者達に旅に出掛けてもらおうと学割のような価格設定で参加のしやすい商品を 「 ガクタビ 」 と言う名で国内・海外共に取り組んでいます。まだ採算が取れる状況ではありませんが、広く学生に参加していただき、旅から学び、感動し、日常生活の活力やいきがいにつなげることで 「 次の日本を元気にしたい 」 と広く捉えています。

長く続く経済不況や将来不安などから、人生で最も好奇心が旺盛であるべき時期に旅への好奇心と行動を喚起する余裕をもてないことは、本人にとって不幸なことであるだけでなく、次の日本の活力源泉となる “ 生きがい ” という力を摘んでしまうことにつながりかねません。

「 かわいい子には旅をさせよ 」 この言葉の意義は、いつの時代でも変わらぬものだと、私は信じています。


● 全くその通り、私(増澤)もそう思います。

 それにつけてもJR運賃の高いこと! 元は、国鉄という我々国民の共有財産ではなかったのか、民営化に至る過程で国有財産を民間にバトンタッチする際の清算はついているのだろうか。運賃さえもっと安ければ旅もし易いのだが。

● 閑話休題、

旅の字の発生から考えれば、団体旅行がルーツと言えるだろうし、旅は道ずれ世は情けと言われるように、昔は危険が多く助け合って旅をしたのだろう。
しかしながら、近頃の国内旅行について言えば、金太郎飴のような一律の遊興宴会旅行から、個人旅行に推移してきている現状に鑑み、将来予測をすると、従来型一連の旅の形を「 モノ 」 と喩えればモノから 「 コト 」 への転換が図られようとしているのではないでしょうか。自分がどういう旅(コト)をしたいかが益々問われ、その選択肢に嵌まる宿が生き残る。

そして、単一民族として皇紀二千六百七十一年(初代神武天皇・紀元前660年―日本書紀より)、連綿として八百万の神を奉り、自然と共生し、天皇を崇め、心にオリジナルな美しい文化の花を咲かせた、わが国の風土を大切にしたいと思っています。          
先ずは日本人である我々一人ひとりが、オリジナルな国内旅行を体験し、 四季の “ 宿り ” を心の滋養として体感して後、その感性を携えて世界に羽ばたこう。・・・それからでも遅くないし、旅は魅力に満ちている。


● グローバルな時代にあって、石井建築事務所はハードを造る建築設計事務所に留まることなく、インバウンドによる国内宿泊産業の隆盛に寄与するデザインソフトの提示と、そのノウハウを引っ提げての 「 宿文化 」 の輸出という二本柱を軸に、これから海外に向けて伸びるであろう 「 サービス産業 」 の一担い手としてのデザイン事務所でありたいと考えています。 「 亜魂和才 」 です。

小さな炉端の幸せを祈るのではなく、広く世界に目を向けて正義のために生きる。

そんな将来にわたる日本の世界に向けての意気込みに、我が社の生き方を重ね合わせながら、やっていこうと思っております。
  
Posted by masuzawa05 at 09:23Comments(0)

2011年02月07日

新しい宿の形を求めて・その4


20100913130450_00001









 設計者、旅館サイドの、考え方・決め付けではなく、旅人の目的に応じた手段としての宿が有ってもいい。もちろん、その地域の特定の旅館に泊まるのが目的であればそれに越したことはないのだが・・・・・。
 「 例えば、天橋立を見たいという目的があって、その為に手段として ○○ 旅館に泊まるのが目的の場合もある 」。

海外旅行を含めて旅慣れた今の人々は、ただ遊興のために旅館に泊まるのではなく、しっかりとした目的があって、その目的に合った手段としての宿を選ぶ場合もかなりの確率で増えてくるようにも思うし、それが主流になるような気がする。
宿は○○、見学は○○、食事は○○。 その為に、先ずは◎◎な宿に選ばれなければ。

一時期、スキー場のホテルはスキーをするのが目的で、旅館は宿泊手段であった。時代が変わりスキー人口が減ると閑古鳥が鳴くようになった。スキーにだけ頼ったあまり、廃れていった所もあるが、最近は中高年の温泉に浸かってのゆったりスキーステイも復活している。
スキーが目的で宿泊が手段の旅が、温泉と村内にある居酒屋とのセットで外国人にうけているとの近頃のTVのニュース。お値ごろな料金、村内の居食屋のローカルな酒とつまみ、地元の人と溶け合い接する場があることが、外国人に受ける理由であろう。

既存の温泉観光地も、メインである温泉を大事にせず、売り上げがあがる飽食遊興にのみうつつをぬかすあまり、廃れる傾向にある。時代は変わってきている、大地の恵みに感謝し、温泉を大事に利用しよう。・・・もっと知恵を働かせなきゃーダメだ。
世界の人々は安全で親切で伝統文化に満ちた風光明媚な国、日本が好きなんだから・・・・・。


泊まることの価値観をどこに置くのか?
そしてその価値観に施設・経営者側がどう答えるのか!
・・・そこが問題だ


 地域に魅力がないとか嘆くのではなく、魅力の有る無しに関係なく唯我独尊形繁盛旅館であるためには、施設やサービス手法、ランドスケープ ( 玄関、庭先、隣地との取り合い融合 ) デザインに手を入れ、魅力付けをして勝負するしかない。
しかしあくまでも宿泊施設は手段でしかないと思う人たちが増えるのであれば、皆で地域の魅力を住民との交流を通じ、生活文化という側面から高めることが肝要であろう。

インバウンドが進む昨今、日本に旅することが目的で、宿に泊まるのは手段と割り切られると、泊まることを目的化した高料金の宿は海外からの団体の選択肢からは外れる。
もちろん、国内・国外を問わず、そこに泊まりたいという個性派宿泊目的宿であればそれはそれでいいのだが・・・。
日本のサービスに浸り・室礼に学ぶため、高質・高料金旅館に泊まる個人富裕層もあり、とても有り難いことなのだが、ここでも旅館のサービス・料理・施設の質と料金についてはもっと練り上げる必要がある。

中国の人はこう言う: ドイツ人の技術力
           中国人の労働力
           日本人のサービスマインド

日本の宿の素晴らしさは、思いやり・気遣いをベースに鍛え上げられた接遇という 「 美徳 」 ではなかったのか! 
今こそ日本のサービスソフトを外国人に売り込むべきであろう。成熟した高福祉・超高齢・少子化社会にあって、世界に発信する具体的な日本の文化の質がこれから益々問われるであろう。

我々団塊の世代は旧来型の温泉旅館が忘れてしまった、懐かしくて新しい 『 接遇・設え・料理 』 から派生した ‘ 新・宿空間 ’ を求めて旅をする。

適正な料金で、家庭の居間の延長線上にある居心地の良さがあり、普段と違う室礼と人情の機微に触れられるとともに、ベランダ越しの窓外に広がる大海原や、渓谷、深々と雪降り積もる非日常の世界や、古きよき日本の里の景色にふれることが大切である。

一方、旧来型の高質旅館にとってのキーワードは 『 泊まる人の心をどう解放できるか 』 がキーポイントのような気がする。 『 堅苦しくない上質な旅情 』 が大切で、満足感とリラクゼーションの質が重要である。何故ならばそこに泊まることが目的だから。



● 21世紀の旅館像 “ 求められるものは何か ”


 ヒントは 現状の 

『 立地 』・『 施設 』・『 人 』 にあります。

夢 ( 隣の芝生 ) を追うのではなく、足元を見つめ

 無理をせず、出来ることから始めましょう。

 全てが 『 今 』 に内包されています。

石井建築事務所は旅産業の現状を憂い、近未来のあるべき姿を真摯に考えます。

 さあ 貴方の決断次第で 夢 ( 具体的希望 ) は拡がります。



 華麗なる変身; ビフォー → アフター は我々に任せてください!

肝心なのは貴方のマインドをリセットすることです。

 一緒に考えましょう!
  
Posted by masuzawa05 at 19:03Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター