livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様

2010年12月27日

羽田国際線

37年前、ヨーロッパへの新婚旅行は羽田から飛び立った。暫くは成田からの海外だったが、又懐かしい羽田が戻って来た、国際線は32年ぶりだという。今回は、見学に立ち寄った。

成田は我々からすれば、一旦都会 ( 東京 ) を経て田舎へ行って、わざわざ田舎から世界に羽ばたくという、昂揚する気持ちに反するアクセスだった。
楽しみは先のほうが良いという人も居るが、昂る心に酔いながらスカッとお江戸から旅立ちたいとずっと思っていた。
周到な計画を練って水盃で旅立った海外旅行から様変わり。ハワイや中国・東南アジアが近くなり、夜遅く仕事を終えてからの海外旅行にも都合がいい。

12





3






10月21日 丁度オープンの日に立ち会えた。感想を述べると以下の三つになる。

一、シンプルで美しく

一、COOL JAPANのさわやかさ

一、モダンな中に江戸が薫る


 大スパンの平面と吹き抜け空間の高さが醸し出すプロポーションが良いのだろうか、広さを感じないヒューマンなスケール感が心に響く。


● 私(増澤)今、なぜか須賀敦子さんのこの言葉を思い出している。

“ 足に合った靴さえあれば どこまでも歩いていける ”

軽快な足取りで好奇心の趣くままにどこまでも世界を歩けそうだ。新ターミナルに降り立ってそう思った。


◎ 江戸情緒の界隈性・・・・・いろいろ

45








67








8






◎ 最上階ホールからの前後の眺め

910






◎ 展望デッキ

11






● 文化度を高めた先に ‘ ほっこりとした日本 ’ が光る。 
世界に向けて羽田が開かれたのは喜ばしい。



謹啓
 今年一年、大変お世話になりました。
三年ほど静かにじっとしていましたが、待ちからは何も生まれません。
来年からは果敢に攻めに転じようと思います。ご支援よろしくお願いいたします。
                 謹言。 石井建築事務所 増澤信一郎。
  

Posted by masuzawa05 at 09:19Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター