livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2010年10月25日

傘連判にまつわる いろいろ

01調整









◎ 「 傘連判 」 というものがあった。一行に一人ずつ名を並べるのではなく、傘の骨のように中心から放射状に名前を書いてゆく。江戸期の百姓一揆の例が知られるが、明治に入ると、鉱山労働者も待遇改善を求めて傘連判を作ったという。
 なぜ傘か。一つには首謀者が誰かわからぬようにするためだった。そしてもうひとつ、全員が平等に団結しているのだと示す狙いがあった。

 チリで地下700メートルに閉じ込められた作業員が救出された。  

「 狭いんで驚いちゃ、一足だって踏ん込めっこはねえ 」。
漱石は足尾銅山の構内を 「 抗夫 」 にこう書いた。

昼夜も東西南北もない厳しさは今も変わるまい。事故からの17日間は、地上から作業員が生きているかどうかすら分からなかった。その中で耐えた原動力が、乏しい食べ物を分かちあった33人の団結だろう。
 生存が確認されると、カプセルが食べ物や薬、それに家族の手紙を届け続けた。通信も可能になり、当初クリスマスを目標にした救出活動は2カ月も早まった。
傘連判とは奇妙かもしれないが、中心にある 「 希望 」 の字の周りに無数の名前がびっしりと放射状に並んだ寄せ書き。救出劇はそんなイメージと重なる。 
( 日経春秋より抜粋 )



● 私(増澤)、事故の一報を聞いたとき、何故か日本の土木屋の名前が浮かんだ。

  この救出は  トンネルの熊谷組だろ !

日本政府は直ぐ自衛隊の船を出して、重機・作業員・現場監督・大臣 共々 「 救出作業ために現地に行かなくっちゃあ ! 」 と、思わず叫んでしまった。

仮に百億円ぐらい!? 使っても、政府関係者の懐に入る、くだらないODAなんかに較べればずっと有益で、こんな時ほど、世界に向けて日本の技術と機動力と人情をアピールする事のできるまたとない機会だったのに。 そういうセンスがない!

 民主党と菅内閣は尖閣諸島を巡る中国対応や小沢問題に悩み・追われて、国際貢献という千載一遇の好機さえ視野に入らない情けなさ。連判どころかバラバラで、発想力皆無のカボチャ頭と断じざるを得ない。いたずらに国会の椅子を暖めるのは、十年早い。・・・・つまらない奴らだ。


混沌として世知辛い地球にあって、

「 広く世界に目を向けて、目を見開きつつ正義のために生きる 」 
そういう度量と発想と実行力を持ち合わせて欲しい。


絶好のチャンスだったのに・・・・・! 残念至極なり。
  

Posted by masuzawa05 at 10:11Comments(0)

2010年10月18日

新しい宿の形を求めて・その1


 ここ数年、旅館の新しい形態を模索していて、なにやら面白そうな商業建築に出会った。


旅館に於ける 『 離れ 』 ・ 『 内・外部錯綜する空間 』 をテーマに、思いをめぐらせ・エスキースしていたデザインの根幹の部分で似通ったものを感じたので、早速見学に出かけた。


◎ ヒビヤカダン・日比谷公園店 写真色々:

12








3





 ○ 平面と断面スケッチ

4








 機能と用途別に単純に棟を分けた平面。棟の間を外部通路が抜けて、外気が通う本当の透けた空間。薄い膜のような壁と高い天井の空を突くガラス窓が、広い公園の大きな木々を呼び込み錯綜しながら融けあう。


56




78









 ●  『 軽さ 』 と 『 別棟 』 の面白さ!

 地下をコンクリートRC造で固め、地上部の柱を、キャンチ柱とした構造的処理をすることで、軽快な透明感を出している。固めの豆腐の上に割り箸を立てたような感じである。

 この建物で感じたスマートな面白さを、用途も環境も違う、 地の気や景色を取り込んだ “ 宿空間 ” に生かし、 より 『 COOL 』 な旅館を創れないだろうか!   と思った。



● 今回のテーマである宿の配置計画と平面プランに於ける自由度について:   

  私(増澤)思いますに、客室を一つずつ独立させて配置する。廊下は外の棟と棟の隙間もしくは軒下空間で処理し、時に内部であったり外部であったり、組み合わせさまざま。機能ごとのパブリックスペースをその中にうまく点在させ、内外部入り乱れた構成とする。将来改装等が生じた場合は、空間の機能変更もそれぞれの棟で行い、増築も好き勝手に空いている敷地に点在させながら建設することが出来る。

 大屋根の下、大空間に機能別に部屋を割り振る従来の硬直した考え方から開放し、空間用途・機能を自由に羽ばたかせる。
施設を分散させつつ、扇の要である管理棟を鵜匠の手綱捌きよろしく、うまく一箇所に合理的に収斂させるプランニングがポイントになろう。


● 例えばこんなプラン・・・。

9





 宿泊施設の予測不可能なこれから先の 『 在りかた 』 には点在しながら繋がるように仕組んでおく。例えばアミーバーの様に変則的に形を変えながら、増殖・収縮を繰り返しながら、小さな部分で外といろいろな関係を持てるといいと思う。できれば平面的にはスラローム、立体的には多少のスロープを伴った高低が有った方が、目線が上下左右にぬけていていい。
お客様にうける施設になると思うのだがいかがでしょうか ( ある物件で提案したのですが・・・採用されなかった悔しさを込めて )


 宿の性格を特徴付けるフォルム・佇まいを設定した上で、内部・庭・・・外部・眺めの方向、それぞれを錯綜して設定し、体験できること。そして、将来に対してもフレキシブルに対応できることが大切である。


◎ 日本で活躍している韓国生まれの画家 李禹煥 ( リ・ウファン ) さんは
  余白現象と称してこう述べています:
 「 描いた部分と描かない部分、作るものと作らないもの、内部と外部が、刺激的な関係で作用し合い響きわたる時、その空間に詩か批評か、超越性を感じることができる 」


● 敷地内の殻としての其々の内部機能空間が外部に働きかけ、出会い頭の感動が内・外部の昂りを喚起し、そこに透明な被膜としての新しい機能が生まれ、苑としてのオリジナルな空間の繋がりをなし、 “ 一帯 ” を形成する。

そしてその先、辺りと溶け込みながら、ボーダーレスなランドスケープデザインに到達することが、大自然に沿うことになりはしないか。 そんなことを考え始めている。



◎ 先日の日経静岡版にスズキ自動車の会長兼社長のこんな記事が出ていた:

『 産業革命が起きている 』

一、 エコカー普及・新興国市場急成長・・・
一、 新事業開拓余力乏しく 「 家族的経営は限界 」

○ 電気自動車が主役になれば、エンジンなどの部品を手がけるメーカーは大打撃を受ける。
○ 新しい分野に対応できる人材が居ない。
○ 家族的経営では、エコカー開発や新興国進出に素早く対応するのが難しい。
○ 自社の強みがどこにあるのか、これから10年何で勝負するのか。不況下で、限られた経営資源で戦わなければならない以上、全方位ではなく的を絞って対応する必要がある。


● 私(増澤)、旅館にも当てはまると思っています。旅館さんも 『 宿泊産業革命 』 が起きていると早く気がついて欲しい。

小規模旅館はいざ知らず、客観的にみて中・大規模旅館に於ける家族経営には限界が来ていて、総合力としての人材を広く他分野にも求める必要があると感じ始めています。

日本の技術力・労働力・経済力はやがて他国に抜かれていく運命にあります。しかしながら、一番世界に誇れるのは 「 もてなしの心・サービスマインド 」 であり、自信を持って輸出できる “ ソフト ” の最たるものではないでしょうか。

 昨今の大規模旅館は合理化を計るあまり、 「 もてなしの心 」 まで合理化してしまったように思います。

 我々設計士は ‘ その心 ’ を守り、営業に具現化し、感動の花を咲かすために、一所懸命に知恵を絞ります。 
世界からお客様をお呼びするためには、二番ではダメなんです、あくまでも一番でなければ。
一緒に考えましょう。
  
Posted by masuzawa05 at 08:54Comments(0)

2010年10月12日

心に残る建築家の言葉・その28



 WHAT IS DESIGN ? (デザインとは何か) : ポール・ジャック・グリヨ。

1





フランス生まれの、建築家・画家・彫刻家・音楽家でもある ( 残念ながらポートレートが手に入りませんでしたので、著作の写真です )。

     
◎ 若きデザイナーへ:

○ 商業的にしろ、社会的、政治的、宗教的にしろ、あらゆる洗脳をさけなさい。

誇らしく『 ・・・・・主義 』 のレッテルをつけてはいけない。そうなると、一つの群れの中に入れられ、隣の牧場に美しい羊が居合わせても目に映らぬようにされてしまう。芸術家であるなら、あらゆるものを、主として不可能なものも信じなくてはいけない。今不可能に思えることが、次の時代には当然のこととなるような問題の解決を、自分の直感的洞察力で見出す心がまえを忘れてはいけない。

● 固定観念に縛られるな! 押してもだめなら、引いたり・捻ったり、ゼロに戻したり、違う道を行ってみる。


○ 時には昨日の愛情と今日の信念との矛盾に気が付くかもしれない。

個性は変わることはないが、世界観は変わってゆく。驚くべき発見の続く人生の旅路では、ただ一つの像の前にぬかずくのではなく、新しく現れるすべての像に、わが心を豊かにしてもらえたことを感謝しつつ黙祷を捧げるだろう。

● 貴方は変わらずとも、心を開けば世界観は変わっていく! 個性は頑なだけれども、異文化を受け入れる器量を持とう。


○ 最後に、芸術家として生涯を通して、自分の技術の達成を目ざして、労をいとわぬ試作や練習を続けなくてはいけない。

 デザイナーを志して揃えるものはけして高価なものではない。手と目と心の三つが基本的用具であり、デザインの戦場では若い戦士の持つ武器のすべてである。

  ● デザインは目で捉え、心で感じ、手で描く! 頭のモヤモヤを手が解決してくれます。



● 私(増澤)だいぶ前にこの本を読んでなるほどと思ったことが三つ有ります。

○ その一、 
屋根は建物の基本部分である。人は壁なしでも暮らせたが、屋根なしでは絶対に暮らせなかった。


○ その二、 
窓は生命のしるしであり、墓場に窓はない。

窓から見るとき空間は新たな様相を呈し、光は身近にあるすべての物を別物にさせる魔法の力を備えてくる。今では窓は月並みのものである。しかし、最初に壁に穴をあけ、一目で外界の一部をわがものにすることできた人の驚きはどんなものであったろう。


○ その三、
 デザインにおいて二点間の最短距離は直線ではなく、スラロームである。

2






 人は直角に曲がっては歩かない。雪のキャンバスの歩行軌跡です。

3






 ● 私(増澤)思いますに、我々は頭で考え図案化する際に、何か基準がないと作図できないので、直線や円に頼ります。そうすると、どうも硬い線でギクシャクしてイメージが狂うことがよくあります。ですから、日頃出来るだけフリーハンドでイメージを描くようにしています。
 たとえば、サラサラとこんな風にとか・・・。

 考えてみれば、自然界には真円(完璧な円)や直線(どこまで行っても真直ぐの線)はありえないし、あるとしてもそれは不自然だ。普段、真円や直線を普通のこととして捉えていることが普通ではない不思議。

  
そして設計においては、 
『 人の心理や行動パターンをも取り入れて、安全且つ細心にデザインする 』 そのことが大切だと思っています。
  
Posted by masuzawa05 at 08:40Comments(0)

2010年10月04日

狐(キツネ)にまつわる いろいろ

 以前からお稲荷さんは神さんなのか仏さんなのかと、私(増澤)悩んでいて、たまたま現場の帰りに豊川稲荷に参拝したことがある。一般的には稲荷神社と言うくらいですから神社ですが、神社系としては京都の伏見稲荷大社が総本宮で、もとは五穀豊穣を司る農業神、時代が下って、商売繁盛・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の守護神と崇められているという。 〔 *五穀:米・麦・粟(あわ)・豆・黍(きび)又は稗(ひえ) 〕
           
然しながら、聞くところによるとここ豊川稲荷は 『 仏 』 で、本堂前にはお線香が焚かれていました。正確には 「 豊川閣妙厳寺 」 と称し、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。単純に神社と間違って、拍手(かしわで)を打っている人を見かけました。ここはあくまでもお寺です。

 谷中霊園には鳥居を多く見かけます。元は神道とのこと、鳩山家も鳥居が有り、樒ではなく、墓前に榊をお供えしてありました。
日本は神仏混交の国ですから止むを得ないところも有ります。

12





 又、お稲荷さんには何故狐なのか? と思っていたのですが、それは、「 稲荷大神様 」 のおつかいが ‘ 狐 ’ だからだそうです。 『 正一位 』 という神様の位としては最高位の大明神がいて狐はあくまでも使いとのことです。下に豊川のおキツネさんのいろいろを載せてみました。

34




567









 最後の写真なんざぁーまるで狐の水子地蔵尊のようです。



◎ ならば狐にあぶらあげのとり合いは何なのだ! と思っていたら、         歌人・小池光さんの 『 うたの動物記 』 欄にこんな一文が出ていました: 

     “狸と対極、シャープな化け” 

○ きつねうどんを直訳すれば、フォックス・ヌードルである。 それではなんのことかわからない。

なぜキツネの好物はあぶらあげということになったのか。

キツネは肉食性動物で畑のねずみなどをよく捕らえる。害獣を退治してくれて、今年も作物がよく稔り、豆もよく稔り、それで豆から作ったところの豆腐、さらに豆腐から作ったところのあぶらあげを供えて、稲荷神のおつかいであるキツネに感謝の意を表わすようになった。と、ものの本に書いてある。                                        
本当であろうか。そうだとしたらどうしてあぶらあげ以前に豆腐そのものをあげないか。豆腐以前に豆そのものをあげないか。理が通らない。
 思うに、キツネとあぶらあげの親和関係は、仮にそういう事情と無関係ではないにせよ、なにより両者の色つやに相通ずるものがあるからであるまいか。口に銜(くわ)えるさまも絵になる。そして油である。昔から化けるものは油を嘗めると決まっている。豆腐みたいな水臭いものでは化けが効かないのだ。

実際のキツネはあぶらあげなど全然見向きもしないらしい。



◎ 狐にまつわる色々、いずれも与謝蕪村の句より。


○ 水仙に 狐遊ぶや 宵月夜

シャープでつんつんした水仙の立ち姿は、そういわれてみればなんとなくキツネっぽいところがある。ちょうど初冬の季節の楽しい空想。
* ( 水仙:ヒガンバナ科スイセン属の多年草 )


○ 草枯れて 狐の飛脚 通りけり

枯れ草に一陣の寒風が走り抜けるさまをキツネの飛脚が通ったようだと遊ぶ。


○ 公達に 狐化けたり 宵の春   (公達:きんだち=王家の一族、貴族の子息)

公達に化けおおせるならたしかにそれはキツネで、タヌキではない。化ける双璧の狐と狸だが、イメージは対極にあり、その違いはどこかしら短歌と俳句の違いにも一脈通いあう。


○ あずさゆみ 春の真昼の 下り電車 口あけて狐型 美少年眠る    酒井佑子

「 狐型美少年 」 が目を剥くほどユニーク。そしてこの感じ、なんとなくわかる、わかる。 「 狸型美少年 」 というのはありえない。 タヌキならオヤジ、狐の隣で泥眠中。


● 私(増澤)、無知ゆえにつまらないいろいろの疑問を溜める癖があり、反芻していると、ふとしたきっかけでスッと解けることがある。 まるで 今までが 「 キツネにつままれていたように 」

そう言えば商売繁盛ゆえ、家の近くの商家の庭の一画や、デパートの屋上でよく見かけたお稲荷さん。旅館の敷地にもよく有ります。

お稲荷さんを撤去するときは、慎重にやさしく丁寧に時間を掛けてやりなさいと古老にきいたことがある。
S旅館さんの場合、大女将からは 「 お狐さんはしっかりと住み着いているから、お祓いをキチッとして撤去しないとダメだ・・・・又舞い戻るから 」 と言われたことを思い出しました。      

この旅館、縁起の良い 「 ざしきわらし 」 が出るとの噂があり、わざわざその部屋に泊めてもらいましたが、大酒飲んで熟睡、出たんだか出なかったのか、単に気が付かなかったのか、鼾に恐れおののいて退散したのか、判らずじまい・・・・・。

この現場、工事中に間抜けな狸が居て、解体前のプールで溺死していたと、狸似のトボケタ現場監督から聞き、大笑いしたことがあります。そう言えば現場員にも狸型、狐型 いろいろ居る。
ひょっとすると、情の深さといい 舞い戻った女狐コンコンがまた悪さをしているの・・・・・かも。 今度は素面 ( しらふ ) で寝てみよう。
  
Posted by masuzawa05 at 12:32Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター