livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2010年09月27日

マネ・展


1








 ブリックスクエアーの一画、丸の内・三菱一号館美術館で “ マネとモダン・パリ展 ” が開かれていましたので行ってきました。

23








 ● 私はマネのことを、 印象派 「 光の画家 」 『 睡蓮 』 のクロード・モネと勘違いしていた。 今回はモネでは無く、あくまでもエドゥアール・マネです。


◎ ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ バティニョール街の 「 カフェ・ゲルボワ 」 に集まって芸術論争を戦わせ、後に 「 印象派 」 となる画家グループの中心的存在であった。しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからもわかるように、近年の研究ではマネと印象派は各々別の創作活動を行っていたと考えられている。


● この展覧会で知ったのだが、
私(増澤)には美しい印象画の世界よりも、造形的革新性を通じて、もっと人間の内面を描きたかったという解説が、驚きであった。

モネとの違いも良く分かったし、何よりも感動したのは多くの詩人や、文学者、又同じ画家仲間と交流し、それぞれを素直に認め、讃える、素直さを持ち合わせたクールなジェントルマンだと分かったことでした。

レモンやリンゴの静物画がいい。私にはモネの睡蓮に匹敵する作品のように思えた。


○ レモン :カトリック信仰の篤いこの国では、剥かれていないレモンは、静物画もしくは風俗画に於いても、神の恩寵を絵解きするという宗教的レトリック(修辞法)の性質を帯びていた。

4




○ 4個のリンゴ :造形的革新性よりも、形と色に対する戯れ、あるいは目と手の愉しみといった軽みが感じられる。近づく死を前にした画家とは思えない、明るい画風である。

5





○ ラテュイユ親父の店 : 若い伊達男が戸外の明るい光の下、女性を口説こうとしている。 女性の方が年嵩の様な気がするが・・・、この情景を見やる給仕なのか、親父なのか、その立ち様がいい。

6





● うっとりと聞き惚れている女性の目元がなまめかしい。 
口説き方はこうでなければ!


○ 自画像

7









○ ばら色のくつ :貴婦人ベルト・モリゾ  服の裾からくつを覗かせたコケティッシュなポーズは、マネの遊び心を垣間見せてくれる。

8








○ 小型円卓の前、赤いスカートにブーツを履いた足 : 本水彩は、ギルメ婦人宛の手紙を飾るモティーフの習作であると考えられている。気ままに描いた軽妙な悪戯書きというべきものに、マネが傾けた入念さのほどがよく判る。

9









 ● デッサンで仕上げの出来が推測できる。荒削りさに、可能性を秘めている。



○ 今回展示はなかったですが有名な 「 笛を吹く少年 」 です。

10









 ● 今まで私の中で、この絵とマネは結びついていなかったが、絵の方が印象深く良く知っていた。マネの作品だったんですね。



● 見終わって想う。絵に込めた心模様、ちょっとした表情・仕草にもマネの情感が表れています。 絵は美しければいいのか? そうじゃないだろう・・・! そんな問い掛けが聞こえてくるようです。

● 絵は心を表す


東京駅近く、簡単に歩いていける美術館はありがたい。
  

Posted by masuzawa05 at 11:34Comments(0)

2010年09月21日

東京駅周辺が変わりつつある

● 丸ビルやオアゾ と ザ・ぺニンシュラ東京が出来て後、東京駅から日比谷に至る丸の内仲通りが一体整備され、憩いのプロムナードへと変わりつつある。

又、東京駅ビルは昔の形に復元工事が始まり、この通りを含めた界隈は冷たいオフィース街から、モダーンレトロな買い物・食事のそぞろ歩きの出来る賑やかな都市空間に変貌し、人が集まってきている。

今日は丸の内仲通りに面した 「 ブリックスクエア 」 を見学してきた。


○ 江戸時代の古地図の大名屋敷の真ん中、黄色の楕円を中心スペースに 『 丸の内ブリックスクエア 』 が位置する。

1





● 皇居のお堀端ではあるが、地図を見るとかつてこんなにも水路、掘割が巡らされていたのかと驚く。今の東京では考えられない、豊かな水の景が拡がっていたのだろう。

韓国を見習って、日本橋の高架道路撤去も含めて、河川をもっと陽にさらし、人にやさしく開放したい。


○ 日比谷方面から見た高層棟 ( 丸の内パークビル ) と低層棟 ( 三菱一号館 )の外観。

23








○ ゲート近くのお花屋さんのディスプレイ。

4





○ 道路側からのゲートと中庭側から見たゲート。

56








○ 道路側から見た街並スリット越しの東京駅側の白い高層ビル。

7








○ 中庭の配置図。

8





○ 開放された緑と噴水の憩いの中庭

91011














● 私(増澤)思いますに、東京駅周辺でも、地域・環境・歴史を踏まえながら、囲い込むだけではなく、外部に向かって開放する都市デザインが出来るのが楽しい。 ( 後日、B1F・仙台が本店の牛タン 喜助 で、漬物とネギの入ったテールスープ付きの塩焼きを懐かしく食べた。お勘定のレシートは椅子の背に差してあった。気の利いたやり方だ。 )

それは兎も角
 翻って、都心でやれるのだから、地方の旅館街・街並でも内庭を外部に開放するデザインが、当然出来るんじゃないかと思った。通りから入って、色々な庭を眺めながらのそぞろ歩きが出来る楽しさ。通りに面した旅館の敷地は、まちのパブリックなのです。
塀等で囲わず上手に開放しましょう。


 そういう町の見直しが必要でしょう。皆で手をつなぎ、景観形成と活性化のために頑張りましょう。
  
Posted by masuzawa05 at 11:13Comments(0)

2010年09月13日

今どきの旅館に必用なもの・その19


179





 よくしたもので還暦を過ぎると、一度はお伊勢さんに夫婦で正式に参拝したいと思う気持ちが強くなってくる。お伊勢詣りでなくとも、日本全国名だたる神社仏閣や、名所旧跡を巡るスローな旅もいいなと思ったりもする。そんな旅には気さくで肩の凝らない、それでいて凛として媚びない目的地近在の鄙の宿がいいのだが、そんな宿をインターネットで調べてみると、有りそうで無い。ならば、ビジネスホテルでもと探すのだが、たそがれていて、きちっとしていなくて、軽すぎる施設が多い。会席料理を出す料亭のような露天風呂付客室の宿はあるが、旅の目的からして重すぎる。丁度いいのが無い。
 
 したいことは早朝、朝もやの中を清々しい気持ちで散策をする。そのまま歩いて宿に戻り、とっておきのこぎれいな離れの食事処で摂るかまど飯。なつかしい薪の香りもお惣菜。
  
 味噌汁と漬物、海苔と焼き魚と卵焼き、野菜のお浸しと炊き合わせ、主役はうまいご飯、定番の朝飯がいい。

 風呂は掛け流しのちょっと硫黄臭のする白濁な温泉があればそれにこしたことはないが、贅沢は言いっこなし、清潔であれば温泉には特に拘らない。

 部屋は広すぎると使いきれずもったいないし、落着かないので、二人中心のしつらえで、こぢんまりとした粋でシンプルな和洋スタイル。清潔なBEDといい雰囲気のライティングに癒されるお洒落な居間と、床暖の効いた温かいシャワールームと洗面、ウォシュレット付便器の水廻りがあれば充分である。

 寝具は清潔で打ち込みのいいオーガニック・シルキーな木綿にきちっと覆われ、枕は少し厚めのざっくり木綿でくるんだ硬めのそば殻がいい。もちろん色は総て生成りの白。
 (かつて世界の旅番組で一世を風靡した兼高かおるさんは、その著作 「 私の愛する憩いの地 」 の中で旅の良い条件の筆頭に ‘ シーツが清潔であること ’ をあげているように、清潔な寝具は必須です。)

 ロビーには気さくで品のいい家具がセンス良く配置され、緑と折々の和花に彩られた庭越しに日本の四季の景色が広がる。

 帳場から阿吽の距離の隠れ目線におかれたライブラリーBAR、カウンターには寡黙で律儀な身なりの初老のこなれた紳士、宿の主であろう。魅かれるように年代物のコードバンの椅子に憩いながら、バランタインの17年物をロックで飲る。酔うほどに心の襞をスモーキー・フレーヴァーが洗い、伸びやかに心あそばせるひと時、かたくなな自我が解かれていく。


気ままな振る舞いに、つかず離れずのもてなしと気配りがあるローカルな宿り、  ‘ 気もらいの宿 ’ ‘ 新しい風が薫る旅 ’ ・・・・・何もかもは要らないが、  一つ大いに気に入ったとこが有れば、馴染みになれる。
                    
私のリーズナブルプライスゾーンは一人あたり一泊二食18,000円から22,000円の基本宿泊料、夕食は主菜に地産の質の良い一品があれば十分で、お酒を飲んで何か地物のつまみを取っても最大20,000〜25,000で収まり、とっておきを味わえる宿。
近くのまちなかに美味しい食事処が有れば、夕食はそちらで摂るり、一泊朝食付きで12,000〜15,000位。

 そんな宿、有りそうで案外無いのだ。
改装を中心にポイントを絞った設計をすれば出来るのだが・・・。



だから、海・山・川・里山、そちこちの季節を愛でつつ、心の趣くままにいろいろな処に夢を描き、設計し、そして泊まり歩きたいと思っている。
  
Posted by masuzawa05 at 08:50Comments(0)

2010年09月06日

駐日英国大使館 大使公邸 セミナー

○ 大使公邸玄関の写真です

1






 英国インテリアデザイン協会 ( BIDA:British Interior Design Association )
の初の海外使節団が2009年秋訪日し、英国デザインを売り込むために、大使公邸を会場にセミナー、展示そして懇親会を開催いたしますので、ご来場賜りたいとのインビテェイションカードが届いた。結構な招待状にどうしてかと一瞬戸惑ったが、日本の協賛企業に仕事上でお付き合いのある、カリモク家具さんが入っていたので、 ハハン、そうか! と思いながらも、確認したらその通りで、なにやらの格調高さに目がくらみ、出掛けることにした。

( BIDAは2009年6月1日英国政府よりインスティテューション・ステイタスを授与されました。このステイタスは、その職業団体の最高位に位置する唯一の協会が名乗れるもので、これに伴い正式名称が BIDA から2010年1月よりBIID: British Institute of Interior Design へと変更されます )。

 大使公邸見たさと、BIDAの今をときめく8人の一流デザイナーの講演・パーティー付き、それも無料。英国では、インテリアデザイナーは弁護士や銀行家なども目指す、憧れの職業の一つとのこと、そのことに心をくすぐられつつ、不況下ゆえに日本までわざわざ出向いてくる、商魂たくましさに敬意を表し参加した次第です。

○ 駐日英国大使の挨拶シーン

2






◎ BIDA 名誉会員の 日本人・村上明穂(あきほ)さんの心に残る講演内容:


 開口一番 「 デザインは神の意志を具現化することである 」 その一言に 私(増澤)の心はグラリ・ユラリ。

● 私(増澤)、事務所に戻り考えた 「 真理に基づく神の遊び心 」 かもしれないと、そうにちがいない、そうであってほしいと。

 ○ つづいて、
 デザイナーの考え方を尊重することがたいせつである。オーナーはお金を出すからといって勝手を言うのではなく、いつもデザイナーとフィフティ:フィフティの関係でありたい。

 またオーナーとの相性が大切であろうと述べています。オーナーはデザイナーの作品をよく見聞きしわかり。お互いに納得することが大切で、そこから良き相性が生まれる。

 ややもすると、諸々の責任をデザイナーに押し付ける人がいるが、デザイナーを選んだオーナー ( 貴方 ) にも責任があることを忘れないで欲しい。

 ホテルのデザインでは具体的に手を動かす前に、先ず、脚本をしっかり書くことが必要である。脚本がそのプロジェクト成功の65%を占める ( コンラッド東京の脚本を書いたそうです )。 その後のディテールは、ある意味誰でもできる、施工業者に描かせてもいい。
ストーリー・脚本が命である。 そう述べていました。


○ 公邸の芝庭に出るテラスの列柱越しに見る月。
 
3






● 外国人デザイナーの作品を見るにつけ、デコレイティブな室内装飾のみに目がいっていた浅はかな自分に気づいた。
色彩・家具・装飾品これらの醸し出す雰囲気に納得させられ、 “ もの ” を想い、 “ こと ” につなげるおとなの仕事 ( デザイン ) の奥深さに感動した。

シンプルな数奇屋だけが全てではない。

自家用ジェット機やボートのインテリア、古城や古い邸宅の改修、そして、貧しい子供たちの職業訓練施設に一流の客室を造りベッドメーク等を教え込むプロジェクトのインテリアデザイン至っては、大げさに言えば 「 人をつくる 」 社会奉仕の一端を垣間見た気がする。


デザインは  豊かで
       精緻で
       美しく
       人を幸せにする     

強くそう思ったセミナー・パーティーでした。


● 話し替わって:
 つい最近のこと、イギリス人の新人英会話の先生(26歳)マルカスが建築設計の図面と、日本のRYOKANに興味があるというので、私どもで設計した 御宿 『 THE EARTH 』 の写真と図面を見せて、岬の先端に在ることからコンセプトは、 

 “ THE HOTEL TO WATCH A STORM ”

と説明したところ、彼の一言; COOL!  つづいて欧米のシティーホテルのように道路から扉一枚で中に入るのではなく、リゾートの温泉旅館は、車寄せ・つたい等で感情の高ぶりと期待感を演出し、中に入ってからは滞在のストーリーをデザインする。帰ってから後ふくよかな余韻が残れば良しとする。と説明すると、

これ又、 COOL!  の嵐・嵐・嵐! 
嬉しいコミュニケーションの取れたひと時でした。 

456








 実はこのホテル、カナダ・バンクーバー島のトフィーノにあるホテル、 ウィカニニッシュ・イン(Wickaninnish inn) に立地が似ているところから、嵐を観る宿として参考にしました。

 タイトルは rustic elegance on Nature’s Edge  ( 自然のはずれに在る素朴な気品のある宿 ) とでも訳しましょうか。
 
かつて著名なデザイナーが言っていました: 「 デザインは真似てもいいが、原作を超えること! 」・・・・・ 少しは超えたでしょうか!? 

7  
Posted by masuzawa05 at 09:28Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター