livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2010年05月31日

デザイン論・その2( 妹島和世、西沢立衛 )

    
 建築界のノーベル賞

1







 日本の建築家としては4人目、妹島和世(せじまかずよ、53才)さんと西沢立衛(にしざわりゅうえ、44才)さんに、建築家にとって最高の栄誉であるプリツカー賞が、彼らの仕事における 『 才能、先見性、献身 』 に対して送られた。建築仲間として喜ぶとともに、彼らの作品に見られる信念のようなものを感じ、私が思っていた作品に対する疑問点が雲散霧消した。建築設計界に於ける若い新しい力の台頭を思わざるを得ない。

 

◎ 新聞の賞賛記事より:

 形がよいイスを見ると、座ってみたくなる。立派な万年筆を手にすると、何か書いてみたくなる。太鼓とバチが置いてあれば、ドンドコたたいてみたくなる。言葉で指示されたわけではないのに、自然にそうしたいと感じることがある。
 
 モノの色や手触り。音や香り・・・。私たちが暮らす世界には、モノが人間に特定の行動を促す秘密の信号が満ちている。認知心理学で 「 アフォーダンス 」 と呼ばれる概念だ。この力が強い工業製品ほど、デザインが優れているとされる。力の差が最もはっきり表れるのが、ビルや住宅などの建築設計の分野だろう


 ● My辞書より: 認知心理学 ( cognitive psychology  カネティブ・サイカラディー ) は知覚・記憶・思考など、ものごとを知る認識過程を研究対象とする心理学の一分野である。
アフォーダンス ( affordance ) とは、環境が動物に対して与える 「 意味 」 のことであり、環境に実在する動物 ( 有機体 ) がその生活する環境を探索することによって獲得することが出来る意味・価値であると定義されている。
デザインのアフォーダンスは物をどう取り扱ったらよいかについての強い手がかりを示してくれる。例えば、ドアノブがなく平らな金属片が着いたドアは、その金属片を押せば良いことを示している。逆に引き手のついたタンスは、引けばよいことを示している。


○ 続いて紙面ではこう述べています:
二人が選ばれた代表作の一つ金沢21世紀美術館は、外壁にガラスを多用している。風景や空気が、建物を通り抜けていくようで清々しい。平板でそっけない印象もあるが、周りの環境に溶け込んで、人々の足が自然に動き出す。
 妹島さんたちの仕事場は、模型が山になっている。自分が楽しく使えるのはどんな建物か。使いたくなるのはどんな空間か。あれこれ試しながら、模型を作っては壊すそうだ。人を動かす力をモノに宿す奥義は、作り手自身の身体感覚であるらしい。久々の日本人の建築賞の受賞に、デザインの原点が映る。



 ● 私(増澤)思いますに、外に対してはそれぞれの用途に応じ、外部と上手に取り合い、溶け合った建築のありようが求められ、内に対しては人工的建築空間の中で、動物としての人間がいかに生き生きと振舞えるのかが問われる。

受賞理由の三つ目の言葉 『 献身 』 とは、建物を利用する人に対するさまざまな検証を通しての、優しく思いやりに満ちた実作姿勢だと理解したのだが、いかがなものでしょうか。


我が生業に戻って、RYOKAN ( 旅館 ) 創りにおける “ 佇まい・設え ” にみる、人を動かす力を空間に宿す奥義は、自身の身体感覚を磨くしかないと気づく。

たしかにその方が素直で、やがてそれがオリジナルとなる。



 ● つづいてMy辞書より:

 ○ 松岡正剛さんは千夜千冊の中の第1079夜・ 「 知覚と行為の協応関係 」 で佐々木正人さんの 『 アフォーダンス 』 を取り上げている。

 ここに一枚の紙がある。この紙をつまむのには紙の方に手を伸ばして、親指と人差し指をちょっと細める。そして摘む。その紙を折ったり引きちぎったりするには両手が必要だ。片手を前に引き、片手を外へ出す。その紙が不要な紙ならくしゃくしゃ丸めて捨てる。
 紙はわれわれに何かを与えているのである。イメージをもたらしているだけではない。われわれに動作を促しているのだ。その何かを与えているということを 『 アフォード 』 ( afford ) という。「 〜ができる 」 「 〜を与える 」 という意味だ。紙はわれわれにさまざまなアフォードをしているわけである。われわれが何をしなくとも紙はいろいろなアフォードの可能性を持っている。
 そのようなアフォードの可能性がいろいろあることを、この紙には 『 アフォーダンス 』 ( affordance ) があるという。そういう用語で、対象がもつアフォードの可能性をよぼうと決めたのはジェームス・ギブソンである。
 マイクにはそれを握らせるというアフォーダンスがある。椅子にもアフォーダンスがある。座ることを要請している。橋には渡ることのアフォーダンスや重量に耐えるというアフォーダンスがある。万年筆は持たれて紙と出会うことを、電気カミソリは顎に当てられることを待っている。アフォーダンスはいろいろなものにひそんでいる。冷蔵庫の把手から砂山の砂まで、書物から五線譜まで。
 道具だけがアフォーダンスをもっているのではない。大地は歩くことの、断崖は落ちることのアフォーダンスを、それぞれもっている。ありとあらゆるものにアフォーダンスがあるといっていいだろう。


● 行動を起こさせる何か、自ずと何かを感じたり、したくなる空間の暗示・・・理屈ではなく自然な心と体の動きを呼び覚ますもの、仕組み・・・・・。

私(増澤)、そんな空間を創らなければと思い至る。 ( 近近の産経新聞に、二人の作品評として、 『 やさしげな中に隠されたしたたかな思想を感ずる 』 とありました。 )。

したたかさとは修練のうえの身体感覚であろう。それがやがて創作思想となる。


 ● 彼らの最新作 ( 2010年5月10日 )を見てきました。愛知県豊田市に出来た生涯学習センターです。巨大マンタか、UFOの様だ。未だ使われていませんでしたが、軽快でなかなかいい。
然しながら、雨が多く高温多湿な日本でガラス面のメンテナンスと金物の錆びがうまくいくのかな?との疑問点が残る。まして鳥たちには透明さが脅威だろう。
あたりに古い町並みが迫っているわけではなく、田園が広がっているので透明な建物は違和感が無かった。そして、もう一歩踏み込んで、古い町並みの中にガラス張りのシースルー空間をマッチさせたら、それはそれでドラマチックに違いない。そんな物件にもチャレンジして欲しい。

近いうちに評価の高い金沢の美術館を見て来たい。

234




578




6  

Posted by masuzawa05 at 21:03Comments(0)

2010年05月24日

詩人の感性に学ぶ・その13

    
 ● 百歳になる詩人なんて、 ・・・素敵だ。

 長生きしている人の意見・感性、特に思索に耽って年を重ねた言葉には含蓄がある。


先日我が家は大型の地デジ対応のTVに買い換えた。 
「 きれいに映るね・・! 」 と言う89歳になる母に 「 長生きをすると、いろいろな時代の変化に出会える。永く生きれば楽しいことがいっぱい有る 」 と言うとニコニコして 「 うん 」 と答えた。

1







 「 ニッキチョウ 」

アタラシイ
ニッキチョウだ
がんばるぞと
りきんでみせても
あいてはカミさん
ただひとり
ごりょうにん
ともに
ごりっぱな
アルツの
ハイマチャン
こりゃアカンと
きづいても
もうフンづまり
ニッチも
サッチもで
めでたしや!



 「 なあ 」

だが
でも
マサカさ
あいつが
なあ

うん
そう
ナンデさ
そいつと
なあ

まあ
じゃが
イツモさ
せけんが
なあ



 「 手と足と 」

手を変え
品を変えても
手が足りず
手を切る
んと

足を洗っても
洗っても
足がつく
んと
どっちが好き?

好き嫌い
じゃない
おつむ変えて
お前こそ
手足洗え

 まど・みちお 百歳詩集 『 のぼりくだりの・・・ 』 より気に入った三篇。


 ● 私(増澤)読もうと思って、手帳にメモしてあったので、丸の内本店・丸善で買った。そのまますぐにティールームでケーキセットを食べながら読んだ。子供返りのような詩だがこなれていて面白い。
ここの書店では80歳代の 「 まど・みちお 」 をそちこちに見かける。

ちょうど昼下がりのティールーム、向いのテーブルに初老の夫婦、名物であろうかハヤシライスを食べている。刈り上げ君のようなヘアースタイルの着飾った奥さんと、フリータイムなのに律儀に背広姿の枯れ細った旦那さん。両者寡黙にスプーンを運んでいる。


そしてこんな詩が出来た。


「 つまらない 」

女は年を取ると
男にもなるが
男は
年をとっても
ただのおじさん、おじいさん
・・・・・
つまらない

 ますざわ・しんいちろう 六十三歳の詩 『 まだこれから・・・ 』 より。


 後日、早矢仕ライス ( ハヤシライス ) を食べてみた。 うまかった。

丸善の創業者・早矢仕有的 ( はやしゆうてき ) が早矢仕ライスを生み出したとある。カタカナのハヤシと苗字の早矢仕が結びつかず、ホントカナーと思ったが、謂れを書いたパンフレットまで有るのだから本当だろう。 是非一度食べてみてはいかがでしょうか。

2

  
Posted by masuzawa05 at 10:15Comments(0)

2010年05月17日

SUMIKA ・PROJECT(すみか・プロジェクト)見学会

 

 ひとの “ 住処=SUMIKA ” ってなんだろう ?


現代のプリミティブな住処をテーマに、東京ガス主催の 「 すみか・プロジェクト 」が、建築家伊東豊雄さんをプロデューサーとして、四人の建築家で実際に住処を作っての展示が始まっている。エネファーム、床暖房、ガス器具等フル装備だが、自ずと意識は建築空間へと・・・・・。 *プリミティブ ( primitive : 原始的な、原初的な、根本の、最初のが原義 )
 { 家庭用燃料電池(エネファーム)とは:都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで発電。その時に発生する熱を利用して、同時にお湯を作ることが出来る。 }

 都会のマンションで暮らす人が増え続け、私たちの住まいは均質で単調なものになってしまいました。しかしもっと自由で豊かに自然と関わることの出来る住空間を考えている建築家たちもいます。SUMIKAプロジェクトでは、そんな建築家たちに人々の動物的本能を甦らせるような、自由で独創的な住まい方を提案してもらいました。― 伊東豊雄

 ● 以下四人の プロジェクト・プロフィールです。

◎ 伊東豊雄 ( いとう・とよお ) 
1









◎ 西沢大良 ( にしざわ・たいら )
2









◎ 藤本壮介 ( ふじもと・そうすけ )
3









◎ 藤森照信 ( ふじもり・てるのぶ )
4









○ 「 人々が集い、興じる木陰のような場所 」

伊東豊雄さんの作品は、パヴィリオンとしての性格付けから、かなりオープンなものでした。
「 寄りしろとなる内部の柱は残したまま、六角形を基本に展開していく幾何学模様を箱型に折り曲げて構造体をつくることにしました。これを木造で実現しています 」
567





81011





912









 ● 私(増澤)、仮に此処で住むとしたら、箱型シェルターの内部でテントを張って住む。これこそまさしく住処だ。



 ○ 宇都宮のハウス

 プリミティブな暮らしに必須のものとして、西沢大良の頭にまず浮かんだのは太陽の光。それも壁に開いた窓から入る横向きの日差しではなく、頭上から光が降り注ぐことが肝心だという。 「 人間は光なしでは生きていけませんから 」 
家の中をトップライトからの光が移ろう。お昼どきを知らせるように、正午頃になると光が、シンク一体型のテーブルの上に落ちる。
八割がたの外壁は開き戸で出来ていて開放できる。
131516 




1718




 ● 私(増澤)、夏の通風、冬の保温も充分に考えてあるようだが、天井裏まで使って通風換気を考えているが、風のある日(上州だから)窓を開けたとたん、軒天に吸気口が有るのだが、埃まみれになるような予感がする。



 ○ HOUSE before HOUSE

藤本壮介さんの 「 箱の集合体の家 」 には、自然と共存する工夫が潜んでいます。
「 洞穴や木陰が生み出す空間の連なりが住処となったイメージです。そこでは家の内と外が、よりゆるやかかつ曖昧につながっていく 」
192021








222324




252627





 ● 私(増澤)、大きな白いプランターBOXのジャングルジムに迷い込んだような感じ。又は、雑木林の中の白いミツバチBOXか? いずれにしても緑多い日本の自然、地方の都市の中では白は異質だ。
 構想自体は子どもの頃に還ったようで、わからないでもないのだが・・・・・。



 ○ コール ( 焼き杉の外壁 ) ハウス


 藤森さんの家は日本人に最適の広さの “ 洞窟 ” 懐かしく新しい住処。
283033








293231





34




 ● 設備・外構を除いて建築本体だけで4000万(130万/坪)かかっている。そこまで掛けてこの程度か!
私(増澤)、思いますに、唯一そのまま住める。・・・それ故につまらない。



● このプロジェクトを体験した感想は: 
 
 住処とは “ なんだろう? ” から始まったのだから、それぞれの心象風景。
勝手に、 “ こうなんだ! ” でいいのだろう! ならばもっと過激に! と、
私(増澤)は結論付けた。


◎ 見学後伊東さんのパヴィリオンで、かの有名な当地の音羽シェフの軽めの出張ディナーを頂く。

 冬玉葱のスープ
35






 喜連川あさのポークのロースト、じゃがいものドフィノワ
36







 かぼちゃのプリン
37







 コーヒー
38







● 以前ブログで紹介した音羽和紀 ( おとわかずのり ) さんの地産地消への拘りと情熱に脱帽。 玉葱が旨い・野菜が旨い。心がけて今度は本店でフルコースのディナーを食べてみたい。




● そんなこんなでは有りませんが、当事務所では所員でこんなことに挑むことにした

     極小・個性派住宅の薦め

一、 巣家 ( すや と呼ぶことにする ) シリーズ

 子供の頃遊んだ木の上の家

普段は水の流れない橋の下の住みか

浜辺のボート屋根の雨宿り

河辺の石積み土手の陽だまりの窪地

大木の洞(ほら)の温もり


 巣家は面白い方がいい。
 小さければ小さいほどいい。
 使い易ければ使い易いほどいい。
 住み手の個性が滲み出ている方がいい。
 美しく刺激的な方がいい。
 心が豊かになる方がいい。
品のいい遊び心があって、楽しめるのがいい。
 
そして、くれぐれも言いたい: 何もかもは要らない小さくていい!


● 以下に全員の作品第一弾を掲載します。

プランの裏に隠れたテーマは、解説するとすれば大凡こんなことのようです。

 ○ 見せない収納の家
 ○ バランバランの家
 ○ スキップフロアーの家
 ○ 小さいと大きいの家
 ○ プレハブ化の家
 ○ 私の住処
 ○ 組み立て可動の家
 ○ 実際作る自分の家    以上8名全員です。


39














40

















41














42






























43














44














45














46  
Posted by masuzawa05 at 14:15Comments(0)

2010年05月10日

『 アフリカ 』 という写真展

     
 東京都写真美術館で見た AFRICA


◎ 部族間抗争と暴力、貧困と自然災害の多さで知られる大陸―アフリカ。同時に、圧倒的な景観、息をのむように美しい山々や平野、砂漠があり、そこには野生動物や古代植物群から現代社会と隔絶されて暮らす人々の集落に至るまで、実に驚異的な 「 生物多様性 」 の地域である。

 魅惑的で神秘的な大陸、アフリカは昔から部外者の好奇心と強欲を呼び起こしてきた。とりわけヨーロッパ諸国は、この大陸を分割支配し、その資源を搾取し、そこに住む人々を生きるすべもないまま放り出した。その後は絶え間ない紛争が続き、アフリカの人々も自然環境も傷つき苦しんだ。
1








 緻密な取材と美しい写真で1970年代後半から世界のフォトジャーナリズムをリードしてきたセバスチャン・サルガドが、写真家となって初期の頃から現在まで撮り続けているアフリカの写真の中から約100点で構成する本展はこの30年間にアフリカで起きたことを知るうえで貴重な資料であり証言であると同時に、一人の写真家の変遷を見ることができる。


 ○ エチオピアの子供と南スーダンのポリオ撲滅キャンペーンより
2












 ○ 南部スーダン、パガラウ放牧キャンプのディンカ族
3






 ○ アンゴラ解放人民運動のゲリラ隊と支援するデモ集会にて
4








 ○ 祖国に帰る前に、二度と難民生活に戻らないと、住んでいた家を焼き払う難民家族と祖国に帰るためにおめかしした女性
5








 ○ ヒンバ族の家族
6








 ○ ナミブ砂漠に生息するヒヒと砂丘
7








 ○ ケニア、マルサビットの町外れで水を汲む人々
8









 ○ コンゴ、ルワンダ人孤児収容施設
9








 ○ エチオピア空軍のミグ戦闘機からの機銃掃射をよけ、夜通し歩き、キャンプに到着した何千人の難民
10






● 私(増澤)思いますに、豊かで美しい大陸に蔓延る貧困と、殺戮の日々は自然が美しければ美しいほど痛ましく、悲しい。そして、難民家族のこの写真の前でピタッと足が止まった。
しばし無言で引き込まれるように見入った。美しい慈愛に満ちた母の眼差し、聖母マリアと言うよりも、許されるのなら “ 神 ” そのものだ。
11






 現実から目を離さないで下さい。写真集 AFRICA は朝日新聞社から発行されています。
  
Posted by masuzawa05 at 10:06Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター