livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2010年03月29日

誠実に生きる ( マハトマ・ガンジー )


一杯の水をあたえられなば
山海の珍味をもってこれに報いよ
親しく挨拶されなば
誠心をもって ひざまずきてこれを受けよ
一銭の施しを受けなば 黄金をもって返せ
一命を救われなば 一命を惜しむなかれ
いかに小さき奉仕であれ 十倍にして報いん
されどまことに心貴き人は 万人を一人と知り
悪に報いるに善をもってし これを喜ばん
         中央文庫 「 ガンジー自伝 」 より
20081015154826_00001









◎ 松岡正剛さんは文庫本の解説文の中でこう述べています:

 本書はいかにもガンジーらしい自伝である。こういう自伝はめったにない。ガンジーのほかにこういう自伝は書けなかったなどといえば、何を当たり前のことを言っていると思うだろうが、どうしてもそのように言いたくなるものがある。
 理由ははっきりしている。この自伝にはガンジーがもっと遠慮なく自慢してもいいだろうことや、われわれが誇りたくなるようなガンジーのことがいっさい触れられていないのだ。たとえば、世界中を驚かせ感動させ、インドの民衆にとっても忘れられない誇りとなった1930年3月の 「 塩の行進 」 については、一行も触れられていない。のみならず、反英独立運動の再三にわたる歴史的な高揚についても、まったく触れられてはいない。
 これはガンジー自身が自分の履歴を綴る事を1920年あたりで、確固たる自覚のもとにあえて打ち切ったためでもあった。書こうと思えばいくらも書けた。ところがそうしなかった。ガンジー自身がこのあと突入していく政治の季節の叙述を拒否したともいえるわけなのだ。そして、そのように自伝の趣旨をも頑固に貫いたところに、やはりただならないガンジーがいる。(*塩の行進:イギリス植民地政府による塩の専売に反対し、自国製塩の為に約380kmを行進し、独立運動の重要な転換点となった)

 ただしもうひとつ、第二の理由もある。それは、ガンジーが 「 自伝 」 という様式に疑問をもっていたということだ。
 周囲から自伝の執筆を頼まれたとき、ガンジーはこのことについて悩む。けれども周囲の希望は熱心だった。誰もがガンジーの生い立ちやイギリスでの日々やインド回帰のことを知りたがっていた。もともと寡黙なガンジーはあれこれ弁解しない人だったけれど、まして自分の個人的な悩みなど、周囲に漏らさない。そうでなくても、毎週月曜日を 「 沈黙の日 」 にして、筆談でしかコミュニケーションをしなかった人なのだ。
 しかし、たっての執筆要請が募ってくると、アジアの誇るべき伝統を曲げて、ガンジーは自伝を書くことにした。そのかわり、この自伝を 「 真実のための実験 」 の記録だけにしぼることを決意するのである。それも最初は刑務所に投獄されたときに限ろうとした。これがガンジーの自伝が珍しいものになっている第二の理由にあたる。

 ガンジーの 「 真実のための実験 」 とは、ガンジーが 「 ここ30年間になしとげようと努力し、切望してきたこと 」 と書いていることだが、それは 「 自己の完成 」 「 神にまみえること 」 「 人間解脱に達すること 」 である。
 このことをガンジーは本書の副題にも掲げた。 「 真実をわたしの実験の対象として 」というものだ。ガンジーのこの言葉は、ガンジーにはどうしても掲げるべきモットーであり、告白であり、確信だった。本書にはくりかえしこの確信が述べられる。

 タゴールは 「 ガンジーは自分自身に完全に誠実に生きた。それゆえに神に対しても誠実であり、すべての人々に対しても誠実だった 」 と、そしてさらに加え、 「 ガンジーは勇気と犠牲の化身である 」 と結んでいる。

 (*タゴール:インドの詩人、思想家、詩聖。1913年アジア人として初めてのノーベル文学賞を受賞)。
                  以上、解説文より抜粋。



● 私(増澤)、淡々とつづられている、単調な日々の真実の出来事の中に、いつしか引き込まれてしまう。心が萎えているときに読んだから、やさしい有機野菜スープのような滋養が心に満ちた珠玉の一冊だった。
  

Posted by masuzawa05 at 10:41Comments(0)

2010年03月23日

詩人の感性に学ぶ・その12

     
 ● 娘が小さかった頃、彼女が喘息気味で臥せっていたとき読んだ 『 どきん 』 という本。一生懸命、感想文を送ったところ自作詩集と一緒に彼から手紙が返ってきた。
 それ以来 我が家は熱烈なファンです。
1






○  『 建前 』

建前を壊したいが
建前は頑丈だ
体当たりするがびくともしない
本音をのぞきたくとも窓ひとつ無い

建前よ
おまえは本音を狂わせる
高い塀で囲いこんで
守っているつもりの本音が
いつか暴動を起こしたらどうするんだ

だがよく見ると
建物にヒビが入っている
そこから本音が滲み出ている
決壊前のダムさながら
2






○ 『 生きる 』

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして、かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ

いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりは はうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ
いのちということ

3





● 『 わかりやすくて心にひびくもの 』 はすばらしい。建物もそうありたい。
  
Posted by masuzawa05 at 09:47Comments(0)

2010年03月15日

生きている形・Living Form

 東京銀座、ポーラミュージアム アネックスで開かれている、チャック・ホバーマン展に行ってきました。 日々、銀座は刺激的です。
1







◎ 臨機応変、変形する建築デザインを提案:

 巨大な手のひらでぎゅっと固めたような物体がむくむくと膨らんで直径数十メートルのドームへ ・・・。こんな可動式の建築物をデザインした模型を作り、新しい建築のあり方を提案している米国のデザイナー。

 彼はこう述べています; 
私のデザインの媒体は 『 変化そのもの 』 である。私は単純な動きが真の 『 変形 』 となる瞬間に焦点を合わせる。エレガンスと有機組織は良いデザインの優れた価値であり続けている。私にとって、エレガントなメカニズムは単純な押し・引きを豊かで複雑な行為に移し変える。おもちゃから建築的な表面まで、私の全てのプロジェクトにおいて、手堅いデザイン原理を革新的な工学的解決法に統合している。建築の領域では、設定された環境の柔軟性 ( フレキシビリティ ) を高めることによってエネルギー保存問題を解決するための進歩的な考え方を探求する事ができる。

○ 彼はこのポーラ銀座ビルでファサ―ドの180枚の可動式の縦型ルーバー、キネティック・パネルをデザインした。 ( kinetic:運動する )
23








● 私(増澤)、パネルを実際に電動で動かしてみることが出来るのでやってみた。

開いたり閉じたり、中にLEDを仕込めば、夜は美しいだろう。( 今度は夜見てみたい )
4








       ↓
5








○ 会場です
6







○ 可動式日よけ付き遊歩道、傘が開いたり閉じたり
7







○ 塊がこんなに大きくなったり小さくなったり
8




       ↓
9





○ 小さな塊がドームになったり
10




       ↓
11





○ いろいろあります
121314







 ● 普段は縦の棒状の物がにわかに壁になったり、青空の景色が雨の日はドームになったり、トップライトの光量や表面テクスチャーでイメージチェンジを図ったり、電動傘のように、遮光器のように・・・・・。 そしてそれが、純粋にメカニカルなのがいい。

デザインそのものが、子供の頃の夢を携えたまま大人になった永遠の少年のようだ。 

しなやかな感性と磨き込まれた知性、ユーモアを交えた大人の技術が彼の頭脳とめぐり合って開花した。 『 あっぱれな遊び心が楽しい 』 。

意識し願い続ければ何でもできそうな感じがしてくる、興味の先に蠢く技術がある。 
機械好きな少年の夢がさわやかで楽しい。



 ● あらかじめ調べてあった11Fの レストラン 「 chez tomo 」 でフレンチのランチをと思って向かったのだが、あいにく全席予約満席であきらめる。

これは入り口周りの雰囲気です。内部は又の機会に。
1516









 ● そこで2Fの和菓子 「 HIGASHIYA GINZA  」 で和のランチを摂ることにした。

入り口周りと、センターに在るお呈茶カウンターです。
1718








 茶釜に湯がたぎり、湯気のゆらぎも冬のもてなし。

薄いベージュの壁と白木の家具と部分的に薄茶のオリエンタルな木格子が醸し出すモダン和風な空間は好感が持てる ( 残念ながら私のカメラはフラシュがたけちゃうので、お店の方の指導で、その他の写真を撮ることが出来ませんでした。あしからず。 )
19












 軽めのランチにはうってつけの、従業員のさわやかな対応がうれしい素敵な空間でした。今度は夜来てみたい。


◎ ポーラ銀座が発信する、三つの “ 美 ” とは

 美容
 美術
 美食   

美しく粧い、美しい物を見て、おいしい物を食べる幸せ。


● ところで、三美に負けじと、石井建築事務所が発信する旅館に於ける “ 七美 ” とは

 美しい環境
 美しい佇まい
 美しい空間
 美しい食事
 美しいお風呂
 美しいしつらえ
 美しいもてなし   

馥郁たる ‘ 気 ’ もらいの旅路、 宿りは “ 美しき遍歴の止まり木 ”。
  
Posted by masuzawa05 at 09:44Comments(0)

2010年03月08日

MY辞書より・その3 ( 時事英語 )

1



 The recession makes it difficult to finannce continuing coverage of wars in two theater.

 recession : 一時的不景気
 finance : 財政
 coverage : 補償範囲

訳: 景気後退で、二つの戦場で報道を続ける資金を工面するのが難しくなっている。

○ theater( 劇場 ) には 戦争の 「 現場 」 「 戦域 」 の意味もある。アフガニスタンの治安情勢の悪化が続いているが、金融危機の影響で、米国のメディアがイラクとアフガニスタンの両方の戦争報道に充てる費用確保に苦慮しているという。
                       朝日 時事英語に挑戦より。

 ● 思えばコタツに入って湾岸戦争をTVで,リアルタイムに見ていたことを思い出している。敵兵を暗視カメラでとらえ狙撃する米国の技術力が疎ましく、フェアーでないと感じながらも見入る私、まさしく戦場は劇場でした。
2



 Taliban gunmen stormed a guesthouse often used by foreigners,Killing six U・N .employees.

 often : しばしば、たびたび
 U・N: united  nations 国連
 employees : 雇われている人

訳: タリバーンの武装勢力が外国人のよく使っていた来客用宿泊施設を急襲、国連職員6人を殺害した。

○ storm ( 嵐、暴風 ) には 「 急襲する 」 「 攻め込む 」 の意味もある。
 アフガニスタンの首都カブールで起こった反政府武装勢力タリバーンによる国連施設襲撃事件に関する記事から。国連職員6人を含む10人が死亡したという。
                    朝日 時事英語に挑戦より。

 ● 突然襲う嵐 ( テロ ) には、なすすべが無いのだろうか。気象観測による予報から先手を打つことが出来るように、さぐりを入れながらの対処の仕方がありそうなものだが・・・・・・無理かな。
 それは兎も角、北アメリカ大陸で起こる竜巻 ( tornado ) と言う言葉を、野球の野茂の投球方法に例える以外に、ストームと同じように使った表現があってもいいのではと思ったりしているが、それではスゴすぎ、悲しすぎるかな。
( tornade : 拍手・非難・弾丸などの嵐、感情などの爆発 etc の意もある )


 言葉の裏に見え隠れする意識は世界共通と思われる、よく調べなくとも ‘ ふふん ’と感覚的に納得がいくものもある。言葉を知ることはその国を知ることにつながる。
  
Posted by masuzawa05 at 09:31Comments(0)

2010年03月01日

大好きな中華料理 ( 福臨門 )


1





● 香港に本店が在るお店で、以前、銀座の松坂屋の裏手のビルの二階に有りました。夜はコースを食べると当時でも一人最低3万円は下らないというお値段で、とてもわが家では敷居が高かったんですが、その頃も昼は飲茶が有ってリーズナブルプライスで、大ファンになってしまいました。最近銀座のソニービルの裏手あたり、バッグのコーチのビルの隣に引っ越してきました。 
( 福臨門: ロイヤルクリスタル銀座7F・TEL03−6215−6996 )
◎ 「 福臨門は素材への吟味を重ねることで、創業以来変わることなく広東料理の伝統に忠実な姿勢を守り通しています。私たちの料理に対する信念はただひとつ、最高級の素材だけが持ちうる味を大切にするということ。過度の調味料や人工的な味で損なうことなく、いかに素材に自己表現させるかということ。伝統的な調理法により素材の味を最大限に引き出し、高めるという我々の料理への哲学は、福臨門の歴代の料理人達によってずっと受け継がれています 」 ・・・・・ ( お店の紹介文より )

 ● まったくもってその通り、素材を生かすのは料理の基本だと思います。
さて、我が家お好みの今日の飲茶の品揃えです。

○ テーブルセッティングとジャスミンティーセットです ( このお茶は茶葉にジャスミンの花を一緒に寝かせて作るのをご存知でしたか )
234





○ ホタテとズッキーニの蒸餃子、ニラと海老の蒸餃子
5





○ 小包子
6





○ 海老のすり身の揚げ物、チリソース
7





○ 春巻き
8





○ 蜂の巣
9





○ 五目タンメン
10





○ 蟹の身入り焼きそば

11





○ デザート一覧。
12






○ 頼んだ杏仁ドーフとクワイ入りの甘もち。
 ( 甘もちは私で、なぜか支配人に嗤われる?・・・私甘党でもあるんです! )
1314

 



● シンプルな見た目と味付けで旨い。中華に有りがちなギトギト感が無く、それでいてしっかりと中華が薫る。春先の豆苗の炒め物なんて最高で、ここは我が家の女性陣に大うけなのです。 ( 豆苗 (とうみょう): 中国野菜の一つ、葉を採るために品種改良されたエンドウの若芽。炒め物・スープに用いる )

美しい広東料理の味だ。

そして終始笑顔のスタッフが爽やかにテーブルに華を添える。


  
ノンアルコールビール一本込み、三人で〆て16,450円也。メンバーズカードによる5%引き。中華 ( 淡白な日本料理的味付け、素材の持ち味が薫る ) はこの店に限る。

 旅館 ( RYOKAN ) の料理に加える中華にはピッタシだと私は思う。
  
Posted by masuzawa05 at 09:16Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター