livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2010年01月25日

下田大和館 炭火ダイニング “ 海 ” オープン

123





 伊豆下田・白砂の多多戸浜を見下ろす高台、段丘状の客室が連なる浜辺の宿、下田大和館に “ 海 ” を食べる和風パオの個室炭火焼ダイニングが誕生!

456








● 既存大広間をリニューアル。

全席目線を隠し、ゆったりとしたブース、高い天井の空間をよぎる四角垂のパオ・フレームの個室空間です。

入り口引き戸に穿たれた開口にアイアンワークの魚や海の幸のレリーフが嵌め込まれ、ここに名札をしのばせます。
7-17-27-3





89








◎ 時代と共に 『 宿 』 のハードは変わります。

たとえば、旅館に於ける食事提供の仕方は様々ですが、 “ 楽しさ ” をキーワードに、ここではお客様自身が季節の食材を、炭火で煮たり焼いたりの参加型のお食事処です。 

平成22年 睦月、舞磯の膳のいろいろをご覧頂きたい。


○ 頬紅: ざくろ酒としつらえ

1011





○ 年初の宴: 旬の彩り前菜五種
12





 ● 私(増澤)、先ず八海山を冷で飲る


○ 海鮮: 伊勢海老、季節の地魚盛り合わせ、妻いろいろ
1314






 ● イサキ、シマ鯵、サザエ etc  盛り沢山な地の食材を調理人が出向いての説明。


 
○ 焙り素材: 鮑、帆立貝、目ギス、椎茸、厚揚げ、茄子、甘長唐辛子、
1516






 ● ここで 下田白ワイン(オーストラリア産)をグラスで飲る。
欲を言えば炙り野菜がもう少し多い方がいい。


○ 摘み旬菜: 採れたて野菜のサラダ、明日葉ディップをつけて
17






○ 箸休め: 季節のシャーベット
18






○ あったか鍋: 金目鯛の塩炊き、薬味いろいろ
1920







 ● 締めとして、芋焼酎をロックで飲る。
偶然であろうか、隠し味としての鍋の焼酎と塩味の塩梅が抜群である。金目なれどギラギラしていないあっさり味が旨い。


○ 本日の〆: 雑炊(おじや)、香の物
21






 ● アオサを入れると色彩鮮やかに 伊豆の海が薫る。


○ デザートビュッフェ
2223








● 水仙と南の桜に誘われて、春はそこまで来ています。

海が見たくなったら 

“ もう一つの我が家 ” に ‘ 潮風の馳走 ’ を食べにいらっしゃい。
24







  

Posted by masuzawa05 at 09:57Comments(0)

2010年01月19日

晴耕雨読

     
 13年前に海の見える山すその蜜柑畑を購入した。農業者でないので農転をし、いつでも建物を建てられるようにしてあるのだが、取りあえず家庭菜園を続けている。

晴れた日は畑を耕し、雨の日は粗末な庵で読書三昧できるはいつのことだろう。


◎ そんな中、こんな言葉が目に留まった:
1






 古い時代の中国には 「 冬学 」 なるものがあったそうだ。農村の子らを農閑期に学ばせるために、冬にだけ開かれる寺子屋みたいなものだったらしい。
 かの国では、読書にふさわしい季節も冬とされていた。本を読むのに適した「 三余 」という余暇があって、雨の日と夜、それに冬のことを言った。それなら冬の夜は、またとない好機ということになろうか。・・・・
 巣ごもり派も多かった年末年始、 「 読み納め 」 や 「 読み始め 」 を楽しまれた方もおられよう。人との出会いは素敵だが、書物との邂逅も捨てがたい。
     天声人語より抜粋。

● 本を読むということは、 知らないことに気づき、教養を 『 高める 』 行為という風に私は思っている。日常的に惰性に流れ易い自分と対峙することであり、気力が充実していないと本に負けてしまう。

私(増澤)、ワードを使いこのブログも書いている。機械を使い書いていると、適切な漢字に転換されるので判っているように思ってしまう、いざ自分の手で書くとなると、意味あいは判っていても、書き順がわから無くなる。手が忘れてしまっているのだ。そうして漢字を書けなくなっていく・・・。そのうち漢字の意味あいも怪しくなると、ファーストフードならざるファースト綴り方になってしまう、なんとかしなければ。


◎ Culture とは:
2
    



 Culture という英語の意味は何かと申しますと、これは元来はラテン語が原語でありますラテン語というのは、ヨーロッパ人にとっては、日本人にとっての漢文というものに当たると、まあ大雑把に言ってよろしいかと思いますが、この言葉は農業に、農耕文明に非常に深い関係を持っている言葉であります。英語のカルチャアの動詞はカルティベイト ( cultivate ) ですが、これは、土を耕し、植物と作物を大切に育てて、その植物が本来的に持っている可能性を実現させる、その最も美しい花を咲かせる、或は最もかぐわしい果実を実らせる、ということであり、カルチャアとは、その植物が、作物であれ、果樹であれ、次第に成長し発展して、遂に咲かせた花、遂に実らせた果実、という意味なのであります。皆さんが、この世に存在して生きることによって、皆さんが咲かせる花、実らせる木の実によって、どのくらい周りの人々や世界が、明るくなるか、豊かに、美しく変化するか、その力の程度が、皆さんのカルチャアの程度であるということになりましょう。
     日経、駿台予備校の広告より

続けて故・奥井先生はこう述べています。

3








 『 教養 』 とは:

 人間が長い時間を掛けて成長し成熟して遂に身につけた力、周りの人を、環境を、明るく、豊かに、美しくするのに役立つ力、その人の言行の中から滲み出ている力のことを言うのであります。みなさんが、日本の文化とは何か、と問われた時、それは、日本という国が存在することによって、世界がどのくらい明るく、豊かに、美しく変化するか、その力が日本の文化であるという具合に、文化という語源からお考え下さるならば、cultureという言葉をめぐっての僕の話は、ここで一区切りつけてよいかと思います。



● 私(増澤) ・・・・・なるほどと納得。

 少子高齢化に向かう日本の高福祉、高文化力が将来に向け問われている!

わが国の政治家は日本の文化力を背負っているのだ、 必要なのは教養と良識。 

アジアに於ける友愛の共栄圏は、それぞれの国の文化力を尊重する自立した “ 大人の経済力 ” と “ 防衛示威力 ” を基盤にした国益に適った “ 是々非々の外交 ” から生まれると思っている。

近頃の政治家はミミッチクていけない。豊かな教養と人間力と先を読む洞察力で政(まつりごと)をしてほしいと思っている。
 

大きなことも小さな一歩から。
先ずはお金に清く、正直でありたい。
  
Posted by masuzawa05 at 09:45Comments(0)

2010年01月12日

熱海大観荘 増改装 ( 眺めの客室 )オープン


1−11−2




心は雲上に遊ぶ
熱海の町を睥睨し、大島や熱海市初島を望む高台に、露天風呂付きの瀟洒な展望客室群が改装お目見え。


二〇〇九年夏、宴会棟 ( 大宴会場、中小宴会場、コマの食事処 ) を玄関奥の木造建物の中に割り込ませるように厨房と共に増築し、サービス動線と客動線の解消を含めたリニューアルをいたしました。

引き続き、丘の最上部に在った不要になった宴会場を → ‘ 眺めの客室 ’ に改装、二〇〇九年 十二月にオープンいたしました。

食事処と厨房を同一棟に新設したので、不要になった宴会場を適室適所、非常に合理的な置き換え改装です。 ( 大広間の改装は新築に比べ安価で客室が出来る )


横山大観ゆかりの、伝統的数奇屋作りの大観荘にベッドルームを付設した現代的・数奇屋客室のお目見えです。


● ゆったりとした眺めの良い客室いろいろ
2-12-22-3




2-42-52-6




2-7

   


● 木造ですから人肌にやさしく、いまどきの半露天風呂とウッドデッキからの珠玉の眺めをご覧頂きたい。
2-82-92-10








 ちなみに夏に出来た、大宴会場、中小宴会場、個室食事処、洋室 (悪動線解消による余り部屋の活用 ) の写真です。
3-13-23-3




3-43-5




 ● 東京都下 湯の町熱海 

お気楽に 

“ もう一つの我が家へ ”  今すぐいらっしゃい。
  
Posted by masuzawa05 at 10:22Comments(0)

2010年01月06日

MY辞書より・その2 ( 樒 )

 新年、今年も宜しくお願いいたします


 以前、MY辞書より・その1で 「 お彼岸 」 のことを書きましたが、今回はお墓参りで墓前に供える献花のことです。

1

    




 しきみ と読む: 漢字は 樒、梻 我々は一般的に “ しきび ” と呼んでいるが、地方によりハナノキ、ハナシバなどともいう。


 シキミ科の常緑小高木。山地に自生し、また墓地などに植える。高さ約3メートル。葉は平滑。春、葉の付け根に黄白色の花を開く。花弁は細く多数。全体に香気があり、仏前に供え、また葉と樹皮を乾かした粉末で抹香や線香を作り、材は器具用。果実は猛毒で、 「 悪しき実 」 が名の由来という。
 古代にはサカキ ( 榊 ) と同様に神事に使われたといわれるが、その後仏事に用いるようになった。そのため、神式の榊 ( サカキ ) に対応させる形で 梻 ( 木偏に旧字の佛 ) という国字もある。

 先日、国際観光施設協会の観光交流空間のまちづくり研究会、年末版で谷中霊園を散策しましたが、高層ビルの無い平面的な墓所は日当たりも良く清々しい。 元々お墓自体は 「 神徒から発し仏と混交した 」 と言うボロンティア・ガイドさんの説明どおり、あちらこちらに鳥居がある墓所がありました。

2
   




この写真の場所ではありませんが、鳩山家も墓前に 『 樒 』 ではなく 『 榊 』 を供えてありました。

     

 ● 私(増澤)、 葉っぱに特有の匂いが有るのは、土葬のころの匂い消しかなと思っていたら、ものの本にはこう書いて有りました:

 芳香があるため線香や抹香の材料に用いられた。一説によれば、毒性のあるこの植物を墓に供えることで、オオカミなどが墓を荒らすのを防いだのではないかといわれている。


◎ 葬儀、法要のあれこれ:

しじゅうくにち ( 四十九日、七七日(なななぬか) ) までは亡くなった方が現世の未練断ちがたく、霊は俗名のまま家の中をうろうろしていて、その為に家族は七日ごとにお祈りし、故人の心の安住を祈る。日満ちて四十九日目、はれて戒名を得て仏として極楽浄土に旅たつとお坊さんから聞いていましたが、又こうも言われています。

 亡くなってから49日間を 「 中陰 」 と呼びます。この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行われ、極楽浄土に行けるかの判定が下されるのが四十九日目で、この日が忌明けとされ 「 満中陰 」 と呼ばれます。遺族は、この間、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行い、故人が成仏できるように祈ります。少しでも閻魔大王様に良い判定をいただくために、遺族が祈ることによって、人の善行を足していくという意味で、追善法要と呼ばれます。

◎ 法要の時系列

  追善法要
初七日  ( しょなぬか ) 7日目、葬儀当日に行われるのが多い
二七日忌 ( ふたなぬか ) 14日目
三七日忌 ( みなぬか ) 21日目
四七日忌 ( よなぬか ) 28日目
五七日忌 ( いつなぬか ) 35日目
六七日忌 ( むなぬか ) 42日目
七七日忌 ( なななぬか ) 49日目

百か日忌 ( ひゃっかにち ) 100日目


  年忌法要
一周忌 ( 満1年目 )
三回忌 ( 満2年目 )
七回忌 ( 満6年目 )
十三回忌 ( 満12年目 )
十七回忌 ( 満16年目 )
二十三回忌 ( 満22年目 )
二十七回忌 ( 満26年目 )
三十三回忌 ( 満32年目 ) 仏教では33年目にはどんな人でも極楽浄土に行くと言われている。 

● 私(増澤)、このくらいの年月で骨が跡形も無くなる頃なので、法要もしなくなると聞いていましたが、真偽の程はわかりません。地方によっては五十回で弔い上げとする処も有るそうです。なお法事の後の会食を お斎 ( おとき )と呼びます。


◎ 正しいお墓参りの手順

1、 墓地に着いたら、まず手を洗い清めます。
2、 お墓の前で合唱礼拝をします。
3、 お墓の掃除
  水でジャブジャブやるのは止めたほうが良いです。
  墓石、土台、花台などを綺麗にふきあげます。
  雑草はていねいに抜きます。
4、 お花、お供え物を供える。
故人が好物だったものを供えるもよし(命日は特に)
果物やお菓子などの食べ物は、半紙を折って墓石の上に敷きその上に置きます。
5、 お水を柄杓でかける。
  墓石にかけすぎない。
6、 お線香を焚く
ろうそくに火をつけ、ろうそくの火から移します。
7、 手を合わせる

 ● 私(増澤)、連綿と続くご先祖の霊に敬意を込め、行き帰りに位牌を納めてある本堂正面に立ち、深々と一礼します。 新年も清々しくそういたしました。


寅年に想う: 

去年の十二月、父の十三回忌法要をし、十二年前に用意していた鳩居堂の絵入りの賀状が役立ちました。 

そんなこんなで、柄にもなく三十一文字(みそひと・もじ)を詠んでみました。
3










 年初からのおそまつでした。
  
Posted by masuzawa05 at 09:07Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター