livedoor Blog
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
増澤信一郎の心模様 石井建築事務所ブログ

2009年11月30日

ジョアン・ミロ展

1-1
    





 ● ほっこりとした、綺麗な色で、つまんで食べれば心は天空を羽ばたき、
あたり一面  黄色・青・黒・白・赤で塗りこめてしまう。

 子供が描いたような天真爛漫な ‘ 赤い鳥 ’を見たくて出かけた。
1-2
  











◎ 下手にもかかわらずというのではなく、むしろ下手だからこそ私は画家になりたかったのです。なぜかというと非常な努力が必要だったからです。そこには必然的に戦いがあったわけですが、私の人生の場合いつも戦いが私を引っぱっていってくれたのです。私は画家になりたかったのです。絵に専念したかったのです。・・・・・ ジョアン・ミロ。


 ○ 性: 数字の3を男性、13を女性に例えました。3を睾丸、13を乳房になぞらえ、三位一体と復活を象徴するととらえたのです。
2
    






3










● 私事で恐縮ですが、いろいろ症状が出て先日前立腺癌と自分で疑って病院に行きました。結果、癌ではなく少しの肥大と石灰質の小結石があるということで、歳だから毎年誕生日にチェックしたらいいと。言われました。そのときの先生の説明スケッチがまさしく ‘ 3 ’ だったのです。やけにリアルな絵を思い出し、苦笑してしまいました。

 ○ 天体: 数字の9、紺碧、女の性/燃える華、星、流星、三本毛、はそれぞれ天体に位置づけられたイメージとしてミロの作品に登場します。 「 星 」 はとりわけ魂を象徴する代表的なシンボルであり、精神の力 ( 光 ) と肉体の力 ( 闇 ) との対立を示すものとしても描かれます。
4
     








 ○ 鳥 ( Bird )
5
    






 ○ 女、鳥、星 ( Woman  bird  star )
6












 ○ 人物 ( Figure )
7








 ○ 黒の亡命者 ( The exiled black man )
8
    













 ○ 夜景の人々と鳥たち ( Figures and birds in a landscape at night )
9












 ○ 頭部 ( Head )
10












 ○ 希望の星を囲む鳥たち( Birds surrounding the star of hope )
11
    










  ● 私(増澤)、はなから赤い鳥を囲む星たちと思っていました。そう見えてしまう。
    まあ、イメージとしてはどっちでもいいか。


◎ 「 物体は開かれなくてはなりません。半ばめっきをかけたようなその内部をさらけだし、これまでずっと隠されていたものを露呈し、その物自体を、その本質を、暗い実体のなかで紺碧へと押し出すのです。 」  ジョアン・ミロ


 ○ 風景( Landscape )
12
   












 ○ 4つの色 ( Quatre colors aparien el mon )
13
 






◎ 「 物の神聖な本質、その魔法の意味を見出そうとしない限り、私たちは今日人々に与えられている、心を鈍くする方法を増やすだけです。 」  ジョアン・ミロ


 ● 私の描いた 『 ミロ爺さん 』 です
14










◎ 最後に彼はこんな風に述べています:

 私は夜夢を見ませんが、アトリエにいるときは夢の真っ只中にいます。夜は赤ん坊のごとく “ 寝んね ” という感じです。でも仕事をしているとき、目が覚めているときは夢を見ています。女房に話しかけられてもいつも私はうわのそらです。
  

Posted by masuzawa05 at 09:50Comments(2)

2009年11月24日

すべて一流のプレーヤー

     
 「 おらは死んじまっただ・・・・ 」 で始まる、 ‘ 帰って来たヨッパライ ’ の歌で一世を風靡した、ホーククルセダーズのメンバーの加藤和彦さんが、軽井沢のホテルで自死した。
20091021133205_00001
  









 元メンバーの一人で、今は精神科医をしている きたやまおさむさんが朝日の文化欄にこのような追悼文を寄せていた:

 ◎ 彼は 「 振り返る 」 のが大嫌いだったが、大した戦績だったので、嫌われるのを承知で書こう。私は、一時期同じバンドのメンバーにして、楽曲を作る仲間、そして人生の良きライバルだった。それで故人を呼び捨てにするが、お許しいただきたい。今から数十年前のこと、その加藤がこう言った事がある。 

 「 お前は目の前のものを適当に食べるけど、僕は世界で一番おいしいケーキがあるなら、全財産はたいてもどこへだって飛んでいく 」 

 趣味は一流、生き方も一流だった。ギタープレイヤーとしても一流で、プレーヤーすなわち 「 遊び手 」 としても一流。グルメであり、ワインに詳しく、ソムリエの資格を取るほどで、何をやらしても天才の名に値するレベルだった。

 それがゆえに、凡百 ( ぼんぴゃく ) とのおつきあいの世界は、実に生きにくいものだっただろう。しかし私たちには、そんな背の高い天才の肩の上に乗ったら、見たことのない景色が遥か遠くまで見えた。 ・・・・中略・・・

 後ろは振り返らない、そして同じことは絶対にやらないというモットーを貫き通した彼は、おいしいケーキを食べるために全財産をはたいて、また手の届かぬところに飛んでいった。戦友としては、その前だけを見る戦いぶりに拍手を送りたい。しかし、昔話に花を咲かせ共に老後を過ごすことを楽しみにしていた仲間として、そしてこれを食い止めねばならなかった医師として、友人としては、実に無念である。  朝日・より抜粋。


 ● 私(増澤)思いますに、全てに一流を求めるあまり、逃げ場が無かったのだろう。

確かに一流尽くめで組み立てた、仕事や生き方、建物は、それだけで気持ちがいいが、
その中の一部分を替えただけで、ストーリーが成り立たなくなる場合がある。
張りつめ続けなければならない日常は疲れる。ズルをすることや清濁併せ呑む器量も一
流の条件であると思える。

 振り返ったって、愚痴ったって、格好悪くたっていいじゃないか。うつはうつなりにダラッとした老境を 『 ウツ・ダンディー 』 としてしたたかに生き続ければいい。


 生きてなんぼの世界だ

人間としての一流は ‘ 良きもの ’ としての薫陶を周りの人に放ち、与え続ける無形の 『 功徳・責務 』 が有る。 だから生き続けなければ!

 同い年として彼の死をひたすら残念に思う。
  
Posted by masuzawa05 at 15:10Comments(0)

2009年11月16日

焼津 『 湊のやど・汀家 』 新築お披露目

   
 私、 「 みなとのやど・みぎわや 」 と申します。

 粋な黒塀見越しの松・・・・、と唄われた駿河(静岡県)焼津の浜の汀、嘉永4年創業の料理屋から150有余年、耳を澄ますと連綿と続く歴史の鼓動が聞こえてきます。
黒潮温泉みなぎる港町、新しい時代の衣を纏い、八室の瀟洒で小粋な温泉宿 デビュー。


● 富士山を臨む二階客室からの漁港の眺め ( 遥か遠方に富士山を望む )
1
   







● 今時、朝6:30頃の日の出
2
     







● 朝の湊:寝起きざま、光る海を客室デッキ越しに臨む
3
   








 ○ 施設概要

離れ木造平屋 平屋客室 5棟 ( 黒潮温泉露天風呂付 )

 二階建て本館棟1棟、二階客室3室( 黒潮温泉露天風呂付 )、一階ロビー・食事処
 
 離れ木造家族風呂棟1棟、2タイプ ( 黒潮温泉 岩風呂と桧風呂 )

 中庭・坪庭・憩いの庭いろいろ、“ さわやか色の浜風流れる ” 小さな宿です。



● 玄関アプローチ
4
     










● 中庭越しに見る家族風呂棟
5
     







● 創業より年輪を重ね、寒風に毅然として立つ孤高の老松
6
    











 ● ロビー・ラウンジの坪庭
 7
    






8


    











  おいしい魚と静岡茶
黒潮温泉
  やさしくて、丁寧なもてなし
ここでは、旨い空気もご馳走です。

  もう一つの我が家に いらっしゃい !

  

  お見せしたいこと山々あれど  “ 秘すれば花 ”

  ・・・・・2009年11月13日  オープン。
  
Posted by masuzawa05 at 10:12Comments(0)

2009年11月09日

名旅館

     
 日本の魅力再発見と題して

 新刊雑誌(Discover Japan)の ‘ 旅館(RYOKAN) ’の特集で京都の俵屋旅館が出ていましたので紹介します。
俵屋

















◎ 日本最高峰の宿として 「 俵屋 」 の名は日本だけでなく世界にも轟く。なぜ、最高峰と呼ばれるのか? 空間、しつらい、料理、おもてなし・・・・、それらがいかに秀でているのか、その秘密について迫ってみる。俵屋を知ることは、日本の素晴らしさを垣間見ることにほかならない。(この文の英訳を下に記します)

Tawaraya,the greatest traditinal inn,enjoys world−wide reputation.Atomosphere,cuisine,decorations,and service,all of these are excellent and makes this ryokan stay on top. When you see Tawaraya,you catch a glimpse of splendor of old Japan.

traditinal: 伝統的な
reputation: 名声
excellent: すぐれた
glimpse: ちらりと見える、かすかに現れる、ほのかな光
splendor:豪華さ、壮麗、輝き


 最高峰と呼ばれる理由を建築空間 ( atomosphere ) は言うに及ばず、以下の三つについて述べています。
しつらい
  














○ 四季のうつろいを愛で、調度類を飾りつけととのえること
こんだて















○ 料理の種類や順序の予定を立てること。季節・場所・人・時間を加味して料理を献立てる。
もてなし
     


















○ 一番重要なものそれは間違いなく 「 人 」 である

 とりつくろい 

 ふるまい

 あしらい

 馳走

 饗応

◎ 当主の佐藤 年さんは:                               
「 建物で一番大事なものは寸法でしょうね。心地よい空間をつくる大切なポイントでしょうか。それを見つけるために現場で指示を出すし、ときにはやり直すこともあります 」

「 ものと空間が間尺にあったとき、ものにも幸せ、空間にも幸せが生まれる。お互いが呼び合ってこの俵屋は出来上がっている 」 と結んでいます。

間尺(ましゃく); 作事の寸法・計算・割合
作事(さくじ); 家屋を造ったり修理したりすること。普請(ふしん)、建築


● 私(増澤)思いますに、旅館のオーナーも含めて我々は、往々にしてサプライズや装飾・空間にばかり多くを費やし、肝心な 『 室礼・献立・もてなし 』 に心を割かなくなったような気がする、そこが大切なのに。いい宿はそこをきちっと守っている。

設計者にとっては、ソフトゆえの 空間・寸法・アトモスフィアー の世界である。
  
Posted by masuzawa05 at 11:49Comments(0)

2009年11月02日

写真家の感性に学ぶ・その2(北極圏の生命)

     
● 久しぶりに写真集を括り、彼の言葉の易しさにしびれた。
なんと心やさしい男なんだ。 「 易しさは優しさと 」 思い出したようにつぶやく私。


◎ 十八歳のころだったと思う。
北方の自然への興味がどうしようもなく募っていた。なぜなのかはわからない。
説明のつかない恋心のようなものだったのだろう。

・・・見ているうちにアラスカの地図が描かれているのに気がついた。
それがなんだったのか、今ではわからない。
覚えているのは、地図全体が動物、鳥
そしてアラスカの人々の絵で埋められていたことだ。
自分の捜している世界が、その地図の中に集約されていた。
行ってみたいと思った。
かすかなアラスカの風を感じた。
いつかこの土地とかかわりをもつことになるだろうという予感があった。
1
    









○ おじいさんがよく話してくれた。シロクマ ( ホッキョクグマ ) は氷の世界の王者だと。
人びとは昔から、その王者のことを
ナヌークと呼ぶことを。
いつか若者になったら、いのちをかけてナヌークと
たたかわなければならない日が来ることも。
2
  






○ ぼくは、ナヌークのあとをそっとついていく。
なんだか、少しも寒くなくなった。
なんだか、からだも軽くなってきた。
すると、強い風の中から、かすかな声が聞こえてきた。
「 少年よ、おまえのおじいさんが若者だったころ、
人間はわたしと同じことばをしゃべっていた 」
声の主はナヌークだった。
「この氷の世界でいきていくために、
そのことばは、なくてはならないものだ 」
3
  







○ 冬になれば絶えずブリザードが吹きすさび、凍りついた海と陸地の境が消え、
ただ白一色の荒涼とした世界と化すこの土地を旅したある気象学者は
“ 世界で最も不快な土地 ” といったと言う。
が、エスキモーの人々にとって、
ティキラック ( 北極圏アラスカ北西部の半島 ) ほど豊かな土地はなかった。
チュコト海へ小さな防波堤のように伸びたこの半島は、
ベーリング海から北極海へ移動していく、セイウチ、アザラシ、シロイルカ、シロクマ
そしてセミクジラなどの海洋動物を待ち伏せるため、                
人間が神から与えられたような場所だったのである。

 ● 私(増澤)思いますに、気象学者の言う “ 不快な土地 ” とはどういう事
だろう? 厳しい自然があればこそ、豊かな生態系が隠れている。むしろ気象学者にとっ
ては風土に対する研究対象が拡がりより楽しいであろうに。
現地をよく知り、その底に隠れた豊穣さを想う星野にとって、 「 違う 」 と言い
たかったんだろう。そこは神の愛を感ずる豊かな土地である。
4

   





○ 冬、ホッキョクギツネはホッキョクグマに従って餌を得る。

 ● その一点でつながる命、ホッキョクギツネ。ピンと張りつめた営みの妙、過酷な自
然はぎりぎりのドラマを生む。そしてホッキョクグマは流氷の船でアザラシを狩る。
5







○ 「 ほら、ジャコウウシの群れがオオカミに襲われるとき、
何層にもなってまるい円陣を組むだろう。
知恵のある年寄りが外側に立ちはだかり、
次々と世代の層が重なり、一番内側にいる子供を守ってゆく。             
その層が開いてしまったところからオオカミは入り込んで子どもをさらってゆくんだ。 」
6
 




○ 雪の世界の美しさは、
地上のあらゆるものを白いベールで包みこむ不思議さかもしれない。
人の一生の中で、歳月もまた雪のように降り積もり、
つらい記憶をうっすらと覆いながら、
過ぎ去った昔を懐かしさへと美しく浄化させてゆく。
もしそうでなければ、老いてゆくことはなんと苦しいことだろう。
7
    






○ 満月である。
あたりは淡い白夜の光に包まれていた。
海は完全に凪いでいる。
まるで示し合わせたように、
十数艘のウミアックがいっせいに海へすべりだした。
たくさんの影が光る海の中を音もなく一点に向けて進んでゆく。
きれいだった。                                 
自然という巨大な器の中で動く小さな人間達の営みが、               
たまらなくきれいだった。
「 いいかミチオ、クジラに向かって力いっぱい漕げ。水音をたてちゃだめだ。
クジラが気づいちまうからな。静かに力いっぱい漕ぐんだ。

 ●ちっぽけな人間が自然の流れの中で一体となる営みは素晴しいと言うよりファンタス
ティックであろう。
8
     











○ 1988年11月
北極海沿岸のエスキモーの村、
ポイントバローの近くで
三頭のコククジラが氷海に閉じ込められた
世界中のマスコミが見守るなか、必死の救出活動が展開された。
しかし、南へ移動するクジラが氷に閉じ込められることは、
昔から北極海のどこかで常に起こってきたことなのだ。
付近にはたくさんのホッキョクグマ徘徊している。
このときの一頭のクジラが、
過酷な自然の中で生きるホッキョクグマの
どれだけ多くの生命を支えることになっただろう。

 ● 人間の論理だけでものを考えると過ちを犯す。古く、ずっと繋がった自然の営みを
思わずにはいられない。
9
    








○ 初めてのアラスカの旅となったシシュマレフ村、                
今でもはっきりと村の匂いを思い出すことが出来る。
アザラシ、セイウチ、カリブー・・・・。
狩猟生活の中で、さまざまな食べ物の匂いが混ざりあった懐かしい村の空気。
浜辺でアザラシの解体に励む女たちの風景が目に浮かんでくる。
僕はどうしても手伝ってみたくて、ウル( 伝統的な扇状のナイフ )を使って参加した。
女たちが爆笑した。男のする仕事ではないと。
10








○ 海は海岸エスキモーにとって、さまざまな食べ物を授けてくれる豊饒の世界だ。
海洋動物中、いくつかの種類のアザラシ、そしてシロイルカがその中心だろう。
なかでも、三〇〇キロにも達するアゴヒゲアザラシは、
エスキモーの生活と切り離すことの出来ない動物である。
その皮は、ボートのカバー、食料の貯蔵袋、衣類をはじめ、
いろいろな用途に利用されている。
11
     







○ 僕はアラスカの冬が好きだ。
生きものたちは、ただ次の春まで存在し続けるため、
ひたむきな生の営みを見せてくれる。
それは自分自身の生物としての生命を振り返らせ、
生きていることの不思議さ、脆さを語りかけてくる。
12
  








○ 天井には無数の星がまたたいている。
おおいかぶさるような、宇宙の沈黙。
アラスカの夜空ではなぜオリオン座がこんなに大きく見えるのか。
だが、一万数千年という時がたてば、
今の北極星の位置は別の星にとってかわられるという。
すべての生命は無窮の彼方へ旅を続けている、
そして、星さえも同じ場所にとどまってはいない。
13
     







○ かすかなナヌークの声が聞こえてくる。
「 少年よ、わたしたちはアザラシを食べ、アザラシは魚たちを追い、
魚たちは海の中の小さな生き物を口にふくむ。
― 生まれ変わっていく、いのちたち 」

「 われわれは、みな、大地の一部。
おまえがいのちのために祈ったとき、
おまえはナヌークになり、
ナヌークは人間になる。
いつの日か、わたしたちは、
氷の世界で出会うだろう。
そのとき、おまえがいのちを落としても、
わたしがいのちを落としても、
どちらでもよいのだ 」
14
   







 ● 朝早く、パソコンのワードに向かう私(増澤)

   清冷な空気の中
   いつしか心が澄みわたり
   星野さんの写真を介して
   自然と動物と自分が
一体となってゆく静かなひと時
   まあるい 切れ目のない地球。
  
Posted by masuzawa05 at 10:08Comments(0)
心を形に表す
建築空間にはいろいろの「想い」がある。
具体的な平面から容積のある空間へと立ち上げるさまざまな作業の中で、オーナーの使い勝手や心情が、私の心を通して色づいていく。
思い入れ豊かに熟成された建築空間には、オリジナルでしなやかな空気が息づき始める。
豊潤で美しく、時に凛々しい。
機能的であることは大切なことですが、美的な創意工夫も大切な要素です。
そう思いながら設計しています。


増澤信一郎
S22年10月11日生まれ
芝浦工業大学建築工学科卒業
静岡県伊東市宇佐美在住
MONTHLY ARCHIVES
アクセスカウンター

アクセスカウンター